スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し遅れて 

皆様こんにちは。
連日暑い日が続いていますね、この時期は冷蔵庫のお茶がすさまじい勢いで減っていくのでいつもびっくりです。

先日、中庭池でちょっと遅れてこんな鳥のヒナが生まれてきました。
RIMG0411.jpg
既におなじみでしょうか、「マガモ」のヒナです。

中庭池では、毎年7月中旬にはマガモのヒナの孵化が終わり、それ以降はほとんど生まれてくることは無いので、
8月初めに生まれてきたこちらのヒナはちょっと珍しいかもしれません。

こちらのヒナは人間の手で卵から孵したのではなく、島を親鳥と歩いている所を発見されました.
スタッフの気が付かないところでせっせと卵を暖めていたんですね。
せっかく頑張って卵を孵してくれたんですが、中庭池の島は他の鳥にいじめられたりと、ヒナが歩くには少し危険な場所なので、泣く泣く親鳥からヒナを取りあげ、現在は私たちスタッフの手でこのヒナを育てています。

ちなみに、現在展示しているヒナ(7月10日生まれ)はこちら
RIMG0401.jpg

もう大人の羽が生えてきています、そろそろ中庭池に放しても大丈夫な大きさです。

8月に生まれたヒナと並べてみました
RIMG0406.jpg

約20日の差でここまで見た目に違いが出ます、成長するのが早いため、マガモのヒナの小さい姿を見ることができる期間は少ないです。
マガモのヒナの展示は今年はそろそろ終わりの予定でしたが、こちらのちょっと遅れて生まれたヒナのおかげでまたしばらくマガモのヒナの姿を見ることができます。

神戸花鳥園にご来園の際には、ぜひこのかわいらしいマガモのヒナを見てみてくださいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/935-fa3f3a16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。