スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹を使ったユリの展示オブジェ 西スイレン池に完成! 

※こちらの記事のスイレン池の竹ユリ展示は終了いたしました。
ありがとうございます。「国際ユリショー」は8月上旬ごろまで展示しております。
展示期間などの詳しい情報は神戸花鳥園公式ホームページをご覧下さい。


brobuyurikabe800.jpg
5月上旬から始まり、ご好評いただいておりますユリの展示、
「国際ユリショー」(8月末頃まで開催予定)に、新たな展示が
西スイレン池に完成しました。その製作過程を少しだけご覧下さい。

ZN4G6804のコピー
高さ5mの竹を22本並べ(幅は約7m)、その竹の節ひとつひとつに穴を設け、
ユリを活けるといったものです。これはまだユリを挿す前の骨組みです。

ZN4G6810のコピー
竹の節の上部にふたつ穴を開けます。前の穴はユリを挿す穴で、
後ろは水を入れるためのもの。

ZN4G6809のコピー
ご覧のような感じでたっぷりと水を入れることができます。

ZN4G6840のコピー
下準備が終わったらユリを挿す作業に移ります。
今回はピンクと白のユリをチョイスしました。
アンバランスにならないよう細心の注意をしながら挿します。
高い場所は、高所作業車を使います。

yurikabe800.jpg
新たなユリの展示が完成しました。
この展示を製作している間もお客様から「素敵ですね」とお褒めいただきました。
竹の性質を生かし、自然ながらも息を呑むような幻想的な展示だと思います。

ZN4G6989のコピー
リリー(ユリ)とウォーターリリー(スイレン)の競演。
中庭池のユリの展示と併せてこちらの竹をつかったユリ展示もお楽しみください。

その他、ユリの展示の詳細は、
神戸花鳥園ホームページ内、国際ユリショーページまで

コメント

じゅんじゅんさんへ

じゅんじゅんさま、コメントありがとうございます。

ご来園いただけるそうで、誠にありがとうございます。

デジカメなどお持ちでしたら、ぜひご持参くださいね。
たのしい写真が撮れる事、間違いなしですよ~

じゅんじゅんさまのお越しを心よりお待ち申し上げておりま~す。

  • [2010/06/24 13:32]
  • URL |
  • 神戸花鳥園 土屋
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

7月末に行きます

スーパーの景品で神戸花鳥園に行くことになりました。楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/868-9f04b1f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。