スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいなおとうさん 

こんにちわ。
朝晩はわりと過ごしやすくなってきている今日この頃。
外で仕事をする者にとっては嬉しい限りです。
日中も早く涼しくなってほしいものですね。


鳥といえば、オスが色鮮やかで綺麗に着飾り、
メスは地味なイメージのある方も少なくないと思います。
(キジの仲間の鳥にその傾向が強いように感じます。)

オスが綺麗に着飾り、メスは地味。
お客様の中には『人間と逆なのね~(笑)』とおっしゃる方も多いです。
(男性の皆様には失礼ですが…。)

その代表的とも言える鳥がクジャク。
otousan.jpg
種類はインドクジャク、名前はジャックです。

メスは全体的に茶色で地味ですね。
magari.jpg

以前紹介したラオウくんを覚えていらっしゃいますか?
ジャックは、そのラオウくんのお父さんなんです。(8月7日のブログ参照)
残念ながらお母さんはメスのクジャクが2羽いるためどちらか分かりません。


ジャックは夏の暑い時期はお仕事をする気が起きないのか
1人(1羽?)でさぼっていることが多いです。
お客様の多かったお盆も、1人で高いところに上がってマッタリ。
誰にも邪魔されない素敵な場所を見つけて味をしめてしまいました…。
yaneue.jpg
あんな所に…。

現在中庭池にはインドクジャクのオスは2羽おり、そのうちの1羽がラオウくんなので
綺麗な飾羽がしっかり生えているのはジャックだけなのです。
ラオウくんと飾羽の長さや色を比べても一目瞭然。

nagasara.jpg
まずラオウくん。

nagasaja.jpg
そしてジャック。長くて綺麗です!

そのジャックがあの調子じゃ…。
スタッフとしてはキレイな姿をお客さんに見せて歩いてほしいのですが…。


ジャックは夏休み中の暑い時期は、べゴニアゾーンから中庭池に入る
入口の屋根の上にいることが多いです。
開園後しばらくや、閉園前なら降りてきていることも多いし
羽を広げる確率も高いかと思います。
大きな声で『ァオーーーー!』
と鳴声がしたらそれはきっとジャックです。

kakomarete.jpg

hiroge.jpg
羽を広げるとたちまちお客様が集まりスターのようです!!
去年、ジャックは9月の中旬ぐらいから上尾筒(飾羽)が抜け落ちました。
この見事な求愛姿を見られるのもあと少しです。
(年に1回夏の終わり頃、来年の繁殖シーズンのために綺麗な羽に生え変わるのです。)
当園に遊びに来た際は、ぜひ今のうちにジャックのステキな姿を見てあげてください。




yanejiyakku.jpg
『フゥ~』
早く涼しくなってジャックのやる気が戻ってきて欲しいものです。


コメント

い・じぇむ様へ

羽が欲しいと希望されるお客様が毎年おられますが
当園では現在のところ販売などはしておりません。
衛生上の都合によるためです。

ご理解のほどよろしくお願いします。

質問

もしも・・・

抜け落ちたジャック君の飾り羽根は
販売して下さるのでしょうか?
教えて下さいませ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/86-81589932

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。