スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て奮闘記 

オウギバトのヒナの成長をお伝えしてきましたが、今回は親鳥の子育てぶりを紹介したいと思います。
2010051111
今回は、しんくんとふうちゃんにとって初めての子育てでした。
しかし、初めてとは思えないほど、立派に子育てをした2羽。その様子を紹介します。

●巣作り
残念ながら巣作りが苦手なペアの為、巣は人の手で作りました。
しかし、苦手ながらも頑張って枝を運ぶ姿が見られました。
2010051102

●交尾
何度も見られるようになりました。
2010051101

●産卵
産む卵はたった1つです。
オス・メスが協力し合い、約24時間交代で1ヶ月間卵を温めました。
2010051103

●子育て
卵が孵化すると、ピジョンミルクと呼ばれるミルクを、オス・メス共に口からヒナに与えます。
2010051104
誰から教わったわけでもないのに、なぜミルクをあげることを知っているのでしょうか。
動物の本能のすごさを感じますね。

●巣立ち
ハトの巣立ちは大変早く、約1ヶ月で巣立ちます。
巣立った後も、ヒナについて歩き、ヒナをしっかりと守ります。
2010051108

オオサイチョウのダイちゃんにも強気で向かっていき、しっかりとヒナを守ります。
2010051105
愛情の深さを感じますね。

親鳥にしっかりと守られたヒナは、大きく成長し、上手に一人でエサも食べれるようになってきました。
しかし、しんくんパパは娘にとっても甘く、こんなに大きくなったヒナにも「ミルクちょうだい」と甘えられると、ついついあげてしまうのです。
2010051107
どちらがヒナかわからないぐらい大きいですね。ちなみに、右側がヒナです。
一方、ふうちゃんママは愛情の中にも厳しさがあり、甘やかしたりはしません。
人間も鳥も同じなんですね。

こんなに愛情いっぱいに育てられたヒナはとっても幸せですね。
これからも元気いっぱいに大きく成長してくれることと思います。
2010051109

先日まで一般公募していたヒナの名前は現在選考中です。
決まり次第、ブログでもご報告致します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/816-7584b679

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。