スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆新品種 フクシア誕生 お披露目☆ 

みなさんこんにちは♪♪お元気でしたか!?
おひさしぶりです!!フクシアブログの時間です♪

早速ですが、今回みなさんにご紹介するトピックはこちら!!

『神戸発!フクシア交配新品種』です☆!!

『新品種』
ということは・・・

『神戸花鳥園オリジナルの園芸品種』
ということは・・・・・

ズバリそうです!
神戸花鳥園でしか見ていただけない
この世に一つだけのオリジナルフクシア
ということなのです!!!!!

今回新品種をつくりだした交配手は
神戸花鳥園植物班チーフの山口さんです☆!

山口さんはフクシア歴15年の我流交配歴7年
そして花鳥園へ来てからの交配歴は2年ほどになるそうです。
フクシアの虜になり自宅で育て始め
最終的には「自分だけの 自分好みの」フクシアを作りたい
という気持ちに到達したようです。
確かに、フクシアに見飽きるとかそういったことでなくとも

『このフクシアの好みの色と
こっちのフクシアのこのみの形』
一緒にしたらばどんな綺麗フクシアになるのか

といった疑問と夢が重なる瞬間こそが
交配の第一歩なのではないでしょうか。
そのようにして作られた山口さんのフクシアが↓こちら↓


名無し ガク:うすピンク 花弁:うす紫 半八重~八重
CIMG1042.jpg

母親に使用したのが
母:メンネッケスベルト ガク:白 花弁:うすピンク 細長一重
母1のコピー

父親に使用したのが
父:ハッピーウェディングデイ ガク:うすピンク 花弁:白 大輪八重
CIMG1072.jpg

ちなみに新品種フクシアのつぼみが↓こちら↓
IMG_2928.jpg
この大きく先が細長くなっているつぼみは父親似で
また、花弁が少しフリルがかっているのは母親譲りの特徴です。 

しかし、なんとも見事な変身ぶり!

勿論、一度のトライでこの様に納得のいく交配が出来ることはありません。
交配・種取・種蒔き・植え付け・植替え
以上の作業を地道にコツコツと見守りながら育て約半年はかかるそうです。
花を見るまでは約1年ほどかかるみたいですね。
んん~なんとも根気がいりますネ!

ではここで、
ご自宅でトライ!交配時ポイント

1 母親の柱頭に父親の花粉を付着させる。 

2 自家受粉をふせぐため、交配した花の花粉を取り除く。

3 別の花粉が付着しないように工夫をする。(袋をかぶせるとか)

4 両親の情報を必ず書いておく、母親x父親の順に、交配の年月日とか。

5 受粉が出来て無い場合は自然に子房がおちてしまいます。

以上フクシアを交配するときのポイントをいくつかのせておきましたので
ご参考にして皆さんも交配をしてみて下さいネ!納得のいく交配種ができた時は是非教えて下さい♪
今日もフクシアブログにお付き合いしていただきありがとうございました♪♪
また会う日を楽しみにしております♪さようなら♪        磯村   


         

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/797-a29db1bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。