スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジャクが羽を広げはじめました 

皆様こんにちは。

暖かくなったかと思えば急にまた冷え込んだりするんで、早く安定して暖かくなってきてほしいですね。


今回ご紹介するのは中庭池のこちらの鳥↓
RIMG0231.jpg


上の写真は、インドクジャクの「ジャック」と言う男の子です。


クジャクといえば羽を広げた姿がとても印象的ですね。
今年もクジャクが羽を広げるシーズンがやってきました。

それでは最初にインドクジャクのラオウくんが羽を広げた姿を見て頂きましょう
RIMG0242.jpg

とても立派です。

こちらの美しい羽は上尾筒(じょうびとう)と呼ばれる羽毛で、
若干の個体差はありますが繁殖行動が盛んな3~7月に広げる姿を見ることができます。
7月の終わりぐらいからこの羽は抜け落ち、秋口から徐々にまた生えてきます。

さて次はラオウの父親にあたるジャックの羽を見ていただきましょう
RIMG0234.jpg

こちらも負けじと、とても立派ですね。


中庭池のクジャク達は羽を広げるシーズンに入ったわけですが、残念ながらいつでも羽を広げている姿を見れるわけではありません。

野生でのインドクジャクが羽を広げる主な理由は二つあり、その一つはメスへのアピールとして、もう一つは外敵や同じオスへの威嚇です。
又、広げる時間は朝と夕方の涼しい時間帯が多いようです。

とはいえ中庭池で飼育している二羽は上記の条件にあまり左右されず、本人達の気分によるところが多いように感じます。
そして疲れてしまうとこのように屋根に上って休むことも・・・。RIMG0217.jpg


こんな時は静かに見守ってあげてください。

神戸花鳥園にお越しの際は、とても美しくて迫力のある、インドクジャクの羽を広げた姿をぜひ見てみて下さいね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/794-69635127

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。