スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥園で一番大きな鳥 

昨日紹介した花鳥園一小さな鳥であるヒメウズラ、とっても可愛かったですね♪

今日は予告していた通り、
花鳥園内で一番大きな鳥 コブハクチョウ のご紹介です!
kobu06.jpg
 分類:カモ目カモ科
 和名:コブハクチョウ
 学名:Cygnus olor
 英名:Mute Swan


全身の羽色は白色。
クチバシは大部分が桃色をおびた橙黄色をしていて、
その付け根にはコブがあり、名前の由来となっています。
雌雄で大きさに差があるのも特徴で、オスの方がコブが大きいです。
kobu02.jpg
デンマークの国鳥であるコブハクチョウは、
ヨーロッパ北部や中央アジアを中心に生息し、冬になると南下して越冬します。
日本で見られるものは飼育下のものが逃げ出して定着したものが多いと考えられています。

翼外側に丸くせり出すように少し持ち上げ、独特の姿勢で泳ぐことがありますが、
繁殖期にはその翼の中にヒナを乗せて運ぶ姿も見られます。





それでは、どれだけ大きいのかを知って頂く為に、彼らの身長体重包み隠さずお教えします☆

まず全身の写真をご覧ください↓↓↓

kobu01.jpg
彼らの全長は約125~165cm
そして、翼長(翼を広げた時の長さ)約2.5m!

対比するものがないので、いまいち大きさは伝わらないかもしれませんが、
足や首がすごく太いのがお分かりいただけますか・・・?
この子の名前はボスくん。
男の子なので、特に大きいです。


体重は、約6.6~15㎏で、女の子は小さめです。
当園のボスくんは、約15㎏

みなさまもよくご存知!クチバシの大きなオオサイチョウのサイちゃんと比べてみましょう。
sai01.jpg
当園の腕に乗る鳥で一番大きな鳥なのですが、このサイちゃんで体重約3㎏・・・。
サイちゃんが5羽集まって、やっとボスと同じ重さになります。
kobu05.jpg


足のサイズは・・・
kobu03.jpg
※当園のボスくんのおおよその足のサイズです。


何もかもが本当に大きい!
ヒメウズラと並べてみたいものです。。。無理ですが。笑



そういえば、最初に”花鳥園内で一番大きな鳥”とご紹介しましたが、
実は渡り鳥の中でも大きさ体重共に一番大きな鳥なのです!!

ところが、飛べる鳥の中だと、一番大きな鳥はアフリカオオノガンという鳥。
なんと体重が最大で20㎏もあるそうです!(平均は11~19㎏)
上には上がいるんですね・・・。





とても大きなコブハクチョウは、メス1羽とオス2羽の計3羽が当園の中庭池で生活しています。
あまりの大きさに、小さいお子様が「怖い!」と泣いてしまったりすることもあるのですが、
手の上のごはんしか目に入ってないお間抜けさんなので、ちっとも怖くないですよ♪

kobu04.jpg
一歩引き気味でごはんをあげている様子^^



ご来園の際は、ヒメウズラの小ささと、コブハクチョウの大きさをその目で確かめてください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/78-54f80cd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。