スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシドリ池の鳥達 

みなさまこんにちは。
寒い日が続いていますが、風邪を引くなどなく、元気にお過ごしでしょうか。
鳥達も、この寒さの中、元気いっぱいお客様をお出迎えです。

DSC_1320のコピー3

            「みなさ~ん、私達に会いに来て下さいね~☆」




外池は屋外ということもあり、とりわけ寒い今日この頃です。
さて、そんな中、最近外池に遊びに来られたお客様から、
次のようなことをしばしば耳にすることがあります。

「オシドリ池の鳥達は、たくさんいるので、どれがどれなのか、見分けがつかない!!

DSC_1204のコピー

う~ん、確かにそう言われるとそうかもしれません…
僕も初めて見た時は、鳥がたくさんいて、個別の種類にまで目がいきませんでした。
なので、初めてご覧になられた方でしたら、なおさらよく分からないと思います。

そこで今回は、オシドリ池の鳥達を改めて紹介したいと思います。

まず最初に紹介したいのが、オシドリ池とあるように、当園でいちばん羽数の多い鳥、
オシドリ」です。

DSC_1113のコピー
学名:Aix galericulata
英名:Mandarin Duck
生息地:アジア極東部

非常にカラフルな羽の色が特徴の鳥です。
もうご存知の方も多いと思われますが、この色彩に飛んだ羽を持つのはオスです。
尾羽付近に見られる「いちょう羽(イチョウの形をした羽)」が特に際立っていますね★
なお、オスがカラフルなのは繁殖期だけで、
それ以外の時期は、メスと同じように全体的に茶色っぽい色合いの羽根になります。

オシドリ
↑こちらは繁殖期が終わったころ、夏の終わりごろのオシドリのオスです。
綺麗な羽根がほとんどなくなりメスのようですね。

ちなみにオスとメスを見分けるには、クチバシを見ると分かります。
クチバシの紅いのがオスです。

ちょうど今からは繁殖期に当たるので、綺麗な色が楽しめる時期となってます!



次に紹介したいのは、看板犬ならぬ看板鳥「ククちゃん」でもお馴染みの、
クビワコガモ」です。

P1000255.jpg
          「みなさ~ん、こんにちはです☆」
名前:クク    性別:♂
学名:Callonetta leucophrys
英名:Ringed Teal
生息地:南ボリビア、パラグアイ、南西ブラジルなどの南アメリカ

クビワコガモは、外池でいちばん小さな鳥になります。
こちらも、「オシドリ」同様オスの方が羽の色がバラエティーに富んでいます。

DSC_1184.jpg
DSC_1135.jpg

どちらがオスか分かりますか~?

分かりますよね、そうです、下がオスで、上がメスになります。
お腹に黒い斑点のある方がオスなので、
それを覚えておくと、見分けが楽にできるかもしれませんね。



次に紹介するのは、
コールダック」です。

DSC_0126のコピー
学名:Ahas platyrhynchos
英名:Call Duck

こちらはイギリスで品種改良された、世界最小のアヒルです。
甲高い大きな声でよく鳴くので、鴨猟のおとりとして用いられていました。
今では愛玩用として欧米などで親しまれているそうです。
ちなみに写真のコールダックは、ノーマルカラーのオスになります。

コールダックも上述の鳥同様、オスの方がカラフルな色をしています
ちなみに、ノーマルカラーの場合、メスは全体的に茶色っぽい色をしています。

IMG_0990.jpg


当園には、ノーマルカラーの他に、ホワイトカラーのコールダックがいます
DSC_0788のコピー

こちらは、オスもメスも真っ白な色をしているので、色で雌雄を判断することはできません。
しかし、コールダックには、色以外にも見た目で分かる特徴があります。

それは、中央尾羽の様子です。
輪を描いたように、「くるん」とした羽を持つのがオスで、持たないのがメスになります。

IMG_9375.jpg

分かりますかね??
尾羽の中に、「くるん」とした羽があるのを…
ちなみに、最初の写真のホワイトカラーの子は、
そういった羽が見当たらないのでメスになります☆



最後に紹介するのが、
アメリカオシ」です。

DSC_1234.jpg
学名:Aix sponsa
英名:Wood Duck
生息地:北アメリカ~キューバ

こちらは、オスが2羽のみと、ちょっと寂しい状態なのですが、
他のオス同様非常に綺麗な色の羽をしています。


以上が、オシドリ池の仲間になります。
この他にも、クロエリセイタカシギがおり、オシドリ池としては全5種の鳥達がいます。


遊びに来られた際には、是非全種類の鳥を見つけてみて下さいね★
そしてまた、オスとメス探しにもチャレンジしてみて下さい(^^)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/686-0f4d59ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。