スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色に色づき始め… 

こんにちは。

紅葉の時期ももう見ごろを終えようとしていますね。
中庭池の島の中にはあまり葉の色を変える木が少なく、唯一ザクロぐらいでしょうか?
ザクロの葉は今、黄色に色づきもう半分近く落ちかけています。
周りが緑なので黄色が目立ちますね。
木の下ではショウジョウトキがまったりしています♪
ザクロ

ザクロの葉も黄色になっていますが今年の春にうまれたキンケイも黄色に色づき始めています(?)
今日はそんな話題でお送りしたいと思います^^

春にうまれたキンケイは秋に入る頃にはすっかり大人と同じぐらいの大きさに成長します。
夏の終わりには中庭池に放され、今は先輩キンケイと同じように生活をしています。

以前(もうだいぶ前になりますが)キンケイは生後約1年ぐらいは
オスもメスも同じような茶色い羽色をしているとブログでも紹介しましたが
キンケイを見慣れた方なら生後3-4ヶ月ほどでオス・メスの区別をすることができます!

簡単なので今日はそのオス・メスの見分け方を教えちゃいます♪

まず、こちらの写真。
この写真は10月上旬のものなのでうまれてちょうど3か月ほどたった頃です。
どちらがオス・メスだと思いますか?
あたま比較
はい。左がオスで、右がメスです。
見比べても分かるようにオスは頭から徐々に羽色が黄色っぽくなってきます。


あたまの色だけでなく、もうひとつ見分けるポイントがあるんです。
この写真でわかるでしょうか?
め比較

オスは目の色が白っぽく(人間で言うと白目の部分)メスは茶色です。
若いうちは茶色のキンケイばかりなので、一見メスばかりに思えますが
こうやってみると若いうちからオスメスの区別がついて楽しいですよ!

そして現在。
12月上旬の今年うまれのキンケイがこちら。
おすかお
↑オス

めすかお
↑メス

オスはだいぶ黄色が目立つようになってきて遠目でも見分けることができるようになってます。
中には首にオレンジ色の羽が少し生えてきている子もいました!
首元にチョビっと生えているのわかりますか?
ちょびっとオレンジ

おとな
大人になると首元はこんなにも立派になりますよ!!
来年の夏頃にはキレイに生えそろう予定です。

このような視点でキンケイを観察してみるのも楽しいですよ。
中庭池でお待ちしてます♪

コメント

Rufus さま

そうですね、蹴爪もありますね^^
キンケイの蹴爪は少しイボみたいになっているだけなので
すこし分かりにくいかもしれません。
キジの仲間も蹴爪が凄く長いものもいればあまり出ないのもいるみたいです。
また成長したらブログにのせますね。

ありがとうございます。



  • [2009/12/12 17:59]
  • URL |
  • 神戸花鳥園 中庭池バードスタッフ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

キンケイのオスはそのほか、ニワトリのオス同様蹴爪があるようですが、写真の子はまだみたいですね。
話は変わりますが、ひよこ鑑定士は性器の違いで性別を見分けるそうですが、そんなことしなくても蹴爪を見ればわかるのにと、ひよこの実物をよく知らない私はずっと思っていました。
成長してから現れるんですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/641-5a7d27a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。