スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間に眠る睡蓮 

スイレンは夜に花が閉じ眠り、蓮に似た植物と言うことで睡蓮と呼ばれるように成ったそうですが、中には変わり者の昼間に眠るスイレンがあります。
4AFT2090.jpg
スイレンには熱帯性と耐寒性があり、熱帯性スイレンには夜に咲くタイプがあります。当園にも数株夜咲きのスイレンがあります。

夜咲きスイレンには2種類の亜属に分かれています。ヒドロカリス亜属とロータス亜属に分かれていて、園芸的に利用されているのはロータス亜属の方です。原種は白と赤の花しかないので、色は赤から白の間でそれほどバリエーションはありません。 
4AFT2104.jpg
4AFT2112.jpg
4AFT2091.jpg
4AFT2102.jpg
昼咲き種の様に青色、黄色はありませんが、昼咲きに無い濃い赤色があり、また花も大きな品種が多く独特な感じが魅力的です。

4AFT2093.jpg
4AFT2098.jpg
4AFT2100.jpg


開花時間は季節により変わりますが、日没後から翌朝10時半くらいまでです。開閉運動が鈍る冬季だともう少し開花時間が延び、夏季ですと開花時間が短くなります。

時々、半開きの夜咲きスイレンの前でカメラを構えている人に、「後どの位で開きますか」と聞かれることがあります。「それは、夜咲くタイプなのでこれから閉じる所です」と言うと、夜に咲くスイレンがある事を知って皆さん驚かれます。

夜咲きスイレンをご覧になりたい方はぜひ開園直後にご来園ください。昼咲きスイレンも午後3時を過ぎると閉じてくる品種もありますので、こちらも早い時間の方楽しめると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/613-51b11a7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。