スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛禽フライトショー 

菅田
10:30のショーの様子

bengal h
13:30のショーの様子

nishiki.jpg
15:00のショーの様子


猛禽フライトショー、もう見ましたか?
現在3回行っている猛禽フライトショー、実は13:30のみフクロウ以外の鳥も登場するんです。
その鳥とは....


harris fly
和名 モモアカノスリ
英名 Haris Hawk
学名 Parabuteo unicintus

ちなみに、学名は、ラテン語で記されていて、世界共通の名称です。
この学名から、どのような特徴があるか、少しわかってしまうんです。
Para”→“近い”
buteo”→“ノスリ”
unicintus”→“白い線”
という意味があります。

     タカの仲間      ノスリの仲間
 目   黄・オレンジ        茶
尾羽    長い            短い
 翼    短い            長い

では、モモアカノスリは....
目が茶色で、尾羽が長い!! だから“Parabuteo” なんだと思います。
是非、ショーを見る時は、目や尾羽にも注目してみてください♪

次に、“unicintus”ですが、“白い線”どこにあるかわかりますか?


harris_20091004165032.jpg

正解は、尾羽です。
実は、この尾羽の“白い線”、若鳥にはなく、親鳥になれば“白い線”のある尾羽に生えかわるんです。
そして、この“白い線”、若鳥にとって重要な役割を果たします。
モモアカノスリの狩りは、グループでする狩りと単独でする狩り、2通りありますが、グループでの狩りは、時折、若鳥をまじえた狩りとなります。その時、親鳥は、まだ飛ぶことが上手くない若鳥の為に、あの“白い線”のある、尾羽を動かして、自分の居場所を教えるんです。

ショー中、モモアカノスリが、尾羽を動かす仕草を見たことありませんか?
その時、たいていどこかに、とまった時だと思います。
そうやって、飛ぶのが遅い若鳥を待つ時に、居場所を知らせる目印となるのです。
モモアカノスリのフライトをみる時は、このブログ思い出して下さいね♪
harris z
 
本日、10月5日お誕生日の方へ...
誕生花は、「黄色のコスモス」 花言葉は、「少女の純真」、「真心」



コメント

まるまる様へ

是非、ご来園の際は看板もじっくり見て下さいね。良い発見があるかもしれませんv-218

  • [2009/10/24 14:47]
  • URL |
  • 神戸花鳥園 バードスタッフ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

学名勉強になりました!
やっぱり学名には意味があるのですね!いつもほとんど見ていませんでした!今度は説明の看板をじっくり見て探してみたいと思います。花鳥園って素敵!

ブボ様へ

お返事おそくなりました。
これからは、たかこも少しずつブログに、出していこうかと思っています。

いよっ!タカコちゃん

珍しくタカコちゃんがメイン!
フクロウの間で遠慮せずに、がんばれ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/573-e3902b4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。