スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗りキンケイに挑戦しよう! 

みなさんこんにちわー。

秋になり、外に面している中庭池も過ごしやすい季節となりました。
なかいけ


今年は春に去年よりもたくさんのキンケイがうまれ、みんな健康にすくすく育っています。
去年に比べ、キンケイの数が増えたので中庭池の通路もなんだか賑やかになったような気がします。

今年うまれたキンケイはまだ子供ということもあり
好奇心旺盛で近くに寄ってきてくれ、ごはんもモリモリ食べます。
中には上手にごはんを使えば、手に乗ってくれる子もいます^^



そこで今日は『手乗りキンケイに挑戦しよう!』
と題しまして、手乗せテクニックを皆さんに伝授しようと思います。
※手に乗ってきにくい個体もいます。よく手に乗る個体をさがしてみましょう。

ごはんだい
キンケイは中庭池の北側(北ロビー・フクシアエリア側)にある
『キジの仲間のごはん』を食べます。
※鳥の種類によってごはんが違います。

!!ぶろぐのコピー
①カップのごはんをシャカシャカ鳴らして、鳥にごはんがあることを気づかせます。
 キンケイの見えるところでシャカシャカするとすぐに寄ってきます。


ごはんだ.ぶろぐのコピー
②こっちによって来たら、カップを持っていない方の手を足もとへサッとすべりこませます。
 カップのごはんは見せるだけでまだあげないでね。
 ごはんを使ってキンケイの足が手に乗るようにうまく誘導しよう!


おいしいな.おいしいなのコピー

ゆっくり立とう.ぶろぐのコピー
③ごはんにつられて鳥の足が手にのったらゆっくり立ってごはんをあげてね。
 鳥の足が片方だけしかのっていなくても、ゆっくりと揺らさないように立てば
 もう片方の足も手に乗ってくれるよ。


しゃしんとろう
④ごはんを食べているうちにすかさず写真をとろう!
 ごはんがなくなってしまうと手から降りてしまうので
 ごはんがなくならないうちに素早く撮るのがポイントです。
 (カメラ係りの人はカメラを構えて待っていましょう(笑))
 手から降りてほしい時は、そっと台や地面に近づけると飛び移ってくれるよ。


その他のポイントは…
・手をしっかり安定させると鳥さんも安心してのってくれます。
・手にのることが上手な子と苦手な子がいるので何羽か試してみよう!
・今年うまれたキンケイが手に乗りやすいです。足に黒いリングを付けているのでそれが目印です。
・植木鉢やごはんの台・手すりなど、少し高い所に乗っていると乗せやすいです。
・体を触られることはあまり好きではないので、背中をなでるとすぐ降りてしまいます。


※爪が痛いこともありますので注意してね。


上手に乗せれない時や、やり方がわからない時は
近くのスタッフに気軽に声をかけてくださいね^^

てのせ

ご来園の際はオオハシ・フクロウだけでなく
中庭池のキンケイも手に乗せて思い出の写真を撮って帰ってください♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/548-d605fa10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。