スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい仲間が増えました! 

こんにちわ。

今日は中庭池から神戸花鳥園に新しく仲間入りした鳥さんについて
紹介したいと思います♪


さっそくですが、その鳥さんはこちらです!
iwakao.jpg
『イワシャコ』という種類のキジの仲間です。
7月16日に孵化しました。
今は中庭池の北側(北ロビー・フクシアのエリア側)で仲良く過ごしています。
tenji.jpg


まずはイワシャコについて少し説明しましょう。


種類:イワシャコ
学名:Alectoris chukar
英名:Chukar Partridge
大きさ:32~39㌢
分布:トルコからインド北部・チベット・モンゴル・中国の
    乾燥した草地や岩石地・砂漠・山地に生息

地上で生活し、危険を察知すると飛ぶよりも走って逃げます。
成鳥は雌雄同色、目の周り・クチバシ・足が赤く、目から首にかけて黒いラインがでてきます。
胴体にはしましまの部分もあり全体的に模様がはっきりしていてとてもきれいです。




卵は43~31㌢でキンケイの卵とほぼ同じぐらいです。
産まれて間もない頃はこんなに小さいです。
iwahina.jpg
手と比較していただくと大きさが分かるかと思います。
iwaookisa.jpg

今でも小さくて可愛いですが
1か月経過し産まれた時と比べるとずいぶん大きくなりました。
ちょうど手のひらサイズといったところでしょうか。
クチバシも黒っぽくなってきて顔もしっかりしてきました。
iwaookisa2.jpg



新しく仲間入りしたイワシャコは3羽で
いつも近くで寝たり・ごはんを食べたりと一緒にいることが多いです。
iwadango.jpg
これはまだ小さい時の写真ですが、こんな格好でお昼寝していたこともありました!
まるでイワシャコの団子…(笑)
とても仲良しな3羽です♪

覗き込むと近くに寄ってきて、とても人懐っこいですよ!
指を差しだすと興味深々につついてきます。(※痛いこともありますのでご注意ください)
tutuki.jpg



イワシャコはほぼ地上で生活するため脚はしっかりしておりキンケイに比べると太いです。
当園に遊びに来たことのある方であれば、中庭池の島にいるシロホロホロチョウのような
体格と習性と思ってもらえると分かりやすいと思います。
iwaseitiyoi.jpg


新しく仲間に入ったので、今は大人の個体がいないため
大きくなった時のイメージはつきにくいかと思います。
早く大きくなってきれいになってほしいですね^^
スタッフも楽しみにしています。
ご来園の際は中庭池に会いにきてくださいね♪小さくてかわいいですよ~♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/524-7ec7e610

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。