スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ込み思案なハイイロエボシドリ 

今日、ご紹介しますのはハイイロエボシドリという鳥です。
ハイイロさん紹介2


ハイイロエボシドリはアフリカのサバンナに生息する鳥です。
英名:Western Grey Plantain-eater
学名:Crinifer piscator
森林性のギニアエボシドリやニシムラサキエボシドリに比べて、
くちばしが黄色で、全身が灰色の地味な羽色の鳥です。
神戸花鳥園のハイイロエボシドリは、どのこも恥ずかしがり屋で、
とっても怖がりな鳥のようです。
ですが、やっぱりおやつがもらえる時は、嬉しそうです。



ブドウを見せると、ゆっくり近寄ってきます。

焦って食べたククリ

ブドウにつられて寄ってきて、焦って食べたハイイロエボシドリのククリです。
ククリブドウにつられ

もう一羽もよってきました。
怖がりなニナです。なるべくゆっくり手を動かすと、
ブドウを食べ始めました。
怖がりなニナ

食べ始めると、とっても速くたべます。
高速食いなニナ
あんまり速くて、写真もぶれてしまいます。

ニナとククリ
食べ終わった2羽が、木の上で休んでいます。

ハイイロエボシドリが水浴びに降りてきた所の動画がとれました。
辺りを気にしながら水浴びをしようとするのをご覧ください。

実は、辺りをうろうろしただけで、水浴びはしませんでした。
少し水がかかって満足だったのでしょうか?

せっかくですので、ニシムラサキエボシドリの水浴びをご覧ください。

本当はニシムラサキエボシドリのように、水浴びをしたかったのでしょう・・・
やっぱりあんまり近くで見られていると緊張してしまうようです。
こんなハイイロエボシドリのニナとククリは今日も仲良く花鳥園で暮らしています。

あせるニナ去る
仲良しのハイイロエボシドリを園内でゆっくり観察されてはいかがですか?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/514-e8e608aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。