スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知との遭遇。 

皆様、こんにちは!

今年も残暑が厳しいですね!
朝夕は秋の風が吹いているときもありますが、日中はまだまだ暑いです・・・。
引き続き、夏バテや熱中症に気をつけてくださいね!

さて。
今週の猛禽ブログですが、今回は最近起きた珍?事件をご紹介いたします♪

主役はこちらのフクロウです!

IMG_1010のコピー

カラフトフクロウ

英名:Great Gray Owl
学名:Strix nebulosa

体長59~69cm。体重800~1700g。
スカンジナビアからシベリア、サハリン、アラスカなどに分布しています。
主に、小型哺乳類、鳥、昆虫などを捕食します。
ずんぐりむっくりとした灰色に同心円模様の顔が特徴的。
(誠文堂新光社出版 「ザ・フクロウ」より引用。)

カラフトフクロウに関しての他の記事はコチラから。

カラフトフクロウの疑惑。

さて。
今回起きた珍事件ですが、(珍・・・という程でもないのですが・・・)
それは展示室の蛍光灯が切れたことから始まりました。

当園の展示室には、それぞれのフクロウの部屋に蛍光灯がついています。
閉園後に、切れてしまった蛍光灯を換えようと、カラフトフクロウの部屋にお邪魔しました。
高い所に蛍光灯があるので、脚立も一緒に部屋の中に入れました。
さて、換えようかな、と思ったときに、蛍光灯の電気を消し忘れていた事に気づき、
一度部屋を出て、電気を消して戻ってくると・・・・

・・・・・!!?

IMG_4568のコピー

きゃ・・・脚立に乗ってる!?

これには驚きました。
皆様から見たら、ただ脚立に乗っているだけでは・・・?と思うかもしれませんが、
フクロウは警戒心がとても強いので、普通だったら見慣れない物を見れば怖がって近寄らないのですが。

しかし、この部屋のカラフトはとても興味がそそられた様で、

IMG_4578のコピー

上から~

IMG_4575のコピー

下まで・・・
まんべんなく観察してました。


・・・カラフトの“怖いもの”の定義がよくわかりません・・・(笑)

フクロウが“怖い”と感じるものは、モップやホウキなどの長い物や、
大きな物体なのですが。

どうやら、このカラフトは脚立は全く怖くないようです・・・。

IMG_4573のコピー

そしてまた乗っていました。

あまりにも楽しそうで、部屋に入って蛍光灯を換えるのがなんだか
申し訳ないなあ・・・なんて思ってしまいました。
(しかし、仕事が進まないので、どいて頂きましたが・・・)

写真には撮れなかったのですが、最終的には、2羽揃って乗っていました。

とっても好奇心旺盛の様ですね!


IMG_1003のコピー

カラフト 「実は“珍しいもの”好きなのよ~。」

以上、カラフトフクロウの未知との遭遇のお話でした♪

それにしても、カラフトの神経の図太さには関心してしますね。


コメント

ブボ様へ

いつもコメントありがとうございます!

私も、あの大きな顔と、それに似合わない小さな眼で、じ~っと見つめられてしまうと、なんだか、変に緊張してしまいます・・・。
フクロウは、物語でよく「森の賢者」としてでてきますが、カラフトのあの長老の様な雰囲気でなんだか納得してしまいます(笑)

  • [2009/08/27 11:36]
  • URL |
  • バードスタッフ 山内
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

怪しい者?!

この方たち、よくこちらを観察されてることがあります。好奇心は強そうですヨ。
目があうと「怪しい者ではございません」ビームで、顔じゅうで笑うようにしてますが、かなり長時間、観察してくださいます。ハイ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/511-e575b36f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。