スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の中は? 

こんにちは。
今日はベゴニアの花の中を覗いてみました。
こちらは球根ベゴニアです。
球ベゴ

花の中はこんな感じです。

球ベゴ1


球ベゴ2

ベゴニアは雌雄異花同株の植物です。同じ株に雌花と雄花が咲きます。
では、どちらが雌花でどちらが雄花かわかりますか?
なんだか良く似ていますね。
雌花と雄花がある場合、雌花は花粉を持っていないので、昆虫を誘うことが出来ません。
花粉を持たない雌花は、雄花を真似ることで昆虫をだまし、間違えてとまってもらう事で受粉していると考えられています。
先ほどの写真では、①が雄花で②が雌花です。

今度はレックスベゴニアを見てみます。(品種名:ロビン)
レックス
レックス1
この写真では左が雌花で右が雄花です。

確かに雌花の柱頭は、色や形が雄花の約の集まりに似ていますね。
昆虫だけでなく、人間もだまされてしまいそうです。

最後に木立ベゴニアも見てみました。(品種名:クンプウ)
木立


木立1


木立2
どちらが雌花でどちらが雄花かわかりましたか?
正解は③が雌花で④が雄花です。

コメント

じゅんじ様へ

じゅんじ様、コメントありがとうございます。
私は実際に昆虫が飛び回っているところを
見たことはなかったのですが、
ちゃんと騙されているのですね。
植物ってすごいですね~。

また面白い情報ありましたら、教えて下さいね。


  • [2009/08/10 18:02]
  • URL |
  • 植物スタッフ 松本
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

センパには蜜蜂が来る事がありますよ。
雄花も雌花にもとまっているので、
花粉も運ばれているみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/508-f8d83874

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。