スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚 

みなさんこんにちは!
いよいよ夏本番ですね。
暑さには十分ご注意ください!


さて、今回は鳥の脚に注目していきたいと思います。

脚は細かい網状や鱗(ウロコ)状になっています。
これは爬虫類のなごりで、ウロコが変化したものです。


今回、東展示室の鳥たちがそれぞれどのような脚をしているのか撮影してみることにしました。



まずはハトの最大種であるオウギバトです。
ougi

ougi ashi
近所の公園などで見られるハトも同じような脚をしていますが、
やはり体が大きい分太くてしっかりした脚をしていますね!


次に、とても体が大きくてお客様に大人気のサイチョウを見てみましょう!

ツノサイチョウ
samu
サムくんです。

samu ashi
スタッフの腕をしっかりと握っています!
これは黄土色というのでしょうか?不思議な色をしています。

オオサイチョウ
dai
ダイちゃんです。
いつもお客様から果物を頂いています。
これも果物が欲しくて待っているところですね。

dai ashi
恐竜のような脚をしていますね!
これを見ていると祖先が爬虫類というのもわかります。


さて次は一人で楽しそうにお喋りしていることがあるキュウカンチョウのキュウちゃんです。
kyuu
枝の上でのんびり・・・
「おはよ~」

kyuu ashi
よく見たら鮮やかな黄色の脚をしていますね。
身体全体が黒い分よく目立ちます。
この脚で机の上をぴょこぴょこと跳ねている様子はとても可愛らしいです。


次はとても綺麗なピンク色のヨーロッパフラミンゴです。

hura
それにしても細い体ですね!


huramingo
このように水鳥には水かきがついています。
少し分かりずらいですが、爪も小さいものがちゃんとありますね!


さて、神戸花鳥園のパンフレットの表紙にものっているオオハシはどうでしょう?
oni

ashi
案外鋭い爪をしていますね!
伸びすぎた爪を削ってはいますが、万一の場合もございます。
オオハシを腕に乗せる際には腕カバーの着用をお勧めします。



次にオウムを見てみましょう!

アオメキバタンのアオちゃんです。
ao
「こんにちは!」

ao ashi
この脚を使っておやつにもらったさつまいもを上手に食べています。
ao
「おいしー!」


オオバタンのオオちゃんです。
oo
「ばぁ~!!」

oo ashi
「これがあたしの脚ですよ★」

足の裏から見るとなんだかムクムクした指ですね!

オオちゃんもアオちゃんに負けず劣らず手先が器用です。
いらなくなったボールペンをおもちゃにして遊んでいます。
oo
「ガジガジ・・・楽しいな♪」

※オオちゃんはボールペンやネックレス、ボタンなどが大好きなので、取られないようにご注意ください。


実は、物をつかんで自分の嘴に運ぶことができるのはオウム目の特徴の1つなのです。




このように鳥達は種類によって様々な脚をしています。
黄色かったり青かったり、細かったり太かったり・・・指の数が違ったりもします!

ちなみに私の今回の発見は、
脚の色は様々でも、爪の色はたいてい灰色や黒と地味なんだなぁということでした。
もしかしたら派手な色の爪を持った種類もあるかもしれませんが・・・

観察してみると案外楽しいですよ♪

ぜひお試し下さい!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/488-c9eb2eb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。