スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガモのヒナメモリアル 

皆さん、こんにちわ!!

中庭池のマガモは4月頃から卵を産み始め、7月も後半になり
今年の産卵シーズンも終わりをむかえます。

今回はマガモのヒナの成長ぶりをご紹介したいと思います。


マガモのヒナは約3か月で大人の姿になると言われています

下記のブログは4月にフ化したヒナ達をご紹介したものです
あれから約3か月立ちましたが現在はどんな姿をしているのでしょうか。。。?

『マガモのヒナ』(5月21日)


はい。。。
こんなに成長していました。。。
P1010060.jpg


ほぼ大人と同じ大きさです
声はまだヒナらしいピヨピヨとした鳴き方をしています



こちらは7月に生まれたヒナです
P1010048.jpg
『ねむーい。。。』

生後1日目のヒナと2週間、3週間のヒナと並べてみました。。。

P1010054のコピー




マガモは「早成性」の鳥なので成長はとても早いのです。

「早成性」とは、地上に営巣する鳥に多く、卵からフ化したヒナがすでに綿羽に
覆われ、目が開き、歩くことができると言われています。

地上にはヒナを狙う多くの敵がいるので生まれてすぐ動けた方が
いいですもんね。



いかがでしたか?

この写真の中に次の年にはお母さんになっているヒナがいるかもしれません

来年もたくさんのヒナが生まれるといいですね☆★
P1010055のコピー
『ばいばーい♪』



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/470-352dcdac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。