スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイちゃんの首の色は黄色? 

今日はオオサイチョウについて、一つ勉強してみたいと思います。
dai

オオサイチョウのダイちゃんをよく見てみると、首が黄色くなっています。
20090630ダイ5
本来は白色なのですが、どうして黄色になっているのでしょうか?
それは、尾脂腺から出た脂の色の為です。
鳥には尾脂腺というものがあり、ここから出た脂をくちばしで全身に塗ぬりつけて防水性を高めています。
では、尾脂腺ははいったいどこにあるのでしょうか?
ダイちゃんの羽繕いの様子を見てみましょう。

なにやらくちばしで尾の付け根辺りを触っています。
20090630ダイ3

そうです、尾脂腺は尾の背中側の付け根辺りにあります。
20090630ダイ4

この尾脂腺から出る脂をくちばしでとって全身にぬっているのです。
20090630ダイ9

普段尾脂腺は羽に覆われている為、なかなか見ることはできません。
特にインコなど小型の鳥で見るのは難しいですが、体の大きなオオサイチョウや、オオハシは比較的見やすいので、羽繕いをしている姿を見かけたら、細かいところまで観察して見てください。

オニオオハシの尾脂腺
20090630オオハシ6

くちばしで尾脂腺の脂をつけています。
20090630オオハシ5

このような細かい体の仕組みを実際に見ることができるのも、鳥が大変馴れており、間近で見ることができる花鳥園ならではだと思います。
ぜひ、じっくりと鳥の体を観察してみてくださいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/445-40bcfdd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。