スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解してみました。 

皆様こんにちは!

梅雨入りのなか、いかがお過ごしでしょうか?
神戸花鳥園は全天候型のテーマパークなので雨の日でも大丈夫です♪
雨が降って行くところが見つからない、という方は是非是非花鳥園へご来園下さい!!

さて、今週の猛禽ブログですが・・・
今回はタイトルの通り “分解してみました。”
何を分解したかといいますと・・・

コチラです↓

ペリット

そう!ペリットです!

ペリットについては、こちらのブログをご覧下さい↓

フクロウのペリット

ペリットとは、フクロウが獲物を食べた後、胃で消化できなかった獲物の骨や毛を
ひとつの塊にしてクチから吐き出したものです。

実は、野生のフクロウの生態調査には、ペリットは、重要な情報になります。
ペリットには、そのフクロウが食べた獲物の骨などが入っているので、それを調べれば、
そのフクロウが、“何を食べたのか”がわかってきます。

多くのフクロウは木の上で休憩をして、その時にペリットを吐き出します。
山や森の中の地面の上を探せば、野生のペリットが見つかることもあります。
ペリットに興味がある方は、是非探して見てください!

そして、実は上の写真のペリットは野生のフクロウのペリットです!
神戸花鳥園のフクロウのペリットではなかったんです。

このペリットは、わざわざ山に入って探したのもではなく、なんと、神戸花鳥園の
敷地内に落ちていたのもです!

IMG_2666 のコピー

大きさは100円玉と比べるとこのくらいです。

このペリットは、花鳥園のフクロウ達が絶対にペリットを落とさない場所に落ちていたので、
これは確実に野生のものです。

多くの方は、フクロウは山の奥の方にしか住んでいないと思っていらっしゃるようですが、
このポートアイランドはフクロウの獲物となるネズミが多く、餌がたくさん捕れるのでわりと
多くの猛禽類が潜んでいるようです。
実際に私もポートアイランドで野生のコミミズクやフクロウを見たことがあります。

たまに、野生のフクロウがポートアイランドの倉庫などの建物の中に迷い込んでしまい、
「何とかして下さい!」という依頼を受けたことも何件かありました・・・。

IMG_3994 のコピー
これはトビです。

花鳥園のはるか上空を飛んでいたものを撮影しました。
フクロウ類だけでなく、神戸花鳥園の上空には、トビやハヤブサ、ミサゴなどを
見かける事が多いです。

このペリットの主ですが、おそらくこの神戸花鳥園辺りの地域を根城にしていると
思われる、コミミズクのペリットだと思います。
何度か花鳥園の上空を飛んでいるのを目撃したことがあります。

komimiのコピー
(写真:掛川花鳥園)

この写真は花鳥園グループのコミミズクです。
野生で見たコミミズクはもう少し顔が白く、メンフクロウ似でした。


では、このコミミズクはどんなものを食べたのでしょうか!?
分解して調べてみましょう♪

IMG_2671 のコピー

分解するとこんな感じに。
けっこうパサパサしています。

IMG_2684 のコピー

獲物の毛が出てきました。
黒い毛なのでドブネズミでしょうか・・・?

IMG_2687 のコピー

決定的なものが出てきました!
これはネズミの骨です。

なぜ、ネズミの骨だとわかったかと言いますと・・・
下の写真は、神戸花鳥園のウサギフクロウのペリットを分解して出てきた骨です。

IMG_3028 のコピー

しばらくの間このウサギフクロウにはネズミを与えてしました。
コミミズクのペリットと同じ骨が出てきましたね。
この骨はネズミの骨で間違いないようです!

今回のこのコミミズクの食事はドブネズミだったようですね!

さて。
もう一つ新しい野生の猛禽類のペリットを発見しました!
これも花鳥園の敷地内に落ちていたものです。
それがコチラ↓

IMG_5112 のコピー

最初のコミミズクのペリットとは少し形が違いますね。
当園のハリスホーク「たかこ」のペリットにも似ているため、
もしかしたらタカ類のペリットかも知れません。

このようにペリットを分解して、野生の生態を探る!!!という方面では、
私も専門家ではないので詳しくはわかりません。すみません・・・。

とりあえず、コチラも分解してみました♪

IMG_5121 のコピー

コミミズクのペリットとは違う毛が含まれていました。

IMG_5119 のコピー

鳥類の羽が出てきました。
写真の上の方には灰色っぽい鳥の羽がみえます。

IMG_5125 のコピー

これがペリットの中で一番大きな情報源でした。
鳥類の翼です!
大きさからして、スズメやセキレイくらいの大きさの鳥でしょうか?

このペリットを吐いた主の食事は、“鳥”だったようですね!

ちなみに、下の写真は神戸花鳥園のシロフクロウのペリットを分解したものです。

IMG_3069 のコピー

このシロフクロウにはヒヨコを与えていたので、黄色い羽が混じったペリットとなっています。
その中に、白い羽が混じっていました。(写真上)

IMG_3062 のコピー

これです。
これはシロフクロウの羽です。どうやら間違えて自分の羽をクチに入れてしまったようですね。フクロウは近くの物はあまりよく見えていないので、間違えて食べてしまうことがあります。

ペリットを分解してみるとそんなことまでわかってしまいます。
過去にも、当園で暮らしているフクロウのペリットからカニのハサミがでできたこともありました。非常に稀なことなのですが、神戸花鳥園は海も近いですから、運悪くフクロウの展示室に迷い込んだカニがフクロウに食べられてしまった・・・ということです。
さすがに、ペリットからカニのハサミがでできた時は驚きました・・・。

この様に、ペリットには様々な情報が含まれた魅惑の塊なんです!
また面白いペリットがでてきたら、ブログでご報告しますね♪

お楽しみに~!

コメント

ブボ様へ

いつもコメントありがとうございます!

たかこは、ショーの時以外は、花鳥園の敷地内にある外の小屋で暮らしています。

タカは神経質な為、ショーの時間以外はお客様に見て頂くことができません。
申し訳ございません。

ショーの時にしか登場しませんが、どうぞ“たかこ”も応援よろしくお願い致します!

 

  • [2009/06/16 19:45]
  • URL |
  • バードスタッフ 山内
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

「ペリット」シリーズ第2弾は、発見がいっぱいでおベンキョになりました。おおきにですぅ。

ところで、たかこちゃんは飛行ショーに出ていないときは、どこに居はるんですか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/437-197bf9bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。