スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクシアの交配Ⅲ~直播き~ 

皆さんこんにちは♪ずいぶんと暖かい・・?暑い季節の到来を感じさせる時期になりました!!
花鳥園のフクシアも日中は暑そ~にしている時が多くなってきたように思います。ますます暑くなる前にフクシアの虫、挿し目対策などで今年の夏もフクシアともども元気に夏越ししましょうね!

さて、今回お送りするのは予告通り、前回・前々回に引き続きご家庭でも出来るフクシアの簡単な交配Ⅲということで~直播き~のトピックでお送りしたいと思います。
前回・前々回のブログをご覧になりたい方は↓↓まで♪
フクシアの交配Ⅰ
フクシアの交配Ⅱ

ではさっそく直播きをしていきましょう~!!
まず、ピートモスを用意します。この場合なぜピートモスが良いかというと、ピートモスのように目の細かい用土を使用しないと極小の種がどこへいったか、きちんと蒔けているのか、確認できなくなってしまうからです。
植え替え1
用意したピートモスをポットに移しかえ水をかけて種をまきます。
ここでのポイント種をまく前にピートモスにミ水をかけておくことです。種をまいた後に水をかるとせっかくまいた種が水と一緒に流れてしまうおそれがあるからです。
①ピンセットで一粒づつ土の上に置いていきます。
植え替え3
②この状態で種まきは完了です。ここでのポイント覆土をしないということです。
覆土・・・種まき後土を上からかぶせないという事です。
なぜかというと、フクシアの場合発芽する条件として日光が必要だからです。土をかぶせてしまうと日光不足で発芽しにくい環境を作ってしまうことになります。
植え替え4
そして次に腰水をします。
腰水とは・・・私たちが腰までお風呂につかるように、ポットの下面が水に浸かるようにしてやる事です。
この理由もまた、小さな種を灌水時(如雨露やホース)の水流で流してしまわない為です。
植え替え5
そして最後はネームタグを付けて完成です。
植え替え6
交配し直播きしてから10日目で発芽しました♪
生後約10日1

この様にして交配したフクシアの第一行程は終了します。後は何度か植え替えをして花が咲くのを待つばかりです。待つ・・・花芽をつけるまで約半年~8ヶ月ほどかけるので気長に待ちましょう!
咲いても期待通りの花が咲くとは限らない・・・むしろ咲かない事のほうが多いと思いますが不屈の精神で何度もトライしてくださいね!!

皆さんも忍耐力を養って是非!オリジナルフクシアを咲かせてみてはいかがでしょうか♪♪

フクシアのブログでネタにして欲しいトピックがありましたらコメントをお寄せ下さい♪ではまた花鳥園でお会いしましょう♪♪


                              担当 磯村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/421-18cac52f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。