スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・中庭池の卵たち 

みなさんこんにちわ!!

以前中庭池の卵を紹介しましたがその続編ということで
また違う鳥の卵をご紹介したいと思います。

そのときのブログです
↓↓↓↓↓
「中庭池の卵たち」


では1つ目
こちらは誰の卵でしょうか?

SANY0706_convert_20090523151445.jpg

重さ 約45g
高さ 約6cm



正解はホロホロチョウでした!!

SANY0304_convert_20090523151936.jpg

ホロホロチョウは飛ぶこともできますが地面にいることが多く、一日に数十キロも歩くことがあるそうです。
外敵からは走って逃げますが夜間は木の枝に止まって眠ります。
上記の写真のような卵を6~12個産みます。

卵はマガモとほぼ同じ大きさですがホロホロチョウの方が殻が硬いような気がします。


2問目、
こちらは誰の卵でしょうか?

SANY0705_convert_20090523151519.jpg

重さ 約80g
高さ 約8cm



正解はアカツクシガモでした!!

SANY0716_convert_20090523152120.jpg

日本にはまれな冬鳥として渡来します。
3月~4月ころに巣を作り、8~9個産み、約28日でふ化します。

ちなみに今年生まれのアカツクシガモの雛です
↓↓↓
P1010036.jpg

この子もブログでご紹介する予定なのでお楽しみにっ!!


3問目、
誰の卵でしょうか?
SANY0708_convert_20090523151553.jpg

重さ 約110g
高さ 約9cm


正解はインドクジャクでした!!

SANY0723_convert_20090523151825.jpg

インドクジャクは3~6個産み、28~30日でふ化します。
卵は少しゴツゴツしていて、マガモやキンケイの卵と比べるとインドクジャクの方が
丈夫で割れにくいです。

ちなみにこの写真のクジャクさんは女の子なので地味な色をしています
男の子はこちらです

SANY0725_convert_20090523153730.jpg

では最後は3つ並べて高さを比較してみました

SANY0703_convert_20090523151654のコピー

今回ご紹介した3羽の鳥の中で、インドクジャクが一番大きな身体をしているんですが
アカツクシガモと卵の大きさが近いことにビックリです


卵クイズいかがでしたか?
今年もたくさん卵が生まれているのでみんなふ化するといいですね☆★

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/417-4ee1e8ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。