スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオオニバスのねっこ 

みなさん、オオオニバスの根はどんな物か見たことは有るでしょうか?

オオオニバスはハスと付くので蓮根が出来るハスの仲間だと思う方も多く、「オオオニバスの蓮根は食べられますか?」と聞かれることがよくあります。
しかし、オオオニバスは、スイレン科オオオニバス属の植物なのでスイレンの仲間に成ります。

展示しているオオオニバスは約半年程で生長が悪くなり、新しい株に植え替えをすることに成ります。これは、その植え替えの時に抜いたオオオニバスの写真です。
PICT0002_20090523151524.jpg
流石に根にトゲは無いようですね~

PICT0017_20090523151822.jpg
以前熱帯スイレンの根を紹介しましたが、それと同じようにオオオニバスもどんどんワサビの茎の様に土の中に垂直に伸びていきます。

PICT0016_20090523151746.jpg
切って見るとレンコンの様に穴が空いて無いのが分かると思います。意外と固くて恐らく食べても美味しくないのではないでしょうか~???

PICT0003_20090523151606.jpg
手袋で持っているトゲトゲの物体がオオオニバスの新葉です。最初はトゲが有る裏側が内側に入りそれが徐々に開いて行きます。オオオニバスは葉の裏しかトゲが無いので、こうなっていれば最初の内は全体がトゲにより防御されるわけですね。実に良く出来ていると感心させられます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/416-46f20539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。