スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外池のクロエリセイタカシギの家族 

今日は外池の話題です!!
外池があるのは南受付を入ったらすぐの所、ペンギンプールの横にあります。

以前、紹介したクロエリセイタカシギのヒナが、こんなに大きくなりました。

IMG_0346のコピー
和名:クロエリセイタカシギ
学名:Black-necked stilt
英名:Himan topus
チドリ目セイタカシギ科のアメリカ原産の鳥です。
体高は約40センチくらいで、口ばしと足が細長いのが特徴です。
オスメスの見分け方は、背中が黒い方がオスで黒褐色の方がメスです。

ZN4G6522のコピー
こちらは以前にブログにアップした時の写真です。


今は…
DSC_0191のコピー
こんなに大きくなり、親鳥に姿が似てきました。
小さい時に比べ、クチバシが伸び、足も長くなりました。
体高は昔は約8cm、今は15cmくらいまで成長しています。



しばらく、観察していると・・・
同じ池に暮らしているクビワコガモたちが、ヒナに近づいてきました。

お母さん鳥「んん・・何しにきたの!!」
DSC_0612のコピー
カモ「う、うぁ~!!」
DSC_0613のコピー
カモ「ご、ごめんなさ~い」
DSC_0171のコピー
お母さん鳥「もぉ、大丈夫よ。遊んでいいよ」
子供「お母さん、いつも守ってくれてありがとう」

親鳥に守られながら、この子は日々すくすくと成長しています。
親の愛情というには、凄いものですね。

実は、以前ブログでも紹介した頃から、この様な光景がよく見られていました。
これは、現在のように大きくなっても変わりありません。
親鳥の愛情は、大きくなっても変わらないんだと思い、親鳥の変わらぬ愛情に感心しました。

大人の羽毛も生え始め、外池の島で元気よく動きまわっていますので、
シギの子供の成長が観察できる外池を、ぜひ見に来て下さいね!!

                           バードスタッフ 藤田 泰貴

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/41-fe065f4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。