スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオオニバスの交配 

今日は、オオオニバスの交配についてです。
オオオニバスとはスイレン科オオオニバス属の植物でハスと付いていますが、実際はスイレンに近い植物です。よくオニバスと言われるお客様も多いですがオニバスはスイレン科オニバス属の植物でオオオニバスとは別属の植物です。よく聞かれますが、どちらもレンコンは出来ないんですよ~!!

オオオニバスの花は2日間咲きます。そして、開花は夕方です。
まずは今日が開花初日に成る花を探します。夕方に成ると少し花が割れて開きそうな感じになって来ます。これが種親で、今回はV. 'Longwood Hybrid'を使います。
PICT0018.jpg

そして花粉親に成る物は開花2日目の花です。開花2日目はピンク色に成るのでその花を使います。
今回はV.amazonicaを使います。手に持っている花がそうです。
その下で咲いている花はV. 'Longwood Hybrid'です。
PICT0021.jpg

開花1日目の花のオシベを全て切除します。なぜかと言うと、開花2日目に花粉が出るのですが稀に自家受粉する事が有るのでオシベを全て切除した方が確実に交配できます。
PICT0019.jpg
PICT0020.jpg

花粉親に成る花を分解し赤丸で囲った所にある花粉を筆などで取り、先ほどオシベを切り取った開花1日目の花の柱頭に擦り付けます。
PICT0022_20090511144652.jpg
20080919171939[1]


これで、交配完了です。
今回はV. 'Longwood Hybrid'(V.curuziana x V.amazonica) にV.amazonicaを交配してV. 'Discovery' と言う品種を作ってみようと思います。上手く行けば40日後には種子が採れるでしょう。どうなるか楽しみですね~

コメント

じゅんじ様、コメント有り難うございます。
オオオニバスは展示出来る状態が約半年位なので、交配して種子を常にストックして有る状態にしているんです。
オニバスとは珍しいですね。貴重な水性植物が見られる所にお住まいとは羨ましいです。オニバスとオオオニバスの違いなど、見てみると面白いと思いますよ。

  • [2009/06/15 15:13]
  • URL |
  • 植物スタッフ 佐藤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

オオオニバスの交配もされているんですね。
僕は徳島に住んでいますが、徳島にはオニバスが
生えている場所があります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/401-756bba91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。