スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは何でしょうか? 

突然ですが問題です。
これ↓は何だかわかりますか??
花1

正解は「インドクワズイモの花」です。わかりましたか~?
インドクワズイモの花は、花軸に密集した小さな花(肉穂花序といいます)と、それを囲むように発達した苞(仏炎苞)からなっています。
仏炎苞とは、花の穂を包むような形で、花びらのような役割を担っている苞です。サトイモ科に特徴的な苞なので、同じサトイモ科のミズバショウを思い浮かべると分かりやすいでしょうか?
このような苞で、花によってくる昆虫を内部に閉じ込め、受粉の確率を高めていると考えられています。

クワズイモ

インドクワズイモ(学名:Alocasia macrorrhiza)は、東南アジアや太平洋諸島原産の、サトイモ科クワズイモ属の常緑多年草です。
草丈は大きなもので3m、葉の長さは約60cm、幅は45~60cm、葉柄の長さは約60cmにもなります。
花期は夏ですが、花鳥園は暖かいので次々と開花しています。
花のつき方

地下茎が肥大して出来た芽の上半分が地上に突き出しています。
いも部分
地下茎を切ってみるとサトイモと同じように白いです。こんなに大きいイモならたくさん食べられそうですが、「クワズイモ」の名の通り食べられないので注意して下さいね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/376-71fdc1f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。