スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵~春に向けて2~ 

みなさんこんにちは!!
今回は、すこし前に紹介した
巣箱の様子について少し変化があったので、お伝えしたいと思います!!
↓以前のブログ
~外池 春に向けて~

ユキミ小屋
↑こちらの巣箱、中に何者かが!!

ユキミ小屋2
コールダックのホワイトカラーのメスが入っていました!!
この子、実は卵を温めているのです!

ユキミ小屋真上
↑ちょっと失礼して小屋の屋根を開けて上から撮影。
(親は完全抱卵に入ると、卵を守るため、少しの事ではびくともしません。) 
上手に羽根を使って卵を温めていますね!
あの羽根の下には6~8個の卵が温められています!!

コールメス真上
↑こちらはコールダックのマガモカラーのメス
こちらも卵を上手に温めています。

さて、みなさん!
ここで少し巣材に注目してみてください!!

コール小屋隅
↑こちらは先ほどのマガモカラーのメスが温めている
巣箱の巣材を少しアップにしてみました。
ん?なんか灰色のモコモコなものが【木くず】と一緒に混ざってますね…。

↓もう少しアップの写真
巣材2巣材
上の写真が誰も入っていない巣箱にあった【木くず】
下の写真はコールダックが卵を温めている所から
少しいただいた【木くず】。
下の写真の【木くず】…やはり何かが混ざっていますね。

これは羽毛なんです!!
卵を温めだした鳥は自分の羽毛を抜いて巣材の材料とするのです!
この行動は、本格的に卵を温め出した時〈抱卵〉によく見るサインです。
私たちもこの親の行動を見て、『温めてるなぁ』と判断します。

今、神戸花鳥園の外池の水鳥たちは徐々に卵を産み始めました!!
順調にいけば4月後半にはかわいいヒナが見られる、と思います!
またヒナが生まれましたらブログでも紹介したいと思いますのでお楽しみに!!

↓コールダックのコール君も待ちきれない様子ですね!〈笑)
コール
コール
『早くボクの妹や弟が生まれないかなー??
みなさん!ボクにも会いにきてね!!お待ちしてます!!!』

コメント

Rufus様へ

コメントありがとうございます。
どんなカラーの子供になるかは、ほとんどマガモカラーかホワイトカラーに分かれるようです。
ですが同じ親でも兄弟でどちらの色になるかは違っていたりします。
時々は両方の色が混ざることもあるようで、マガモカラーに白いブチが入るような子が生まれたらかわいいなあなどと思っています。

アヒルは普通は卵を抱かないそうなので、貴重な画像ですね。ホワイトカラーの雌と、マガモカラーの雄の間の子供だったら将来どんな羽毛の色になるんでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/344-394311fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。