スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクシア採取の旅PAR.3~挿し芽植え替えvol.1~ 

こんにちは♪今日は~フクシア採取PAR.3~ということで『挿し芽フクシアの植え替えvoi.1』をお送りしたいと思います♪♪採取の旅PAT.1 PAR.2を御覧になりたい方はこちらからどうぞ♪
フクシア採取の旅PAR.1
フクシア採取の旅PAR.2
さて、今年の2月7日~9日に富士花鳥園より採取してきたフクシアもそろそろ植え替えときです。約1ヶ月半が経ち、挿し芽パレットを持ち上げてみるとなにやら下の写真でも確認できるように黒いパレットの下からなにやら白いひげが沢山でています。実はこれが挿し芽したフクシアの新しい『根』になります。こんな感じにほとんどのパレットから根が出始めていたら植え替えのサインになります。
挿し芽2
また、下の写真の様に挿し芽したトレー上のフクシアが大きく成長して花芽までつけていたらそれもまた、植え替えサインの目安となります。
挿し芽花芽2
さて!では早速植え替え準備にとりかかりましょう!
まず、『用土』です。花鳥園では挿し芽から一番最初の植え替え時にはこの様にピートモスと鹿沼の微粒を使用します。やはり根っこがまだまだ少量ですし、小さなフクシアの苗木には細かな用土を用意してやります。
土
次に、『植え替えキット』を紹介します。5cmの黒ポット、ピンセット、ネームタグ、鉛筆です。
ピンセットは挿し芽を掘り起こす時に使うと便利です。
準備2
以上のように準備が出来たら植え替えを始めます。
①ピンセットで挿し芽して根付いたフクシアを掘り起こします。
 名前間違いのミスを失くすために一度に掘り起こすのは一品種づつにしましょう。
植え替え1
②生え始めのフクシアの根っこは特に細いので切らないように慎重に!
植え替え2
③こんなに立派な根が育っていました!
植え替え2.5
③・・・①例えば下の写真の様に根っこの出方は様々です。右端のフクシアは同じ時期に挿し芽をしたにもかかわらずまだ根っこが出ていません。根っこの出ていないものはまだそのまま挿し芽トレーに残しておいてやります。
根っこ
③・・・②根っこが沢山でている左端のものは下の写真の左側の様に少し大きめのポットに植え替えてやっても良いでしょう。
カップ大小2
④一つ一つポットに植え替えていきます。
植え替え3
⑤小さなポットに合わせて小さなネームタグを用意しましょう。
ネームタグ1
⑥名前間違いのないように正確にタグを付けましょう!
植え替え6
一日ではとても終わる事はありませんでした・・・
しかし、ほとんどのものが発根していたので一安心♪♪
完了1
この様に挿し芽から約1ヶ月半ほど経ってようやく一度目の植え替えを無事行なうことが出来ました。これから展示する用途によってまちまちですが少なくとも2回、多ければ5回の植え替えを経てこのフクシアたちはデビューを迎えます。まだまだ沢山の根気と愛情を注いでやらねばなりませんが我々スタッフも一日でも早くデビューさせてやれるように努力しますので、皆さんも末永い応援ようろしくお願いいたします♪


                                                  担当 磯村
 




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/343-b375e136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。