スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回 花園コンサート なぞの楽器フルス 

4AFT6608のコピー
本日3月1日の花園コンサートはフルスとピアノデュオを演奏しました。

”フルスとはなんぞや?”と思われる方もおられるのではないでしょうか?
では、そのフルスという楽器を紹介したいと思います。
4AFT6633のコピー

漢字では葫芦絲と書きます。
中国は雲南省の少数民族に伝わる楽器で、ひょうたんと竹を使って作られた縦笛です。
真ん中に太い管、両側には単音竹という2本の管があります。
単音竹には管をふさぐフタがついており、そのフタを脱着することによって和音を
楽しむことが出来ます。日本の雅楽に通じる独特の響きの多重音を奏でます。

4AFT6626のコピー

そのフルスを演奏してくださったのは、李 浩(り こう)さん
プロフィール

中国江蘇省沐陽県出身。1983年生まれ。

1995年から声楽を勉強し始め、2000年蘇州教育学院大学に入学。
声楽を専攻し、副専攻でフルス・古筝・ピアノを学ぶ。
2007年6月国際音楽協会主催の中国音楽コンクールで銀賞受賞。
2008年4月アジア国際文化芸術フェスティバル新人賞を受賞。
現在、大阪スクールオブミュージック専門学校で作曲を専攻。

音楽の勉強しながら、日中の音楽交流をしていきたいと思っています。

4AFT6617のコピー
ピアノの演奏は文暁鈴(ぶん しょうれい)さん

演奏曲目は

・大きな古時計
・太湖船
・朧月夜
・花
・月夜
・姑娘生来愛唱歌
 
 を演奏しました。


「姑娘生来愛唱歌」フルスの音色でお聴き下さい。

4AFT6632のコピー

フルスの音色はなにか懐かしいような、
それでいてちょっと愛嬌のある音だなと思いました。


次回予告

3月8日(日)の第24回花園コンサートは
二胡&ピアノデュオです。

出演:梁 嘉佳(二胡) 文 暁鈴(ピアノ)

※予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承下さい

制作:オノセプロデュース

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/315-32f27202

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。