スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地湧金蓮花の花が咲きました 

4AFT3702のコピ2

地湧金蓮花←これどう読むかご存知でしょうか?
”ちゆうきんれんか”と読むんですよ。私も知りませんでしたが…
当園、西スイレン池の南側入口通路の真ん中に
ドンと構えている、この地湧金蓮花に花が咲きましたので紹介したいと思います。

4AFT3698のコピー

地湧金蓮花
学名 ムセラ・ラシオカルパ Musella lasiocarpa
中国の多年草(一度タネをまいて育つと、何年も枯れずに育つ草本のこと)で、
チャイニーズ・イエロー・バナナとも呼ばれ、黄金色の大きな花をつけます。

4AFT3720のコピー

掛川花鳥園から当園に来て1年ぐらいでしょうか。はじめて花が咲きました。
300日以上花が咲き続けると言われているので
約10ヶ月の間は見られるのでしょうか?

4AFT3697のコピー

別名チャイニーズ・イエロー・バナナですが、果実は食べられないそうです。
でも、昔は気候の厳しい時期に食べられていたらしいですが・・・
一体どんな味だったのでしょう?
うーん・・・

4AFT3701のコピー

真上から見てみました。
緑と黄色のコントラストが鮮やかです。

4AFT3703のコピー

さらにアップで見てみましょう。
黄色の星状になっているのが仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、花びらの役割をしています。
ちなみにミズバショウの白い部分も仏炎苞です。

4AFT3711のコピー

仏炎苞の中に見えるのが花です。
この写真ではわかりませんが、中には蜜が溜まっていました。

4AFT3722のコピー

画面中央の斜めに延びているのはなんだと思います?これ広がる前の葉っぱなんです。
紙を筒状に丸めたような形になってます。

4AFT3695のコピー

↑この写真を見ると、光の具合でなにか花が光ってるように見えなくもないですね。

この状態からさらにきれいに花が開くそうなので、非常に楽しみです。
追って花の情報を公開していきたいと思うので、また見て下さいね。

地湧金蓮花、ちゆうきんれんか…今日はこれを覚えて帰って下さいね。

コメント

まるび~様へ

まるび~様、コメント&バナナ情報ありがとうございます。

地湧金蓮花、今年も元気に花を咲かせてくれています。
これがまた食欲をそそるいい色なんです…(笑)

ほかにも、ピンクバナナも置いてありますので
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/blog-entry-840.html
まるび~様、ぜひ見にきてくださいね!

  • [2010/07/22 10:08]
  • URL |
  • 神戸花鳥園 土屋
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

それぞれの花に
親指大の小さな実が付きます
皮をむくと
ちゃんとバナナの香りがします

実はとても渋いです
たくさん食べると
身体に悪そうです

どうしても食べたい時には
薄くスライスして
フライにするといいらしいです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/31-554ba87f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。