スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウの羽 ~パート3~ 

皆様、こんにちは!

さて、今回はフクロウの羽の秘密 第3弾です!!

以前のブログはコチラから↓

フクロウの羽 ~パート1~
フクロウの羽 ~パート2~

今回は、フクロウの羽の模様 にスポットを
あてていきたいと思います。

神戸花鳥園にご来園されたお客様が、フクロウを見てよく言われるのが、

「フクロウはキレイな柄ね~。
絵に描いたようだわ。」


アラシの腹
ケープワシミミズク アラシ

これはアラシのお腹の羽の模様です。
自然が生み出した模様って本当に素晴らしいですよね!

フクロウに限らず、鳥はキレイな色や柄をしていますよね。
鳥は、オスがキレイな色をしていて、メスが地味な色をしている種類が多いですが、
フクロウは、ほとんどの種類がオスもメスも同じ地味な色をしています

こはくとひすい


写真はアフリカワシミミズクの姉弟 “こはく”と“ひすい”です。
(写真左:ひすい 右:こはく)
“こはく”が姉で、“ひすい”が弟です。
オスとメスですが、姿形は全く一緒ですよね。

フクロウ達は住んでいる環境によって羽の模様や色が全く違います。
これは、敵から身を隠すため、周りの景色と同化するために、体の色
は目立たない保護色になっています。
周りの景色に同化することを“擬態(ぎたい)”といいます。

明るい、開けた森林に住んでいるフクロウは明るい色をしています。


ベンガルワシミミズク
和名:ベンガルワシミミズク 
英名:Rock Eagle Owl
住んでる環境:森林・岩山・峡谷


アフリカオオコノハズク
和名:アフリカオオコノハズク
英名:White-faced Scops Owl
住んでる環境:サバンナ地帯など乾燥した地帯


それとは反対で、木が鬱蒼と生えた密林に住んでいるフクロウは暗い色をしています。


ナンベイヒナフクロウ
和名:ナンベイヒナフクロウ
英名:Mottled Owl
住んでる環境:高温多湿の森林・密林


オオフクロウ
和名:オオフクロウ
英名:Brown Wood Owl
住んでる環境:低地熱帯林


フクロウの擬態のなかでも、この種類が一番ピンとくるのではないでしょうか?

シロフクロウ
和名:シロフクロウ
英名:Snowy Owl
住んでる環境:北極に近いツンドラ地帯

雪が一年中降るような環境に生息している為雪に混じるように体全体が
真っ白くなっています。
ちなみに、シロフクロウはフクロウの中でも珍しく、オスメスの色が違います。

オスは上の写真のようにほぼ純白ですが、メスは下の写真の様に黒い斑点模様がはいります。
シロフクロウ メス

これは、オスは常に動いて獲物を捕らえますが、メスは子供を育てる時期は
殆ど動かないため、岩に見えるように、体の柄が“雪に混じった岩”に擬態
できるような色合いになっています。

なんとなくおわかりいただけたでしょうか?
明るい森林に住んでいるフクロウは明るい体の色。
暗い森林に住んでいるフクロウは暗い体の色。
砂地や岩場に住んでいるフクロウはその砂や岩の色。
フクロウの柄や色にもきちんと理由があったんですね。

さて!
それではここで4問クイズを出します!!

これから出でくる写真の中に、必ずフクロウが一羽“かくれんぼ”をしています。
うまく体の色や柄を生かして隠れています。
目をよ~く凝らして探してみて下さい!!

①アフリカオオコノハズクのズゴックンを探してみよう! 難易度:★★☆☆☆

岩場のどっかに隠れています!
① どこにいるでしょう?

ヒント:うまく後を向いています!




アップで見たら・・・

① アップ


わかりましたか?

正解はココでした!


① 正解


②ベンガルワシミミズクのシオンを探してみよう! 難易度:★★★☆☆

② どこにいるでしょう?
これはかなり上手に隠れていますね!


ヒント:少し翼を広げています!




アップでみたら・・・

② アップ


わかりましたか?

正解はココでした!!


② 正解

③スピックスオオコノハズクのムギを探してみよう! 難易度:★★★★☆


③ どこにいるでしょう?
うまく木の枝に擬態しています。

ヒント:木と木の間を見てみましょう!




アップで見たら・・・。

③ アップ

わかりましたか?

正解はココでした!


③ 正解


④ナンベイヒナフクロウのなぎを探してみよう! 難易度:★★★★★

どこにいるでしょう④
これは完璧なかくれんぼです!!

ヒント:シルエットは細長~い




アップで見てみたら・・・。

④ アップ


わかりましたか?

正解はココでした!


④ 正解


おまけにもう一枚
なぎの別アングルの写真です。
隠れている場所は同じですよ。

④ 別角度で


さあ、全問正解出来ましたか?
これが全部すぐにわかった人は、野生の勘が研ぎ澄まされていますね!
素晴らしいです!!

ちなみに、なぎの写真ですが、なぎを置いた私自身でさえ、撮ってもらった
写真を見たときはどこにいるのか、全くわかりませんでした。

山内「え?なぎどこだっけ?」
チーフ「ここだよ。ここ。」
山内「あ~ここかあ!全然わからなかった~。」

みたいな感じで、写真を撮ってもらったバードチーフに聞いてようやくわかったくらいです。

この“かくれんぼ”の写真を撮ろうと私が提案し、カメラで撮ってもらったのですが、
まさかここまできれいに隠れるとは思っていませんでした。
自分でやっておきながら、大自然が生み出した色合いって、本当に素晴らしいなと
大変感動致しました。
普段は、開けた展示室にいるフクロウしかみていなかったので、改めて擬態している
フクロウをみて、彼らの野性的な部分を身近に感じることが出来ました。

野生のフクロウたちはこうして擬態して身の危険から自分たちを守っているんですね。

なんか、最後はレポートの様になってしまいましたが・・・
いかがだったでしょうか?

今回の様な擬態しているフクロウの展示は行っていませんが、フクロウを間近でみれる
ふれあい体験がございますので、そのときに是非フクロウの羽の模様を観察してみては
いかがでしょうか?

ご来園お待ちしております!!

最後にかくれんぼ?ムギ 難易度:★☆☆☆☆

よ~く見てね!

コメント

郁さまへ

郁さまいつもブログをご覧頂ありがとうございます。

大変申し訳ありませんが、基本的に
当ブログはパソコンで見ることを前提として
おりますゆえ、
携帯で視聴のは補償しかねるのが
現状です…

今回の記事画像も他の記事のものと同じ処理をしているので、
見れないとなると他に原因があるのかもしれません。
現在このことについて調査中です。

お茶を濁すような言い方で申し訳ありませんが、
これからもよりよいブログづくりを目指してゆくので、
今後とも神戸花鳥園ブログをよろしくお願いします。

神戸花鳥園 土屋


  • [2009/02/08 19:13]
  • URL |
  • 神戸花鳥園 土屋
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

お疲れ様です

花鳥園とこのブログが大好きです。
ブログを読むと、花鳥園に行った時にさらに楽しめるので、毎日見てるのですが、今回の画像を携帯から一枚も見ることが出来ませんでした。
お手数とは思いますが、サイズや解像度を下げて携帯からも見れるようにして頂けませんか。

M 様へ

コメントありがとうございます!

神戸花鳥園でショーやふれあいを担当しているフクロウはとても人によく馴れた
フクロウなので、とっても愛嬌があってかわいいと思いますよ!
(野生のフクロウは人間を警戒しているので少し怖いと思います・・・。)

是非、またかわいいフクロウ達に会いに来て下さいね!
お待ちしております!

  • [2009/02/02 16:13]
  • URL |
  • バードスタッフ 山内
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

こんにちは^^

先日、初めて花鳥園にお邪魔させていただきました。
フクロウが好きで、置物などを集めているんですが、フクロウに会ったことがなくて。
フクロウ目当てで、お邪魔しました(笑)
初めて生で見させていただいて、もっと大好きになりました★

またお邪魔します!
更新、楽しみにしています^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/275-121a36fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。