スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレンの根 

池の中で作業をしていると、時々「レンコン取れますか?」って声をかけられます。レンコンが出来るのはハスだけなんです。熱帯スイレンの根はどうなっているかと言いますと・・・

n1.jpg
こんな感じにワサビの茎見たいに土の中に垂直に伸びていきます。当園は1年中暖かく常に成長する事が出来るのでドンドン肥大して長くなります。

suirenne3.jpg
普通に屋外で育てますと冬には成長を止め休眠するので、歪な卵の様な球根状の塊茎を作ります。

suirennne2.jpg
念のためちゃんと切って見ました!穴が空いてないのが分かると思います。
因みに花を見る花蓮は食用のハスの様に根が大きく肥大することはなく、味も美味しく無いそうです。
残念ですね~

コメント

蘇山様へ

コメントありがとうございます。
花蓮でも美味な品種が有るのですね。
チャンスが有れば実験してみたいです。

> ところで、熱帯種の塊茎も休眠させないと温帯種みたいになるのですね~。話には聞いていましたが、初めて実物を見ました。勉強になります。
大型の品種になりますと太さ15センチ、長さ30センチ以上に伸びている事が有りますので驚かされます。
時々、閉園間際に成りますがスイレンの植え替えをしていますので、興味が有るお客様は是非スタッフに一声かけてみてくださいね。

  • [2009/02/02 13:11]
  • URL |
  • 植物スタッフ 佐藤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

花蓮のレンコン

花蓮のレンコンも品種と栽培容器のサイズによっては結構大きく肥大しますよ。直径は5~10センチといった所でしょうか。
我が家では花蓮の余剰レンコンが結構食卓に上ります。食用レンコンのようにシャキシャキ感はありませんが、もっちりとした美味しさがあります。
ところで、熱帯種の塊茎も休眠させないと温帯種みたいになるのですね~。話には聞いていましたが、初めて実物を見ました。勉強になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/265-99668e0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。