スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリフィラタイプのフクシア 

エルフィングレード
今日はフクシアロビーから”トリフィラ”タイプのフクシアをご紹介したいと思います。
”トリフィラ”タイプとはなんぞや?と思われると思いますが、
その前にちょっとフクシアの花の構造をご紹介したいと思います。

コピー ~ ZN4G2782のコピー
これは比較的スタンダードなタイプのフクシアです。(シングル:花弁が4枚のもの)

トリフィラタイプのコピー
トリフィラタイプは正確には、親が”F・トリフィラ”のものを指すのですが、
今、出回っているトリフィラタイプの全てがそうである確証がないので、とりあえず見た目で
萼筒(がくとう)が長く、萼片(がくへん)が短いタイプをトリフィラタイプと呼びます。


ボルネマンズ・ベスト
ボルネマンズ・ベスト。淡いオレンジ色をしています。
下方に向かってやや萼筒(がくとう)が膨らんでますね。

エルフィングレード
爽やかなピンク色がめに鮮やか。

ハニーサックル01
ハニーサックル。先ほどのボルネマンズ・ベストと色が似ていますが、
こちらのほうがハッキリしたオレンジ色です。

ハニーサックル21
萼片(がくへん)が鋭角で直線的です。折り紙で折れそうな感じですね。

チャネルアイランド
チャネルアイランド。このタイプは1ヵ所にたくさん房をつけるタイプのものです。
寄り添うように密集しているのがわかるでしょうか?


スタンダードなフクシアに比べてちょっと地味な印象をうけますが、
このトリフィラタイプもフクシアロビーに欠かすことができない存在です。
お連れさまでここのフクシアロビーに寄られた際は
「これの”がく”が長いのはトリフィラタイプって言うのよー」
とお連れさまに自慢してみるのもいいかもしれませんね。

コメント

YoYoさまへ

YoYoさまへ

コメントありがとうございます。
大変勉強になりました。
またブログで気になる点がございましたら、ご指摘ください。
よろしくお願い致します。


神戸花鳥園 植物班山口

F. fulgensの塊根

山口さん、おはようございます。
レスありがとうございます。

昨夜フルゲンスの塊根について書き込んだつもりが、反映されていませんでした。きっと私が入力ミスをしたのだと思いますが、万が一この書き込みとダブったら、古い方を消してください。お手数をおかけします。

フルゲンスは確かに塊根を形成します。それも小苗のうちから。
タネから育てるとあれよあれよという間にお芋ができます。

拙サイトに小さいですが写真がありますのでよろしければご覧ください。

http://www.h7.dion.ne.jp/~yoyo/fuchsia_gallery/jpn/spe/f_fulgens2_jp.html

今年、地上部を切り落として完全に水を切り、塊根だけで夏越しさせました。
これについてもいずれアップするつもりです。

F. fulgensの塊根

山口さん、こんばんは。

レスありがとうございます。
F. fulgensは確かに根茎を形成します。
種から育ててみるとよくわかります。

拙サイトに写真をアップしていますのでご覧ください。

http://www.h7.dion.ne.jp/~yoyo/fuchsia_gallery/jpn/spe/f_fulgens2_jp.html

他にも片親がF. fulgens (の変種だったかもしれません) のゴールデンアローは根茎を形成するようです。自分では確認していませんが、栽培経験のある方が仰っていました。

7月に根茎の上で主幹をカットして、完全に水を切った状態で夏越しできました。9月に水やりを再開すると根茎から新芽が出て育ちます。毎年可能かどうかはわからないのですが、1年目はとりあえずこれで夏越しできたということです。枯死に備えて数株キープしたら、全部夏越ししたので、現在我が家は F. fulgens が4株あります(苦笑)。来年咲いてくれると嬉しいのですが。

YoYoさまへ

YoYoさまへ

コメントありがとうございます。

不勉強の為、形が似ているということで、F・フルゲンスを一緒の部類にしてしました。
申し訳ありません。

ところで、F・フルゲンスは根茎だろうと思いますが、確証がありません。
もし、ご存知でしたらおしえていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

                                   神戸花鳥園 山口

それはちょっと …

す、すみません、原種のF. フルゲンスをトリフィラタイプに分類するのは、いくら花の形が比較的近いとは言え、ちょっと範囲を広げすぎだと思います(^^ゞ

ご指摘のとおり、トリフィラタイプとして扱われている「園芸品種」にはF.トリフィラの血を引いていないと思われるものもありますが、だからと言って別の種であるF.フルゲンスまでトリフィラタイプに入れてしまうのはいかがなものでしょうか?

手元の専門書やネットなどを見たかぎり、現状ではそのような分類方法が学術的にも商業的にもコンセンサスを得ているとは考えにくいのですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/190-f5361927

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。