スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなフクシア特集 

寒くなってきましたね。私さっそく風邪をひいてしまいました。
しかし、当園の植物にとっては非常に過ごしやすい季節なのです。
今日はフクシアの中から、小さなものだけを紹介したいと思います。

フクシアにこれといって平均的な大きさというのはないのですが、
当園のものをざっと見た感じ、”がく”から花弁にかけてだいたい5cmぐらいのものが
多くをしめています。その中でも小さいものを紹介したいと思います。

kath van hanegam01
では、トップバッターはkath van hanegamというフクシアです。
濃い紫の”がく”と花びらをしており、花が横を向いて咲いてます。

kath van hanegam02
大きさは約3cm。平均の大きさのフクシアに比べればその小ささは一目瞭然。
まるでフクシアのミニチュアを見ているようです。

レース2000-3
こちらはレース2000という名前のフクシアです。
がくの末端が尖ってて、なかなか特徴的な形をしていますね。

レース2000-2
大きさはこんな感じです。私の中指の第一関節ぐらいでしょうか?
およそ2.5cmぐらい

ラディングスマジョリー
ラディングスマジョリー。淡いピンクのフクシアです。
大きさはどれぐらいかというと…

ラディングスマジョリー2
およそ1cm!当園北フクシアゾーンでは
このラディングスマジョリーが一番小さいフクシアです。

ラディングスマジョリー3
近くに落ちていた、平均的な大きさのオータムナールと比較するとこんな感じ。
もう別の花のようです。

小さなフクシアベスト3はいかがでしたでしょうか?
多分、kath van hanegamとレース2000と同じ大きさや、
ちょっと小さいものがあるとは思いますが…(いい加減だ…)
大目に見てやって下さい(笑)。

皆さんも、この小さなフクシアたちを探してみてください?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/170-356f51fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。