スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の仲間入りしました 

以前ブログで紹介しましたヒメウズラの赤ちゃんがすっかり大きくなりました。
(以前の記事はこちらです)

ヒナの成長はとても早く、今はもう大人の仲間入りをはたしています。
「ヒナの姿を見たかったけど花鳥園に来れなかった~」
というお客様のために、今日はヒナの成長を振り返って紹介します。



これは生まれた直後の写真です。ヒナの大きさは2cmあまりですが、
生まれてすぐに歩いたりエサを食べ始めます。
孵化当日

掃除するときに手に乗せて記念撮影!
ヒナの小ささお分かりいただけますか?
生後1日




こちらは生後9日目。
まだ小さかったため、展示はしていない頃の写真です。
晴れた日にひなたに出して日光浴させていました。
3羽並んでいる姿、とてもかわいいですね♪
生後9日

この頃で大きさは3cmぐらいでしょうか?
少しだけ羽も生えてきていますね!
生後9日2




そして生後12日からお客様にお披露目しました!
初めてガラスケースに移したときはとても警戒していたのですが
少し日がたつとすっかりリラックスモード(笑)
お客様にのぞかれても動じません。
生後25日

またまた3羽並んで(笑)
生後25日2





それから生後7週間。
もうすっかり大人の羽が生えそろい、狭いガラスケースの中に6羽では
ケンカするようになってきました。
生後50日





そして現在、生後約10週目(73日)になりましたが、
もうどの子が親かヒナか・・・わからないくらい成長しました。

親のケージに入れるとヒナがいじめられてしまうかな・・・
と心配していたのですが、なんとヒナの方が親を追い払う勢いで新しい“家”にもすっかりなじんだ様子です(笑)
何羽いるかな?
この中に親とヒナを含めて8羽写っています。
全部見つけられるかな?

写真を撮っていると草の分け目に卵を発見しました。
こうして一ヶ所に卵を産み、ある程度の数がそろったところで抱卵(親鳥が卵をあたためること)を始めます。
ヒメウズラの卵
よくお客様に聞かれる質問なのですが、スーパーに売っている「ウズラの玉子」
とはウズラの種類が違います。
ヒメウズラの卵は普通のウズラの卵より小さく、黒いブチブチ模様がありません。

今回卵は取らずに、親鳥があたためるかどうか見てみようと思いますので
ヒメウズラのケージをご覧になった際は卵も探してみてくださいね!

またヒメウズラの赤ちゃんが生まれたらご報告しますのでお楽しみに♪



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/142-f744171a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。