スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手のせ&腕のせ講座 

ZN4G4721のコピー

今、オシドリ池がアツい…
オシドリ親子やコールダックの雛などで話題のオシドリ池から、
またもや変わったニューフェイスが登場しました。

ZN4G4768のコピー

先月生まれたばかりのコールダックの”コール君”です。彼はオシドリ池の売り場の
上でのほほんと座り込んでいます。
もともと人慣れしている品種ですが、手に乗っておとなしくしているコールダックは当園では
はじめてかもしれません。

さっそくバードスタッフの指示のもと、コール君を手に乗せてみることにしました。
…が、嫌がってうまく乗ってくれません。
バードスタッフの中西さんいわく、鳥を乗せるときにみなさん思わず手のひらをおわん状に
してしまうそうですが、それはコール君にとって逆効果だそう。両手のひらをフラットにして
板のようにしてあげるとコール君安心してじっとしてくれるそうです。乗せて安定したら
おわん状にしても大丈夫みたいです。
ZN4G4758のコピー
右図が正しい手の形。左図のように両手が離れていたり、段差になってたりすると、
コール君逃げます。

手のひらにのせてみて気付いたことは、水かきが意外に柔らかくあたたかい事でした。ZN4G4780のコピー
コールダックの足の裏。ぷにぷにしてます。

スタッフが「嗅いでみてください。カモ臭(しゅう)がしますよ」といわれ、嗅いでみることに。
でも、なんだよカモ臭って…ZN4G4706のコピー

クンクン…あ、決して悪い匂いじゃない。なんかこう、変な獣くささみたいなのがあんまりないです。
本当に羽根の匂いだけがする感じ。あたたかさや羽根の柔らかさも手伝ってなんか
羽毛の枕みたいです。(顔をしかめているのは、臭いからではなく、ほっぺたを突付かれたからです)

頭を近づけると髪の毛を食(は)みます。痛くはありませんが、髪の毛がヨダレまみれになります。

※コール君たちとのふれあい希望のお客様は、お近くのスタッフにお声をおかけください


ZN4G4433のコピー
あともう1組、オシドリのメス”ミドリ”を紹介します。
なんとこの”ミドリ”はオオハシやエボシドリのふれあいのように、
水鳥のごはんをもって腕を構えると、飛んできて腕にとまりごはんを食べます。

では、やってみたいお客様のために、ミドリの腕のせ講座をしたいと思います。

①まず”ミドリ”を探します。ミドリは緑色のリングを足にはめています。

②ミドリが来たら、ミドリに近いほうの腕は、乗せるために前に出します。
反対側の手は、とまらせる側の腕の手前(自分からみて)に、はごはんの入ったカップを持ちます。
ZN4G4420のコピー

③目が合ったらカップをカラカラふったり、ミドリに声をかけてみて下さい。
けっこうな確立でやってきてくれます。ZN4G4424のコピー


ZN4G4443のコピー
コツは飛んでくるミドリに怖がらず、あまり動かないことですかね…
たまに、肩に乗ることもあります。

この技、スタッフがこつこつと仕込んだそうです。オオハシ、エボシドリのように華麗では
ありませんが、なかなか楽しいです。

ちなみにこのミドリの腕のせ&肩のせ写真を撮らせてくれた方たちは、
この日たまたま来園してくださったお客様で、ミドリの腕のせも初めての方たちでした。
みなさんも一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?

あ、そうそう。
鳥たちとのふれあいのあとは、必ず手洗いをお忘れにならないようお願いしますね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/13-3d346eef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。