スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパイヤの木 

ZN4G9822のコピー
西スイレン池にパパイヤの木があるのをご存知でしょうか?
今月に入ってからデビューしたのですが、小さな実がなってるんですよ。

パパイヤ
パパイア科パパイア属の常緑小高木。熱帯・亜熱帯地方に見られる植物。
パパイヤは果樹と分類されるのが一般的だそうですが、大型の草本性植物にちかいようです。

ZN4G9846のコピー
このパパイア購入自体は約1年前。
このスイレン池にデビューしたときはこれほどは大きくなく、せいぜい150cmそこそこでした。
スイレン池スタッフの佐藤さん(身長175cm)に横に並んでもらいました。
190cmぐらいはありそう。パパイヤはけっこうな生育スピードのようです。

ZN4G9833のコピー
根に近い幹部は木のようにしっかりしています。

ZN4G9834のコピー
対して、幹部中部から上部にかけては、木質化しておらず
青々としています。葉の脇に花と小さなつぼみが出ています。

ZN4G9848のコピー
まるでヤツデのような葉っぱです。
一番大きなもので直径でいうと60cmはありそうな感じ。
濃い緑色で、炎が燃え上がっているような形をしています。

ZN4G9832のコピー

ZN4G9837のコピー
幹の上部には、向こうが透けて見える若い葉がひしめきあってます。
非常に小さく、若草色をしています。かわいいです。

ZN4G9824のコピー
これがパパイヤの花。
ほんの少し黄色がかった白で、非常に清潔感のある花。
花びらがクシュクシュになっていますね。こうゆう形なんです。
ほんのりいい香りがします。
ZN4G9825のコピー
その花びらをめくってみると、
花の色と同じ直径3cmぐらいの実がなっていました。

実がなるということは、メス花か両性花のどちらかなのですが、
色々調べたところ”花びらが5枚、実になる部分がタマゴ型”という
特徴から、当園のものはどうやらメス花のようです。

ZN4G9843のコピー
こちらは花びらが落ち、あらわになった実。先ほどのものより青いです。
ちなみに私は初めて知ったのですが、沖縄やフィリピン、タイでは果物としてよりも
炒め物に入れるなど野菜として扱うようです。

さて、実が食べられるのはいつのことでしょうかね。
(食べることしか考えてない)楽しみです。
またその頃になったらブログで紹介したいと思います。
おたのしみに~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/tb.php/121-4f9730f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。