スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズラ親子 

こんにちは!
今日は・・・またまた!ヒメウズラのヒナ誕生のお知らせです♪
(前回人工で孵化したヒナ→コチラ


本日30日の朝生まれのヒナです。。。
今回は親鳥に卵をあたためてもらいました。

ヒメウズラヒナ親子005

どこにいるかわかりますか・・・?

別の写真で確認してみましょう。

ヒメウズラヒナ親子004

      あっ

ヒメウズラヒナ親子003

      ああっ


そうです、ヒナはみーんな・・・お母さんのお腹の下にいます!
1枚目の写真も足が見えているのが分かりますか??
お母さんが歩くと・・・ぞろぞろ「置いていかないで~」と後をついて行きます。

もう一人でごはんも食べれます!

ヒメウズラヒナ親子001

でもすぐにお母さんのお腹の下に避難・・・

ヒメウズラヒナ親子002
                      /入れてー!\


実は・・・孵化したヒナは1羽ではありません、何羽隠れているでしょう?

可愛いヒナたちは東展示室のエボシゾーンでご覧になることができます。
実際に会いに来て、何羽いるか数えてみてください^^

お待ちしております♪

ヒメウズラヒナ親子006

スポンサーサイト

ハスの開花!! ペリーズジャイアントサンバースト 

以前ご紹介したハスがついに開花しました。
4AFT7136.jpg
ハス科ハス属
Nelumbo 'Perry's Giant Sunburst'
1987年 Slocum作
交配親 'Alba Plena× lutea

この品種はハスの中では珍しい黄色の品種です。実際には薄いクリーム色ですが、とても綺麗です。
スイレンの育種家として有名なPerry D.Slocum氏の交配種です。

4AFT7140.jpg
ハスとスイレンは花を見ても違いが良く分かると思います。花の中心を拡大してみます。

4AFT7138.jpg
丸い台の様な所が果托と呼ばれ種子の出来る場所です。やがて、花が散りそこだけが残ります。
スイレンの場合は花は閉じた後水中に沈みます。

4AFT7143.jpg
ハスは水面よりも高く上がり花を咲かせます。しかし、上の写真の様にスイレンも水面から高く上がる品種もあります。
色々と、違いを観察すると面白いと思います。

第2回 この鳥だ~れ? 

みなさん、こんにちわ。
6月も明日で終わりますね。
梅雨のじめじめ感には、慣れたでしょうか?


さて
今日は、2回目となる「この鳥だ~れ?」をまたみなさんに当てていただきたいと思います。
前回は2択でしたが、今回は皆さんに考えて当ててもらいたいと思います。

では、さっそく。
第2回 この鳥だ~れ?


第1問
この鳥だ~れ?

IMG_0388.jpg


第2問
この鳥だ~れ?

P1010051_20100626114218.jpg

第3問
この鳥だ~れ?

IMG_0108.jpg





わかりましたか?


答えあわせをしまししょう!

1問答え。
ギニアエボシドリ
☆まめ知識:エボシドリの名前の由来は、頭の飾り羽(冠羽)が昔の偉い人がかぶっていた烏帽子に似ていたためその帽子の名前から烏帽子(えぼし)をかぶった鳥。エボシドリと名ずけられたと言われています。

IMG_0389.jpg

2問答え。
ハイイロエボシドリ
☆まめ知識:主食は果物ですが、レタスなどの葉野菜を好んで食べます。興奮したり、怒ったりすると飾り羽(冠羽)を立てるのですがなかなか見ることができないです。

P1010048_20100626114622.jpg

3問答え。
オウギバト
☆まめ知識:ニューギニアに生息していて、世界で1番大きなハトと言われています。

IMG_0112.jpg

どうでしたか?
最後の問題はなかなか難しかったのではないでしょうか?
今回は、マニアックな鳥を問題にしてみました。
花鳥園に来たらぜひ探してみて下さい。


どこの羽・・・? 

皆様、こんにちは!
猛禽類担当の山内です。

日本では相変わらず、ジメジメの梅雨のシーズンですが…
南アフリカのワールドカップはどんどん盛り上がってきましたね♪
明日運命のパラグアイ戦です。楽しみですね!

さあ、今週の猛禽ブログの主役はこの子です!

ハリスホーク

IMG_0628.jpg

愛称:たかまる

最近ブログによく登場するようになりました。
最近の記事はコチラ→あの子のあの姿。

さて、今日の話題ですが、まずはコチラの写真をご覧ください↓

IMG_0582.jpg

この羽は、たかまる君の体の羽です。

そしてもう一枚。

IMG_0583.jpg

最近のたかまる君は、換羽の時期が続いていて、羽がポツポツ抜けています。

IMG_0624.jpg

上の羽は最近抜けた羽なんですが、この羽をみて不思議に思った方はいませんか?

IMG_0568.jpg

う~~ん。。
たかまる君にこんな模様あったかな・・・・?

ちょっとボディチェックをしてみましょう。

まずお腹。
IMG_0636.jpg
まっくろですね。

次は横から。
IMG_0642.jpg
赤茶色と黒色の模様が翼にありますね!
2枚目の写真の羽はこのあたりの羽の様です。

続いて、背中です。
IMG_0644.jpg
こちらもお腹と同じ色ですね。
(意外と地味なんですね)

そして尻尾。
IMG_0649.jpg

ハリスホーク特有のきれいな白いラインが入ってますね。

しかし、どこを見ても斑点模様が入った羽はありませんね。
いったいどこの羽だったんでしょうか?

私も少し疑問に思っていたのですが、何日かして、この羽がある場所を発見できました!
これがここです!!↓

IMG_0674.jpg

っあ!!
探していた模様がある!


実はこの斑点模様があった場所はコチラでした↓

IMG_0664.jpg

わかりましたか?
そう、翼の裏の羽だったんです!

見た目は結構地味なたかまる君でしたが、まさかこんな隠れた所におしゃれな
模様があるとは思いませんでした(笑)

落ちていた羽一枚で意外な事実を知ることができました。

見えないところもおしゃれをする…これって人間も大事ですよね(笑)
そんな事をたかまる君に教えられた日でした♪


第74回花園コンサート 

4AFT7116 のコピー
今日は北フクシアロビーにおきまして、第74回花園コンサートがひらかれました。
ピアノ連弾のコンサートです。演奏して頂いたのは、初の出演となる さんと さん
演奏の様子をご覧ください。


4AFT7111 のコピー
曵田 恵 (ひきだ めぐみ)

大阪音楽大学短期大学部器楽学科卒業。
ドレミ音楽スクール、スタジオメロディー講師。
宝塚アーティスト協会会員。
現在、後進の指導にあたる傍ら、ソロ・伴奏など関西を中心に活動する。

4AFT7101 のコピー
藤澤 久美子(ふじさわ くみこ)

相愛高等学校音楽科、同大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学主催卒業演奏会に出演。
在学中に、ワルシャワショパンアカデミーの研修参加受講、ディプロマ授与。
ヤマハPTCコンクール(現ヤングピアニストコンサート)金賞受賞、
シンフォニーホール出演。
第10回ミニヨンみんなのピアノコンクールにてミニヨン賞受賞。
現在、三木楽器音楽教室等で後進の指導にあたる傍ら、ソロ、室内楽、伴奏、連弾
等、幅広く演奏活動を行う。


4AFT7125 のコピー



ブラームス : ハンガリー舞曲 第5番


ランゲ : 花の歌


シューマン : 「幻想小曲集」より 飛翔


サン=サーンス : 「動物の謝肉祭」より 雌鳥と雄鶏&白鳥

4AFT7133 のコピー
いかがでしたでしょうか。また次回の花園コンサートでお会いしましょう。

次回予告

■7月4日(日)①12:00 ②14:30
アンサンブル
出演:アンサンブル・ビバーチェ

出演者募集は神戸花鳥園公式ホームページ内、花園コンサートページをご覧下さい。

どんな花が咲く? 

こんにちは。
今年の梅雨は、大雨が降ったと思えば翌日は晴天!?というように
天気がころころ変わりますが、皆さま体調を崩していないでしょうか?

植物にとっても変化の激しい天気はストレスになりますが、
花鳥園の花たちは次々とつぼみをつけています。
南フロア

というわけで!今回はつぼみに注目したいと思います。

まずはこの写真。何の花のつぼみだかわかりますか?
HB上
正解は球根ベゴニアです。
こちらは真横からの写真です。平べったい二枚貝みたいですね。
HB横
このつぼみが開くと・・・
HB前
こんなに豪華になります!

お次はこのつぼみ。
アブチロン蕾
帽子をかぶっているみたいですね。
何の花だかわかりましたか?
アブチロン花
正解はこの花。アブチロンです。

3番めはこの写真。なんだかしっぽのようなものが見えます。
インパつぼみ
しっぽのようなものは距(きょ)といいます。
つぼみだとよく見えますね。
何の花だかわかりましたか?
インパ花
正解はニューギニアインパチェンスです。
距はツリフネソウ科の特徴のひとつです。

次はハートの形をしたこのつぼみ。
木立つぼみ
平べったい形が先ほど出てきたつぼみに似てませんか?
何の花だかわかりましたか?
木立花
正解は木立ベゴニアです。
球根ベゴニアと比べると地味な感じですが、つぼみはよく似ていますね!

つぼみ特集いかがでしたか?

開いた花はもちろん綺麗ですが、
つぼみを見ながらどんな花が咲くのか想像するのも
楽しいのではないでしょうか?





~ひとりじめ~ 

みなさーんこんにちは!!

今回はオシドリのヒナのちょっとおもしろい動画が撮れたのでご紹介します!!
↓それではどうぞ!!!


どうですか??
居心地がいいのか、なかなか動こうとしませんね。

はたから見ると、まるでこの1羽だけが餌を一人占めしているかのようです…。
そして他のヒナたちはちょっと食べにくそうです。(笑)

オシドリ雛
オシドリのヒナ『ココは私の場所よ~!!!』
と、でも言っているかのようですね!

みなさんも神戸花鳥園に来られた時はぜひ外池のオシドリの中くらいの大きさの雛を見に来て下さいね!!
このような面白い様子を見ることができるかもしれません!!
(ヒナはすぐに大きくなってしまいます!!この大きさのヒナもとても可愛いですよ!!)
おまちしてまーす!!

キンケイ変身中 

こんにちわ。

もう夏を感じる今日この頃です。
中庭池のカモやキジの仲間も繁殖のシーズンを終えようとしています。
nakaike_20100619144351.jpg

繁殖シーズン中はメスにアピールしないといけないので、カモもキジもオスはとても綺麗な色ですが
繁殖シーズンが終わりに近づくと生え換わりでみんなボロボロ羽が抜けていきます。
今年も、そんな生え換わり(換羽)途中のキンケイを紹介したいと思います。


まずキレイな時期のオスキンケイはこんな感じです。↓
kireikinnkei.jpg
kireikinnkeikao.jpg
尾羽もながく、赤色・オレンジ色・青色・緑色がとてもきれいですね。

そして羽の抜け換わり途中のオスキンケイはこのような状態になってしまいます…。
obanenasi.jpg
nukekinnkeikao.jpg
尾羽も抜けてしまい、顔周りのステキなオレンジと黒のしましま模様の羽もなくなりそうです。
ロングヘアーだったのが、ショートカットになりすっきりした感じもしますね(笑)
きれいな時に比べるとなんだか色もすこし褪せているようにも見えます。


この子は一番早く頭の羽が抜けてしまったのですが、新しい羽が準備されている筒状のものが
すこしづつほぐれてきています。
じっくり見ると…トゲトゲがたくさんでちょっと気持ち悪いです…。
togeatama.jpg


もうほとんどのオスキンケイが換羽にはいっていますが、中にはまだわりかしきれいな子もいます。
madakirei.jpg

夏前のこの時期以外でしたらキンケイはいつでもきれいですが、羽の生え換わったすぐだと
色も凄く鮮やかで特にきれいだと思います。
でもこの生え換わりの時期も期間限定でしか見れないものですので
ご来園の際にはぜひ中庭池のキンケイたちも見に来てあげて下さいね^^

形色々 

こんにちは。フクシア担当の岸本です。
前回は『フクシアご意見箱』②でしたが、今回はフクシアのちょっとユニークな
萼筒(がくとう)をもつ品種を写真で紹介していきたいと思います。

因みに萼筒は赤の矢印で指している部分です。

エリカ・フローマン


まずは萼筒が長いものからです。

フジサン
フジサン
種子の部分から萼に向かって山の様に広がってます。

レヒレイドファイアイ
レヒレイドファイアイ
フラスコの様で面白い形です。

パナッシュ
パナッシュ
花は小さめですが、萼筒は長いです。

ファンファーレ
ファンファーレ
レヒレイドファイアイよりはっきりと括れています。

コンコルド
コンコルド
長いですね。
ワルツホルン
ワルツホルン
インパクト大な長さと細さです。


次は、萼筒が短いのです。

レディー・イゾベル・バーネット
レディー・イゾベル・バーネット
短いと一目見て思います。

ロード・パイロン
ロード・パイロン
ぽってりと短いです。



次は、菱形っぽい形の萼筒です。

チャイナランタン
テャイナランタン
菱形にしか見えない形の萼筒です。

カップ・アルコナ
カップ・アルコナ2
ちょっと菱形っぽいです。


小さくても…

パニーラ・プリンセス
パニーラ・プリンセス
小さくてもちゃんとあります。*花のサイズは1~2センチ程です。

ラディングスマジョリー
ラディングスマジョリー
パニーラ・プリンセスよりしっかりと萼筒があります。
*花のサイズは1~2センチ程です。



おまけ

プロクムベンス
プロクムベンス
見ての通りほぼ萼筒の面白い花です。

フクシアには色々な形の萼筒があるのが分かったと思います。
今回紹介出来たのはほんの一部です。
まだまだ変わった形がありますので是非見に来て下さい♪


フクシアゾーンで花菖蒲の期間限定展示始まりました!!

ショウブ
今年は展示期間が毎年より少し短く6月いっぱいを目処にしていますので、
花菖蒲が好きな方、見たことの無い方、興味の有る方はお早めにご来園下さい♪

普段のオニオオハシのしぐさ 

今日は何気ない'しぐさ'をお届けします。
普段の何気ない行動も、オニオオハシ同士の関係性が絡んでいるようです。

これは何をしているのでしょうか?
こま日光浴2
一体何が?何の変哲もない写真ですが・・・
一羽だけが、日光を浴びています。

こま日光浴1
実は、日光浴をし始めていました。
天井の日差しよけにスクリーンを張っているのですが、
その隙間からもれる日差しを浴びて日光浴をしています。
木の上で、体の大部分に光があたるように羽を広げていることがあります。
天気のよい日には、日光浴をする鳥たちの姿を見ることができます。
オオサイチョウ(サイちゃん)の日光浴はこちら
日光がよくあたる止まり木は、時としてはケンカの種になるようです。
良いポジションをキープするには、強くないと難しいようです。
特に、樹上の高い位置は、どの子もキープしたい場所のようです。



次はこちら!
オニオオハシ(ハクちゃん)がブドウをもらって食べています。
後ろの2羽がその様子をじっとみつめ・・・
ハクぶどう

あきアピール
たまらず、オニオオハシ(アキちゃん)が、おやつをもらいに寄ってきます。
おやつちょうだいよ!という視線でアピールしています。

アキちゃんは、ちょっと恐がりなオニオオハシで、
他のオニオオハシが寄ってくると、一目散に逃げていってしまいます。
今日もおやつをもらいに来ましたが、一目散に逃げてしまいました。
オオハシ同士でも、仲が良かったり悪かったりするようです。

ピース追い払う
というのも、こちらのピース君!
ハクちゃんや、アキちゃんが貰っている姿に我慢が出来ず、
アキちゃんを追い払ってしまいました。
写真だけでは、動きが追えませんので、
ご来園された折に、オニオオハシ達の距離をじっくり観察してみて下さい。
オス同士、メス同士は、互いに一定の距離を守っているようです。
うっかり近寄りすぎると、強い方が追い払い、弱い子は飛んで逃げてしまいます。
ケンカを避けているようです。



雌雄の距離
ちなみにこちらがオスとメスの距離感です。
先ほどブドウを食べていたハクちゃんの後ろにピース君が飛び移ってきました。
2羽はカップルかと思われた方、残念ながら違います。
距離が近いだけではカップルではないようです。
オオハシのオスメスの見分け方は、嘴の大きさでみわけることができます。
大きくて立派な嘴がオス、オスよりも短い嘴がメスです。
見分けにくい嘴の子は、血液検査で性別を判定しています。
どこに魅力を感じ、魅かれてカップルになるのかは、まだまだ観察中です。


最後は、驚くほどわかりやすいオニオオハシ達の行動です。
おやつ待ちjpg
これは、おねだりの瞬間です。
おやつがもらえる!と睨んだ瞬間、おやつ販売台付近に寄ってきます。
お客様からオニオオハシがおやつを貰っているのを見たり、
お客様がお金を払ったりされていると、欲しくなったオニオオハシが寄ってきます。
ちなみに、おやつが無くなるとあっという間に戻ってしまいます!
一瞬のオオハシ達のしぐさを観察してみるのはいかがでしょうか?

デビューしました! 

皆様、こんにちは!
猛禽類担当の山内です。

今週は先週に引き続き、雨や曇りの日が多いみたいですね。
日差しがなくてもムンムンとして気温も高いので、熱中症には気をつけてくださいね!!

さて。
今週のブログはコチラの続きです。↓

控えのメンバーたち。

先々週のブログでご紹介した、アフリカワシミミズクのひすい君と、
メンフクロウのこだまですが、タイトルにもある様に、訓練の成果が実り
見事デビューすることができました!!

今日はそのショーでの様子をご紹介させて頂きます♪

まずは、13:30に出演が決まったひすい君から。

6月17日のショーの様子です。

IMG_0464のコピー

たくさんのお客様が見守る中、まずはカメラ目線を決めて(笑)

IMG_0473のコピー

元気よく飛び出して…

IMG_0469のコピー

向かう先は

IMG_0471のコピー

もちろん、スタッフのグローブ!!
お見事です♪

続いては、15:00のショーでひすいのお姉さん、にしきちゃんのフォローをしてくれる
こだまの様子です。

ショー直前のこだまちゃんは。

IMG_0493のコピー

羽を少し広げてワキワキ…!

IMG_0529のコピー

さあ、ショースタートです!

IMG_0523のコピー

見事、着地!

こだまは今まで何度か、にしきちゃんがショーでやる気をなくし、飛ばなくなってしまった時に
ピンチヒッターで出てもらった事があるのですが、その時は緊張してなかなか訓練の成果が
出せなかったのですが…

IMG_0545のコピー

最近はそんな様子もなく、とても元気に飛んでくれます。
人前をまったく気にせず飛んでくれます♪

IMG_0534のコピー

期待の新人ですね!

しかし、他のフクロウと比べると、飛ぶスピードもゆっくりで、ふわふわと飛ぶのが特徴的です。
写真も非常に撮りやすいです(笑)

IMG_0501のコピー

メンフクロウはほぼ無音で飛べる、という事も素晴らしいですが、
この背中の模様もよくきれいだね、と褒めて頂けます。

背中にはきれいな斑点模様がありますが、羽を広げると…

IMG_0512のコピー

この様に、真っ白です。

はい。なので、日差しがサンサンに降り注ぐと、白くとんでしまうので
未熟な私の腕ではなかなかきれいに撮れません……。

・・・・頑張って私も鍛錬をつんでいきたいと思います!

さあ、前回紹介した控えのメンバーは見事、ショーに出演することができました♪

実は、また新しく調整に入り、ショーを控えているフクロウもいますので、ブログの方で
随時紹介していきたいと思います!

今後のメンバーたちにも、ご期待ください♪

IMG_0228 コピー

ひすい 「みんな、応援しててね!」

第73回花園コンサート サックス 

4AFT7075のコピー
本日北フクシアロビーにて第73回花園コンサートがひらかれました。
サックスのコンサートです。
演奏して下さったのは初出演となる横山紀子さんと宮川由紀子さん。

4AFT7049のコピー
横山紀子(サックス)プロフィール

相愛大学音楽学部器楽学科管楽器専攻卒業。同大学研究科修了。卒業演奏会、新人演奏会出演。
3歳よりピアノを、13歳よりサキソフォーンを始める。ヤマハPMSサックス科講師、
新響楽器ピアノ科、サックス科講師を経て毎日放送「痛快明石家電視台」に花咲くサックス娘で出演。
現在ソロでレストラン、ホテル、ブライダルその他各方面で演奏活動をし、阪急学園吹奏楽団を
結成し団長として西宮市、芦屋市の学校及び幼稚園や福祉施設での演奏会等各方面で活動中。
西宮音楽協会会員。アミューズサキソフォーンカルテットのメンバーとして各地で演奏活動中。
サキソフォーンを赤松二郎氏に師事。ジャズを嶋本高之に師事。

4AFT7060のコピー
宮川由紀子(ピアノ)プロフィール

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。在学中、3回生よりピアノ専門特殊研究生として
松浦豊明、ボリス・ルボフ、アントン・デイコフ各氏に師事。オーディションにより第4回ピアノ・
グランドコンサートにて大阪音楽大学オペラハウス管弦楽団と協演。第9回フレッシュ名曲
コンサート等に出演。卒業後、大阪音楽大学付属音楽学園高校課程非常勤講師を勤めるかたわら、
こうべ市民音楽祭、なにわ芸術祭、ジョイントリサイタル等に出演。神戸音楽家協会会員。


コスマ : 枯葉


モノー : 愛の賛歌


モーツァルト : きらきら星変奏曲


アーレン : イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン

4AFT7080のコピー
いかがでしたでしょうか。お二人には演奏後、現在北ロビーで展示中の花菖蒲の前で
写真を撮らせていただきました。みなさんもぜひ見に来てくださいね。

次回予告
■6月27日(日)①12:30②14:30
ピアノ連弾
出演:曳田 恵 、藤澤久美子

演奏曲や出演者募集などの詳しい情報は神戸花鳥園公式ホームページ内、
花園コンサートページをご覧ください。

「花菖蒲の特別展示」開催中です 

4AFT7022のコピー
昨日18日から北フクシアロビーで花菖蒲(はなしょうぶ)の特別展示が開催されています。
この花菖蒲はグループ園の加茂花菖蒲園のものを譲り受けました。

4AFT7033のコピー
花菖蒲は日本の野山に自生するノハナショウブをもとに、
日本で江戸時代から改良発達してきた日本産の園芸植物です。
江戸時代から改良が行われてきた地方の名称を取って、江戸系、伊勢系、肥後系などに
わかれており、さらに近年、山形県長井市で保存されてきた長井古種や、キショウブという
アヤメ科の植物とのとの交配による種間交配種、アメリカなどで改良された外国系の品種などが
加わりました。花菖蒲は、現在およそ2,000品種が存在すると考えられています。

4AFT7028のコピー
4AFT7031のコピー
4AFT7030のコピー
※こちらの写真の花菖蒲は展示のごく一部です。

4AFT7018のコピー
こちらのチビッコたちはお母さんといっしょに、好みの色の花菖蒲をさがしていましたよ。
小規模な展示ですが、ご来園の際はぜひ北ロビーにお越しください。

ユリ特別展示アジサイ特別展示も併せてお楽しみください。

七夕列車~六甲ライナー~ 

みなさーんこんにちは!!
むしむしと暑い日が続いていますね!

さて、本日の6月18日今日は六甲アイランドの中にある、
六甲ライナーで出張イベントがあったので、その時の様子をご紹介します!!

六甲ライナー
↑コチラ六甲ライナーのマリンパーク駅です。
今回出張でここを訪れたのは…

切符買う?
↑ましろ『切符買います??』

そうです!!コールダックのましろちゃんとムックの2羽!!
今回六甲ライナーで七夕列車というものがあり、
その出発式に神戸花鳥園のコールダックがお邪魔してきました!!

出発式
↑出発式の様子
とても多くの小学生たちがこの七夕列車の出発式に参加しています!!

むすび丸登場!
↑今回は『七夕』という事で宮城県から『むすび丸君』も駆けつけてくれて、
一緒に電車に乗りました!!

出発前の記念撮影?1
↑出発前に記念撮影
↓そして、こんな飾りも!
似合うでしょ?
↑ましろ『似合いますか?』
ましろちゃん!とっても似合っていますよ!!

いざ電車内へ!!!
ふれあい2
↑子供たちに囲まれる『ムック』
↓ムック『ちょっと緊張~』
ふれあい

むすび丸と…
↑途中ちょっと休憩があったので今回一緒に電車内を回ったむすび丸君と記念撮影!!
あれ?ムック反対向いてる…(笑)

電車の中という初めての場所だったので少し緊張気味のコールダックたちでしたが、
後半もしっかりと仕事をしてくれました!!
子どもたちと!!
こどもたちもふれあいをとても楽しんでくれたのでとても良かったです!!

お見送り
↑最後はみんなをお見送り~!!
ムック『バイバーイ』

今日は2羽とも本当にお疲れさまでした!!
お疲れ!!
ましろ&ムック『今度は神戸花鳥園にも是非遊びにきてくださーい!!』

以上!本日の出張の様子でした~!!

みなさんもましろやムックに会いに是非神戸花鳥園に来て下さいね!!
お待ちしてます!!

暑い日の過ごし方 

皆さんこんにちは!!

日中暑い日が続き、日が暮れるのが遅くなってきましたね。
さて、暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?


人間が暑いと感じるなら、鳥だって暑いはず、

今日は鳥たちの暑い日の過ごし方を見て見ましょう。

P1010291.jpg

まずはこちらのキンケイ達、植木鉢の砂で砂浴びをしています。
砂が出ないようにカバーをしていたのですが、
それをめくりあげ冷たい砂で気持ちよさそうに砂浴びしています。


P1010311.jpg

こちらのキンケイは・・・・大丈夫、生きています。
この子は太陽が当たっている暖かい砂で砂浴びをしています。


P1010319.jpg

背中をゴシゴシと砂にこすりつけて
羽毛の間に入ったゴミや体に付いた寄生虫を取り除いたりしています。

気持ちいいのか、目をつぶってゴシゴシとやっているのですが、
砂浴びを知らない人には、弱ってもがいているように見えるらしく、
時々お客様から心配されますが、決してそうではありませんのでご安心ください^^


P1010333.jpg

このマガモとシギは日光浴中でしょうか?
どちらも目をつぶってうつらうつらしています。


P1010295.jpg

こちらはニジキジのニッキーくんです。
暑いので看板の後ろに隠れてじっとしています。
はずかしやがりのニッキーはよく植え木の裏や看板の後ろ、
中庭池の出入り口の上などに隠れていますので探してみて下さい。


P1010306.jpg

豪快に水浴びをしているのはコブハクチョウです。
やはり暑い日には水浴びが気持よさそうですね。


P1010345.jpg

こちらのイワシャコは砂浴び用の砂の上でお昼寝中、
ひんやりと冷たい砂の上で気持よさそうにすごしております。


P1020554_convert_20100617150817.jpg
クジャクのラオウもお昼寝中です、


北出入り口の屋根の上で気持よさそうにZzz
ここなら静かで涼しく気持いいみたいです。
P1010348.jpg

鳥たちは暑い日は涼しいところでお昼寝をしたり、水浴びや砂浴びをして過ごしています。
中庭池に来た時はぜひ鳥たちのこのような姿を見てあげて下さい。

神戸花鳥園の見頃の植物たち♪ 

本日は只今神戸花鳥園で期間限定で展示してある植物やおすすめの場所を

ご紹介していきたいと思います。

PICT0617_20100615115038.jpg
 
神戸花鳥園では上の写真のようなフロアがあります。
このフロアは年間を通して満開の花を楽しんで頂けるように工夫しています。

PICT1078.jpg

こちらは姉妹園の加茂花菖蒲園のアジサイを展示しております。
ちょうど梅雨に入り、季節にぴったりですね。
場所は南フロアのフクロウショー会場付近に展示しております。
場所がわからない場合はお近くのスタッフに気軽にお尋ねください。

PICT0891.jpg

こちらは期間限定でユリを展示してあるフロアになります。
場所は中庭池です。
鳥たちと遊びながらユリも観賞できるようになっています。

PICT1075.jpg

こちらはLOVEチェアーと呼ばれている所で、植物でハートの形を
作りました。
ご家族や大切な人と一緒に写真を撮ってみてください。
きっと素敵な思い出になりますよ♪
こちらも南フロアに展示してあります。

PICT1077.jpg
 
そして、つい最近できた竹をつかったユリの展示オブジェです。
この展示はとにかくでかくて、きれいです。
自信をもっておすすめします。
一見の価値は十分にあります。
こちらは西フロアのスイレンゾーンに展示してあります。

このように、神戸花鳥園では只今見頃の展示がいっぱいありますので、
ぜひ、この機会にお立ち寄りください。

※アジサイ、ラブチェア、スイレン池の竹ユリ展示は終了いたしました。
ありがとうございます。「国際ユリショー」は8月上旬ごろまで展示しております。
展示期間などの詳しい情報は神戸花鳥園公式ホームページをご覧下さい。


それでは、個人的におすすめする花の写真を添えて、終わりとさせていただきます。

PICT1066.jpg

PICT1067.jpg

PICT1068.jpg

PICT1069.jpg

↑の写真は球根ベゴニアのハンギングタイプの花です。
このような植物もあるので、ぜひ、探して見てください。
 
皆様のご来園心よりお待ちしております。
※アジサイ、ラブチェア、スイレン池の竹ユリ展示は終了いたしました。
ありがとうございます。「国際ユリショー」は8月上旬ごろまで展示しております。
展示期間などの詳しい情報は神戸花鳥園公式ホームページをご覧下さい。

鳴く声色々 

東展示室にいる鳥の鳴き声を色々ご紹介します。

まずは正統庶民派ですね。
神戸花鳥園唯一のフィンチ、チャキンチョウのさえずりです。
チャキンチョウはひめうずらふれあいケージに1羽います。
小さくて地味なので目立たないですが、朝などよく歌ってくれています。



春に空で鳴いているひばりの歌のようですね。
歌声は神戸花鳥園一!です。(他にさえずる鳥がいないので・・・)
鳴禽と呼ばれる種類だけありますね。

ジンくん

オオハシの仲間からは代表してシロムネオオハシの鳴き声を紹介します。


うるさいとお客様からも評判(!)のシロムネオオハシの鳴き声です。
日に2,3度テリトリーを主張しているのか存在をアピールしているのか
同種同士、大声で鳴き交わしています。

こちらもシロムネオオハシです。


ゲゲゲゲ、というような音を出しているのがお分かりでしょうか?
これは威張っている時やえさを見せびらかしにきている?時に出しているようです。
動画のニコちゃんはごはんを貰うと嬉しくてこの声と共に見せに来てくれます。
もしかしたらプレゼントしてくれているつもりなのかもしれません。

神戸花鳥園には3種類のオオハシ(オニオオハシ・シロムネオオハシ・
ヒムネオオハシ)がいるのですが種によって鳴き声が全然違っていて面白いです。
オニオオハシやヒムネオオハシは見かけによらないグォッとかグェッというような
低いあまりキレイとはいえない声で鳴きます。
シロムネオオハシの甲高い鳴き声ともまったく違います。

オオサイチョウのダイちゃんです。
ダイちゃん

こちらも低い声で鳴きますが、ツノサイチョウのサムくんは調子は同じでも
プワァン!という金管楽器の様なものすごい大音量で鳴くので
お客様もスタッフもびっくりしてしまいます。



聞いているとアジアの熱帯雨林にいるような気がします。

特殊な鳴き声といえばおしゃべりする鳥、キュウカンチョウのキューちゃんです。
キューちゃんそらちゃん

沢山人間の言葉をしゃべるのでとっても人気者です。



話しかけたことをなかなかそのまま言ってはくれないキューちゃん・・・。
沢山の人に話しかけられる環境のせいか、「おはよう」「こんにちは」等は
色々な言い方でおしゃべりします。これは年配の方だな~とか
あのスタッフの言い方だな~とか分かるほど口調までそっくりに真似しています。
口笛も上手!!
ちなみにキューちゃんの本当の鳴き声は割と普通の鳥の高い声です。
普段はおしゃべりばかりなのでめったに聞くことは出来ませんが・・・。

ももかちゃん

おしゃべりといえばインコ・オウムも得意ですね。
以前もおしゃべりインコ・オウムのブログを掲載いたしましたが
かわいい!インコのおしゃべり
さて最近のおしゃべり状況は…

モモイロインコのりんごちゃん。


以前と同じように一番得意は自分の名前「りんごちゃん!」です。笑。
でも語彙も沢山増えてきました。モモイロインコは3羽いるのですが
1羽がしゃべっている言葉が全羽に伝染するので
りんごちゃんではない子もしょっちゅう「りんごちゃん!」と叫んでいて混乱します。
他に皆がしゃべれる言葉は「ももちゃん!(妹のももかちゃんのことですね)」「ばいばーい」
怪しいながら「こんにちは!」です。
昨年生まれの末っ子、あかりちゃんも少しづつ自分の名前が言えるようになってきています。

前回も登場していましたネズミガシラハネナガインコのセネちゃんです。
セネちゃんリリーちゃん

セネちゃんも相変わらず地味~なしゃべり方ながらどんどん語彙を増やしています。
声が小さくて聞きづらいので何を言っているのか大方は不明ですが…



お客様と耳をすませて、
今回は「チチチ」と舌を鳴らす音と「おはよ」と言ってくれたところを撮ることが出来ました。

一番はっきりおしゃべりが出来ますオオバタンのオオちゃんです。
オオちゃん

フライトトレーニングの時におしゃべりしている姿も見ることが出来ます。

今回のオオちゃんはおしゃべりというか…


高笑いでした。
ご機嫌な時にノリノリでこうやって笑っていることがあります。
しかしいつも思うのですがオオちゃんの笑い方はちょっと悪そうです。笑。


最後におまけで先日生れたクジャクバトのヒナのヒナ鳴きです。
クジャクバトヒナ

音声があまり撮れていなくて聞こえにくいのですが…



ピーピーと鳴いている合間に鼻を鳴らすようなブ!ブ!という音が入ります。
ごはんが欲しくて興奮して鼻がなっているのでしょうか?笑。

ご紹介は出来ませんでしたが、池にいるクビワコガモや
アカツクシガモ・インドクジャクなどもとても面白い鳴き方をするので
ご来園の際は少し耳をすませてどの鳥がどんな鳴き方をしているのかを
聞いてみるのもひとつの楽しみ方かもしれませんね。
お気に入りの鳴き声が見つかればまたスタッフに教えてくださいね(^^)♪

あの子のあの姿。 

皆様、こんにちは!
猛禽類担当の山内です。

先週は暑すぎるくらい、いい天気でしたが…
とうとう13日に梅雨入り発表されましたね。
ジメジメする梅雨は私は苦手です…。
(かと言って真夏や真冬も苦手なんですが。)

でもブログは元気よくやっていきたいと思います!!

さあ、まずはちょっとしたクイズから。

タイトルにもある“あの子”とは…
下の写真をみて当ててください!

私はダ~レ??

IMG_0398 のコピー

写真の中央に、“あの子”が覗いていますよ!


わかりましたか??


正解はこの子でした↓


IMG_0299のコピー

「どうも。こんにちは。たかまるです。」

ハイ!
今年やって来たニューフェイスの、
ハリスホークのたかまる君です!!

たかまる君に関する記事はコチラ→名前決定!!

たかまる君は現在2歳の男の子です。
人によく馴れているので日中はショー会場で展示しています。

最近のたかまる君はどんな様子なんでしょうか?

IMG_0295のコピー

あれれ?
何やら雨にうたれている様ですね…?

いえいえ、たかまる君がいるココは室内なので雨ではありません。
実はこれ、水浴びの最中なんです。

IMG_0371のコピー

暑い日はたかまる君も水浴び好きなフクロウ達と同じように、霧吹きで水浴びをします。


IMG_0366のコピー
たかまる 「背中もかけて~」


IMG_0321のコピー
たかまる 「気持ちいい~!」

IMG_0357のコピー
たかまる 「おっとっと!」

少しバランスを崩したようです(笑)

ちなみに皆様、ハリスホークという名は英名で、和名では「モモアカノスリ」というのはご存じの方多いと思いますが、この下の写真を見れば、名前の由来が一目瞭然ですね!

IMG_0390のコピー

…足、ながっ!!!

では、なくて(笑)

お腹の色は黒いのに、足のモモは赤茶色をしていますね。
この事から、“モモ”が“アカ”い、“ノスリ”という事で、
モモアカノスリという和名がつけられています。
ノスリとは、タカの一種になります。

それにしても、足が長いですね~…。

水浴びの様子を動画でも撮ったのでご覧ください。





水浴びを一通り楽しんだたかまる君。

IMG_0419のコピー
たかまる 「ふう。気持ち良かった♪」

とっても満足げな表情でした!

たかまる君の水浴びは、ケープワシミミズクのアラシちゃん程、頻繁にはしないので、
もし見れた方は非常にラッキーですよ!

これからの梅雨の季節、お出かけは億劫に感じるかもしれませんが…
神戸花鳥園は全天候型のテーマパークなので雨の日でも十分楽しめますよ♪

IMG_0421のコピー
たかまる 「みんな、会いに来てね~!」


第72回花園コンサート オーボエ 

4AFT6619のコピー
本日は北フクシアロビーにて、第72回花園コンサートが開催されました。
今回、オーボエとピアノを演奏してくださったのは、初登場となる
見取香奈さんと武田佳美さん。

4AFT6592のコピー
見取 香奈(オーボエ)プロフィール

京都市立芸術大学音楽学部卒業、同大学院音楽研究科修了。
第1回津山ダブルリードコンクールにて第一位入賞し、日本フィルハーモニー交響楽団と
共演。西宮フレッシュコンサート、朝日推薦演奏会、山科新人演奏会等に出演。
現在フリー奏者としてソロ、室内楽、日本各地のオーケストラで活躍中。

4AFT6614のコピー
武田 佳美(ピアノ)

兵庫県独唱・独奏コンクールピアノ部門奨励賞受賞。
神戸音楽芸術協会ジュニア音楽の競演で最優秀賞受賞。
芦屋ルナホールにてモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏。
京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業、卒業演奏会に出演。
読売新人演奏会、関西新人演奏会に伴奏者として、西宮新人演奏会にソロで出演。
CIFMニース国際アカデミーに参加。同記念コンサートに出演。

神戸市KACCコンサートオーディションに合格。KACCコンサートに出演。
朝日推薦演奏会に出演。(於、ザ・シンフォニーホール)
アンサンブル・ファミーユを結成、
幼稚園、小学校などから依頼をうけて「親子で楽しいコンサート」を企画、開催。
たつの市赤とんぼホールにて行われる童謡作詞セミナーコンサートに毎年出演。
大津曳山コンサート、神戸・世良美術館にてミュージアムコンサート、
チャペルコンサートなど多くのコンサートに出演。
現在ソロ、室内楽、伴奏ピアニストとして関西を中心に幅広く活動中。
日本キリスト教団御影教会オルガ二スト。


レハール : 歌劇「メリー・ウィドウ」より ワルツ


ドビュッシー : 月の光


アーレン : イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン 、ハーライン : 星に願いを

4AFT6631のコピー
オーボエいかがでしたでしょうか。オーボエの温かみのある音で優しい気分で聴けたのでは
ないでしょうか?お二人には、さっそく今日からユリの新展示が登場した「国際ユリショー」の
西スイレンのユリの前で記念写真を撮らせていただきました。みなさまもぜひ見に来て下さいね。

では、次回の花園コンサートでお会いしましょう。


次回予告
6月20日(日)①12:00②14:30
サックス
出演;横山紀子、宮川由紀子

その他のスケジュール&出演者募集は神戸花鳥園ホームページ内
花園コンサートページをご覧下さい。

竹を使ったユリの展示オブジェ 西スイレン池に完成! 

※こちらの記事のスイレン池の竹ユリ展示は終了いたしました。
ありがとうございます。「国際ユリショー」は8月上旬ごろまで展示しております。
展示期間などの詳しい情報は神戸花鳥園公式ホームページをご覧下さい。


brobuyurikabe800.jpg
5月上旬から始まり、ご好評いただいておりますユリの展示、
「国際ユリショー」(8月末頃まで開催予定)に、新たな展示が
西スイレン池に完成しました。その製作過程を少しだけご覧下さい。

ZN4G6804のコピー
高さ5mの竹を22本並べ(幅は約7m)、その竹の節ひとつひとつに穴を設け、
ユリを活けるといったものです。これはまだユリを挿す前の骨組みです。

ZN4G6810のコピー
竹の節の上部にふたつ穴を開けます。前の穴はユリを挿す穴で、
後ろは水を入れるためのもの。

ZN4G6809のコピー
ご覧のような感じでたっぷりと水を入れることができます。

ZN4G6840のコピー
下準備が終わったらユリを挿す作業に移ります。
今回はピンクと白のユリをチョイスしました。
アンバランスにならないよう細心の注意をしながら挿します。
高い場所は、高所作業車を使います。

yurikabe800.jpg
新たなユリの展示が完成しました。
この展示を製作している間もお客様から「素敵ですね」とお褒めいただきました。
竹の性質を生かし、自然ながらも息を呑むような幻想的な展示だと思います。

ZN4G6989のコピー
リリー(ユリ)とウォーターリリー(スイレン)の競演。
中庭池のユリの展示と併せてこちらの竹をつかったユリ展示もお楽しみください。

その他、ユリの展示の詳細は、
神戸花鳥園ホームページ内、国際ユリショーページまで

FUCHSIA ~オレンジ~ 

皆さんこんにちは♪
最近はずいぶんと天気のイイ日が続いてますね♪
今日もこんなに天気がいいのに
なんでも明日から梅雨入りだとか・・・
全体4
花鳥園のフクシアたちは元気ですが
今日みたいに天気のイイ日中は暑くてすでに少しバテ気味・・
クーラーで室温を調節したり
ロールスクリーンで遮光したり
ミストをクーラーの冷気に乗せて加湿と冷却に努めたり!
と日々暑さ対策に奮闘中です!!!
ご家庭のフクシアもそろそろ注意が必要です!
また暑くなりだす頃が一番害虫(ダニ・スリップス・コナジラミ)
も付きだす頃なのでその点も一緒に注意しましょう!

さて今回のフクシアブログのトピックですが
オレンジ色のフクシアに注目したいと思います☆

フクシアというと多くの皆さまがピンクムラサキアカ
といった色を連想されると思いますが
ピンクやムラサキでも相当多くの色バリエーションがあり
その組み合わせ・形状は実に様々です!
確かにフクシアのイメージカラー通りピンクムラサキアカといった色が
多数の品種にあてはまることは確かですが
そんななか今回は一番イメージからは遠いいんじゃないかという
オレンジのフクシアを何点かご紹介していきたいと思います♪

ダンシング・ダイアナ
大きくて美しいですネ!豪華絢爛!私はこの色と形がだいすきです♪
ダンシングダイアナ
オレンジファンOS
萼が大きく花弁を包み込んでいます。
オレンジファンOS
オーロラスパーバ
花弁の開き具合が特徴的。先がすぼまらず四方に開いています。
P1050005.jpg
チャン
ずんぐりとした形が愛くるしい♪
チャン1
ヴァネッサジャクソン
お客様の目線高でたわわに咲くヴァネッサジャクソン。
ヴァネッサ1
『きれい』という形容詞がぴったり!          
ヴァネッサ2
ユーピロイムワルツ
これまた面白い形状。オレンジ色がとっても鮮やかです。
P1040984.jpg
ハニーサックル
お客様に人気です。細長くて面白い形のなかにも気品あり。つぼみもかわいい!
ハニー1
斜め下からのぞくと星空を眺めているようで素敵です。       
ハニー2
ワルツホルン
オンリーワン!な存在感にかけてはピカイチです!名前のイメージにもぴったり!不思議な形です。
ホルン2

いかがでしたか!?お気に入りのオレンジはみつかりましたか♪
私個人的な感想としては、オレンジのフクシアには魅力的な変わり者が多いということです♪

さて今日もそろそろお別れの時間がやってきました!
全体1
今日のフクシアゾーンはこんな感じです♪
また花鳥園で会いましょう♪さようなら~♪

                                     磯村慧

久しぶりの出張イベント~灘チャレンジ2010~ 

みなさーん!!こんにちは!!
本日は6月6日(日)に灘の都賀川公園で行われた『灘チャレンジ2010』という
イベントに神戸花鳥園のペンギンが出張してきたので、
そのときの様子をご紹介します!!
パンフレット
↑こちらが今回のイベントのパンフレット!!

全体図
↑いろいろなお店も出ていたり、フリーマーケットなどもありとてもにぎわっていました。
川の上
↑暑い日だったので川で遊んでいるお子さんも!!!
橋の上はすごい人です!!

メインステージ
↑メインステージでは色々な催し物が!!
手話歌や風刺劇やカラオケ大会などなどやっていてとてもにぎわっていました!!

○×ゲームなどもあり、5問ほど出題されていました。
○×クイズ
↑最後の問題は…
『今日のゲストはペンギンである』 ですね。

このとき子どもたちはまだペンギンがいるということを知らなかったので、
まさかペンギンがいるはずないという予想なのか…子ども達の行き先は…
×のほうに行っていました…。(笑)

ペンギンが登場すると、子どもさんたちはみんなペンギンの方に近寄ってきて、
本当にペンギンは人気者だなと改めて思いました!!
ペンギン登場!!
↑ペンギンが登場したときの様子です!!

今回出張に行ったのはミクちゃん!!
初めての場所でちょっと緊張気味でしたが、ふれあい&写真撮影を頑張っていました!!
記念撮影&触れ合い
↑ミクちゃんと記念撮影!!触れたかな??

とても沢山の子供さん達に触って頂きました!!
また神戸花鳥園にも来て下さいね!!

スタッフの皆さんとミクちゃん
↑最後に今回のイベントのスタッフさんとミクちゃんとの記念撮影!!
↓ふれあいもして貰いました!!
触れ合い

スタッフのみなさん本当に有難うございました!!

そしてミクちゃんもお疲れ様でした!!!
おつかれ様ミクちゃん
ミク『神戸花鳥園にも遊びに来てねー!!!』

順調に育っています 

日中は日差しが強い日が増え、長時間日なたにいるのはつらくなってきました。
洗濯物が短時間でカラっと乾いて気持ちがいいのですが夕立には気を付けたいところです。

さて今回は順調に成長しているこちらのヒナの話題です。
DSC_0197.jpg

「シロトキ」です。
木の中に親鳥がいるのはわかりますが実はそのクチバシの先にヒナがいます。
わかりにくいので近づいて見てみましょう。
DSC_0184.jpg

いかがでしょうか、白い親鳥とは対照的な黒い色をしていますね。
ヒナの時は外敵に見つかりにくいよう目立たない色をしています。
クチバシもまだ短いですが顔つきはかなりトキらしくなってきています。

こちらのトキの巣、スタッフが島を歩いた場合には巣のかなり近くを人が通ることになります。
なのでヒナがしっかり育つか少し不安でしたが、このようにすくすくと育ってくれました。DSC_0195.jpg


ヒナも割と安心しているように見えます。

こちらのトキの巣は中庭池の島の中の東側にあるので、東側の通路から直接見ることができます。
nakaike_20100607210917.jpg
toki.jpg


運が良ければヒナの姿も見ることができるかもしれませんので、中庭池に来た際には是非トキの巣を見てみて下さいね。
お待ちしております。

ハスに蕾 

皆さん最近やっと暑くなりましたね。蓮と睡蓮の季節がやって参りました。

ハスとスイレンの違いは分かりますか?蓮はハス科ハス属なんです。
お客様に良く聞かれるので意外と見分けが付かない人が多いようです。

ZN4G6760.jpg
そこで、今年はスイレン池にハスを植えてみました。実際に見てみるとこんなに見た目が違うんですよ!!

ZN4G6758.jpg
一番簡単に見分ける方法は葉に切れ込みが有るのがスイレンで無いのがハスです。

ZN4G6766.jpg
因みにオオオニバスもスイレン科の植物でスイレンと同じく葉に切れ込みが有ります。
丁度写真上部で葉の縁が立ち上がっている所です。

ZN4G6767.jpg
幼苗の葉だと切れ目が有るのがよく分かると思います。

ZN4G6764.jpg
4月に植えたのですが温室の中だと生長も早くもう蕾が出てきました。

ZN4G6770.jpg

同じ時期に植え替えて屋外で栽培している物は、まだまだ小さい立ち葉が出て来た所なので、かなり生長に差が出ています。

開花は一ヶ月後ぐらいでしょうかね?花も蓮と睡蓮では違いが有るので無事に開花しましたら、ご紹介出来ると思います。
皆さんお楽しみに!

『あぁ気持ちいい』 

みなさま、こんにちは。

ここ数日、お天気がよい日が続いています♪


こちらはある日中の
オオサイチョウ(サイちゃん)の様子です!

P1050364a.jpg

P1050365a.jpg


「具合でも悪いの?」と
聞かれることがあるのですが、

サイちゃんは絶好調です♪


では何をしているか、みなさん分かりますか?



そう、前日のフクロウに引き続き
これも日光浴をしているんです!!

東展示室では太陽光が差し込むと、
あちこちで鳥たちが今だ今だと
翼を広げたり、床に寝転がったり、
いっせいに日光浴をします。

その中でも一際目をひいたのが
オオサイチョウのサイちゃん!


P1050374a.jpg


大きく羽を広げた姿は
とても迫力があります。

P1050380a.jpg

ちなみにこちらは

P1050362a.jpg

イ・・イナバウアー!?笑

どれも気持ち良さそうですね。

晴れた日にお越しの際は
こんなサイちゃんが見られるかもしれません♪

今年もこの季節がやってきました! 

皆様、こんにちは!
猛禽類担当の山内です。

もうすっかりと太陽が夏の日差しになってきましたね!
先週末は晴れの日が続き行楽日和でしたが、これからはジメジメする
梅雨の時期になると思うと気分がすこし沈んでしまう今日この頃…

さて。
今週の猛禽ブログですが、タイトルにもある“この季節”というのが、

こちらです!!↓

IMG_0124のコピー

写真はアフリカワシミミズクめのうちゃん。
羽を広げてお腹を丸太にペッタリとくっつけていますね。

これは何をしているのでしょうか…?

IMG_0113のコピー

実はこれ、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
日光浴をしている最中なんです!

夜行性のフクロウですが、やはり生き物ですから太陽光はとっても大切です。
以前にもこの様子をブログでご紹介しました。→日光浴

以前の記事からちょうど一年ぶりくらいに取り上げる話題なのですが…。
めのう達の日光浴は日差しが強いこの時期にしか見れない光景です。

そう、つまり今年もこの“日光浴”の季節がやってまいりました♪

IMG_0134のコピー

日光を体いっぱいに浴びて、うっとり~といった感じのめのうちゃん。

もちろん、めのうだけでなく、隣にいたお姉さんの

IMG_0136のコピー
にしきちゃんも…

IMG_0135のコピー
こはくちゃんもこの表情です!

気持ち良さそうですね!
しかし、体いっぱいに日光を浴びるわけですから、体温も上昇し…

IMG_0152のコピー

クチを開けて、少しだけハアハアしていました。
…最終的には、少し暑そうにしているめのうちゃんでした(笑)

この光景は、晴れた日の午後、めのう達がいる丸太の上に陽があたる
ちょっとの時間にみられます。
毎日、太陽があたる時間がズレるので、詳しい時間はいえませんが、
だいたい14:30くらいにショー会場にお越しになると見れるかと思います。

そして、もうひとつ、この時間に見れる光景がコチラ↓

IMG_0168のコピー

水浴び大好き、ケープワシミミズクアラシちゃんのシャワーシーンです(笑)

アラシちゃんの水浴びの記事はコチラから→水浴び大好き!
アラシちゃんの水浴びはこの時期だけでなく、晴れた日であれば、冬でも見れる光景なのですが、
夏になれば、ほぼ毎日のように行っています。

IMG_0179のコピー

運よく、アラシちゃんの上の虹までキレイに撮れました!

アラシちゃんの水浴びは見れる確率が高いのですが、
日光浴はこの時期にしかなかなかみれない光景です!
是非皆様、梅雨に入る前に一度、日光浴を見に来てはいかがですか!?

IMG_0151のコピー
めのう 「晴れた日に来てね!」



第71回花園コンサート ピアノ 

4AFT6501のコピー
本日は北フクシアロビーにてピアノのコンサートが開催されました。
演奏してくださるのは、花園コンサートではおなじみになりました川崎知子さんです。

4AFT6504のコピー
川崎知子(かわさきともこ)プロフィール
花が大好きなピアニスト。
有限会社ピアノの庭取締役、ピアノレッスンコンサルタント。
第41回全国学芸科学コンクール高校生の部・作曲部門で金賞・氏家日本民間放送
連盟会長賞・大林組個人奨励賞受賞。
関西大学・慶應義塾大学卒業、ピアノを湊谷亜由美氏に師事。
病院での入院患者さん向けコンサートや生涯学習団体のイベントで演奏活動を行なう。
2010年日本園芸協会認定資格「ローズ・コンシェルジュ」を取得。

川崎知子ホームページ

4AFT6492のコピー
只今当園で開催中の「国際ユリショー」にあわせ、ユリに関する曲も
演奏していただきました。どうぞお聴きください。


ショパン : 雨だれ


中山晋平 : 雨降り、雨降りお月さん


シューマン : 歌曲集「詩人の恋」より ばらに、ゆりに、はとに
         歌曲集「詩人の恋」より 私の心はゆりのうてなに


クープラン : 百合の花開く

4AFT6513のコピー
いかがでしたでしょうか。では、次回の花園コンサートでお会いしましょう。



次回予告

■6月13日(日)①12:00②14:30 
オーボエ
出演:見取香奈、武田佳美

その他、演奏曲や、出演者募集などの詳細は、神戸花鳥園公式ホームページ内、
花園コンサートページをご覧下さい。

アジサイ展示 

皆様 こんにちは 
アジサイの特別展示が始まって~沢山のお客様に喜んで頂いて、嬉しいです~
001_20100603140554.jpg

今日はアジサイについて色々紹介したいと思います。

アジサイ(英名・学名:Hydrangea)とはアジサイ科アジサイ属の植物の総称です。学名は「水の容器」という意味で、そのまま「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」ということもあります。

「アジサイ」は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われています。

漢字で書くと「紫陽花」ですが、これは平安時代の学者・源順が、白居易が別の花(ライラックではないかと言われています)に名付けた「紫陽花」の漢字をアジサイにあてはめたことから、誤って漢字表記に用いられ、広まったのではないかと言われています。


次は品種のご紹介です^^

小町
小町

森の妖精
森の妖精

天を仰いで01

天を仰いで02
天を仰いで (これは綺麗ですよ)

水面01
水面  (ピンクなのに 水面?)

エーゲ海02
エーゲ海

手毬歌
手毬歌  (手毬だ)

初恋01
初恋02
初恋  (わたしはこの品種が一番好きです!!)
  
展示してるのはまだいっぱいありますので 
是非神戸花鳥園まで見に来て下さい!

子供から大人への一歩 

みなさんこんにんちは!!
今回はペンギンの変身第2弾!ということで
子供のペンギン達が大人のペンギンになっていく様子をご紹介します!!

↓少し前に紹介した記事です
変身

去年の3月9日生まれのミクちゃんが、一番手で生え換わってきました!
ミク
↑『こんにちは!!ミクです!!』

お腹以外はだいたい黒っぽい色をしていますね!!

途中
↑そして羽毛が抜けだして…
インディアンみたい
↑顔の周りが白くなって、胸のあたりにはうっすらと黒い帯状の線が!!
大人たちと似たような姿になってきました!!
ち…近いです
↑ちょっとインディアンみたいです(笑)

ポーズ
ミク『完全に生えそろうまでもう少しですね!!』
確かに!!まだ中のモコモコの羽毛が胸のあたりに残っていますね!!
早くキレイになるといいね~!!

みなさんも神戸花鳥園に来られた際はぜひ、外池のペンギンプールで
キレイな羽毛に生え換わったペンギンたちを見たり、
子供ペンギンたちが大人の階段を上っていく姿?を見に来て下さいね!!
ブーン

ミク『お待ちしてまーす!!』

中庭池の癒し系 

みなさんこんにちは♪
梅雨の季節である6月がやってきました。
可愛いレインブーツがほしい今日この頃です。

P1020527_convert_20100529143942.jpg

さて今回は中庭池にいるおなじみのこの鳥さんについてのブログです。


P1020528_convert_20100529144643.jpg

●アカツクシガモ●
カモ目カモ科


この写真のアカツクシガモには名前が付いておりまして
「おとうさん」と言います。

以前にもこちらのブログで紹介しましたがみなさん、おとうさんのこと覚えていますか?



以前のブログ→『頑張れ!おとうさん』


今回はあのブログの続きで、最近のおとうさんをご紹介しようと思います。


前回のブログから約4カ月が経ち
おとうさんペアは池を追われ、中庭池の通路にいることが多くなりました´・ω・,`

↓コチラはある日のおとうさんです
DSC_0670_convert_20100529153427.jpg



この姿を見た時一瞬冷っとしますが安心してください、
お昼寝をしているのです。

もう少しアップで寝顔を撮ってみました。
DSC_0660_convert_20100529155600.jpg

とても可愛らしい寝顔ですね。
おとうさんはスタッフの間では密かに人気があったりします。
寝顔集でも作りたいです。
DSC_0669_convert_20100529160727.jpg


おとうさんのペアである、おかあさんがおとうさんを起こしに来ました。
DSC_0672_convert_20100529161030.jpg
おかあさん『おとうさん、起きて~』

一瞬はおきるのですが
数十秒後、おとうさんはまた夢の世界へ… ´-ω-` Zzz
DSC_0673_convert_20100529161701.jpg


どうやらこの日は特別とても眠りたい日だったみたいで
別の日のおとうさんは、元気に通路を散策していました。


最近のおとうさん、おかあさんペアはよくカモのご飯台近くの通路にいることが多いので
中庭池に来られた際には間近に2羽を見れるかもしれませんよ♪
P1020517_convert_20100529162410.jpg
おとうさん&おかあさん「中庭池で待ってまーす」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。