月別アーカイブ

 2010年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控えのメンバーたち。 

皆様こんにちは!

猛禽類担当の山内です。

先週の猛禽ブログは更新が遅れまして申し訳ございませんでした。
これからは、うっかりミスがないよう、気をつけていきたいと思います!

さて、今週の猛禽ブログは、まずは昨日、5月30日の飛行ショーの様子からご紹介いたします。

最初は10:30からのショーに出演中のベンガルワシミミズクモリくん。

IMG_0041.jpg

たくさんのお客様の前でもばっちりです!

IMG_0026.jpg


続いては、13:30に出演中のハリスホークたかこさん。

IMG_0075.jpg

人間の年齢にすると、アラフォーのたかこさん(笑)
若い子に負けず、頑張っています!

そしてここで、たかこさんのルアーキャッチの写真を載せたかったのですが…

IMG_0104.jpg

この日のたかこさんは残念ながら空中キャッチに失敗し、床でのルアーキャッチになってしまいました。
非常に珍しい光景でした。


そして最後は15:00からのショーに出演中のアフリカワシミミズクにしきちゃん。
IMG_0192.jpg

最近は暑さのせいか、やる気にムラがあり、スタッフの悩みの種です…。

IMG_0199.jpg

さて、現在のショーでは上の3羽を含め、合計6羽の猛禽類達が出演していますが、
今回は、タイトルにもある様に、ショー出演を控え、訓練中の2羽のフクロウたちもご紹介いたします♪

まずはアフリカワシミミズクひすい君。

IMG_0223.jpg

ひすい君は過去に何度か飛行ショーに出演した経験があります。
その頃の記事はコチラから→アフワシ3姉妹の弟君

今まで長期休暇を頂いていて、最近訓練に復帰しました!
まだ復帰して5日目くらいなので、残念ながら、今は“ぴょんっ”くらいしかできないので(笑)
写真は控えさせていただきます…。

そしてもう一羽がなんと!

IMG_0004.jpg

今までふれあいを担当していたメンフクロウこだまです!

ふれあいを担当していた頃のブログはコチラから→若さにかまけて

ここ半月ほど前からフライトの訓練をはじめました。

IMG_0238.jpg

飲み込みがはやく、淡々と訓練をこなしている、期待の新人です。
実は、15:00のショーで、にしきちゃんのやる気がなくなり、飛ばなくなると、
ピンチヒッターを務めるほどに成長しています!

IMG_0249.jpg

しかし、小心者で、小さな物音や人の動きに敏感なので、ショーデビューはまだ先になりそうです。

この2羽のデビューが決まりましたらまたブログでご報告させていただきますね!

華々しく、ショーに出演している猛禽類たちの裏で、頑張って日々訓練を重ねている子もたくさんいます。

IMG_0243.jpg
こだま 「頑張ってるよ~!」

その子たちの応援も是非是非、よろしくお願いたします!

IMG_0232.jpg 

ひすい君も「会いに来ないと怒っちゃうぞ!」と、訴えるような眼をカメラに向けてくれました(笑)

スポンサーサイト

アジサイ特別展示はじまりました オリジナルアジサイたち 

ZN4G6685のコピー
そろそろ梅雨の時期ですね。当園では、毎年恒例のアジサイの特別展示がはじまりました。

ZN4G6668のコピー
このアジサイたちはグループ園加茂花菖蒲園で品種改良したオリジナルを
神戸で譲り受け、大切に育てました。

ZN4G6675のコピー

ZN4G6676のコピー
まだ咲きはじめのものもありますが、これから美しい花をみせてくれるでしょう。

ZN4G6691のコピー
今年の当園の展示はユニークで、なんとアジサイの間に”小道”があり、
そこの間を歩いていただけるというもの。これならひとつひとつのアジサイを
間近で見ることも出来ますし、アジサイの中にいるような感じで記念撮影も
楽しむこともできます。

ZN4G6696のコピー
ぜひ、グループ園オリジナルのアジサイ特別展示をご覧下さい。



告知
6月6日(日)の花園コンサートは
①12:30②14:30 ピアノコンサート
出演:川崎知子
※コンサート公演時間が上記の時間に変更になりました。お詫び申し上げます。


その他のコンサートのスケジュールは神戸花鳥園公式ホームページ内、
花園コンサートページをご覧下さい

フクシアご意見箱② 

こんにちは。フクシア担当の岸本です。
今回は『フクシアご意見箱』の第二弾のご質問にお答えしたいと思います!





質問1
フクシアは何の花ですか?


回答
フクシアはアカバナ科の低木です。
よく宿根草や多年草等の草花だと思われがちですが、成長すると幹が木質化します。
根元




質問2
フクシアの咲き頃から散り頃まで教えて下さい。


回答
実際に一重と半八重、八重一品種づつ調べてみました。

一重は『チャイナランタン』
チャイナランタン7日花

半八重は『プレイボーイ』
プレイボーイ7日

八重は『スイングタイム』
スイングタイム7日

の三品種を写真を使用して結果をお話していきたいと思います。
調べる方法は、もうすぐ開花しそうな蕾に観察開始日を書いたシールを貼って調べました。
観察開始日は5月7日です。


まずは一重の『チャイナランタン』です。

チャイナランタン7日蕾
5月7日開花しそうな蕾の観察を始めました。

チャイナランタン9日
5月9日略開花しました。ですが、まだガクが離れてない所があります。

チャイ12日
5月12日満開です。
おそらく11日には完全に開花していました。

チャイ15日
5月15日花が落ちる寸前です。

チャイ16日
5月16日朝見ると花は落ちていました。


一重の『チャイナランタン』は完全に開花していたのは約4日間でした。
不完全な開花期間も合わせると約5日間です。



次は半八重の『プレイボーイ』です。

プレイボーイ7日蕾
5月7日観察開始です。

プレイボーイ9日
5月9日開いてきたので明日、明後日には完全に開花すると思います。

プレイボーイ12日
5月12日完全に開花しました。

プレイ16日
5月16日花が萎れてきたのでもう間もなく花が落ちると思います。
この2日後に花は落ちていました。


半八重の『プレイボーイ』は完全に開花していたのが約4日間。
萎れてから花が落ちるまでが3日間でした。


次は八重の『スイングタイム』です。

スイングタイム7日蕾
5月7日観察開始。

スイングタイム9日
5月9日開花が始まりました。

スイングタイム11日
5月11日開花しました。

スイン12日
5月12日略満開です。

スイング16日
5月16日花が萎れてきました。
この3日後に花は落ちました。


八重の『スイングタイム』は完全に開花していたのが5日間。
萎れてきてから落ちるまでが4日間でした。



一重が開花してから萎れる迄が約5日間。
半八重が開花してから萎れる迄が約4日間。
八重が開花してから萎れる迄が約5日間。

一重が萎れてから落ちる迄が約2日間。
半八重が萎れてから落ちる迄が約3日間。
八重が萎れてから落ちる迄が約4日間。

平均して4.6日完全に開花していて、3.4日後に花は落ちた事になります。
この結果は今の季節の開花期間と落花期間ですので季節によって若干の差は出ます。



ご意見箱
『フクシアご意見箱』へのご質問、コメントはまだまだ募集していますので
お気軽にお書き下さい♪



P5240660.jpg
P5240661.jpg

嵐の中神戸花鳥園に東大阪から来られた絵の教室団体のお二人に撮らせて頂きました。
フクシアの絵を描かれている所です。
ご協力ありがとうございました。

容器の中には… 

みなさーんこんにちは!!
早速ですが、下の画像をご覧ください!!
箱の中には
サークルの横の容器の中をよーく見て下さい!!
ん?
…なにかがいる??

そうです!!
新しいヒナが誕生したのです!!

↓ワラワラいますね!!
わらわら
今回生れたのはオシドリのヒナ!!
ちょっと警戒心が強いのかとってもビビりなオシドリのヒナ達!
写真を撮るのも一苦労でした(笑)

見上げる
↑ヒナ『ど…どうもはじめまして…』
少し遠慮がちにこちらを見上げているようですね。

↓こちらの子は水容器の上に乗っていて、まるで演説をしているようですね!
お立ち台オシドリ

↓積み重なって寝ています…
積み重なる…
ヒナ『う~ん…ムニャムニャ…』

↓こちらは下にいる子は少し迷惑そう??
ちょっと重い…
ヒナ『ちょっと…重いんですけど…』

上で寝ているヒナの表情がなんとも言えませんね!!(笑)

みなさんも神戸花鳥園に来られた際は、是非外池のオシドリのヒナ達に
会いに来て下さいね!!
ヒナ達はすぐに大きくなってしまいますよ!!

(※ヒナの展示は、天候・ヒナの体調により中止する場合がございます。
またヒナのふれあいの方は行っていませんのでご了承ください!!
優しく見守ってあげてね!!)

すやすや
ヒナ『待ってまーす…すやすや~。』

カモ達の秘密の花園 

みなさんこんにちは、5月も中旬に入りポカポカと暖かい日が続きとても気持ちがいいですね。
今中庭池ではユリの展示を行っています。
P1010113.jpg


色とりどりの花が咲き乱れとても綺麗です。
これは毎日植物のスタッフさんがこまめに手入れをしてくれているおかげです。
P1010150.jpg

この綺麗なユリですが実は下の方の葉が無くなって何ともかわいそうな姿になっています。
いったい誰がこんなことを…?



いました…。この子たちが犯人です。
P1010151.jpg


わかりますか?
ユリの葉の中に隠れているマガモです。
この子たちがユリの葉をせっせと集めて巣の巣材にしているのです。
P1010243.jpg


では失礼してちょっとのぞいてみましょう。
ありました、卵です。
マガモは少し穴を掘り、そこにユリの葉で巣を作っているようです。
P1010125.jpg

こちらの巣では中にキンケイの卵が混じっています。
右のオレンジ色の卵がキンケイの卵になります。
きっとマガモが居ない間にこっそりと置いて行ったのでしょう。
まさにユリの中は鳥たちの集合住宅といってもいいですね。
P1010218.jpg

P1010208.jpg
マガモ『ここは私の場所よ』


ご来園の際には、キレイなユリを見に中庭池へ足を運んではいかかでしょうか
根元にこっそりとマガモがいるかもしれませんよ^^

只今の国際ユリショー 

みなさんこんにちは!

5月6日から開催している国際ユリショーも今日で展示開始より20日が経ちました。
CIMG1239のコピー

CIMG1222のコピー

最初はアジアティック系とLAハイブリッドの品種を中心とした展示でしたが
少し前よりOTハイブリッドの品種も展示を始めました。
まずはその中から3種類紹介したいと思います。
Candy Club
Candy Club

Baruta.jpg
Baruta

Nymph.jpg
Nymph


皆さんおなじみの「カサブランカ」もまもなく展示を開始する予定です。
Casa Blanca
Casa Blanca


また、花売店では切り花と鉢植えの販売も行っています。
CIMG1244のコピー

CIMG1242のコピー


様々な品種を取り揃えていますのでぜひお好みの品種を探してみて下さいね。
販売している品種は日々変わっていきますのでお気に入りの品種を見つけたら
お買い逃しのないようにお気を付け下さいね。

クジャクバトのヒナ 成鳥記録 

みなさまこんにちは!
もうすっかり暖かくなり、逆に暑く感じる日もあるほどです。

さて、今回は東温室での、新しいヒナの情報を皆様にお送りいたします。


種類はクジャクバトです。
kujyakubato
学名:Columba livia
英名:Fantail

カワラバトから品種改良されて作り出された、イギリス原産の観賞用のハトです。
普通のハトの尾羽は12枚程ですが、クジャクバトの尾羽は20~36枚あります。
怒っている時や興奮している時、求愛のディスプレーに尾羽をクジャクのように広げ、相手にアピールします。


このクジャクバト、
ヒメウズラのふれあいコーナーに4羽いるのですが、
その中のきいちゃん(黄色リング)(♀)とグリコ(緑リング)(♂)の間に、めでたくヒナが生まれました!!

4月7日ごろに卵を産み、それからずっと両親が協力して交代しながら温めておりました。
hato houran
「疲れてきたな~・・・でも頑張って温めなきゃ!」


そして2010年4月25日に孵化が確認されました。
ただヒナが小さく、親鳥もしっかりお腹の下に隠しているため、刺激を与えないようにこのときは撮影しませんでした。


4月28日、やっとヒナの一部を撮影できました!
hato hina1
親鳥の胸の下からヒナの嘴が見えています!
体の羽はなんだか黄色がかっていますね。


4月30日
hato hina2
目が少しずつ開いてきました。
親に甘えているようです。


5月3日
hato hina3
「ぽつーん・・・」

あれ?
ヒナが1羽で巣にいます。

お母さんとお父さんはどこへ!?


と思いきや

hato hina4


近くで羽づくろいをしあっていました。。。

仲が良いのはわかったから、ちゃんとヒナの面倒みてくださいよ~!


実は親鳥が巣を離れる時間が少しずつ長くなってきました。
まだまだ巣立ちは遠いような気がしますが・・・

ですが5月7日
hato hina11

きいママとグリコパパが2羽で世話をしています。仲良しですね~。

ヒナはお母さんとお父さんの両方からピジョンミルクをもらい、胸の辺りがパンパンです。

hato hina9
「ごくごく!」

hato hina10
「ぷひ~お腹いっぱいだぁ」


hato hina8
このようにヒナはどんどんすくすく育っており、スタッフもなんとかなるかなーと観察しておりました。

すると5月8日・・・
なんとお母さんのきいちゃん。
同時進行で次の卵を産んだのです。
hato hina5
「こっちの子も頑張って育てるわよ!」

本当に大丈夫かなぁ~?(>△<;)

5月9日
hato hina6
ヒナの方はこんなに大きくなりましたが、まだまだ一人でごはんも食べられません。
「お母さんごはんちょーだい!」と甘えています。
ただお母さん。卵が気になるのかヒナになかなかごはんをあげてくれません。

そこで残念ながら、この日からヒナは人工で育てることになりました。
hato hina7
「ちょっと寂しいなぁ」

頑張って大きくなって、またお母さんやお父さんのところに戻ろうね。

現在ではヒナもだいぶ私達に慣れてきたようです。
お腹がすくとぴーぴーとごはんをねだってくれるようになりました。
hato hina8
「あ!ごはんちょーだい!」


hato hina9
このまま順調に育ってくれるよう、大切に育てていきたいと思います。

そっくりさん 


みなさん、こんにちは。

もうすぐ梅雨のシーズンに入りますね。
そんな時でも神戸花鳥園は全天候型です!!!
ぜひ遊びに来てくださいね!!!


さて、今回は「そっくりさん」ということですが…
とりあえず、先日のブログをご覧ください。↓

石彫と陶器の「ふくろう二人展」好評開催中!

このの作品の中で、フクロウにそっくりなものがたくさんあります!!!
それでは、写真でご覧下さい!!!

IMG_9892.jpg
こちらはアフリカワシミミズク「めのう」です。
目つきがそっくりですね。

IMG_9857.jpg
今度はアフリカヒナフクロウ「ゆうひ」です。
つぶらな瞳がかわいいですね。

IMG_9864.jpg
次はアフリカオオコノハズク「テン」です。
おこったときにそっくりです(笑)

IMG_9911.jpg
今度は、メンフクロウ「こだま」です。
頭から足までそっくりですね!!!

IMG_9839.jpg
こちらはベンガルワシミミズク「シオン」です。
この作品はシオンの色を参考にしていただいたそうです!!!
うれしい限りです!!!

IMG_9872.jpg
次はスピックスコノハズク「ムギ」です。
小さいながらも鋭い目つきです。

IMG_9882.jpg
今度はナンベイヒナフクロウ「凪」です。
顔のラインがそっくりですよね!!!

IMG_9890.jpg
最後はケープワシミミズクの「アラシ」です。
目つきもそっくりですが、なんと作品名が「嵐」でした(笑)

これらの作品は布引焼という焼き物の窯元、小島一浩さんの作品です。
すごいですね!!! HPはこちらです↓
布引焼窯元

今回は、焼き物の紹介ですが、一緒にやっている石彫家、土屋誠一さんの作品も
隣に展示されています。
IMG_9840.jpg
作品と土屋さんとシオンです(笑) HPはこちら↓

ギャラリー誠一庵

いかがでしたでしょうか???
この展示は6月13日までとなっておりますので、
ぜひ花鳥園まで遊びに来てくださいね!!!

※お詫び

5月24日にアップ予定でしたが、こちらのミスによりアップされていませんでした。
お詫びして訂正いたします。申し訳ございません。
 

5月29日 バードスタッフ 山内

第70回花園コンサート サックス 

4AFT6424 のコピー

本日は北フクシアロビーにて、第70回花園コンサートが開催されました。
今回演奏していただいたのは”Timo(ティーモ)”のおふたりです。

Timoは今年3月の神戸花鳥園開園4周年記念イベントで演奏していただいて以来。
おぼえておられるお客様もおられるのではないでしょうか。

”TIMO(ティーモ)”プロフィール
05年結成。クラシックからポピュラー、ボサノヴァ、日本の唱歌など、
200曲以上のレパートリーを持つユニット。
コンサート会場のほか、学校、公民館、病院、福祉施設において、
ヒーリングコンサートやマタニティコンサートなど企画、演奏しています。
また、各種パーティー、記念式典などにおいても演奏を行っています。
結成当時から、毎日新聞社主催によるチャリティコンサートを年に一回開催中。

4AFT6412 のコピー
中地聖子(なかじ せいこ)武蔵野音楽大学卒業。 
在学中には武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルのメンバーとして活躍。各地音楽ホールなどで
ジョイントコンサートに出演。第6回泉の森フレッシュコンサートオーディションに合格。
同コンサートに出演。第5回フランス音楽コンクール優秀賞受賞。。

4AFT6420のコピ2
竿下和美(さおした かずみ)京都市立音楽高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。
堺ピアノコンクール奨励賞、京都ピアノコンクール第2位、ピアノ教育連盟全国大会奨励賞、
長江杯国際コンクール第一位など多数受賞。なにわ芸術祭、京都芸術祭にてデビュー。
海外アーティストとの室内楽、伴奏での共演のほか、ソロとしては関西を中心に年間60本以上
コンサートを企画、演奏を行っている。07年在住する泉大津市市長より、文化に貢献する
ピア二ストとして文化賞を受賞 秋篠音楽堂第3期ユングムジカ専属ピア二スト、
TVCM音楽プレーヤーとして、自身の演奏を全国に発信中。



ビゼー : 歌劇「カルメン」 より ハバネラ


ドビュッシー : 小船にて


ラベル : 水の戯れ


ラベル : ボレロ

4AFT6454 のコピー
今日はあいにくの天気でしたが、Timoの演奏のおかげで、
優雅な時間を過ごせたのではないかと思います。
では、また次の花園コンサートをお楽しみに!

次回予告
5月30日(日)休   演

石彫と陶器の「ふくろう二人展」好評開催中! 

ZN4G6533.jpg
現在、長屋門内のふくろう展示室では「ふくろう二人展」を開催しております。
こちら、どんなイベントかと言いますと、石彫と陶器の2人の作家さんが、
ふくろうをモチーフにした作品を計50点あまりを展示しているというもの。

ZN4G6546_20100523175210.jpg
石彫は当園で過去に「地蔵展」などで参加していただいている土屋誠一さん。

ZN4G6539_20100523175210.jpg
陶器は布引焼(ぬのびきやき)の小嶋一浩さんです。

ZN4G6536_20100523165822.jpg
本物のふくろうの前でふたりの作家さんの様々な表情のふくろう作品を展示しております。
お気に入りのふくろうを見つけてみてはいかがでしょうか?

ZN4G6532.jpg
ZN4G6571のコピー
また作品のほかにもお手ごろな値段の陶器やアクセサリーなども販売しております。
土屋さんのものはこの会場のすぐそばです。小嶋さんのものは南ロビー内の売店で
販売しております。

もちろん、ご来園いただいければ無料でご覧になれます。
ご来園の際はぜひ、長屋門内ふくろう展示室にお立ち寄りください。
6月13日(日)までの開催です。

ピンクバナナの実 

PICT0741.jpg

以前にご紹介したピンクバナナですが、ついに実が熟しました。
熟すと自然に皮がむけてタコウインナーの様な形になります。

PICT0742.jpg

まずは当園一のバナナ好き、三食バナナでも良いと言っている奥田さんに試食して頂きました。
PICT0744.jpg

食べてみると・・・味はバナナ・・・香りもバナナ・・・美味しい。
でも9割タネで食べるところが殆ど無い。

PICT0745.jpg
黒く見えるのが種子です。果肉が殆どないのが断面から分かると思います。

PICT0760.jpg
種子は5ミリくらいの歪な楕円形です。
もうすぐ全ての実が熟してしまうと思います。バナナがなっているのを見たい方は是非見に来て下さいね~

全部で3羽ッ!! 

みなさーこんにちは!!

今回はまたしてもヒナ情報!!

クロエリセイタカシギのヒナが5月11日にまたしても生れました!!
全部で3羽
↑卵から生まれたばかりの写真です。
全部で3羽いるのですがみなさん分りますか?
真ん中に2羽います!!

今回はペンギン池の方で巣を作っていたペアの方のヒナです!!
↓場所はココです
場所はココ
柵で囲っている所なのですぐに分ると思います!!

真ん中の2羽は昼頃に生まれたのですが、生まれたときに
親が少し面白い行動をしていたのです!

いつも雛が生まれたとき、『卵の殻がないな~』
と思っていたのですが…。
そのなぞが判明しました!
なんと親が卵を捨てていたのです!!
運ぶ
↑くわえて飛んできて…
ポイ捨て
↑ポイッ!!(笑)
…ポイ捨てですね…(笑)
そしてなぜかクビワコガモが一緒になって着いてきています。
まったく関係ないのに…。エサを持っていると勘違いしたんでしょうか?(笑)

卵
↑捨てられてた卵2つを拾ってみました!
あんなに小さいの自力で卵から出てくるヒナは本当にすごいなと感じます!

足が…
↑大人のお腹から足が生えてる!!
こんな光景も真近でみることが出来ます!!

まだ入ってます
↑ヒナ『お腹の中は安心するの!!』

ヒナたちは毎日元気いっぱい!!
2羽で仲良し
↑なんだか2羽でおしゃべりしているみたい!!

カメラ目線
↑ちょっとカメラ目線??(笑)

まだまだヤンチャな雛たち!!

ボスッ
↑遊び疲れたらやっぱりお母さんの所へ!!
…ちょっと頭突きしているみたいですが…(笑)

みなさんも神戸花鳥園にこられた時は是非、
外池のクロエリセイタカシギを間近で見て下さいね!!
(※柵を張っている所から中には入らないようお願いします!!
クロエリセイタカシギのお父さんお母さんが子供達を守ろうと威嚇してくる場合がございます)
やさしく見守ってあげてくださいね!!

親子
↑ヒナ『お待ちしてまーす!!』


ようこそ神戸へ!ツクシガモ 

こんにちわ。
今日はなんだか蒸し暑くて嫌な暑さですね。
梅雨入りはいつなんでしょうか。ちょっと憂鬱です…。


さて、今日は中庭池に新しく仲間入りした鳥の紹介をしたいと思います。
その鳥さんはこちら!
全体

ツクシガモ
学名:Tadorna tadorna
英名:Common Shelduck
ユーラシア温帯部に分布し、日本にも冬鳥として少数渡来します。
主に貝、小さな甲殻類や水生昆虫などの無脊椎動物を食べます。


クチバシと脚がキレイなピンク色をしており、少し反り気味なクチバシが素敵な鳥です。
顔が黒いのであまり目立ちませんが、目が真っ黒でクリクリしていてかわいいです。
つぶら

この子たちは島根県にある姉妹園の『松江フォーゲルパーク』から
はるばるお引越ししてきてくれました!
今回来てくれたのはオスとメス1羽づつ、計2羽です。

神戸花鳥園にきて中庭池で生活するようになり、最初は慣れない環境のため
ごはんもゆっくり食べれず真ん中の島で過ごしていることがほとんどでした。

今日で5日ほど経ちますが、少しずつ慣れてきたようで
天気のいい日には元気に水浴びをしたり、ごはんをもらいに通路の近くまで泳いで出てきてくれます。
手からもごはんを食べてくれますよ^^♪
夕方16時半からのごはん係り体験イベントにもちゃんと来てごはんを食べてくれています。
手から

羽数もすくなく、新入りでまだあまり目立たない存在ですが
ご来園の際にはとてもかわいいツクシガモを見に来てください♪
2羽

お宝発見! 

こんにちは♪みなさんいかがお過ごしですか?
今日はあいにくの雨ですが
花鳥園のフクシアたちは元気に過ごしております♪♪
ころころ変わるお天気で急な気温の変化についていけず....
暑い日の日中は少し暑さにバテている今日この頃です★
ご自宅でフクシアを育てている方は
早速フクシアを夏バテさせてしまわないように
置き場所の管理と水やりの量を以前より少し
気にかけてあげるといいと思います☆

さて、今回みなさまにご紹介するトピックは
タイトル通り『お宝発見☆』です。
お宝?とは何の事かといいますと
神戸花鳥園にない品種が姉妹園である富士花鳥園に眠っており
機会あるごとに探し出しては神戸へ運ぶという宝探しのことです☆

今回は前回の搬入ですでに神戸へ連れて帰り
大きく育てている最中デビュー前のフクシアをご紹介したいと思います♪

では早速ご紹介していきましょう♪

エレナクラーク
ピンク 一重
がくの先がクルリと丸まるのが可愛いです
エレナクラーク
サンシャイン
オレンジピンク 一重
写真では分かりにくいですが花弁の縁に筋が入ります
サンシャイン
サンシャイン 縁に筋が入った様子
P1040907.jpg
ミッキーグルード
白・うすピンク 一重
小さな可愛らしい花がピンと咲きます
ミッキーグルード
レディ・イゾベル・バーネット
ピンク 一重
少し上向きの花が咲きます。力強いですね
レディ・イゾベル・バーネット
レナ
白・紫 一重
細長いがくからひょっこり見える紫の花弁が可愛いです
レナ
ピンヒール
白・紫 半八重~八重
中輪の花はフリルスカートを履いているようです
ピンヒール
ジャックシャハン
ピンク 一重
一重ですが存在感がありバランスのいいフクシアの一つです
ジャックシャハン2
いかがでしたか♪このようにまだまだ沢山の未展示の品種が
富士花鳥園にはねむっているようです!!まさに☆宝の山☆ですね!
今回紹介しきれなかった品種はまたの機会に紹介していきます♪

最後にフクシアゾーンにも特別展示中のユリの紹介を持ちまして
今回のフクシアブログの時間は終了です☆
P1040925.jpg
ユリとフクシアのコラボ展示は期間限定ですので
皆さまこの機会にぜひ一度見に来てくださいね♪
P1040929.jpg
本会場はカモと鯉のいる中庭池となっています☆
では皆さん、また会う日まで~♪♪さようなら♪              いそむら

ヒメウズラヒナすくすく成長中! 

5月1日から展示をスタートしました、ヒメウズラのヒナ。
成長記録と共に、現在の様子をお伝えします♪

初日がGWともあって、沢山の方が会いに来て下さいました、ありがとうございます!
大人のヒメウズラのふれあいも好評でした!
ヒメウズラヒナ 019
個人的にですが・・・大人のヒメウズラを見て「可愛い」とおっしゃってくださる方に、
「うまれてすぐのヒナがいますよ~」とご案内するのが楽しかったです^^
大人でも手のひらサイズなのに、そのヒナのまたまた小さいこと!
ヒナを見ると誰もが「小さい!」「可愛い!」と言って下さるのがとても嬉しかったです!
ヒメウズラヒナ 021
お写真上手に撮れましたでしょうか?


さてさて、そのヒナちゃんたちですが・・・
前回生後0日のお写真をブログで紹介いたしました→こちら

その後どうなったのか見ていきましょう!

こちらは生後3日目です。
ヒメウズラヒナ 020 0503
まだそんなに変化はありませんね・・・
小さな翼とぷりんとしたお尻がとても可愛いです!

それでは少し飛んで、生後7日目のヒナです。
ヒメウズラヒナ 015
いかがでしょうか??
少し・・・違う所がありますね・・・!

そうです、羽が!大人の羽が生えてきているのです!!
翼の部分にご注目ください。お分かりいただけますか?


少し大きくなり、顔もまん丸じゃなくなってきた気がします。
ヒメウズラヒナ 018 0507

ごはんを食べる量も増えました!


じゃれつく姿もまたかわいいですよ^^





それではまた飛びまして、15日目です!
ヒメウズラヒナ 027
頭はそのまま、体の殆どが大人の羽に生えかわってきました^^

大きさもこのとおり!
ヒメウズラヒナ 026


ちなみにお父さん(クロちゃん)はこんな感じ・・・
ヒメウズラヒナ 025


大きくなってしまうのは寂しいですが、
早くお父さんお母さんのように大きく立派になってほしいですね!


ヒメウズラヒナ 028
ヒナは引き続き展示しておりますので、ぜひ会いに来てあげてください♪

雨の日のフクロウ 

皆様こんにちは!
猛禽類担当の山内です。

楽しかったGWも終わり、5月も半ばになりました。
これからは雨が降る梅雨の時期がやってきますね~。

神戸花鳥園は全天候型のテーマパークなので雨が降っても楽しく遊べますよ♪

IMG_9825のコピー

ペンギンも雨に打たれても・・・元気です!

さて。
今日は猛禽ブログなので、雨の日のフクロウを少しだけご紹介いたします。

ど~~~ん!!

IMG_9798のコピー

ええ?何!? と思った方。
こちらはカラフトフクロウという種類です。

顔の模様がバウムクーヘンに似ていたりと、何かとインパクトのある顔(笑)で人気の種類です。

カラフトフクロウが登場した他のブログはこちらからどうぞ↓

カラフトフクロウの疑惑。
未知との遭遇。
ふわふわ自慢

さて、上の写真ですが…
いつもふわふわのカラフトの羽がびしょびしょなのには訳があります。

こちらの動画をご覧ください↓



そう。このカラフトは水浴びの後だったんです!
動画の最後の方はまるで湯船につかっている様にみえませんでしたか?

実は、雨の日は湿度が高く、ムンムンしてくると、水浴びをする個体が多いようです。

IMG_9799のコピー

もう全身ずぶぬれです…。

カラフトフクロウだけでなく、この日はベンガルワシミミズクの梅も水浴びをしていました。

IMG_9816のコピー

う~~ん。
この姿だけみると、フクロウだとは思えないですよね…。
タワシみたいですね(笑)

続いて今回は水浴びをしたカラフトフクロウの後の様子も動画で撮ってみました。



水入れから出た後は、体についた水分を飛ばす為、脱水をします。

そして、脱水した後は、羽繕いをして羽を整えます!



水浴びの後のお手入れもかなり念入りに行っていました!

今回紹介したのは、ほんの一部のフクロウですが、雨の日はわりと昼間からでも
フクロウが水浴びをしている姿を目撃することができますよ。

IMG_9792のコピー


雨の日はなかなかお出かけする気分にはなれないかもしれませんが、
是非、雨の日にも花鳥園に足を運んで鳥たちの面白行動を探してみてください♪





第69回花園コンサート 

4AFT6255のコピー
本日は北フクシアロビーにて花園コンサートが開かれました。
ソプラノとメゾ・ソプラノのコンサートです。

4AFT6304のコピー
北井春花(ソプラノ)
大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業、卒業時に優秀賞受賞。同大学専攻科修了。
これまでに、オペラ「フィガロの結婚」スザンナ役、「ディドとエネアス」
ベリンダ役、「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル役、
「カルメン」(ハイライト)ミカエラ役等に出演。第12回高槻音楽コンクール第3位、
第2回神戸新人音楽賞コンクール声楽部門最優秀賞受賞。
現在、関西二期会準会員。関西歌曲研究会、神戸フォーレ協会、垂水区音楽協会、
各会員。山下音楽教室講師、神戸学院大学混声合唱団パンドラヴォイストレーナー。
大阪音楽大学演奏員。

4AFT6276のコピー
松田恵美(メゾ・ソプラノ)
相愛大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。同大学卒業演奏会、南河内新人演奏会、
ラブリーホールロビーコンサート等に出演。また女性アンサンブル「Che bella!」にて
御堂筋まちかどコンサート等に出演。関西二期会オペラ研修所43期本科修了。

4AFT6286 のコピ2
木原佳美(ピアノ)
神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。
1996年兵庫県高等学校独唱独奏コンクールピアノ部門にて銅賞受賞。
2002年ニース国際音楽アカデミーにてディプロムを取得。帰国後いずみホールにて
アカデミーコンサートに出演。2004年堺市新人演奏会オーディションに合格し出演。
同年ムラマツリサイタルホールにてOAAフレッシュコンサートに出演。
2004年、2006年ソナタコンサート一般部門にて最優秀賞受賞。2005年ベルギーフラン
ドル交流センターにてThreeLittleRecitalに出演。2006年宝塚ベガ新人演奏会オー
ディションに合格し出演。同年、日本演奏家コンクール一般部門全国大会にて入賞。
2008年ザ・フェニックスホールにて若い音楽家たちの飛翔に出演。2009年いずみホール
にてモーツァルト室内管弦楽団と共演。同年、ブルガリアの首都ソフィアにてソフィア
フィルハーモニーと共演し、ディプロムを取得。
2010年4月いずみホールにて関西フィルハーモニーと共演。


メンデルスゾーン : 歌の翼に


シューベルト : アヴェ・マリア



シュトラウス:春の声

モーツァルト : 春への憧れ

4AFT6318のコピー
いかがでしたでしょうか。では、次回の花園コンサートでお会いしましょう。

次回予告
5月23日(日)11:30、14:00 サックス
出演:Timo(中地聖子、竿下和美)

南ロビーの風景 

みなさん、こんにちは!!
ゴールデンウィークも終わり・・・
今週は仕事や学校が少ししんどく感じる方もいたのではないでしょうか?
その疲れを神戸花鳥園で癒されてみてはどうでしょう!?

今回は神戸花鳥園「南ロビー」の様子をご覧下さい。

ロビー
まず目に付く左端にある大きな花、南ロビーの主役である「球根ベゴニア」です。
しかし、今回紹介する南ロビーの風景は・・・
奥の方にある・・・
色とりどりの・・・
こちら!!!

喫茶 ユリ1
只今、神戸花鳥園で5月中旬~8月下旬まで特別展示してあるユリです。
2月ぐらいからスタッフがせっせっと球根を植え込み、今次々とユリが咲いております。
これだけ、色とりどりのユリが並んでいる風景は圧倒されませんか!?
次は別の角度から・・・

喫茶 ユリ2
ド~ン!!!
左手前のオレンジ色のユリがこちらに向かってきそうな迫力ですね(笑)
ご来園頂いたお客様も
「良い香りですね」
「こんな色のユリがあるんですね」とおっしゃっておりました。

正面 ユリ
他にも南ロビー正面の左側や・・・
切り花
南ロビーから西睡蓮ゾーンへの扉の近くにもユリが展示してあり、
上記の写真はユリを切り花にして展示してあります。
普通の展示と比べますと華やかさが倍増してますね。(笑)

但し、この南ロビーでのユリ展示はメインではないのです!!!
ユリ展示のメインフロア中庭池ゾーンです!!!
メインフロアのユリはどのようになっているのか楽しみではないですか??
ぜひ、お客様の目で直接見て頂ければと思います。

変身 

みなさーんこんにちは!!

今回はペンギンがちょっと変な事になっているのでご紹介しましょう!!

ワサビ振り向き
↑『ん?なにか用??』
こちらケープペンギンのワサビ君。
なにやら羽根がボサボサですね…。
↓正面からも撮ってみました。
ワサビ正面
『病気!?』
とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし心配はご無用!!
決して病気ではありません!!
これは1年に1回ある全身の羽毛が抜け落ち新しい羽毛に変わる、『換羽(とや)』です。

羽毛が抜け落ちている間ペンギンは水には入りません!
水に入らないと餌が取れないので断食のような状態になるのですが、
換羽が始まるまでに食い溜めをしておきます!
それはそれは大量に食い溜めをします。
だいたい2~3週間ほどで新しい羽毛が生えそろいます。

ワサビ君は換羽の真っ最中!!
UP.jpg
↑顔の羽毛もだんだん抜けてきていますね。
フリッパー
↑こちらは翼の部分フリッパーです。
フリッパーもボサボサ。
腹
↑お腹の部分です。
ちょっと当たっただけでも羽毛が抜けそうですね。
ワサビ横
↑ワサビ『あんまり見ないでー。』
なんだかちょっとセクシーで少し恥ずかしい感じがします…(笑)

↓一足先に新しい羽毛に変わったヨツバちゃん!
美しい背中
う~ん!
とってもキレイですね!
ツヤツヤ
↑背中の部分がツヤツヤしている感じです!!
ヨツバちゃんは元々細い子なのですが、
換羽の前にはやはり食い溜めをしていました。

羽毛が生え換わっているあいだ、ほとんど魚をたべないので
元の体型に戻ったのですが…
正面三段腹
↑ななななんと…
三段腹ーーー!!!(笑)

↓横からも
ヨツバ三段腹
…う~ん…
タプタプですね(笑)

これから水に入り泳いでいるうちに、このタプタプの体も、
元の引き締まった体に戻っていくでしょう…。(笑)

今現在1羽だけが生え換わっている途中ですが、これから徐々に他のペンギンたちも
生え換わっていきます。
みなさんも神戸花鳥園に来られた際はぜひペンギンの生え換わりを見てみてくださいね!
新しい発見があるかもしれません!!
(これからみんな順次生え換わりが始まりますが
終了している場合もございますのでご了承ください。)

ワサビおじぎ
ワサビ『キレイになるまでもう少しっ!!』

きれいになったワサビ君もぜひ見てくださいね!!



参加無料「中庭池もぐもぐランチタイム」5/14から期間限定でスタート 

ranchi001.jpg
みなさまこんにちは。本日は中庭池から耳より情報をお送りします。
明日5月14日(金)~6月30日(水)の期間中、毎日お昼12時~13時半の間、
中庭池では「もぐもぐランチタイム」と称しまして水鳥たちへのごはんやりが
無料というキャンペーンを始めます。

ranchi003.jpg
先着100名様となっており、おひとり様1カップまでとさせていただきます。
もちろんどなたでも参加していただけます。
この機会にぜひ、中庭池までお越し下さいませ!

aka07.jpg
アカツクシの”つっくん”「みんなきてねー」

期間:2010年5月14日(金)~6月30日(水)
時間:12:00~13:30 参加費:無料(先着100名様)
場所:中庭池

※締切時間、あるいは定員になり次第、締め切らせていただきます。
※お一人様1カップまでとさせていただきます。
※鳥のごはんは池の中に入れるようにお願い致します。
※このごはんは、他エリアにはもちこまないようにお願い致します。
※予告なく内容を変更する場合がございます。ご了承下さい。

フクシアご意見箱① 

こんにちは。フクシア担当の岸本です。
前回私が書いたのは「フクシアの原種」でしたが、今日は4月の前半から設置している
『フクシアご意見箱』に続々とよせられる、コメント・質問にお答えしたいと思います。
ご意見箱3

質問1
花が咲かないのですが、どうしたら咲きますか?

回答
花が咲かないのには色々な理由があります。
      
「フクシアは直射日光に弱いから!」と言って一日中あまり日の当たらない場所に
置いていては反対に日が足りなくなって、徒長したり花が咲き難くなり、株が弱ったりします。

寒い、暑い等の環境が適切でない時も花は咲きにくくなります。
後は、虫が付いているのかも知れません。一度葉の裏を見てみて下さい。

それら以外の理由では、肥料が足りていないのかも知れません。
P(リン酸)を多く含む液体肥料上げてみてください。

質問2
和(日本の)名前何か言いましたよね?
…つりがね?…ちょうちん?

回答
少し惜しいです。
よく間違えてしまうのですが、『つりがね』ではなく、『つりうき草』です。
下の写真のように蕾が釣りの浮きに似ているからだと言われています。

レッドスパイダー
レッドスパイダー 

ゴールデンマリンカ
ゴールデンマリンカ

今回は2つの質問に答えさせてもらいました。
まだまだ『フクシアご意見箱』では質問やコメント等を募集しております。
是非神戸花鳥園にお越しの際はお気軽に書いて下さい。
※頂いたコメントは一部掲示しております。

ご意見箱

<おまけ>植物班のチーフに聞いてみました!!
~神戸花鳥園で販売しているフクシアの中で
比較的育てやすい品種~


1,アナベル
アナベル
これはガクは薄ピンク、花弁は白の八重です。

2,アチィーブメント
アチーヴメント
今回紹介する中では一番夏に強い品種です。
ガクは赤く、花弁は紫色の一重です。

3,ガラドリエル
ガラドリエル
ガクが白、花弁が赤の一重で小ぶりな花です。

4,ツァツァ
ツァツァ
ガクと花弁が同じような赤い色をしている一重です。

5,エイドリアンバーガー
エイドリアンバーガー
ガクの先が濃いピンク色でグラデーションのようで、花弁も濃いピンク色の一重です。

6,テェッカーボード
チェッカーボード
白のガクにピンクっぽい赤の花弁の一重です。
  
以上の6品種が比較的育てやすいフクシアで初心者の方にオススメです。
初めての方は少し涼しくなって来た秋から育てた方がうまくいくでしょう。

ニムファエア ヤスヒロ 

本日ご紹介する熱帯性スイレンはヤスヒロです。これは、私が2005年に作った品種です。
少し前までは休眠していたのですが最近やっと目覚めてきました!

4AFT6134.jpg

4AFT6143.jpg

1_20100501154337.jpg

スイレン科 スイレン属
Nymphaea 'Yasuhiro'
2005年 佐藤泰弘作
交配親 gigantea blue form x ‘White Colorata’

この品種はギガンティアの様に巨大にならず、葉の大きさも約25cmです。ギガンティアの含まれるAnecphya亜属の品種は黄色の雄しべしていますが、花粉親であるホワイトコロラータの様な色をしています。さらに、気温や光量の影響を受けると、コロラータの雄しべに色が似てきます。とても変わった雄しべです。花の形はギガンティアと同じ美しい丸みを帯びた形です。栽培はブルーギガンティアと同じ程度の難しさです。

PICT0259.jpg

Nymphaea 'William Phillips'(N. 'Andre Leu'x ‘White Colorata’)2002年、William Phillips氏が交配し、世界で初めて亜属間交配と証明された品種に次いで、世界で2番目に記録されたAnecphya亜属とBrachyceras亜属の交配種です。
スイレンは熱帯性と耐寒性に大きく分けられますが、熱帯性の中でも亜属が幾つかに分かれていて亜属間の交配は奇跡と言われていました。
近年は世界で数名の育種家が亜属間の交配を成功させています。耐寒性スイレンには青い品種が無かったのですが、タイのPairat Songpanich氏による耐寒性(Nymphaea亜属)と熱帯性(Brachyceras亜属)の交配により生まれた、夢のような青い耐寒性スイレンも出てきています。少し前までは不可能と言われていた交配ですが、それが育種家の力により可能となる。育種に終わりは無いと実感させられます。

2_20100501154336.jpg

4AFT6100.jpg

4AFT6101.jpg

4AFT6102.jpg
葉の色形は種親のギガンティアに似ています。
どんな雄しべの色をしているか、皆さんも是非探して見てくださいね

子育て奮闘記 

オウギバトのヒナの成長をお伝えしてきましたが、今回は親鳥の子育てぶりを紹介したいと思います。
2010051111
今回は、しんくんとふうちゃんにとって初めての子育てでした。
しかし、初めてとは思えないほど、立派に子育てをした2羽。その様子を紹介します。

●巣作り
残念ながら巣作りが苦手なペアの為、巣は人の手で作りました。
しかし、苦手ながらも頑張って枝を運ぶ姿が見られました。
2010051102

●交尾
何度も見られるようになりました。
2010051101

●産卵
産む卵はたった1つです。
オス・メスが協力し合い、約24時間交代で1ヶ月間卵を温めました。
2010051103

●子育て
卵が孵化すると、ピジョンミルクと呼ばれるミルクを、オス・メス共に口からヒナに与えます。
2010051104
誰から教わったわけでもないのに、なぜミルクをあげることを知っているのでしょうか。
動物の本能のすごさを感じますね。

●巣立ち
ハトの巣立ちは大変早く、約1ヶ月で巣立ちます。
巣立った後も、ヒナについて歩き、ヒナをしっかりと守ります。
2010051108

オオサイチョウのダイちゃんにも強気で向かっていき、しっかりとヒナを守ります。
2010051105
愛情の深さを感じますね。

親鳥にしっかりと守られたヒナは、大きく成長し、上手に一人でエサも食べれるようになってきました。
しかし、しんくんパパは娘にとっても甘く、こんなに大きくなったヒナにも「ミルクちょうだい」と甘えられると、ついついあげてしまうのです。
2010051107
どちらがヒナかわからないぐらい大きいですね。ちなみに、右側がヒナです。
一方、ふうちゃんママは愛情の中にも厳しさがあり、甘やかしたりはしません。
人間も鳥も同じなんですね。

こんなに愛情いっぱいに育てられたヒナはとっても幸せですね。
これからも元気いっぱいに大きく成長してくれることと思います。
2010051109

先日まで一般公募していたヒナの名前は現在選考中です。
決まり次第、ブログでもご報告致します。

久しぶりのお仕事 

みなさん、こんにちは。

昨日で長かったGWもひとまず終わり、
今日から学校やお仕事!と言う方も多いのではないでしょうか?

そんな昨日の5月9日。
久しぶりにイベント出張に行ってきました!!!

場所は、花鳥園からもほど近い、六甲山にある「六甲山牧場」!!!
行ってくれたフクロウは「営業部長のシオン」です!!!
DSC00761.jpg
いやいや、出張は実に半年ぶりぐらいでしょうか…

そして、今回の相方はコチラ↓
DSC00762.jpg
ナンベイヒナフクロウの「凪(なぎ)」ちゃんです。

今日は二羽とも、久しぶりの営業で気合も十分!!!と期待していたのですが…
どちらも少し緊張気味のご様子です。

なにせ「六甲山牧場」ですから、非常にたくさんの羊!!!がいました。
彼らが、羊と会うのは人生初の出来事です!!!
一大イベントですね!!!

その最初の出会いはコチラです↓

お互いにジーっと見つめあって、姿を確認しているようです。
無事体面をすませた後は、ふれあいの時間に入ります。

まずは、シオンから…
DSC00765.jpg
次は凪ちゃんです。
DSC00764.jpg
どちらも大人気でした!!!

今回は1日中ではなく、午後に2回ふれあいの時間があっただけで、
シオンも元気だったため、空き時間に少し飛んでもらいました。

羊に見守られながらしっかりと飛んでいます(笑)

さて、今後のシオンの予定ですが、今のところ何日にドコというのは
決まっていませんが、いろいろと予定はありますので、
決まり次第、ブログで紹介していこうと思います!!!

みなさんのお宅の近くにシオンが現れたら…ぜひ会いに来てくださいね!!!

第68回花園コンサート ピアノ連弾 

4AFT6196 のコピー
北フクシアロビーにて11:30と14:00に花園コンサートが行われました。
前回に続き今回もピアノの連弾です。
演奏して下さったのは今回初登場のPianoduo Enjoueのお二人。
今日は母の日でしたので、カーネーションの髪飾りと赤のドレスで演奏していただきました。

4AFT6177 のコピー
Pianoduo Enjoue(ピアノデュオ アンジュエ)プロフィール

ピアノデュオアンジュエの経歴
第4回全日本ピアノデュオコンクール優秀賞受賞
第20回吹田音楽コンクール  ピアノデュオ部門 審査員奨励賞受賞
第12回万里の長城杯国際音楽コンクール  アンサンブル部門 第2位
関西を中心に演奏活動を展開中


4AFT6190 のコピー
鈴木 彰子
国立音楽大学 音楽学部 音楽教育学科卒業
平尾昌晃ミュージックスクールOSAKA校講師
全日本演奏家協会会員
現在、後進の指導にあたる傍ら、ピアノデュオアンジュエとして関西を中心に活動している

4AFT6198 のコピー
西山 亜弓
大阪音楽大学 音楽学部 器楽学科卒業
平尾昌晃ミュージックスクールOSAKA校講師
大阪市立淀商業高等学校 音楽科非常勤講師
大阪市立此花総合高等学校(現・さくやこの花高校)音楽科非常勤講師
全日本演奏家協会会員
現在、後進の指導にあたる傍ら、ピアノデュオアンジュエとして関西を中心に活動している


パッヘルベル :カノン


ラフマニノフ : 6つの小品より  ワルツ


チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より 花のワルツ


サン=サーンス:「動物の謝肉祭より」より 
大きな鳥かご,水族館,白鳥,フィナーレ(ナレーション付)

4AFT6204 のコピー
今回の花園コンサートいかがだったでしょうか。
これからも様々な演奏者のコンサートを予定しております。(5月コンサートスケジュール
また、中庭池では「国際ユリショー」を開催しております。
みなさま、ぜひ神戸花鳥園にお越し下さい。

次回予告
5月9日(日)①11:30②14:00
声楽コンサート
出演:北井春花、松田恵美、木原佳美

キンケイのヒナがうまれました 

皆様こんにちは。

やっと暖かくなってきたと思ったらむしろ暑いぐらいですね。
天気が良い日が多いので洗濯を干すのも少し楽しくなります。

さて、今年もキンケイのヒナが生れたので紹介させていただこうと思います。

こちらが今年生まれた最初のキンケイのヒナ達です。
DSC_1166.jpg
こちらのヒナは5月3日に生まれ、今は6羽います。


ちなみにキンケイは大人になるとこのような立派な姿になります。
290-2.jpg

写真は大人のキンケイのオスです。

今はまだ全く面影がありませんね、これからの成長が楽しみです。

そして中庭池では現在、先ほど紹介したキンケイのヒナをを展示しています
DSC_1260.jpg

キンケイのヒナは今は中庭池の西側、カモのごはん台付近でみることができます。
是非このかわいらしい姿を見に来て下さいね。
(時期によってヒナの姿や羽数、展示している場所の変更があることがあります。)

ブログでもキンケイのヒナの成長の様子を随時お伝えしていこうと思います。

外池~GWの様子~ 

みなさんこんにちは!!!

GWもあっという間に終わってしまいましたね?
GW満喫しましたか?
今回は外池でのGWの様子をご紹介しましょう!!

ペンギン池側
↑コチラペンギン池側から撮影。
とてもたくさんのお客様です!!
ペンギンたちもみんなモデルのように一箇所に集まってポーズ?をとっていますね。(笑)

10時と15時30分には100円でペンギンにエサをあげる事が出来るイベントもおこなっています!!
お魚落としちゃった
↑女の子も少し怖かったのかな?お魚をちょっと落としちゃったね。
でもペンギンたちは上から降って来たお魚を上手にキャッチ!!

ペンギンえさ
↑こちらのお客様はとても上手にあげられています!!
ペンギンが伸び上がり魚をパクッ!!

※ただしペンギンがお腹がいっぱいになった場合はその時点で終了となりますのでご了承下さい。

↓さて、コチラはカモのエサが売っている台の付近。
売り餌台近く
こちらにもたくさんのお客様が!!!

ククもお仕事
↑こちらではクビワコガモのククがお店番をがんばっていました。

ナニを見る
↑お客様がなにやらオシドリ池の島のほうを覗き込んでいますね。
一体何があるのでしょう??

シギ親子
↑先日生まれたクロエリセイタカシギの親子をご覧になっていたのです!!
この写真を撮った時は親子で日向ぼっこかな?

小さなヒナがウロウロしている姿も見る事が出来るので是非見に来てくださいね!!

そして、先日ブログでも紹介したコールダックのヒナ!!
↓あれからだいぶ大きくなりました。
むっくふれあい2
ふれあいも少しずつおこなっています!!
むっくふれあい
背中を触ると少し怖がってしまうので、
胸の辺りをやさしく触ってあげて下さいね!!

※ヒナのふれあいは時間帯など特に決まっておりません。
また、ヒナの体調によりふれあい・展示を行わない場合も御座いますので、ご了承ください。
休憩中のときはやさしく見守ってあげてください!!

みなさんいかがでしたか??
GWでは本当にたくさんのお客様にご来園していただきありがとうございました!!

GWは終わってしまいましたが、
今の時期しか見れないヒナや他の鳥、花など是非見に来てくださいね!!
ヒナはすぐに大きくなりますよー。
コールダックヒナ
コールダックヒナ『待ってまーす!!』

ユリの特別展示「ユリ国際ショー」スタート 

10yuri650.jpg
先日来、各展示室で予告展示していましたユリですが、
本日、中池での特別展示のための運搬作業が完了しました。
ようやく「国際ユリショー」スタートです。

PICT0683.jpg
お客様の声や鳥たちの喚声を聞きながらレイアウトしました。

PICT0696.jpg
まずはアジアティックハイブリット系とLAハイブリット系のユリの展示です。
約160品種のユリを順次入れ替えて展示していきます。

PICT0668.jpg
↑これが展示前の中池の様子

花売店では、一本200円で切り花の販売もやっております。
みなさまのご来園を楽しみにお待ちいたしております。

PICT0681.jpg
展示期間は8月末までを予定しております。
詳しい情報は、神戸花鳥園公式ホームページ内「国際ユリショー」のページをご覧下さい。
※花の状態によって展示期間が前後する場合がございます。

上海万博2010速報! 花鳥園の空中花園が万博会場に出現! 

sb100505005.jpg
 花鳥園グループは、上海万博2010で、万博史上初の障害者館 「生命陽光館」の館内の頭上に満開のインパチエンスを展示しております。同館内は太陽光線が全く差し込まないため、太陽光と同じように見え、かつ植物の生育に最適な人工照明を開発し、この頭上一面の花園を実現しました。

 上海万博2010での当グループの展示の最新状況は、掛川花鳥園公式ブログの以下の記事でご覧いただけます。

5月5日
上海万博 花鳥園グループ展示 速報 その2

5月2日
上海万博初日 速報

4月30日
上海万博での展示風景


 また、上海万博2010公式ホームページの4月29日付ニュース「胡錦濤氏が上海万博会場を視察」の一枚目の画像では、生命陽光館を視察する胡錦濤主席の頭上に当グループのインパチエンスが写っています。


sb100505006.jpg

 今後も、最新の状況を折に触れてご紹介します。お楽しみに!

トキの婚活 ~巣作り編~ 

みなさんこんにちは。
ゴールデンウィークは昨日まででしたが旅行は行かれましたか?

さてさて本日ご紹介する鳥は中庭池にいます。
P1010171_convert_20100505145642.jpg


以前ブログで登場しました、シロトキです

P1020462_convert_20100430141151.jpg
●シロトキ
コウノトリ目トキ科


前回のブログ→『トキの婚活?』

今回は前回のブログの続きをお知らせしたいと思います。


シロトキたちは、素敵な相方を探して約1カ月。
見つかる者もいれば出会わなかった者もいる中、5月現在なんと5組のペアが誕生しました。

カップルになり、初めての共同作業は愛の巣作りです。
DSC_0262_convert_20100430141728.jpg
『ここにしようかな…?』

一羽は巣の材料になる枝などを探しに行き、もう一羽は巣に残り届けられた材料で巣を作っていきます。

巣材探しは簡単に見えて実はとても時間がかかります。
くちばしで枝を持って選んだり、長すぎると折って調節したり…



そしてようやく気に入った枝を巣に持ち帰ります。
DSC_0547_convert_20100430142330.jpg
『まだ巣小さい…?』

そんな過程を繰り返し、一羽が座れるぐらいの大きさの巣が出来上がります。


中庭池の東側が比較的シロトキの巣が見えやすいので
お越しになられた時はこっそり巣を探してみてはいかがでしょうか?

DSC_0697_convert_20100430150504.jpg

『卵たくさん産まれるといいなあ』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。