スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじれた果実 

みなさんこんにちは!

今日はみなさんに南ロビーからストレプトカーパス・サクソルムをご紹介したいと思います。

CIMG0806のコピー
CIMG0789のコピー

学名 Streptocarpus saxorum
イワタバコ科ストレプトカーパス属の非耐寒性多年草です。
かわいらしい青色の小花が印象的な植物で、「あの青い花の名前は何と言うんですか?」という風に尋ねられることが多く、私がお客様から一番よく名前を聞かれる植物がこのサクソルムです。

ストレプトカーパスには有茎種と無茎種がありますが、このサクソルムは有茎種でこのように長く伸びた茎の先に花が咲きます。
CIMG0779のコピー

ちなみにこのストレプトカーパスという名前はギリシャ語の「ねじれた果実」に由来しています。
CIMG0777のコピー
確かに「ねじれた果実」ですね。

また、このサクソルムには青花だけでなく白花のものもあります。
CIMG0803のコピー


ご来園の際には是非この白花のサクソルムも探してみて下さいね。

スポンサーサイト

舌 

みなさんこんにちは!!
最近暑かったり寒かったり気候がよく変わりますね。
体調を崩されませんようご注意ください。


さて今回は、東展示室の鳥のに注目したいと思います!!

まずはオウムを見てみましょう!

オオバタン
oo zentai

分 類 :オウム目オウム科
学 名 :Cacatua moluccensis
英 名 :Salmon-crested cockatoo
生息域:インドネシア(マルク諸島南部)

オオバタンのオオちゃんです。
カメラに興味深々で目の前まで来てくれましたが、これでは舌が撮影できません(><)
そこでおもちゃをあげてみることにしました。

oo asobu 2
見えました!
舌を使って木のおもちゃで遊んでいます!

まるで嘴の中にもう一つ嘴があるかのように見える肉厚な舌ですが、食べ物を少しずつ食べるときにうまく使っているようです。

また、オウムは上手に喋る種類も多いと言われていますが、人間のようにこの舌を上手く活用しているようです。
(キュウカンチョウなどは人と違い鳴管というところを使って声を出します。)

ちなみにオウム目の鳥には味覚を感じる細胞が舌の先端にもあります。
どうやら甘さや苦さなどは強く感じるようなのですが、辛さには鈍いようで、唐辛子なども平気で食べると言われています。

oo water
舌をのばして上手に霧吹きの水を飲んでいる様子です。




オオハシ
oohasi hureai

こちらはオニオオハシです。

分 類 :キツツキ目オオハシ科
学 名 :Ramphastos toco
英 名 :Toco Toucan
生息域:中南米

オニオオハシにエサを投げてキャッチする瞬間を撮影しました!
oohashi sita 2

一見舌とは思えない、細長い棒のようなものがぴょーんと出ています!
オオハシは食べ物を丸呑みにするため、このような単純な形になったと考えられています。

オオハシは嘴で食べ物をはさんでひょいっと喉の奥に放り込むのですが、バナナなどをあげると嘴の先端にへばりついてしまうことがあります。
そのときにこの嘴でちょちょいとつまったものを取っている様子もよく見られます。


この舌、上の写真ではわかりませんが、トゲトゲがついているんですよ。
ちょっと失礼してアーンっとやってもらいました。

こちらは先日のブログでも登場したシロムネオオハシのニコちゃん
niko zentai

分 類 :キツツキ目オオハシ科
学 名 :Ramphastos tucanus
英 名 :red-billed Toucan
生息域:コロンビア・ベネズエラ・ガイアナ・スリラムなど

そのお口の中です!

sita up


うーん、真ん中に1本細い棒があって、そこからたくさんささくれ立ってるいるように見えますね!

オオハシはキツツキの仲間なのですが、
キツツキは舌の先端に後ろ向きのとげがあり、表面は粘着性があるので、それを使って木の中にいる虫を引きずり出すそうです。
それのなごりでしょうか?

オオハシはふれあいの時に、こんな風にクチバシがそばに来ますので、ぜひ口の中をのぞいてみてくださいね♪
hureai oohasi 3




オオサイチョウ
dai hureai

分 類 :ブッポウソウ目サイチョウ科
学 名 :Buceros bicornis
英 名 :Great Hornbill
生息域:南アジアや東南アジア

お客様と並ぶと体の大きさがよくわかりますね!

さて、この子の舌は見えますでしょうか?
暗くて見えずらいですが・・・
saityou sita up

ちいさい!!
白っぽい三角の舌がちょろっとありますね!
身体は大きいのに、舌はこんなに小さいんですね。

ちなみにこちらも、オオハシと同様、食べ物を丸呑みにするため、ここまで退化したのではないかと考えられています。




今回エボシドリや中型インコの舌の撮影には失敗してしまったため、残念ながらここではお見せできませんが、
ご来園の際、おやつを食べているところなどをよ~く観察して頂けたら、中型インコなどは簡単にご覧になれると思います。
inko hureai 2




*おまけ*
撮影しているうちに撮れた1枚です。

ai-n

あいーん!!

下あご(?)が出てますよオオちゃん!!笑
下の嘴で霧吹きの水をうけているんですね・・・。

個人的にとても可愛らしいと思ったので載せてみました。いかがでしょうか?


今回写真の撮影にご協力いただいたお客様、本当にありがとうございました!!

ハト・・・・? 

皆様、こんにちは!!

さて、まずはこちらの動画からご覧下さい↓

※パソコンと You Tubeの音量を最大にしてご覧ください!
  音を大きくしないと声が聞こえません。




さて・・・
この鳴き声は誰の声でしょうか!?

ん~・・・

ハト みたいな声ですよね・・・

しかしこの声の主はこちらの子です・・・! ↓

IMG_7330のコピー


そう!久々登場の、
アフリカオオコノハズクの
ズゴックンです!!


ズゴックンが登場した他の記事はコチラから↓

“隠れキャラ”ズゴックンの魅力

当園自慢の“隠れキャラ”ズゴックンなんですが・・・(笑)
ズゴックンの特技といえば、皆様ご存知の通り、細くなること!ですよね。

ブログ用に写真撮影をしていると・・・

IMG_7332のコピー
久々の写真に少し緊張気味でした。

が、ここで何かに気づき・・・!
IMG_7333のコピー


IMG_7335のコピー

シュッと細くなって警戒モードに・・・

相変わらずの細さですが、ポポちゃんには負けてしまいますね。

それでも、こうやって細くなっていると、姉妹園の掛川花鳥園で大人気のポポちゃん
よく間違われてしまいます。残念ながら、ポポちゃんとは赤の他人です(笑)!

しかし、冒頭のあの鳴き声、クルッポ~と鳴くハトの様に聞こえますが・・・(笑)
ズゴックンにとっては、警戒している時の声なんです!
ここからは自分の縄張りだから、近づくな!と言っている様です・・・

この鳴き声を撮った時に驚いたのが、生の声は普通に聞こえるのですが、
この声をハンディカムで通して聴くと・・・
全く聞こえない!!

You Tubeにアップして、音量を最大にしたらようやく聞こえました・・・。
(しかし、私の自宅のノートパソコンでは、スピーカーに耳をくっつけないと聞こえませんでした・・・。)

ですから、皆様、耳をよ~くすまして聞いてくださいね!



 
ズゴックンの最近ですが・・・
あいかわらす、“隠れ”キャラとして、一日のほとんどを隠れ家で過ごしています。

IMG_7358のコピー

隠れ家の扉を開けたら、隙間から覗いていたので撮ってみました。


そんな“隠れキャラ”のズゴックンですが、午前中の少しの間にふれあいに登場しています。

今日はそのふれあいの様子をお客様に許可を頂いて、撮らせてもらいました。

まずは、ふれあいの仕方を写真でお教えいたします♪

初めは、ズゴックンにご挨拶。

IMG_7375のコピー

お互い、「こんにちは~。」って感じですね。

IMG_7369のコピー

挨拶が済んだら、背中をやさしく撫でてみましょう!


IMG_7370のコピー

とても気持ち良かったようですね!
いい笑顔を頂きました♪

他のご家族の方にも触って頂きました。

IMG_7383のコピー

皆様、ズゴックンの意外なふわふわの触り心地に驚かれていました。
ちなみにこの時、ズゴックンはご褒美をくわえておりました・・・失礼しました・・・

IMG_7392のコピー

最後にズゴックンと一緒に記念撮影!!
ズゴックンの顔が決まっています!


ズゴックンとのふれあいは、スタッフの手が空いている時間に行っております。
詳しい時間は、はっきりとは言えないのですが、午前中の11時~12時の間に行っております。
ふれあいを希望される場合はショー会場にいるスタッフへとお気軽にお申し付けください!

※ズゴックンの体調や気分により、隣に並んでの写真撮影のみになる場合もございます。
 予めご了承下さい。



~お知らせ~

9月14日のブログ「夜のフクロウ」で紹介したTV番組「かがくdeムチャミタス!」の
放送予定日が間違っていましたので訂正いたします。↓
夜のフクロウ

本文では10月15日(土)になっていましたが、
正しくは10月17日(土)です。
TV大阪での放送で、放送時間は午前9:30からです。

みなさん、ぜひご覧下さい。


第46回花園コンサート 

4AFT1221のコピー
今日は北フクシアロビーにて、第46回花園コンサートが行われました。
演奏していただいたのは、アンサンブルビバーチェのみなさま。

4AFT1226のコピー
4AFT1229のコピー
4AFT1228のコピー
4AFT1224のコピー
4AFT1232のコピー
アンサンブル・ビバーチェ  プロフィール

'01年より社会人アンサンブルとして活動を開始。
神戸元町ミュージックウィーク、新開地音楽祭、関空ライブなどのイベントや公共施設、
レストラン、カフェなどで演奏活動を行っています。


チェロ、ヴァイオリン、フルート、ヴィオラ4つの楽器演奏しました。


ジョプリン/エンターティナー


アーレン/イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン


ロジャーズ/シャル・ウィ・ダンス?


レハール/メリー・ウィドウ・ワルツ

ZN4G1528 のコピー

みなさんいがかでしたでしょうか?
軽快な曲が多く、思わず踊りたくなってしまったのではないでしょうか?
みなさま最後まで聴いていただき、ありがとうございました。
また次回の花園コンサートおたのしみに。



10月の花園コンサートスケジュール
■10月4日(日)①13:00②14:30
フルートアンサンブル
出演:松島 美香、吉本 育美、岡田 美貴子


■10月11日(日)休  演

■10月18日(日)①13:00②15:30
オーボエ
出演:藤吉 沙知、武市 直子

■10月25日(日)①14:00
コーラス
出演:ユーカリプタス

をお送りする予定です。

次回の花園コンサートお楽しみに。

偽物!?本物!? 

みなさんこんにちは♪
秋の訪れを感じる今日この頃ですね♪♪
風邪などひいていませんか!?

元気にブログを見てくれているそんなあなた!
突然ですが・・・・・
クイズ!偽物のフクシアを探せ!!!
本物はどれ
皆さ~ん!偽フクシア発見できましたか!?
偽2
んんん・・・
少し近づいてよく見ると・・・
偽フクシアを一つ
確認することができました・・ね!

そうです!!実はこれ
フクシアモチーフの
イヤリングになっています♪
なんとも雰囲気がでています♪
耳1
ちなみに、萼のピンクの部分は
フクシア染ではなく
ベゴニアの花を利用して染めたものです。

下の写真にあるように
これらはフクシアのお手入れをした際に
日々大量に出る花のゴミです。
ゴミ2
花鳥園ではこれらの『ゴミ』になる部分
をリサイクルしてフクシア染をしています。
を利用して
フクシア染で染色したオリジナル
フクシアグッツの販売もしております♪
フクシア1
これらの渋い色味が出るのがフクシアの特徴です
黄色アルミ媒体・灰色媒体・オレンジチタン媒体
というように色々な媒体を使って染めています。
ちなみに現在神戸の花鳥園では
まだ染色を試したことがないので
一度試みてみたいなと思っています。

シルバーウィークも終わり
今週の週末はゆっくりと
花鳥園にくつろぎに来られる
カップルの方が多いです♪
写真2

それでは最後に
本日とびっきりの一枚
をご紹介しておしまいです♪
カップルで仲良く大阪から
遊びに来て下さいました♪
いい笑顔で
『はいポーズ♪』
写真1
ご協力下さいまして
ありがとうございました♪

スイレンプールに新しい魚が仲間入り! 

この度、当園に3種類の熱帯魚が新しく仲間入りしました。


ルビーアイ紅白ソードテール
rubyeye_01.jpg


レッドワグライヤーソードテール
redwag_02.jpg


パイナップルソードテール
pineapple_01.jpg

ソードテールは、当園でもおなじみのプラティやグッピーなどと同じカダヤシ科に属する卵胎生の魚で、メキシコ中部からホンジュラス北西部にかけて分布します。飼育・繁殖は容易で、プラティやモーリーと比べてやや気が強い魚です。

今回到着した3種類のうち、ルビーアイとパイナップルの2種類は9月26日(土)から西スイレン池の
大プール(南池)に放流しております。数がまだ少ないのでなかなか見つからないかもしれませんが、是非探してみてくださいね。

外池~シルバーウィークの様子~ 

みなさんこんにちは!!
今週2回目の更新の外池ブログです!!

今回は9月19日~23日までの5連休という、長期休みのあった
シルバーウィークでの外池の様子をご紹介いたします!

このシルバーウィークでは本当にたくさんのお客様にお越しいただきました!!
どうもありがとうございます!!

それではとても賑わっていた外池の様子をご紹介いたします!
オシドリ池2
↑こちらはオシドリ池の様子です。

とても多くのお客様が、水鳥たちを観察したり、ご飯をあげていますね!

オシドリ池3
水鳥たちの下にはコイなんかもご飯をもらおうと水面近くまで顔をだしたりしています。
ご飯あげる
↑小さなお子様も手を伸ばして池にいるオシドリのメスにご飯を
あげようとしていますね!
あともう少しで届きそう!!

クビワヒナ
↑クビワコガモのヒナですが、陸に上がっている時は
観察
↑こーんなに近くで観察することもでき、この連休中はたくさんのお客様に
見て頂くことができました!!

ペンギン池
↑ペンギン池でも、本当にたくさんのお客様にペンギンたちを見て頂きました!
手を伸ばせばペンギンに触れそうですね!

ペンギンご飯タイム
↑1日2回朝10時と午後15時30におこなっているペンギンのご飯タイムにも
とても多くのお客様がいらっしゃいました!

あまりのお客様の多さに最後の方はペンギンさんもだんだんお腹がいっぱいに
なってしまいましたが、なんとか食べてくれました!(笑)
IMG_2774のコピー
↑モモタロウ『お腹いっぱいになりましたぁ~!!
みなさんご飯のお魚をボク達にくれてどうもありがとう!!』
ケープペンギンのモモタロウ君、お腹がいっぱになって
とっても満足そうですね!!

さて、みなさん今回はシルバーウィーク中の外池の様子をご紹介いたしました!!
とてもたくさんのお客様にご来園していただいて、本当にありがとうございます!!!

神戸花鳥園は年中無休なので、また是非遊びに来て下さいね!!
みなさんを、たくさんの鳥や花がお待ちしております!!

もみじの成長 

みなさん、こんにちわ!!

今回は以前ご紹介しましたアカツクシガモのもみじを
再び取り上げたいと思います!!


前回のもみじブログ↓↓↓↓
『アカツクシのヒナ ~もみじ~』(7月9日)



前回のブログから約2ヶ月、生まれてから約3ヶ月がたちました。
現在はこんな姿をしています。
↓↓↓
P1010075a.jpg
『・・・・・・・・・。』


このこ誰!?と思われた方いらっしゃるかもしれませんが
正真正銘、もみじです。

とっても成長が早いような感じがします。。。

毎日もみじに会っている私達も
「昨日ってこんなに大きかったっけ。。。?」
みたいな会話をしています^^;


ちょっと前まで手に余裕で乗っていたもみじ。。。
P1010033.jpg

現在は。。。
P1010114_convert_20090809160203.jpg

。。。ちょっと手に乗るのは厳しくなってきました。。。



さてさてもみじ、大きくなったことで判明したことがあります!!
それは性別です!!!!

アカツクシガモのオスメスの簡単な見分け方は顔です

オスの顔はオレンジ色
P1010085.jpg


メスの顔は白色
P1010087.jpg



ここでもう一度もみじの顔を見てみると…

P1010073a.jpg


顔は立派なオレンジ色をしています。。。

ということはオス!!!!
なのでもみじ君になります



ではここで改めて自己紹介を。。。

P1010091a.jpg

名前:もみじ(男の子)
和名:アカツクシガモ
誕生日:2009年6月9日
好きな食べ物:水草(ヘルシー!!)




もみじ君は中庭池の東側、トキのご飯台のとなりに展示しておりますので
神戸花鳥園にいらした際には是非もみじ君の成長ぶりをご覧ください♪

IMG_7863_convert_20090924123950.jpg
『ばーいばい☆★』

オオオニバスと記念撮影?! 

ZN4G1343のコピー
当園でおなじみスイレンゾーンに在るオオオニバス。
お皿の様な葉が特徴で、世界最大の葉をもつ水生植物です。
今日はそのオオオニバスの大きさが良くわかる写真をご用意いたしました。

オオオニバスは葉の裏のトゲを展示する為、週に数回外側の傷んだ物を切り取ります。
そこで、ついでなので数組のお客様に頼み、オオオニバスの葉と一緒に写真を撮らせてもらうことにしました。直径約190cm(淵を入れたら200cm)なかなかの大物。数字で表すより実際どれぐらいのものか、近くにいたチビッコに並んでもらいました。

ZN4G1356のコピー
ハイ、こんな感じです。ベッドにしたら余裕で寝られまね。

ZN4G1362のコピー
お母さんたちが横に並んで入ってもすっぽり収まりますね。

ZN4G1365のコピー
こちらのご家族も寄り添ってみると、ちゃんと収まりました。
その後も、沢山のお客様が記念写真に来て下さいました。

このスイレンの葉、どうやって立っていたのかというと…
ZN4G1351のコピー
スイレン担当スタッフが、葉の裏側でトゲだらけの茎を掴み立っていたのでした。
「痛い…重い…もう限界…ッ」っていう所をかなり延長して持ってもらいました。
ごくろさまです(笑)

ZN4G1368のコピー
このように、葉は裏を向けてスイレンゾーン中央の通路に展示しておりますので、
どうぞご覧下さい。葉の裏には非常に硬く鋭いトゲが生えているので、触るときはご注意下さい。

もし、スイレン担当スタッフが葉を切り取っている所に出会いましたら、
是非記念に写真を撮ってみてくださいね。その時はお気軽にお声をかけて下さい。

池に浮かぶ小さい子 

みなさーん!!こんにちは!
朝は最近めっきり涼しくなりましたね!!

みなさん下の写真を見てください!!
後ろから
クビワコガモのメスの後ろから、なにか小さい子達が泳いでいますね…。

そうです!!ヒナです!!
今回は外池では今年最後であろうヒナ情報をお送りいたします!!
なんと、2009年9月12日にクビワコガモのヒナが孵化しました!!
クビワ家族
小さくてとてもかわいらしいですね!!

前回のブログ~みんな「可愛い」~その訳は!?、前々回のブログ外池~ククからのお知らせ~
紹介したクビワコガモのヒナは人工ふ卵器で孵化したヒナ達ですが、
今回孵化したヒナは、母親が巣箱の中で自分で温めて孵化させた子たちなのです!!
ここに乗りなさい
お母さん『この岩場に乗りなさい』
ちゃんとお母さんしてますね!!とても微笑ましいです。

母こっそり
↑岩場にヒナ達が乗ったら母が後ろからこっそり様子をうかがっている姿が、
なんとも可愛らしいです!

お母さんは時には自分より大きなオシドリが相手でも勇敢に立ち向かって行きます!
母強し
う~ん、この写真を見る限りオシドリも別にヒナに
ちょっかいをかけようとしている訳ではないように思いますが…。
まぁ…母強しですね!!(笑)

ご飯もしっかり自分たちで食べます!!
うまい
ヒナ『おいしー!!』

お腹がいっぱいになったらお休みタイム!!
母のお腹のした
お母さんのお腹の下はとても暖かそうですね!!
ちょっとはみ出してる子もいますが、ヒナ達は必死に奥に奥に行こうとしていました!!
中はいったいどうなっているんでしょうね?一度私も入ってみたいです…(笑)


さて、いかがでしたでしょうか?
母親とともに行動するヒナがとても可愛らしいですね!!
皆様もこのシルバーウィーク後半は是非神戸花鳥園に遊びに来てくださいね!!
外池ではヒナ達がお待ちしております!!
お…落ちそう
ヒナ『待ってまーす!!』
ヒナ『落ちるー!!』

※ヒナ達が陸に上がっていることがありますが、追いかけたり捕まえたりはせずに
そっと見守ってあげてくださいね!!

ベストポジション 

皆様、こんにちは!

さてシルバーウィークはいかがお過ごしですか!?
今日を入れて残りの3日間、まだ予定が空いてる方は是非是非神戸花鳥園へ
お越し下さい♪

そこで!
今週の猛禽ブログは飛行ショーのベストポジションを、ブログを見ている方に
お教えいたします!
是非是非、こちらも参考にしてみて下さい♪

IMG_4436のコピー
アフリカワシミミズク 「にしき」 の飛行ショーの様子

飛行ショーの時間ですが、毎日行っており、

10:30 13:30 15:00

の計3回行っております。
ショーの時間はおよそ15分程度となっています。
毎回出演する鳥は変わります。
詳しくはショー会場の案内看板をご覧下さい。


こちらが飛行ショーの会場です。

IMG_7317のコピー


写真にある、大きな丸太(写真奥)と、ツボを主に使ってフライトをしていきます。
お客様はベンチに座ってご見学頂いております。

ショーの中で、スタッフが移動し、いろんな所からフクロウ達を飛ばすので、
ショーをご見学するだけなら、どの席からでもお楽しみ頂けます。

IMG_7320のコピー

また、車椅子優先座席もございます。
健常者の方のご協力もお願いいたします。

さて。
今回のベストポジションとは・・・

IMG_3793のコピー

こんな写真を撮りたい!!

という方に、オススメの場所をお教えいたします♪

真正面からフクロウが羽を広げている写真が撮れるポジションは・・・・・






ここです!! ↓

ベストポジション

この写真の緑で囲ってある場所です!

実は、ショーの間、色んな所にスタッフが移動するので、
どの場所からでも撮ろうと思ったら撮れるのですが・・・。

比較的、スタッフがフクロウをよく呼ぶことが多いのが、この場所です!

フクロウは飛んでくる時に、一度地面スレスレを低空飛行しますので、
撮る時にフクロウにピントを合わせていると大変なので、ポイントは、
スタッフのグローブにピントを合わせて下さい。

また・・・・

IMG_7322のコピー

これはショー会場にあるツボなのですが、このツボや、反対側にある丸太の後ろで
カメラをかまえていると・・・・

IMG_7314のコピー

この様に、フクロウが着地する写真も撮れます。

是非皆様、これらを参考にベストショットを撮って見てくださいね♪

それでは最後は15時のショーの見せ場を動画でご覧下さい!


この様に、高いところからお客様の頭スレスレを飛ばすこともやっております。

こちらのパフォーマンスができるのは、現在では15時に登場するアフリカワシミミズクの
「にしき」ちゃんだけです。

このスレスレを体験したい方は、こちらの席に座ってお待ち下さい!

ベストポジション 2 


写真、緑で囲まれた場所になります。

是非、この時は、フクロウに狙われるネズミの気持ちになってご覧下さい!!

※お客様の頭の上を飛ぶパフォーマンスは、にしきちゃんの機嫌がいい時に限ります。
 また、ショー会場が混雑している場合はできませんので予めご了承下さい。



それでは、ご来園お待ちしておりま~す!!

大好評!鳥と魚の新しいふれあいのご紹介 

昨日から始まったシルバーウィークですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今日も非常に多くのお客様にきていただきました。

シルバーウィークからはじまった新しいふれあいなどを含め
今回は3つのふれあいをご紹介したいと思います。

■「鳥と鯉の夕ごはん体験」in中庭池
ZN4G1239 のコピー
先日、柵を低くしてお客さまと鳥たちとの距離感がぐっと近づいた中庭池から。
夕方4:30(※)に始まる「鳥と鯉の夕ごはん体験」のご紹介です。
※時期によって開催時間が若干変わります。

ZN4G1262 のコピー
このふれあいは、とにかくたくさんの鳥と鯉たちに
その日最後のたくさんの夕ごはんをあげることができるのが特徴です。

ZN4G1264のコピー
鳥と鯉たちの夕ごはんの様子は、TVに紹介されたほどの迫力の食欲!
鯉の頭の上にカモがのったり、鯉も負けじと大口を開けたりと、ごはんの争奪戦!

お一人さま100円となっております。閉園まぢかのお楽しみにいかがでしょうか?

■「フラミンゴ・オウギバト・ヒメウズラのふれあい」
in東展示室

ZN4G1401のコピー
こちらは昨日からはじまった東展示室の鳥たちとのふれあいです。
いままでふれあいができなかったフラミンゴ、オウギバト、ヒメウズラにようやく
おやつをあげることができます!
これらの鳥たちのファンの方お待たせいたしました…

フラミンゴ方法
フラミンゴは、まだ手から直接はおやつを食べることが出来ないので、
プールの中にいれてやると安心して食べてくれます。

オウギふれあい
オウギバトは、手のひらにおやつをのせてじっと待っているときてくれます。
とはいえ、まだ馴れていないので、来るまで辛抱強く待ってあげてくださいね。

himeuzuraoyastu001.jpg
この中で一番元気で無邪気なのはヒメウズラではないでしょうか?
「早くおやつちょーだい!」と言わんばかりに、金網に設置された手を入れる穴をつつきます。
手を入れると、ぴゃーっとやって来て、おやつを食べて、またぴゃーっと帰って行きます。
かわいいですが、つかまないようにおねがいしますね♪

鳥たちが満腹になりましたら、おやつやりは休憩を頂きます。
そして、また空腹になりましたら再開いたしますので、お待ちくださいね。


こちらふれあいは、お一人様100円となっております。
詳しいやりかたなどはこちらの記事をご参考下さい。

※これらのふれあいは、鳥たちの体調により、変更、または中止になる場合がございます。
 ご了承下さい。



■「ふれあいフィッシュと遊ぼう!」inスイレン池
fureaihish011.jpg
この”ふれあいフィッシュ”はホームページでは前から紹介していましたが、
ブログは初登場ですね。

ZN4G9078のコピ3
ふれあいフィッシュは、ヒトの古くなった角質を食べる習性のある魚です。
手を水槽の中に入れてじっとしていると、口でつついて手をきれいにして
くれます。お年寄りからお子様まで、安心して遊んでいただけます。

fureaifish650.jpg
「食べるというからには、いたいの?」というご意見ございますが、
実際のところ、くすぐったくって笑ってしまう感じです。

ここでふれあいフィッシュとたのしく遊ぶコツを紹介します。

■エサをあげたり、つかまえたりしないでね。
■手をいれたらじっとしてね・・・うごくとすぐにげちゃうよ。
■水には手いがいは、つけないようにしてね。
■だいたい5分できれいになるよ。
■おわったら手をきれいにあらってね。

という感じです。こちらはお一人様300円となっております。
レッツチャレンジ!



さぁ、みなさんもシルバーウィークにぜひ、神戸花鳥園で
新しいふれあいコーナーを楽しんでみて下さいね。
ZN4G1486のコピー
もちろん、従来のふれあいやイベント&ショーもありますのでそちらも
よろしくお願い致します。

ペペロミア 

皆さん、こんにちは!!
夏から秋へと変わり、だんだん夜が肌寒くなってきました。
ただいま、南ロビーはこの様な感じになっております。
PICT0096.jpg
今回はペペロミアという植物を紹介させていただきます。
   ペペロミア (peperomia)
          科名 コショウ科 
          属名 ペペロミア属(または、サダソウ属ともいいます)
          原産 中央アメリカ~南アメリカ
ペペロミアは熱帯・亜熱帯の地域を中心に分布しており、品種は1000種類以上あるというわれています。
上の写真にペペロミアが写っているのですがお気づきでしょうか?
どうしても花の方に目を奪われてしまいますかね・・・?右上の方にあるのですが・・・??
ではでは、近づいてみましょう!!!

PICT0098.jpg
これは、ペペロミア・スカンデンス(scandens)と言います。
園内には、2mぐらいまで伸びたペペロミア・スカンデンスが展示してあります。


peperomia obtusifolia
こちらは、ペペロミア・オブツシフォリア(obtusifolia)といいます。
スカンデンスに比べ長さはありませんがまるまると育ってくれています。
濃い緑色の葉が印象的では無いでしょうか!?

peperomia obtusifolia 斑入り
では、こちらは?すこ~し雰囲気が違うのですがこちらもペペロミア・オブツシフォリアの斑入りなんです。
先月に来たばかりの植物なのでこれからどの様に成長してくれるかとても楽しみですね。

peperomia glabella
それでは最後の植物です。これは、ペペロミア・グラベラ(glabella)といいます。緑と黄色の葉が混じり合い上記のペペロミア達より色鮮やかな気がしませんか?

これらのペペロミアに花が咲いていたのですがお気づきになったでしょうか?
PICT0109.jpg
この紐のようなものがペペロミアの花なんです!!よ~く見てみないと見落としてしまいそうですね。

目立たず変わった形の花をつけ、特徴的な葉の形や色をしているペペロミアを今回は紹介させていただきました。
ご来園の際には今回紹介させていただいたペペロミアたちをもしよかったら探してみて下さい。



新たにオウギバト、フラミンゴ、ヒメウズラのふれあいスタート!! 

みなさん、こんにちは。
明日から東展示室では新しいふれあい体験がスタートします。

サイチョウコーナーのオウギバトフラミンゴ
そしてエボシコーナーのヒメウズラにおやつをあげれるようになりました!!
体験料 1カップ100円でおやつを求めて、鳥が間近に寄ってくるのを楽しみましょう!

今日はふれあい方法を順にご案内します。

≪オウギバト≫
オウギ
当園には現在 しん ふう あおい の3羽がいます。

■手順
    ①おやつをすべて手に出します。
    ②床にそーっと手をおいて、おやつをオウギバトに見せてください。
    ③オウギバトがゆっくり近寄ってきて、手からおやつを食べます。

≪フラミンゴ≫
フラミンゴ
ヨーロッパフラミンゴのサクラです。

■手順
    ①おやつを手に取ります。
    ②プールの中におやつを落として下さい。
    ③すると、水にクチバシを浸けてバシャバシャとおやつを食べます。

フラミンゴ方法


≪ヒメウズラ≫
ヒメウズラはふれあい専用ケージがあります。
ヒメウズラケージ
■手順
    ①おやつを全て手のひらに乗せます。
    ②緑色のふれあい専用口に手を入れて下さい。
    ③ヒメウズラ達が手のひらのおやつを食べに来ます。

ブログ 028

お願い:鳥たちはちょっぴり怖がりなので
     追いかけたり、捕まえようとはしないで下さいね。


様々な鳥とのふれあいを楽しんで頂けるよう
来園して下さった方のご協力による練習期間を経てスタートすることになりました!

ご協力くださった皆さま、ありがとうございました!

最後に練習風景の写真を紹介します。

オウギふれあい

フラ

ヒメウズラふれあい
ご来園の際はぜひ新しいふれあい体験も楽しんでくださいね!



東展示室おやつ
↑これらのふれあいの場所は、この園内図をご参考下さい。(画像クリックで拡大)

劇的中池ビフォーアフター 

暑かった夏が終わり涼しい季節がやってきました。 
このたび中庭池ではお客様に鳥とのふれあいをもっとしていただこうと改装を行いました。
その様子を劇的ビフォーアフター風に送りしたいと思います(笑い)

かつて小さなお子様にとって鳥を隔てる障害だった大きな手すり、よじ登ろうとも親御さんに阻止され鳥との距離を阻む大きな障害でした。
(子供目線)CIMG0452.jpg

今回この問題に立ち上がったのが匠(大工のおじさん)+中池スタッフ

いったい匠・・もとい大工のおじさんの手にかかりどのように仕上がったのでしょう。 
ビフォー 

CIMG0434.jpg
 
アフター

CIMG0463.jpg

なんということでしょう、手すりが低くなり鳥さん達との距離が短くなったではありませんかΣ( ̄ロ ̄)
子供目線もこのとおり(^^)b
CIMG0460.jpg

低くなって鳥さんが見やすくなったけど、はしゃぎすぎて池に落ちないように気をつけてくださいね。




ティランジア・ウスネオイデス 

本日は、ティランジア・ウスネオイデスのご紹介です。スイレンゾーンの中でスイレン以外で密かに人気の有る植物です。お客様に質問されて説明すると、木に垂れ下がっているので、アレは植物なのか、土が無くて育つなんて皆さん不思議がられます。
PICT0085.jpg

パイナップル科 ティランジア属
Tillandsia usneoides
和名 サルオガセモドキ、スパニッシュモス

ティランジアは熱帯アメリカに分布し約300~400種あると言われています。自生地では樹木や岩などに着生して育つ着生植物です。主に葉の鱗片から水分と養分を吸収します。そのため、一般的にエアープランツと呼ばれていますが、実際はその植物に合った日光、温度、湿度などが必要です。園に有るエアプランツも週3回は水を上げています。
和名のサルオガセモドキとは、地衣類のサルオガセに似ている事から付けられました。

PICT0086.jpg
近くに寄ってみるとこんな感じです。紐の様に長く伸びた植物が絡み合っています。根は有りません。

PICT0087.jpg
触ってみるとフカフカして気持ちがいいです。昔は、荷物輸送の緩衝材として使われていたのも納得できます。
スイレンゾーンの木の枝に垂れ下がっているので是非探してみてくださいね。

ニコ 

みなさまこんにちは。
「へぇ」第3弾です☆
ちなみに前回はコガネメキシコインコの見分け方について紹介しました。
今回は、当園でも人気の高い鳥、「オオハシ」から
「シロムネオオハシ」の“ニコ”ちゃんを紹介したいと思います。

PICT0004_20090819164212.jpg
                    名前:ニコ      性別:♂
                      「みなしゃんこんにちは~」
分 類 :キツツキ目オオハシ科
学 名 :Ramphastos tucanus
和 名 :シロムネオオハシ
英 名 :Red-billed Toucan
生息域:中南米

花鳥園に来られた方で、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
ニコちゃんは、すぐに腕に乗ってくるなど、大変人に馴れた子です。
そして、ニコの持つ大きな特徴として忘れてはならないのが、
好奇心が非常に強い子であるという点です。

今回は、その好奇心の強さを、普段の様子から紹介しようと思います。

まず、ニコちゃんは、どんなものにでも興味を示します。
例えば、腕乗せの際、お客さんに貸し出している腕カバーを見つけると~

3_20090819164210.jpg               よ~く観察し~                   そして くわえちゃいます。




雑巾を見つけると~
2_20090819164211.jpg
                                        「えいっ」
なげちゃいます。




腕時計を見せると・・・
しばらく観察し~

1_20090819164211.jpg
                                      「おりゃ~」
噛んじゃいます。



扉が開いてるのを発見すると~

8_20090819164259.jpg
よ~く観察して~



9_20090819164258.jpg
中に入っちゃいます。




2段に重なった容器を見つけると~

7_20090819164259.jpg
  よ~く観察して~             中を覗いちゃいます。




ナスカン(留め金のようなもの)を見つけると~
6_20090819164259.jpg
  「何だこれは・・・」          「このやろ~」         
  よ~く観察して~       くわえちゃいます。




ケース(布製容器)を見せてみると~
5_20090819164259.jpg
                                       「えいっ」
よ~く観察して~      嘴を入れちゃいます。




今度は、ポーチを見せてみると~
4_20090819164300.jpg
              「何が入ってるのかな~、ブドウだといいな~」

中を調べちゃいます。



お客さんの手押し車も・・・
13.jpg
すぐに飛び乗って~
観察を始めちゃいます。



お腹が減ったら~
12_20090819164319.jpg
催促しちゃいます。



とまぁこんな感じで、挙げればきりが無いのですが、
とにかくニコちゃんは何にでも興味を示すんだということが、分かっていただけたかと思います。

そして僕は、そんなニコの一番の魅力だと思うのが、
「何だろ?これ?」と観察をするときの、
「じ~」っと見つめる眼差しです★
PICT0001_20090819164212.jpg
           「じ~、みなしゃ~ん、早くボクに会いに来てね~」
ものすごくかわいいっ

って思っちゃうのは僕だけでしょうか(^^)

実際に見てみないと、伝わりにくい部分もあると思います(><)ので、
来園された際には、是非皆さん、ニコに会いに来てみて下さい☆

最後にもう一つ、

CIMG2262縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20090902153245
腕に乗ったとき、
襟を広げてやると~





CIMG2289のコピー
肩に登って~




CIMG2271のコピー
よ~く観察し~






CIMG2292のコピー
嘴で様子を探りながら~







CIMG2291のコピー
嘴を入れちゃいます。






そして、
CIMG2278のコピー
中を調べちゃいます。






さらに~
CIMG2274のコピー
頭も入れちゃいます。     注)安全を考慮した上で行っています。



夜のフクロウ 

みなさん、こんにちは。


夏の暑さもだいぶ和らいで、夜になるのも早くなってきましたね。

そんな今日この頃…さっそく、こちらの写真を見てください。

DSC00730.jpg

こちらは、神戸花鳥園のショー会場、時間は19:30くらいです。
この中にフクロウが1羽います!!!
現在、10:30からのショーのレギュラー、ベンガルワシミミズクの「モリ」君です。

さあ、どこにいるでしょうか???


フクロウは夜行性の鳥で、通常夜に狩りをします。
理屈では解っていますが、実際にその様子を人間が見ることができる機会は、
なかなかありません。

この写真は、暗い夜でも、本当にフクロウは獲物を捕えることができるのか?
実際に赤外線カメラを使って、実験、検証した時の写真です。


実は、先日、またテレビの取材がありました。
テレビ大阪の「かがくdeムチャミタス!」という番組です。

この番組は小学生向けの科学番組で、実験を通して、いろいろな秘密を解明していこう!!!
という番組です。
今回は、「フクロウの秘密に迫る」ということで、花鳥園に実験協力の依頼が来た
というわけです。

今回出演したフクロウたちは…
IMG_7262_20090914134424.jpg

写真手前から、おなじみのアフリカワシミミズク「こはく・にしき・めのう」の3姉妹。
ケープワシミミズクの「アラシ」と新顔のメンフクロウ「こだま」。
そして…写真には映っていませんが、ベンガルワシミミズクの「モリ」です!!!

…ここで、ブログファンの皆様は、TV撮影といえば営業部長の「シオン」じゃないの???
と思っている方がいらっしゃると思うのですが…
シオンは、少し体調を崩していて、今回はお休みさせてもらいました。


今回のTVでは、いろいろと実験をしました。
「夜に狩りをするフクロウ」という所に焦点を当てて、
今までのブログでも紹介してきたフクロウのよく回る首や、耳の付き方、
足の力、静かに飛ぶための翼の作りなど様々です。

IMG_7249.jpg
フクロウと耳の付き方を比べるために、インコたちにも参加してもらいました。
また、静かに飛ぶフクロウと羽ばたきの音を比べるという実験も、行いました。

そんな実験の中でも今回一番の目玉は、最初の写真の
「暗い夜でも本当にフクロウは獲物を捕まえることができるのか?」という実験です。

さあ、それでは写真の続きを、動画でご覧ください!!!




見事に捕まえることができましたね!!!
動画で見ると、明るそうに見えるかもしれませんが、まともな光源と言えば
写真左上に光っている非常灯のみです。

カメラの脇にいた、私には「モリ」の姿は全く見えませんでした。


今回のブログは、TVの放送本番前なので、写真などは少なめにしておきました。
放送はテレビ大阪、放送日は10月15日(土)、午前9:30からです。

※放送日の訂正です。上記では10月15日(土)、となっていますが、
 正しくは10月17日(土)です。


※放送日は予定ですので、変更がありましたらブログにて連絡いたします。

収録はほぼ一日使って行われ、小学生向け番組ですが、撮影内容からすると
きっと大人のかたも楽しめるのではないかと思います!!!
それでは、TV本番を楽しみにお待ちください!!!



第45回花園コンサート 

本日は北フクシアロビーにて第45回花園コンサートがひらかれました。
ピアノを2台使った演奏を行われました。
4AFT0759のコピー
小澤華子さんと岡部圭子さんの女性ふたりによる演奏です。
小澤さんは以前の花園コンサートに出ていただいたので
覚えておられる方もおられるかもしれませんね。


4AFT0749のコピー
小澤華子(おざわはなこ)プロフィール
大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学専攻科修了。現在、尼崎市立少年音楽隊
合唱隊指導者。ピアノアンサンブルや声楽伴奏などで活躍中。


4AFT0734のコピー
岡部圭子(おかべけいこ)プロフィール
神戸山手女子高等学校音楽科を経て大阪音楽大学ピアノ科卒業。同大学専攻科終了。
現在、公立高校非常勤講師、新響楽器店ピアノ講師、バレエピアニスト。
ソロの他、ピアノアンサンブルや室内楽、声楽、楽器伴奏などで活躍中。


サン=サーンス 動物の謝肉祭 より 白鳥


リスト 愛の夢 第3番


ランゲ 花の歌

今日の花園コンサートいかがでしたでしょうか?
ピアノ2台は、いつもと違った迫力がありますね。
また次回の花園コンサートをお楽しみに・・・



次回予告
■9月20日(日)の花園コンサートはお休みです

■9月27日(日) ①13:00②15:30
出演:アンサンブル・ビバーチェ



●出演者募集&月間スケジュールは神戸花鳥園公式HP内、花園コンサートページ
●今までの花園コンサートのブログ記事はこちら

フクシアの花の重さは・・・! 

みなさんこんにちは♪せっかくの休日も雨ですね。。
雨でお家に居るお客様必見!!
フクシアブログの時間ですよ~!

今回ご紹介するのは『フクシアの花の重さは・・・!』
というトピックでお送りしたいと思います♪
「フクシアはなんで垂れ下がるの?」
サリー
                          (写真:サリーアン)
こんな質問をお客様にされることがありますが
それはピンチをするから(仕立て)
という理由も一理ありますが
なんといってもフクシアの花が
大きい・重たい
という理由があげられます。
そんなわけで
今回はフクシアの花の重さを
図ってみることにしました!

さっそく結果発表~!!
☆1位☆  サリーアン 9.2g!!!!!!!!サリーアン1
☆2位☆  ライエン 7.7g
ライエン2
☆3位☆  グラフクリスティアン 6.7g
グラフクリスティアン3
この様にフクシアの花は
とても大きく重たいのです!!
数字で見ると
なんともずっしりとしていて
重量感がありますね!
第一位に輝いたサリーアンですが
一番始めに紹介した写真上には
蕾も含めると約6つも花が付いています!
ということは計算すると・・・
なななんと約55gもの花の重みが
枝先にかかっていますね!
フクシアが垂れ下がる理由もわかりますね・・・

最後に本日の
『とびきっりの一枚』
をご紹介したいと思います♪

小さな女の子がフクシアの蕾を
優しく触ったり観察したりして
ニコニコと遊んでいました♪
家族1
そんな楽しく遊ぶご家族に
声をおかけして
お気に入りのフクシアと一緒に
写真を撮らせていただきました♪

いい笑顔で
ハイ ポーズ♪
家族2
雨の中遊びに来ていただき
ありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね♪お待ちしております♪

~みんな「可愛い」~ その訳は!? 

皆さんこんにちは!
残暑が続きますが
いかがお過ごしでしょうか!

さて、今回の外池ブログは!?
DSC_0946のコピー

はい~、先週に引き続き、
クビワコガモの雛に注目しました。

今回初めてお客様と雛とのふれあいを
行い、その時の写真を紹介したいと思います。

皆さん、「可愛い」をたくさん言ってくださいました。
だって、「可愛いんだもん!」(笑)

可愛いの訳 その1

さてさて、
DSC_0954のコピー
ん?お姉さんが抱っこしているのは・・
近寄ってみると・・
DSC_0950のコピー
可愛いですね!クビワコガモの雛でした。
手のひらの上で寝ていました。安心しているんですね。

可愛いの訳 その2
DSC_0931のコピー
可愛いクビワコガモの赤ちゃんと可愛い笑顔の男の子の写真です。
抱っこできて嬉しかったかな~??

可愛いの訳 その3
DSC_0964のコピー
写真を撮るよと言ったら表情を「ニィ」としてくれて、
雛も大きく口を開けて返事をしてくれたのかな??可愛い記念写真になりました!

可愛いの訳 その4
DSC_0968のコピー
みんな雛を抱っこしてどうだったかな?温かかった?ふわふわしてた?

今回は、皆さんに雛と触れ合って頂く為に行い撮影に協力していただきました。
※毎日産まれたて雛とのふれあいは行っていません。体調を見ながら展示しています。

これから、この子たちは人に馴れて成長していくと思います。
またその時はお客様にも触れ合っていただこうと思いますので
神戸花鳥園に来た際には、ぜひ外池の雛に会いに来て下さい。

※雛は体調を見て展示しております。展示していない日もありますのでご了承下さい。

中庭池 ~最近の様子~ 

皆さん、こんにちは!
今回は中庭池の最近の様子をお伝えしま~す

まずは・・・
アカツクシガモのもみじです!
momiji.jpg
外見はほぼ大人と同じですが、まだまだ子供です(笑)
もちろん、今でもトキとクロエリセイタカシギのエリアで展示してますのでぜひ会いに来て下さい!
momomomomomiji.jpg

あそこの木にとまっているのは・・・
謎
インドクジャクのラオウくん!
ラオウってか
最近は島の中にいることがほとんどで、このヤマモモの木の枝が最近の彼の定位置です(笑)
ご自慢の飾り羽も全て抜け落ちてしまいました、来年の春まではこのままです、残念。

アーモンド
2月に移植したアーモンドの木も夏の日差しを受けてグングンと大きくなってます。
そばのキョウチクトウもきれいな花を咲かせてますね。

ざくろ
THE黒
こちらはザクロの木です。今年もたくさん実ってくれました!秋が待ち遠しいです~

それから・・・
数大人個
マナヅルのナコとカズオが一緒に行動するようになりました!
カズオとナコ
二羽仲良くお休み中・・・
ナコとカズオ
もうケンカはやめてね!

そして、去年生まれたシロトキのタカも首から下がほぼ白色になりました~
タカさん
タカっち
大人になるまであと少しです!

ん・・・?
かくれんぼ
そこに隠れてるのは・・・?
ニッキーですけど?
ニジキジのニッキーでした♪
トレードマークの頭の飾り羽が抜け落ちて、少しサッパリしました(笑)

全体図
と、最近の中庭池はこんな状況です。また秋から冬にかけてガラッと変わるかと思います。
中庭池は園内で季節を感じられる数少ないスポットですので、ぜひ皆さんお越しください!

綺麗な球根ベゴニア 

PICT0076のコピー

今月はとても綺麗なスタンドベゴニアが富士花鳥園から来ています。


IMG_0163のコピー

ピコティタイプのスタンドベゴニアです。
綺麗でしょう!?


IMG_0164のコピー

携帯と比べていますが、大きさが分かるでしょう。


IMG_0169のコピー

花売店では球根スタンドタイプ・球根ハンギングタイプ・レックス・根茎・木立ベゴニアなどを
販売していますので、是非一度ご来園ください。


ZN4G0911のコピー

あずきちゃん 

こんにちわ!
夏休みも明けて、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


さて、今回はインココーナーよりこの子をご紹介します。

あずき 001
   /ハロー あずきです!\


あずきちゃんは、クロカミインコという種類のインコです。
前回の記事では食いしん坊でご紹介しました^^
前回のあずきちゃんの記事を見る(別窓が開きます)


ただ今…身体のかゆい所をカキカキ中です。。。


あずき 004 あずき 003 

    カキカキ・・・               カキカキ・・・

あずき 010 あずき 011 

   背中も~…                   お腹も…

あずき 002
/あ"ー 気持ちいい~!\


そ・・・そんなに気持ちいいんですか?^^;


  な ら ば !


お手伝い致しましょう!!


あずき 009

ゆーっくり手を近づけてあげてください。

撫でてほしい時はあずきちゃんが頭を下げて「なでて~」のポーズになります^^

あずきちゃん、どう?

あずき 008

すごく気持ち良さそうに目を瞑っています♪


azuki022_20090829105326.jpg

小さいお子様でも上手になでなでできました!
あずきちゃんも嬉しそうです。


もちろん!他の子同様、ごはんも食べてくれますよ!

azuki024_20090829105326.jpg

でもあずきちゃんは、たまにですが「ごはんいらない!それより撫でて!」という時があります^^;;
そういう時は無理やりごはんをあげず、優しく撫でてあげてくださいね♪


○お願い○

あずきちゃんを含め、インコゾーンの鳥を触る際はスタッフに一声お掛け下さい。

混雑時など、場合によっては触ることが出来ない場合もございます。

まだ触られることに馴れていない鳥さんもいますので、ご協力お願いいたします。



azuki.jpg

こはくの水浴び 

皆様、こんにちは!

最近は、朝晩と、日中の温度差が激しいですね。
季節の変わり目に体調を崩される方も多いようですので、
手洗い・うがいなど、体調管理にはしっかりと目を配りましょう!

今週の猛禽ブログの主役は、タイトルにもでていますが、こちらの子です♪

アフリカワシミミズク

こはく


名前:こはく 2005年3月生まれ 女の子

英名:Spotted Eagle Owl
学名:Bubo africanus

体長45cm。体重480~850g。
赤道より南のアフリカ、アラビア半島の一部に分布しています。
サバンナ、岩場、林の点在する平野、半砂漠に住んでいます。
無脊椎動物、小型哺乳類、鳥、爬虫類などを捕食します。
(誠文堂新光社出版 「ザ・フクロウ」より引用)

“こはく”が登場する他の記事はこちらから↓

兄弟姉妹フクロウシリーズ ~アフリカワシミミズク編~

さて。
アフワシ3姉妹の長女のこはくは、神戸花鳥園がオープンした時から
ふれあいを担当しています。

妹達は、フライトショーに出演している為、個性も強く、長女はこの3姉妹の中では
少し影が薄いようです・・・。
しかし、タイトルにもでていますが、姉妹の中で一番水浴びが好きなのがこはくです。

今日はそちらの水浴びの様子をご紹介いたします♪

まずは顔を洗いましょう♪

IMG_5922のコピー

こはく 「お!お水だ!」

続いて体全体を。

IMG_5924のコピー

羽のすみずみまで浴びる為に、両翼を広げてくれました!
これは珍しい!!

実は、ケープワシミミズクのアラシちゃんの水浴びの記事をのせましたが、
(水浴び大好き!)
こはくは、アラシちゃんのように、水浴びの時、毎回翼を広げてくれる訳ではありません。
お水をかけても、翼を広げない時の方が多いんです。

しかし、この日はノリノリで翼を広げ、体全身に水を浴びていました♪

IMG_5925のコピー

こはく 「あ~・・・ 気持ちいいなあ♪」

IMG_5926のコピー

顔もこんなにずぶ濡れに・・・!
まさに、水も滴るいい女・・・?

IMG_5920のコピー

こはく 「ふう!すっきりした!」

こはくちゃん・・・ちょっと目つき怖いです・・・。

さて。
水浴びを一通り楽しんだ後は、羽についた水分を飛ばしていきます。
水分を飛ばすとき、体をプルプルさせるのですが、その時に、尻尾
までプルプルする姿が私のお気に入りです(笑)

この様子を動画で撮りましたので是非ご覧下さい♪



どうですか!?
この、シッポをフリフリする姿がなんともいえません・・・!

以上!
水浴びが好きなこはくちゃんのお話でした♪



第44回花園コンサート 

4AFT0715のコピー
本日は北フクシアロビーにて①13:00と、②15:30
(9月のコンサートは全て演奏開始時間が①13:00、②15:30となります)
第44回花園コンサートが開かれました。


初登場となる女性ピアノデュオ「蓮(れん)」
ピアノ連弾を披露してくれました。

ピアノデュオ蓮プロフィール
4AFT0722のコピー
4AFT0718のコピー

星乃加奈(写真上)・堀口恵理(写真下)共に相愛大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。
在学中、K・ギェルジョード氏の公開レッスンを受講。
ピアノデュオ「蓮(れん)」を結成。
室内楽とし、岩上千佳子・中牟田豊子の両氏に師事。

第1回 東京サミット音楽コンクール 入賞
第1回 関西クラシック音楽コンクール 奨励賞
第8回 ルブリアン。フランス音楽コンクール 奨励賞
第11回 万里の長城杯国際音楽コンクール 4位(2・3位なし)

関西を中心に活動中。

ホームページ http://ren-h2.ciao.jp

4AFT0720のコピー


ドボルザーク スラブ舞曲 第1番


オッフェンバック 天国と地獄


サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より 白鳥

今日の花園コンサートいかがでしたでしょうか?
「天国と地獄」のふたり入れ替わっての演奏は
ハラハラしながらも楽しい演奏でしたね。

ZN4G0918のコピー

機会があれば、またこのピアノデュオ「蓮」に登場してもらいたいと思いますので、
その時は皆様よろしくお願いいたします。

次回予告
9月13日(日)①13:00②15:30
ピアノコンサート
出演:小澤華子、岡部圭子

※予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。



●出演者募集&月間スケジュールは神戸花鳥園公式HP内、花園コンサートページ
●今までの花園コンサートのブログ記事はこちら

今からが育て時♪ご家庭で育てるフクシア~9月編~ 

今回は9月のフクシアのご家庭での育て方をご紹介したいと思います♪花売店には数十種類のフクシアの苗があるのでとっても悩んでしまいます!!!!
お客さん2
そんな中選んで買った苗はまず、ポットから出し植木鉢に移しかえます。
植え替え手順1
ポットのままにしておくと蒸れたり、灌水時水はけが悪くなったりしてしまいます。この時隙間を埋めるため、土を少し足してやりましょう。水はけの良いものならなんでもかまいません。
手順2
植え替えが終わったらたっぷりと水をやります。この時鉢底から水がぬけるくらいやります。室内で灌水する場合はこのようにたっぷりとやれるのであれば問題ありませんが『室内で水が垂れるのがいやだ』という場合には少し手間ですが一度外でたっぷりと水をやった後再び室内へ取り込みましょう。受け皿に水がひたひたと溜まるのも好ましくありません。フクシアは水も肥料も大好きですから季節の良い9月~11月初旬頃までは特にしっかりと灌水しましょう。
手順5
今回はこの様に上へ伸ばすタイプの苗を選んできたので倒れないように支柱を立ててやります。
支柱手順1
支柱は枝と同じぐらいか少し太めのものを選び、最後に枝と支柱をタイで優しく結んでやります。
支4
フクシアは高温(特に直射日光)に弱い植物です。今はまだ日中フクシアにとっては日差しが強いと思いますので、屋外気温が25℃以下ほどに落ち着いてきたら外に出してやるタイミングの目安になります。お庭や軒下で大きな木の木陰や風通しの良い場所、日中直射日光を避けられるような場所があれば試しに外に出してみてもいいかもしれません。皆様も是非一度お試しあれ♪

外池~ククからのお知らせ~ 

みなさん!こんにちは!!!
9月に入り、朝晩が少しずつ涼しくなってきましたね~!!

さて、今回は外池のふれあいカモでもあるクビワコガモのククちゃんから
ちょっとしたお知らせがあります!!
↓クク『ククです!!初めましての方もお久しぶりの方もこんにちは!!』
クク2
クク『なんと8月30日に、ボクと同じクビワコガモのヒナが生まれました!!』

えーーーーー!!
ククちゃんそれは本当ですか!?
それはぜひ見たいですね!!

それではさっそく
↓こちらがヒナの写真です!!
クビワヒナ1
ヒナ『みなさん初めまして!!』

や~クビワコガモのヒナは胸のあたりや
顔の周りが少しネズミ色なんですね~!!
クビワヒナ2
クビワヒナ『初めてのお外は気持ちいいね~』

このヒナは親が温めて孵化したのではなく、
ふ卵器で孵化したヒナなので外に出たのは今日が初めて!!
日の光があたって気持ち良さそうですね!!

さて、ここでこのクビワコガモのヒナはどれだけの大きさなのか
少し比べてみましょう!!
↓まずは頭!!
頭・指
だいたい指の第一関節ぐらいでしょうか?

↓そして足!!
足・指
こちらも約2センチぐらいですね!!
う~ん、とりあえず小さいですね!!(笑)
小さいけど、水かきや爪は立派についていますね!!
まだ頼りない感じがしますが。

今はまだオスメスどちらかはわかりませんが、
大きくなりオスだった場合、ククのようにとてもキレイな羽根の色になります!
クク1
クク『胸の水玉模様や、後ろの方は茶色だったり結構きれいなんですよ!!』

↓メスだった場合はこちら
クビワメス
…オスよりも地味ですね。(笑)

さぁこのヒナはいったいどっちなんでしょうね~?
今から楽しみです!!


みなさんいかがでしたでしょうか?
神戸花鳥園の外池に新しい仲間が増えましたね!!
ただ、このヒナの展示はまだおこなっておりません!!!
もう少し大きくなりましたらまたブログで展示の紹介をしますので
待っていて下さいね!!!
クビワヒナ3
クビワヒナ『もう少し大きくなるまで待っててくださいね~!!』



二色のキンケイ 

皆様こんにちは。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は冷たいものの飲み過ぎでお腹の痛い日が続いています(汗


中庭池では現在、キンケイのヒナの展示を行っています。

今はこんな感じです。
RIMG0250.jpg

ずいぶんと大きくなりました。
よく見ると画像左側にいる子は色が少し違いますね。
今回はこのキンケイの色の違いについてお話していこうかと思います。


現在、中庭池にいるキンケイはキンケイとオウゴンキンケイという二種類に分けることができます。
先ほどのヒナだと少し違いがわかりにくいと思いますので大きくなった姿を見て頂きましょう。


DSCF2544.jpg
↑こちらがキンケイ、濃い赤が目を惹きますね、かっこいいです。


IMG_1891.jpg
↑そしてこちらがオウゴンキンケイ。
全身が明るい黄色を中心とした色になっていてまさに黄金といった感じですね。
ちなみに写真は両方オスです。


このように大人になると一目でわかるような違いが出てくるのですが、ヒナの時はどうでしょうか?
次はヒナをよく見てみましょう。

IMG_7105.jpg
↑こちらがキンケイ、なんかウズラみたいですね。

IMG_7099.jpg
↑そしてこちらがオウゴンキンケイ、対してヒヨコと言ったところでしょうか。


こうやって比べるとヒナの時でも少し色が違うのでわかりやすいかと思います。
日数が経つごとにお互いに違いが出てくるのでこれから楽しみです。
立派になった姿だけではなく、成長途中の姿を見てみるのもまた一興かと思いますよ。
皆様も中庭池にいる大小赤黄と様々なキンケイをぜひ見に来てください。


スイレンの名前決定!! 

先日、募集を行っていたいたスイレンの名前がついに決まりました!!

bのコピー

英語の名前と言う少し難しい設定だったので、どのくらい応募が有るのか不安だったのですが、約400通もあり思った以上の反響でスタッフ一同嬉しく思っています。

沢山のとっても素敵な名前の応募をありがとう御座いました。これもいい!あれも良いな~!と色々と悩みに悩み、協議の結果この名前がピッタリだと言う事と成りました~。

その名前はSky of Awaji 決定しました。

Sky of Awaji は3名の方に応募いただきました。その中で苗プレゼントの当選者は、大阪府に御住まいの神丸様に決定しました。「空の様に綺麗な青だから」と言う理由が実にピッタリだと思いませんか!!
cのコピー
本当に皆さん素敵な名前をありがとう御座いました。
当園にお越しの際は是非”Sky of Awaji"を見ていってくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。