スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイちゃんの首の色は黄色? 

今日はオオサイチョウについて、一つ勉強してみたいと思います。
dai

オオサイチョウのダイちゃんをよく見てみると、首が黄色くなっています。
20090630ダイ5
本来は白色なのですが、どうして黄色になっているのでしょうか?
それは、尾脂腺から出た脂の色の為です。
鳥には尾脂腺というものがあり、ここから出た脂をくちばしで全身に塗ぬりつけて防水性を高めています。
では、尾脂腺ははいったいどこにあるのでしょうか?
ダイちゃんの羽繕いの様子を見てみましょう。

なにやらくちばしで尾の付け根辺りを触っています。
20090630ダイ3

そうです、尾脂腺は尾の背中側の付け根辺りにあります。
20090630ダイ4

この尾脂腺から出る脂をくちばしでとって全身にぬっているのです。
20090630ダイ9

普段尾脂腺は羽に覆われている為、なかなか見ることはできません。
特にインコなど小型の鳥で見るのは難しいですが、体の大きなオオサイチョウや、オオハシは比較的見やすいので、羽繕いをしている姿を見かけたら、細かいところまで観察して見てください。

オニオオハシの尾脂腺
20090630オオハシ6

くちばしで尾脂腺の脂をつけています。
20090630オオハシ5

このような細かい体の仕組みを実際に見ることができるのも、鳥が大変馴れており、間近で見ることができる花鳥園ならではだと思います。
ぜひ、じっくりと鳥の体を観察してみてくださいね。

スポンサーサイト

あのコの今 

みなさん、こんにちは。

もうすっかり夏の陽ざしになってきましたね。
フクロウ達も水浴びが楽しみな季節になって来ました。


さて、今回は「あのコの今」」ということですが、
あのコとはいったい誰なのでしょうか…???

それは、こちらのフクロウです!!

Photo119 のコピー
…ちょっと目つきが悪いです…

種類は「アフリカワシミミズク」、名前は「みかげ」です!!!

昔から、神戸花鳥園に来ていただいている方は、ご存知の方もいるかもしれませんが、
この「アフリカワシミミズクのみかげ」は、昔は花鳥園でショーに出ていたのですが、
訳あって、動物飼育のことを勉強する専門学校にもらわれていったのです。

それが去年の4月くらいですから、1年と少し前くらいのことです。
神戸花鳥園公式ブログが始まる前にもらわれていったので、
ブログには未登場です。

神戸花鳥園のアフリカワシミミズクは、みんな兄弟で
上から「こはく(♀)」「にしき(♀)」「めのう(♀)」「みかげ(♀)」「るり(♂)」「ひすい(♂)」と、
石や宝石の名前が付いています。
ですから「みかげ」は4女ということになります。


実は私、先日、こんなお仕事で専門学校に来ていました。
Photo139 のコピー

写真にあるように「大阪コミュニケーションアート専門学校」という
動物飼育のことを勉強する専門学校です。

当然、花鳥園や、動物園、水族館、牧場、ペットショップなどで働きたい!!!
という学生さんばかりが集まっています。
そんな学生さんたちに花鳥園を紹介するため、
合同企業説明会に参加させていただきましたした。


話がそれましたが、こちらの学生さんにフクロウのことを勉強してもらうために、
みかげは花鳥園を離れ、独り大阪に旅立ったのです!!!

Photo123 のコピー
みかげのイスです。普段はココにいるようです。

Photo124 のコピー
素敵な名札ももらっていました。

みかげの現在のお仕事は、学生さんにフクロウの事を知ってもらうだけでなく、
専門学校のイベントや、卒業発表などでフライトをしたりしているみたいです。

まだ、私も見たことがないのですが、1度くらいは見に行きたいと思っています。


では、ここからは、みかげのルームメイトも紹介します!!!

NO.1
Photo134 のコピー
お隣のリスザル達です。

NO.2
Photo135 のコピー
豚と…お世話係の学生さん「山崎クン」です!!!
彼は、春休みに神戸花鳥園に2週間ほど研修(飼育についての勉強、経験を積むため)
に来ていました。

NO.3
Photo137 のコピー
カピバラもいました…!!! たまりません!!!

他にも、大小いろいろなインコや文鳥、ヘビ、トカゲ、カメ
…ワラビーやウワサのアルパカもいました!!!
…ここで全部紹介できないのが非常に残念です…


まあ、みかげもこのような仲間たちと、熱心な学生さんに囲まれ、幸せそうでした♪
…花鳥園で、私たちと一緒に働いていたころよりも、
かなり太ったようですが(笑)


最後は飼育担当の学生の皆さんと写真を撮って来ました。
Photo121 のコピー

みなさん、勉強を頑張りながら、みかげのコトをよろしくお願いします!!!

第36回花園コンサート  

本日は、北フクシアロビーにおきまして”第36回花園コンサート ”が開催されました。
4AFT9833のコピー

ソプラノとピアノのコンサートでした。出演は先週に引き続き出ていただいた
ソプラノの山田千尋さんと今回初出演となるピアノの宋和純(そん ふぁすん)さん。

4AFT9820のコピー
山田千尋(やまだちひろ)
相愛大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学音楽専攻科修了。音楽専攻科修了演奏会に出演。
二度に渡り国立ミラノG・ヴェルディ音楽院にて声楽を学ぶ。ディプロマ取得。在学中、
大阪ミュージカルスクールstage21にてミュージカルの基礎を学ぶ。南港緑小学校にて
PTA合唱指導を勤める。「三木音楽家協会第一回演奏会」、「沙羅の木会新人演奏会」、
「第22回三木『第九』合唱団結団式クラシックコンサート」等の演奏会に出演。
兵庫県高等学校独唱独奏コンクール銅賞受賞。「フィガロの結婚」スザンナ、
「秘密の結婚」カロリーナ、「魔笛」クナーベ、等のオペラに出演。
現在、三木音楽家協会会員。緑が丘音楽院講師。みっきぃ合唱団講師。
三木第九合唱団講師。山田千尋ブログ


4AFT9826のコピー
宋和純(そん ふぁすん Son Hwasoon)
2003年京都市立音楽高校卒業。同年、フランス・パリに留学。
パリ国立地方音楽院(CNR de paris)卒業、同音楽院ピアノ科最高課程に進学後、
2008年に一等賞で修了。第1回大阪国際音楽コンクール高校の部第2位(1位なし)、
第6回KOBE国際学生音楽コンクール高校の部優秀賞・審査委員長賞、第4回日本
演奏家コンクール高校の部第3位。フランスにてヨーロピアン・ピカルディー音楽コンクール、
レオポール・べラン国際音楽コンクール第1位、クロード・カーンピアノコンクール優勝。
サル・ガヴォーにて受賞者演奏会、テアトル・ハヌラにてアトリエ・コンサートに出演、
A.A.A.語学院ホール(パリ)にて、ソロリサイタル、日仏交流150周年記念事業デュオ
リサイタルを開催。




芥川也寸志 ことりの歌


唱歌 茶摘


レオンカヴァルロ 「道化師」より“鳥の歌~大空を晴れやかに~

などを演奏しました。
4AFT9856のコピー
今日の花園コンサートはいかがでしたでしょうか?
たくさんのお客様に聴いていただきありがとうございました。
来月も様々なラインナップを取り揃えておりますので、お楽しみに!



7月の花園コンサートスケジュール
演奏曲目などの詳しい情報や、出演者募集は公式ページへ

■7月5日(日)①11:30~②14:30~
ホルン&ピアノコンサート
出演:釜田美幸(ホルン)、勝田敏郎(ピアノ)

■7月12日(日)①11:30~②14:30~
ピアノコンサート
出演:城尾亜希子(初出演)

■7月15日(水)①14:00~
ハンガリー プロムジカ女声合唱団

■7月19日(日)①11:30~②14:30~
ピアノコンサート
出演:川崎知子

■7月26日(日)休    演

香りのするベゴニア 

香りのするベゴニアがあるのはご存知でした!?

南フロアには現在数百種ものベゴニアが展示されていますが、
その中でも香りのするベゴニアをいくつか紹介しましょう。


オドラータのコピー

オドラータ
Odorata
(木立ベゴニア)
西展示室(スイレンゾーン)への入り口付近にあります。


デクラータのコピー

ディクラータ
Diclata
(木立ベゴニア)
東展示室(フクロウショー会場)への入り口付近にあります。


ジョンスミスのコピー

ジョンスミス
John Smith
(球根ベゴニア スタンドタイプ)
花売店のバックヤードにあります。


イエロースィーティーのコピー

イエロースウィーティー
Yellow Sweetie
(球根ベゴニア ハンギングタイプ)
以前は南入り口入ってすぐのところに吊っていましたが、
今は2F養生室で生育中です。



ベゴニアはその大きさや美しさに惹かれがちですが、
また変わった趣向で香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

いってらっしゃい! 

みなさん!こんにちは!!

今日は6月24日に松江フォーゲルパークに旅立ったコールダックの子について
紹介したいと思います!!

まゆげ
↑『どうも初めまして!!!』
こちらの子、今年の4月下旬に生まれたコールダックのホワイトカラーの子です!!

…みなさん、なにか気づきませんか?

そうです!!!
顔に[まゆ毛]があるみたいなんです!!!(笑)
もちろんスタッフが落書きとかして書いた訳ではありませんよ!!!!
こういう模様なんです!!
横顔
↑ちょっと困った顔?『うむむむ…。』

この子にはスタッフの間でもいろいろなあだ名がありました。
松江フォーゲルパークに行く予定だったので、マツコ・まっちゃん
顔の模様にあるように、マユゲ。(笑)


さて、まっちゃんには好きなものがあります!!
野菜が大好きです!!
特にシャキシャキのレタス!!
レタスうまい
↑まっちゃん『うまいうまい!!』
そっと野菜を差し出すと、自分でクチバシをうまいこと使って、
モシャモシャ食べてます。

クエー
↑まっちゃん『野菜がとてもおいしいですッ!』
まっちゃん…口に緑の野菜がついてますよ。(笑)

INダンボール
↑こちらの写真。
まっちゃんはどこにいると思いますか?

INダンボール2
↑答えはダンボールの中でした!
まっちゃんはこのダンボールに入って松江まで運ばれていきます。
まっちゃん『う~ん、ちょうどいい大きさかな?』

ダンボールに入る予行練習(笑)が終わったところで、
『ブクブクブク~』
ブクブク
↑水の中に入ってリフレッシュ!!
水の中
『きもちいぃ~!!』
やっぱり水鳥ですね!!気持ちよさそうです!!


もちもち
↑モチモチですね!!
まっちゃんはとても人に馴れている子なので、
松江フォーゲルパークに行っても、[ふれあいカモ]として活躍できるよう頑張ってね!!
神戸から応援しています!!


ノビー
↑まっちゃん『松江フォーゲルパークに行っても頑張るね!!』

神戸花鳥園でも人によく馴れたホワイトカラーのコールダックもいますので、
ぜひ会いにきてくださいね!!
~外池新しい仲間~

また、今外池ではたくさんのヒナたちが池を泳いでいます。
だいぶ大きくなった子もいますが、とても人懐っこい子が多いので、
神戸花鳥園に来られた際はぜひ、外池に遊びに来てくださいね!!
オシドリヒナ
オシドリのヒナ『待ってます!!!』









子供色から大人色へ~ 

こんにちわ。
当園も繁殖シーズンでかわいいヒナがたくさん産まれています。
そんな中、今日はちょうど1年前に産まれて
この春1才になった若いキンケイにスポットをあてて紹介します♪

去年産まれたキンケイについての過去の記事はコチラ↓
2008年のキンケイのヒナ紹介 その1
2008年のキンケイのヒナ紹介 その2
2008年のキンケイのヒナ紹介 その3



こちらはこの春産まれたキンケイのヒナです。
小さくてかわいいです!!
IMG_6981.jpg




1年経ち、マガモはすっかり大人と同じ羽の色になっていますが
キンケイは1年経っても完全にきれいな大人と一緒……とは言えません。

メスはほぼ大人のメスと同じになっていますが…↓
IMG_6618.jpg


オスの方はまだキレイな赤や黄色・青色が出ておらず
どちらかというとまだ茶色の羽が多いです。
それでも「きれいね♪」と言ってくださるお客様もおりますが
並べて見比べるとキレイさは一目瞭然です!


こちらは立派な大人のオスキンケイ↓
IMG_6595.jpg

そしてこちらは1歳のキンケイの中でも1番生え換わりが早くキレイな子です↓
IMG_6650.jpg

1番キレイな子でもやっぱり大人の立派なキンケイにはまだかないませんね。
頭の黄色やオレンジ色はぼちぼち生えてきてオスらしさが少し出ていますが
お腹の赤色も背中の青色や黄色はまだまだ足りません。




こちらの子は頭もまだまだ茶色のままです。
背中から先に生え換わってきているようですね。
IMG_6689.jpg




この子は生え換わりが1番遅そうですね。
背中が少し黄色くなってきた程度です。
IMG_6690.jpg




生え換わりの最中はこのように筒に包まれた羽が生えてきて
筒が少しずつほぐれてきて、中からキレイな羽が見えてきます。
IMG_6625.jpg





こうやって見てみると生え換わり方にもそれぞれ違いがあるんですね!
そのような点にも注目して観察してみるとおもしろいですよ!!
2008年に産まれた個体は足に青色のリングをしています。


キンケイは中庭池の砂利のところにいることが多いです。
ご来園の際はぜひお立ち寄りください♪
IMG_6692.jpg

シペラス パピルス 

本日は、シペラス・パピルスの紹介です。和名はカミガヤツリと言いますが、普通にパピルスと言う名前の方が分かりやすいでしょうかね。
PICT0027.jpg
カヤツリグサ属 カヤツリグサ科
Cyperus papyrus
主にアフリカ北部に分布。常緑多年草で最大5メートルに育つそうです。これでも結構大きいと思いますが現在3メートル位でしょうか。古代エジプトで紙の原料に使われた事で有名です。

PICT00271.jpg
これは何だと思いますか~?パピルスの花穂なんですよ。

PICT00291.jpg
と言うわけで、皆さん良く勘違いされますが、緑色をしたほそ~い葉っぱの様な物が実は葉では無く花軸なんです!

ニシムラサキエボシドリ 

みなさん、こんにちわ。
今日は、ニシムラサキエボシドリについて紹介したいと思います。

P1000908.jpg


エボシドリは、カッコウ目エボシドリ科の鳥です。
ニシムラサキエボシドリは、アフリカ中西部のナイジェリア、カメルーンにかけて分布し、常緑樹林帯の水辺に生息しています。

P1000896.jpg

体は、光沢のある紺色。
頭は、ワインレッド。
顔は、黄色いおでこに、赤と白のアイライン。
とってもキュートなのです。

P1000899.jpg


エボシドリの鳴き方・・・
のどを膨らませ鳴きます。
その姿は、まるでカエルの様・・・。
鳴き声も見た目のかわいさからは想像できない、低い声です。
ニシムラサキエボシドリの鳴き声は、神戸花鳥園のエボシドリのなかで2番目に高いです。

P1000898.jpg
(鳴いてます。)

あまり、鳴かない鳥なので声が聞けるとラッキーです。

こんにちは。なぎです。 

皆様、こんにちは!

今週の猛禽ブログは、初登場のこの子を紹介します!

ナンベイヒナフクロウ

ZN4G2379のコピー


愛称:凪(なぎ) 女の子 2006年5月生まれ

英名:Mottled Owl
学名:Strix virgata

体長30.5~35.5cm。体重176~305g。
メキシコから中央および南アメリカにかけて分布しています。
高温多湿の森林や密林に棲んでいます。
ネズミなどの小型哺乳類、爬虫類、両生類などを捕食します。


初登場とはいいましたが・・・実は一回だけ「ギャラリー」で登場しました。

その記事はコチラから↓

神戸花鳥園 ギャラリー№2

この記事以降、なぎちゃんを紹介していなかったことに、ついこの間気づき・・・
今回の猛禽ブログの主役はなぎちゃんに決めました!

正式には、なぎちゃんは、漢字で“凪”と書きます。
お客様からの応募で決まった素敵な名前です。

なぎちゃんは、少し怖がりな性格をしているので、ふれあいのレギュラーは
担当しておりませんが、準レギュラーとして、ふれあいを担当しています。

ふれあい

写真の様に、スタッフが腕に乗せている時間は、なぎちゃんの背中を触ることができます。

IMG_5290のコピー


カメラをお持ちでしたら、こんなに間近で写真も撮れます!
・・・ただし、あまりカメラ目線はしてくれません・・・・。

なぎちゃんはふれあいに登場する時間以外はショー会場の丸太の上で休憩しています。
丸太にいる時は、触ることはできませんが、写真はご自由にお撮りできますのでご安心
ください。

※なぎちゃんがふれあいで登場する時間は不定期です。
 体調によっては、ショー会場に出てこない場合もございますので予めご了承下さい。


さて。
ふれあいを担当しているなぎちゃんですが、少し困ったことがあります・・・。

まずはこちらの写真を見てください↓

汚れてます

ちょっとわかりづらいのですが・・・
クチバシが汚れているんです。

IMG_5339のコピー


実は、なぎちゃんは、水が大嫌いなんです!!

まるで、猫みたいですよね。
当園のフクロウは、水が嫌いな子は少なく、水浴びも自分でします。
ところが。
なぎちゃんだけは自分の部屋に戻っても、水浴びもしないし、クチバシの
お掃除もしないので汚れ放題です・・・。

水浴びをしないので、普段は丸っこい後頭部もご覧のとおり・・・

寝癖

寝ぐせもそのままです・・・。
女の子のくせに、面倒くさがりのようです。

しかし!
こんな姿では、ふれあいを担当するのですからお客様に失礼です!!

なので、なぎちゃんが汚れてきたら、コレの登場です!
スプレー

そう、霧吹きです。
コレでいつも強制的に洗わせて頂いております。

今回はその様子を撮ってみました。

まずはご対面。
ご対面

なぎ 「むむ!出たな!」


IMG_5351のコピー

なぎ 「く、来る~!(ドキドキ)」

IMG_5361のコピー

なぎ 「来た~!うぅ・・・お水だぁ・・・・。」

IMG_5360のコピー

なぎ ―プルプル―

IMG_5374のコピー

なぎ 「あ。止まった。お、終わり? -チラッ― 」

IMG_5373のコピー

なぎ 「うぅ。まだなのね・・・。」

と、こんな感じです。

意外と、腕に乗せている時に霧吹きでお水をかけると、我慢してくれます。
丸太にいる時や、お部屋にいる時にかけると、ものすごく暴れます。
どうやら、腕に乗ったら観念する様ですね・・・。

IMG_5400のコピー

お水をかけ終わるとこんな顔になります。
別の鳥みたいですね。

IMG_5456のコピー

乾くと、こんなキレイな姿になりました!!


比較


なぎちゃんのクチバシ before(写真右)  after(写真左) です!

クチバシがとってもきれいになって、寝ぐせもなおりました♪
よかったね!なぎちゃん!

そして、洗ってから2日目にはもう汚れてしまいます・・・。
自分でキレイに洗ってくれるとスタッフも助かるのですが・・・

IMG_5317のコピー

なぎ 「ワタシ、自分ではやらないわよ。お水嫌いだもの。」

・・・スタッフとなぎちゃんの水浴びの攻防はまだまだ続きそうです・・・


第35回花園コンサート 

本日は北フクシアロビーにおきまして、第35回花園コンサートが開かれました。
ソプラノとピアノのコンサートでした。
ZN4G9809のコピー
今回が初の出演となる山田千尋さん(ソプラノ:右)と小澤華子さん(ピアノ:左)です。

yamada002.jpg
山田千尋(やまだちひろ)プロフィール

相愛大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学音楽専攻科修了。音楽専攻科修了演奏会に出演。二度に渡り国立ミラノG・ヴェルディ音楽院にて声楽を学ぶ。ディプロマ取得。在学中、大阪ミュージカルスクールstage21にてミュージカルの基礎を学ぶ。南港緑小学校にてPTA合唱指導を勤める。「三木音楽家協会第一回演奏会」、「沙羅の木会新人演奏会」、「第22回三木『第九』合唱団結団式クラシックコンサート」等の演奏会に出演。兵庫県高等学校独唱独奏コンクール銅賞受賞。「フィガロの結婚」スザンナ、「秘密の結婚」カロリーナ、「魔笛」クナーベ、等のオペラに出演。
現在、三木音楽家協会会員。緑が丘音楽院講師。みっきぃ合唱団講師。三木第九合唱団講師。
山田千尋ブログ

ozawa001.jpg
小澤華子(おざわはなこ)プロフィール
大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学専攻科修了。現在、尼崎市立少年音楽隊
合唱隊指導者。ピアノアンサンブルや声楽伴奏などで活躍中。


yamada003.jpg
第1幕
茶摘
越谷達之助 初恋
ロジャース 「サウンド・オブ・ミュージック」より エーデルワイス
メンデルスゾーン「無言歌集」より 紡ぎ歌
シューベルト アヴェ・マリア
プッチーニ 「ジャンニスキッキ」より 私のお父さん

ozawa003.jpg
第2幕
岡野貞一 ふるさと
團伊玖磨 花の街
トスティ 薔薇
メンデルスゾーン 「無言歌集」より 浮雲
レハール 「メリー・ウィドウ」より メリー・ウィドウ・ワルツ
を歌っていただきました。


今日は父の日ということで、プッチーニの”ジャンニスキッキ”というオペラから
「私のお父さん」を歌ってもらいました。その様子の動画です。


ZN4G9811のコピー
今日の花園コンサートいかがでしたでしょうか?
山田千尋さんには来週も出演していただく予定です。おたのしみに。

次回予告
第36回花園コンサート
6月28日(日)
①11:30②14:30
山田千尋(ソプラノ),宋和純(ピアノ)



その他のおしらせ
日時:7月15日(水) 14:00から 場所:神戸花鳥園内南ロビー
ハンガリープロムジカ女声合唱団in神戸花鳥園

ハンガリーの”プロムジカ女声合唱団”は指揮者デーネシュ・サボーのもと
80名強のメンバーによって構成された合唱団。今ではヨーロッパの中でも
知らない人はいない程有名な合唱団です。そんな彼女達が神戸花鳥園で
花の下美しい歌声を披露してくれます。

日時:7月15日(水) 14:00から 場所:神戸花鳥園内南ロビー
当日入園していただいたお客様は、そのままご参加いただけます。

ハンガリープロムジカ女声合唱団in神戸花鳥詳細ページはこちら

フクシア疑問Q&A 

みなさんこんにちは♪いかがおすごしでしょうか??
今日はフクシアゾーンに新しく仲間入りしたスタッフの疑問と、日頃お客様によく聞かれる質問に答える良い機会だと思いフクシアQ&Aというトピックでお送りしていきたいと思います♪♪ではさっそくまいりましょ~う♪まず初めの質問は・・・これだっっ!!!!!
Q1.フクシアは熱帯地方の花なのになんで暑さに弱いの??
 A.確かに!フクシアはアンデスから南アメリカにかけての南米の熱帯地方に生息する植物ですが日本の夏にはとことんよわい!!南米というと暑いイメージしかありませんが、フクシアは標高3000m辺りの高地に生息しているため灼熱で蒸し蒸ししている環境に暮らしているわけではないのです。朝晩はスモッグがかかりひんやりとしていて日中はカラリと涼しいという日本の避暑地のような気候で年中くらしているわけですから、日本の蒸し蒸しとした環境が苦手なのですね。また、熱帯夜など夜間も気温があるような暮らしではどうにも太刀打ちできないようです。

Q2.何種類のフクシアがあるの??
 A.コレクション数はなかなかのもので、実に約750種のフクシアを保有しています。そのうちの約300種を入れ替えながら展示にしています。

Q3.フクシアって木なんですか!? 
A.あんなにしなやかに上から垂れ下っているのですから木といわれてもピンとこない方もいると思いますがフクシアは木です。実際年月が経ってくると幹や枝が本当に立派な木になっています。展示の木鉢や鉢植え、直植えなんかのフクシアを見ていただいたらフクシアはれっきとした木なんだということが分かってもらえると思います。ちなみに挿し芽して早いものだと2ヶ月ほどで木質化してくるものもあります。個体差はありますがどの種類もみな立派な木なんですね。
写真 神戸花鳥園で1番大きなフクシアの幹の太さはなんと・・・!
木

Q4.花をよ~く観察すると何かの形に見えるのですが・・・
 A.そうです♪確かにフクシアは小さなバレリーナが踊っているような花の形をしています。お客様にもよくそのようなコメントをいただきます。『ピンクバレーガール』という名前のフクシアがあるように、やはり万国共通でフクシアは『踊り子の精』という雰囲気を持っているのでしょうね。ちなみに、ヨーロッパの方でフクシアは『女王様の耳飾』という愛称もあり高貴な花として親しまれているそうです。
写真 こちらがうわさの踊り子の精『ピンクバレーガール』
バレガ

Q5.この部屋にはフクシア以外の植物はないんですか?
 A.そうなんです。実は花鳥園の北展示室にはフクシア以外の植物はナイんです!!
ナイといいましても、アイビーゼラニュウムや、ピレア、グリーンネックレス、錦笹、コリウス、ツユクサなどなど書き上げればたくさんありますがフクシアを引き立ててくれるようなグリーン主体の葉物類ばかりです。神戸花鳥園ではQ2でお答えした通り約300種程を吊り鉢・地植え・鉢植で展示しています。一見しただけでは同じフクシアだと分からないほどの違った種類があります。花の違いもさることながら起立しているものと垂れ下っているものの形態のギャップがおおきいので「まさか同じ花なの!?」といった具合でフクシアだと納得するまでに皆さま時間がかかるようです。
写真 部屋の一番奥に吊っている葉物類葉もの

Q6.枯れてしまったらどうするんですか??
 A.んん~・・・実は展示不可になったものをどうするかは何パターンに分かれます。
①寿命で枯れてしまったものに関しては廃棄処分ですね。長いもので植え込みから約10年弱経っているものもありますし、寿命で廃棄するフクシアの多くが約6,7年経っています。
②水切れさせてしまったものに関しては一度展示から外し、コンパクトに切り戻してやって2Fで養生させます。北展示室の2Fは再生・育成室になっています。
③逆に水が多すぎて根腐れになったものに関しては廃棄処分します。根が傷んでしまっては再生不可なので、貴重な品種、気に入っている品種に関しては元気な部分を挿し芽しておくと良いでしょう。
④害虫が付いている・ついていたものに関しては軽度のものならその場で薬散して展示を継続させますが重度のものは廃棄で、その他再生可能なものは切り戻しをして養生します。
⑤暑さによってへばっているものに関してはコンパクトに切り戻して養生します。
このようにハンギングに関しては一度植え込みをすると植え替えすることが本当に難しいので基本的には『切り戻して再生』が原則です。あとは挿し芽をして品種の確保をするのが大切ですね。

Q7.今もたくさんの花が展示室には咲いてますが咲き終わったらどうするんですか?
 A.実はフクシアは環境整備さえしてやれば年中咲きます。花鳥園でも夏場と真冬は多少花数は減るもの四季に関わらず一年中フクシアの花を見ていただく事が出来ます。ほぼオールシーズンで空調設備(冷暖房)を使用し、遮光、保湿設備なんかも年中フル稼働しています。もちろんほとんどの灌水も自動で行なっています。フクシアは高温・乾燥が苦手なので出来る限りの自然を取り入れつつこの様な設備を駆使し、少し過保護気味に育てています。ちなみに、フクシアの為に良い環境作りはお客様にも快適に過ごして頂ける環境にもなっていますので、いつでも快適な空間へ遊びにいらして下さいね。
写真 梅雨時期だってフクシア満開♪
全体

Q8.どんな風にしたらあんな風にきれいに垂れ下るの?
 A.これはよく聞かれる質問なのですが、実は私たちは特にあの形を作ろうと思って手入れしているわけではないのです。植え込みの段階で4・5回ピンチされた苗木を3~4株植え込んでいきますが後はほとんどピンチせずに自然にハンギングの形状ができていきます。ただし、ハンギングに向き、不向きの品種がありますので品種選びは重要かなと思います。ご家庭でこんもりとしたフクシアのハンギングを作りたいのであれば少しもったいない気持ちはありますがピンチを試してみるのも良いかもしれませんね。

Q9.フクシアの実ってたべれるの??
 A.食べれます。確かによく熟していてとってもおいしそうに見えますね。大きいものだと楕円形にプックリと膨らみ2cmほどのサイズになるものもあります。しかし!花鳥園では定期的に薬剤散布をしているのでむやみやたらに食べる事はおすすめしませんし、展示のフクシアからむしり取って勝手に食べたりするのはご遠慮願いますね。ちなみに私は食べた経験があるのですが、水臭くて美味しいとは思いませんでした。一応、種類によって少しずつ味も違います。
写真 黒々としたフクシアの実
実

Q10.家でも巨木フクシアをそだててみたい!どうやったらできますか??
 A.勿論、ご家庭でも十分フクシアをつくることは出来ます。しかし、花鳥園のような特大フクシアを作ることはおすすめしていません。Q7でも回答したようにフクシアは少しわがまま娘です。大きなサイズになればなるほど生活環境を選びます。なのでご家庭で育てる時は寄せ植えをしたり、巨大につくる事を目指すよりも毎年春~初夏・秋にコンスタントに咲かせる事をおすすめします。また、花鳥園では地植えをしていますが、この方法もご家庭でするのはおすすめしません。地植えをしてしまうと暑くて移動させたくなっても動かしてやることが出来ないからです。私は一度だけお家でフクシアの地植えを何年もしているお客様に出会ったことがありますが、その方は長野の避暑地に住んでらっしゃる方でした。この様に、生活環境が合いさえすれば出来ないこともまいのですね。また、ある程度放っておいても株がすくすく成長するようならば、大きく育ててみるのもおもしろいかもしれませんね。

さて今回のフクシアブログも楽しんでいただけたでしょうか??
ではまた花鳥園でお会いする日を楽しみに♪                    担当  磯村

外池~新しいお友達~ 

みなさん!!こんにちは!!

最近とても暑いですね!!
夏がだんだん近づいてる感じがします!

今回の外池ブログは…
NEWフェイス!外池の新しい仲間をご紹介いたします!!!

おぉーっと!!向こうの方からなにか黄色い子が走ってきましたね!!
DSC_0723のコピー
DSC_0725のコピー
DSC_0727のコピー
DSC_0773のコピー
↑『こんにちはぁ!!はじめまして、
あたしの名前は楽(らく)って言います!』

こちらの黄色いヒナ!ラクちゃん!!(性別はまだ分かりません。)
この子は姉妹園でもある松江フォーゲルパークから卵の状態で
神戸花鳥園にやってきて、2009年6月10日に孵化したアイガモのヒナです!!!

コールダックのヒナとあまり変わらないように思えますが、
このラクちゃん生まれてまだ数日ですが、結構しっかりとした感じで、少し大きい気がします。
下の記事はコールダックの黄色いヒナの記事です。
展示はじめました
やはりラクちゃん、少し大きい感じがしますね!!

DSC_0778のコピー
↑ラクちゃん外池のペンギン池にて、ペンギンにご挨拶。
ラク『ペンギンさん!これからよろしくね!!』

さて、ラクちゃんはとても面白い模様がありますね!
まず頭に1本のラインが…。少しかっこいいです!!
DSC_0788のコピー
↓そしてこちらの写真を見てください!
DSC_0746のコピー
↑お尻には黒い模様が!!!
この2個以外はほぼ黄色です!!

ラクちゃん外池でダッーシュ!!
DSC_0711のコピー
↑ラク『おもしい模様でしょ?』


足のび~
↑こちらの写真はスタッフの手の上でくつろぎ中。
足をスタッフの指の間から出していてとても可愛いですね。
というかラクちゃんくつろぎすぎですよぉ~。(笑)

このラクちゃん、残念ながらまだ展示の方はしていません。
また展示できるようになりましたら皆様にお知らせいたしますのでもう少し待って下さいね!!

今外池にはたくさんのヒナ達がいます!!
とても人懐っこいヒナ達なのでいつの間にか近づいてきて真後ろにいることも…。
ご飯などあげる場合は足元に注意してあげてくださいね!!

みなさんも神戸花鳥園に来られた際はぜひ外池のヒナ達を見てあげて下さいね!!

楽
ラク『みなさんのお越しをお待ちしてます!!』




四月生まれのヒナ達 

こんにちわ!当園では今年、4月からマガモのヒナが生まれました。
今回は早1ヶ月半が過ぎ、大人に近づいてきた4月末生まれのヒナ達をご紹介します!
カモドアップ

最近では中庭池の島と通路を往復できるようになったマガモ達!
ご飯を狙うカモ

お腹が空いたらお客様や、スタッフにおねだりしたりといろいろな知恵を身に付けたようです(笑)

ご飯をあげると凄い勢いで止まりません!
ご飯を食べるカモ2
もっと!もっと!
ご飯を食べるカモ
食べ盛りのヒナなんでいくらでもお腹に入るようです(笑)
ご飯を食べるカモ
この四月生まれのヒナ達は合わせて5羽います。生まれた時から人の手で慣らしているので、お客様を見つけるとすぐ近くまで来てくれますよ♪

なので、踏まないようによく足元を見て歩いて下さい!とても人なつっこいのですぐにお友達になれます♪
掴まれたカモ2

是非、このキュートで可愛いヒナを見に来て下さい!!



南フロアー中央にて展示中!!! 

梅雨時の花と言えば??


紫陽花
アジサイ(紫陽花)ですね。



アジサイ(紫陽花)
ユキノシタ科
学名・英名:Hydrangea
学名は【水の容器】という意味があり、
そのまま「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」ということもある。
アジサイの名前は「藍色が集まったもの」を意味する
「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われる。
セイヨウアジサイはヨーロッパでの改良品種で、
日本に里帰りしたものであり、
母種は日本原産のガクアジサイである。



アジサイの一番の特徴と言えば・・・

やはり花の色ですね。
一般的に「土壌が酸性ならば青色、アルカリ性なら赤色」と言われていますが、
これ以外にも、アントシアニンのような発色に影響する補助色素や
アルミニウムイオン量、開花からの日数によっても様々に変化します。
別名【七変化】と言われている理由はここからきていたのですね。

アジサイは展示だけではなく花売店で販売も行なっています。
では人気のアジサイいくつかを紹介したいと思います。


ダンスパーティーのコピー
ダンスパーティー

花てまりのコピー
花てまり

ウェディングブーケのコピー
ウェディングブーケ

こんぺいとうのコピー
こんぺいとう

モナリザのコピー
モナリザ


ご来園の際には、花売店コーナーに立ち寄ってみてはいかかでしょうか?
約30種類のアジサイと共にお待ちしております☆

かわいい!インコのおしゃべり 

本日は当園のインコのおしゃべり生の声を動画にてお楽しみ頂こうと思います。

インコたちはいつでもおしゃべりしてくれる訳ではないのです。
機嫌が悪いとき、眠いとき、気分がのらないとき・・・こちらからいくら話しかけても口を開いてくれません。

では、どのような時におしゃべりをするのでしょうか?
おやつが欲しいとき、スタッフやお客さんに遊んでほしいとき、注目を浴びてほめてほしいとき(笑)
など、ご機嫌なときはひとりでずっとおしゃべりしてることもあります。

では早速インコたちのおしゃべりをお聞きください♪
まずはおしゃべりナンバー1!オオバタンのオオちゃんです。

「こんにちわ、こんにちわ、こんにちわ・・・オオちゃん」
この他にも「あーはっはっはっは」と大笑いしたり、「おはよう」やオオちゃんにしかわからない!?オオちゃん語をしゃべったりもします。



何と言っているかわかりますか?これが聞けたらラッキー♪モモイロインコのリンゴちゃんです。

「リンゴちゃん!」
リンゴちゃんはまだ自分の名前しか言えず、急にしゃべりだしたりします。
床に降りて歩きまわったり、お客様の靴ひもを噛んだりして遊んでる姿の方がよく見られます。
おしゃべりよりも動きが面白く、お客様にも人気のある子です♪



ネズミガシラハネナガインコのセネです。この子のおしゃべりはレアものです。

「セネ~・・・」
お分かりいただけましたか?
セネはケージから出すときや、指に乗せる瞬間にだけおしゃべりをします。それも毎回ではありません。
ですのでこの声はスタッフでもあまり聞くことができず、さらにとても声が小さいので録画できたこともレアものです(笑)


いかがでしたでしょうか?
今はまだ4羽だけなのですが、おしゃべり練習中の子もいますので今後のおしゃべりインコにもご注目ください。

また、花鳥園にお越しの際にはぜひインコたちに話しかけてみてくださいね♪


分解してみました。 

皆様こんにちは!

梅雨入りのなか、いかがお過ごしでしょうか?
神戸花鳥園は全天候型のテーマパークなので雨の日でも大丈夫です♪
雨が降って行くところが見つからない、という方は是非是非花鳥園へご来園下さい!!

さて、今週の猛禽ブログですが・・・
今回はタイトルの通り “分解してみました。”
何を分解したかといいますと・・・

コチラです↓

ペリット

そう!ペリットです!

ペリットについては、こちらのブログをご覧下さい↓

フクロウのペリット

ペリットとは、フクロウが獲物を食べた後、胃で消化できなかった獲物の骨や毛を
ひとつの塊にしてクチから吐き出したものです。

実は、野生のフクロウの生態調査には、ペリットは、重要な情報になります。
ペリットには、そのフクロウが食べた獲物の骨などが入っているので、それを調べれば、
そのフクロウが、“何を食べたのか”がわかってきます。

多くのフクロウは木の上で休憩をして、その時にペリットを吐き出します。
山や森の中の地面の上を探せば、野生のペリットが見つかることもあります。
ペリットに興味がある方は、是非探して見てください!

そして、実は上の写真のペリットは野生のフクロウのペリットです!
神戸花鳥園のフクロウのペリットではなかったんです。

このペリットは、わざわざ山に入って探したのもではなく、なんと、神戸花鳥園の
敷地内に落ちていたのもです!

IMG_2666 のコピー

大きさは100円玉と比べるとこのくらいです。

このペリットは、花鳥園のフクロウ達が絶対にペリットを落とさない場所に落ちていたので、
これは確実に野生のものです。

多くの方は、フクロウは山の奥の方にしか住んでいないと思っていらっしゃるようですが、
このポートアイランドはフクロウの獲物となるネズミが多く、餌がたくさん捕れるのでわりと
多くの猛禽類が潜んでいるようです。
実際に私もポートアイランドで野生のコミミズクやフクロウを見たことがあります。

たまに、野生のフクロウがポートアイランドの倉庫などの建物の中に迷い込んでしまい、
「何とかして下さい!」という依頼を受けたことも何件かありました・・・。

IMG_3994 のコピー
これはトビです。

花鳥園のはるか上空を飛んでいたものを撮影しました。
フクロウ類だけでなく、神戸花鳥園の上空には、トビやハヤブサ、ミサゴなどを
見かける事が多いです。

このペリットの主ですが、おそらくこの神戸花鳥園辺りの地域を根城にしていると
思われる、コミミズクのペリットだと思います。
何度か花鳥園の上空を飛んでいるのを目撃したことがあります。

komimiのコピー
(写真:掛川花鳥園)

この写真は花鳥園グループのコミミズクです。
野生で見たコミミズクはもう少し顔が白く、メンフクロウ似でした。


では、このコミミズクはどんなものを食べたのでしょうか!?
分解して調べてみましょう♪

IMG_2671 のコピー

分解するとこんな感じに。
けっこうパサパサしています。

IMG_2684 のコピー

獲物の毛が出てきました。
黒い毛なのでドブネズミでしょうか・・・?

IMG_2687 のコピー

決定的なものが出てきました!
これはネズミの骨です。

なぜ、ネズミの骨だとわかったかと言いますと・・・
下の写真は、神戸花鳥園のウサギフクロウのペリットを分解して出てきた骨です。

IMG_3028 のコピー

しばらくの間このウサギフクロウにはネズミを与えてしました。
コミミズクのペリットと同じ骨が出てきましたね。
この骨はネズミの骨で間違いないようです!

今回のこのコミミズクの食事はドブネズミだったようですね!

さて。
もう一つ新しい野生の猛禽類のペリットを発見しました!
これも花鳥園の敷地内に落ちていたものです。
それがコチラ↓

IMG_5112 のコピー

最初のコミミズクのペリットとは少し形が違いますね。
当園のハリスホーク「たかこ」のペリットにも似ているため、
もしかしたらタカ類のペリットかも知れません。

このようにペリットを分解して、野生の生態を探る!!!という方面では、
私も専門家ではないので詳しくはわかりません。すみません・・・。

とりあえず、コチラも分解してみました♪

IMG_5121 のコピー

コミミズクのペリットとは違う毛が含まれていました。

IMG_5119 のコピー

鳥類の羽が出てきました。
写真の上の方には灰色っぽい鳥の羽がみえます。

IMG_5125 のコピー

これがペリットの中で一番大きな情報源でした。
鳥類の翼です!
大きさからして、スズメやセキレイくらいの大きさの鳥でしょうか?

このペリットを吐いた主の食事は、“鳥”だったようですね!

ちなみに、下の写真は神戸花鳥園のシロフクロウのペリットを分解したものです。

IMG_3069 のコピー

このシロフクロウにはヒヨコを与えていたので、黄色い羽が混じったペリットとなっています。
その中に、白い羽が混じっていました。(写真上)

IMG_3062 のコピー

これです。
これはシロフクロウの羽です。どうやら間違えて自分の羽をクチに入れてしまったようですね。フクロウは近くの物はあまりよく見えていないので、間違えて食べてしまうことがあります。

ペリットを分解してみるとそんなことまでわかってしまいます。
過去にも、当園で暮らしているフクロウのペリットからカニのハサミがでできたこともありました。非常に稀なことなのですが、神戸花鳥園は海も近いですから、運悪くフクロウの展示室に迷い込んだカニがフクロウに食べられてしまった・・・ということです。
さすがに、ペリットからカニのハサミがでできた時は驚きました・・・。

この様に、ペリットには様々な情報が含まれた魅惑の塊なんです!
また面白いペリットがでてきたら、ブログでご報告しますね♪

お楽しみに~!

第34回花園コンサート 

4AFT9732のコピー
今日は北フクシアロビーで第34回花園コンサートが開かれました。
梁 嘉佳さん(Ling jia jia 二胡)、キンシンさん(jin xin 中国琵琶)、文暁鈴さん(ピアノ)に
演奏していただきました。

梁 嘉佳さんは3月の花園コンサート以来、キンシンさんは去年の12月以来となる
久しぶりの出演です。


4AFT9715のコピー
文暁鈴さん(ピアノ)

4AFT9717のコピー
梁 嘉佳さん(Ling jia jia 二胡)

4AFT9720のコピー
キンシンさん(jin xin 中国琵琶)


演奏曲目は

芽五更
茉莉花
採花
賽馬    
大きな古時計
を演奏しました。


「採花」の演奏。季節折々の花が咲き乱れる様子の曲だそうです。

4AFT9709のコピー
久しぶりの中国音楽の演奏いかがでしたでしょうか。
聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。




次回予告

第35回花園コンサート
6月21日(日)
①11:30②14:30
山田千尋(ソプラノ),小澤華子(ピアノ)

をお贈りする予定です。おたのしみに。

花園コンサートホームページ(神戸花鳥園HP内)

オオオニバスの交配 

今日は、オオオニバスの交配についてです。
オオオニバスとはスイレン科オオオニバス属の植物でハスと付いていますが、実際はスイレンに近い植物です。よくオニバスと言われるお客様も多いですがオニバスはスイレン科オニバス属の植物でオオオニバスとは別属の植物です。よく聞かれますが、どちらもレンコンは出来ないんですよ~!!

オオオニバスの花は2日間咲きます。そして、開花は夕方です。
まずは今日が開花初日に成る花を探します。夕方に成ると少し花が割れて開きそうな感じになって来ます。これが種親で、今回はV. 'Longwood Hybrid'を使います。
PICT0018.jpg

そして花粉親に成る物は開花2日目の花です。開花2日目はピンク色に成るのでその花を使います。
今回はV.amazonicaを使います。手に持っている花がそうです。
その下で咲いている花はV. 'Longwood Hybrid'です。
PICT0021.jpg

開花1日目の花のオシベを全て切除します。なぜかと言うと、開花2日目に花粉が出るのですが稀に自家受粉する事が有るのでオシベを全て切除した方が確実に交配できます。
PICT0019.jpg
PICT0020.jpg

花粉親に成る花を分解し赤丸で囲った所にある花粉を筆などで取り、先ほどオシベを切り取った開花1日目の花の柱頭に擦り付けます。
PICT0022_20090511144652.jpg
20080919171939[1]


これで、交配完了です。
今回はV. 'Longwood Hybrid'(V.curuziana x V.amazonica) にV.amazonicaを交配してV. 'Discovery' と言う品種を作ってみようと思います。上手く行けば40日後には種子が採れるでしょう。どうなるか楽しみですね~

第1回地球環境防災市民サミット 

本日、神戸花鳥園にて「第1回地球環境防災市民サミット」が開催されました。
ZN4G0166のコピー

関西及び全国各地に発生した「新型インフルエンザ」から市民生活を守る対策など
[病気と防災]を重点テーマにした「第1回地球環境防災市民サミット」を神戸花鳥園
特設会場で開催しました。

ZN4G0199のコピー
それにともない園内の一部の手洗い場にオゾン殺菌水を設置いたしました。


ZN4G0093のコピー
ZN4G0188のコピー
今日は非常に良い天気で、花も鳥も喜んでいたのではないでしょうか。

ZN4G0201のコピー
特別展示中のアジサイも人気でした。

ZN4G0184のコピー
平日でしたが、たくさんの方がご来園してくださいました。ありがとうございました。

外池  ~新たなニュース~ 

皆さん、こんにちは!!

梅雨の季節が来ましたね!!
嫌ですね~雨が続くと、気分も・・
いやいや、梅雨に負けずに頑張っていきましょう!!


さて、神戸花鳥園の外池ではベビーラッシュでたくさんのカモの
雛が誕生しています。

まだ、見ていない方はこちらをどうぞ!!
↓ カモの雛のブログです ↓
~オシドリの母とヒナ~

この鳥は、座って何をしているのかな~!!
温めてマス。
何か巣のような、枯れ葉がたくさん積もって・・
近づいてよく見てみると・・

あ、卵です!! 巣があり、抱卵していたんです!!
卵の位置

と、観察をしていると、
「これ以上近づくな!」と言わんばかりに大きな鳴き声で警戒されました。
シギ警戒
外池スタッフ・・「敵ではありませんから、少し見せて下さいよ。」(笑)
やはり、卵や雛を守る為には体を張って威嚇をするのは、
さすが「親鳥!!」という感じでした!!

それでもシギは近づく人間に、このような行動をとりました。
↓ 下の写真を見てください ↓
シギ威嚇
わざと自分の翼を水面に「バシャ!バシャ!」と叩き、
私の目を引き付ける行動に出ました。

次の写真はこれでも巣から離れない私に対して、ケガをして溺れたふりをする行動に・・
シギ・水の中
実は、これは鳥でよくある行動の「擬傷(ぎしょう)」と言われる行動です。
卵や雛を抱えてる親鳥が、外敵に対して自らケガをしているように見せかけ、
外敵の目を引き、卵や雛を外敵から守る行動です。

さすが親鳥ですね!この行動を目の前で見れるとは、嬉しいですね!!
って、外敵と思われてるんですね~残念だ。(笑)

何よりもこの6個の卵たちが無事孵るようにこれからも見守ります!
シギの卵
楽しみですね!!丁度、今が外池の繁殖シーズンです。
皆さんも、ぜひ小さな可愛い雛たちに会いに来てください!!

またクロエリセイタカシギの抱卵・情報もブログでお伝えしますので、
お楽しみ下さい。



ひながいっぱいです! 

みなさんこんにちは
今回は、かわいいひなたちを紹介します。

キンケイのひな
まず6月5日に今年初めてキンケイのひながうまれました。


キンケイのひな達
全部で8羽うまれ元気に育っています。


キンケイのひなアップ
カメラをみつけてつつきにきました。
好奇心いっぱいです!


次に中庭池の島の中を探してみると・・・
トキのひな
枝にかくれてみにくいですが、木の中にシロトキのひなをみつけました。
ふ化してしばらくたっているので、もう巣から出てまわりの枝に自由に移動できるようです。

最後にまだまだたくさんうまれているマガモのひなたち。
親子マガモ
現在マガモの親子を中庭池の北側で展示しています。
ひな8羽とお母さんマガモが一緒にみられます。


お腹の下に
ひなたちが眠る時はお母さんマガモのお腹の下にもぐりこんでいます。

カモふれあい
中庭池の西側では日曜、祝日などに不定期ですがマガモのひなとのふれあいを行っていることがあります。(※天候や鳥の体調などにより中止することがあります)
みなさんぜひお立ち寄りください。

フクシアにつく害虫を知ろう! 

皆さんこんにちは♪いよいよ梅雨入りしたということですがいかがお過ごしでしょうか??
今日は皆さんに梅雨明け後から夏本番に向けて多発するであろう害虫の発生とその対策を少しではありますがお知らせしたいと思います。ではさっそくはじめましょう!

ダニ   ハダニ類は葉・茎・花に寄生し植物の汁液を吸う。
・乾燥した環境で発生しやすい。
・通年発生するが特に気温が上がる夏場に多発。

①葉にカスリ状の小斑点を生じる初期症状です。写真上では一枚の葉しか写していませんが、これがダニの蔓延したフクシア全体となるとくすんでカサカサした状態になり葉の緑も美しくなく美観を損ないます。
だに1
②成虫のダニは葉裏にいることが多いです。肉眼で確認することができます。
だに2
③多発状態におちいると幼ダニが広域に分布するために糸を吐きだします。この様な症状がでれば末期です。薬散をしダニのいる枝を切り戻しましょう。
だに3
対策
・成虫、幼虫、卵を発見した場合は薬剤散布。薬散をしても株の状態が良くならない場合は切り戻す。
・夏場は特に、発生しない環境作りを心がける。温室の場合は湿度を上げて風通しを良くし涼しくする。野外の場合は雨に打たれることもあるので温室に比べると比較的発生しにくいが、雨の少ない真夏等は早朝・夕方の涼しい時間帯に葉水をかけてやる。

アザミウマ(スリップス)   花・新葉に寄生し汁液を吸う。
・暖かくなるとともに発生し始める。高温に弱い。
・排泄物による汚れや、病気を引き起こす媒体者としても要注意。
・アザミウマは花や葉の新芽にもぐりこむのでアザミウマ自体を目視で確認するのは難しい。よって、薬剤散布をしても殺害するのが難しい。
  
①開花前に蕾から侵入されるため開花後もこの様な被害痕が残ります。
すり4
②奇形。汁液を吸われた新芽はこの様な症状にもなります。
すり1
③ケロイド状の被害痕。
すり3
④新葉の萎縮・変色。
すり2
対策
・成虫は飛ぶのでその性質を利用した虫取り粘着シートの活用。
・不必要な花、蕾の除去。

アブラムシ   新芽・枝に寄生し汁液を吸う。
・排泄物により病気を引き起こすのでその点にも注意。

①繊維の柔らかい新芽・枝に集まり口針を差し込んで加害します。
あぶら1
②葉の表面にもいます。
あぶら4
対策
・環境適応能力が高いが軟弱な虫なので初期発見できるようにして被害拡大を防ぐ。
・目視で十分確認できるので被害部分は虫とともに即座に除去する。

コナジラミ
・かなりの距離を飛ぶことが可能で、株から株へ移り住み被害範囲が拡大しやすい。
・排泄物による病気の誘発。

①この写真では葉の表面にいるが、成虫は葉の裏を好んで棲家にします。そのため発見しにくいです。
こな1
対策
・初期発見に抑え、被害の拡大を防ぐ。最初のうちは本当に極少しかいないが急激に増えやすいので要注意。
・成虫を確認したら幼虫の寄生部分を摘み取り成虫ならば手でつぶしその後薬剤散布をし、一度で死にきらないので薬の使用方法に従いこまめに薬散して除去しきる。
・薬散の頻度が高まると薬害がでるおそれもあるので葉水も良いタイミングでかけてやる。

ナメクジ
・通常日中は株元や鉢底・裏に潜み夜間に活発に活動する。

①日中でも活動しているナメクジ。
なめ1
②ナメクジの這った痕。舐食しながら這うため、移動した痕跡が粘液状物質として残る。食害があります。
なめ2
対策
・見つけたらすぐ捕まえて殺す。
・用土の中にも卵を産み付けている場合があるので注意深く確認する。


いかがでしたでしょうか・・・害虫害虫害虫・・のオンパレード・・・嫌気がさしますね。神戸花鳥園でもできる限りのベストを尽くして日々観察し即対処しています。
なのでこの様な害虫の存在と生態を知ることは、植物を害虫の被害少なく育てていくためにもとても重要なことです。こちらがいくら害虫に対する知識をつけても害虫の方でも適応・対抗能力をつけてきますので何度失敗を繰り返しても臨機応変に、そして根負けすることなく立ち向かっていくことが大切です。最小限の被害にとどめるためにも素早く的確に害虫除去に努めましょう。そして害虫の発生を繰り返さないためにもより良い環境作りを進めていくことが大切です。また、害虫をゼロにすることは極めて困難なので、害虫に悪さをさせない環境作りをして上手に付き合っていくことをお勧めします。
今からやってくる夏本番に向けて、害虫に対する予備知識と事前対策を虫の少ないいまのうちにしてみてはいかがでしょうか?
では皆様のご家庭のフクシアが無事に夏越えできますように♪また次回をおたのしみに♪♪


                                担当 いそむら







ダイちゃん頑張っとります 

今日はこの方のひとコマをご紹介します。
足だけですが、どの方かわかりますでしょうか?
大きな足と、お腹の黒い羽・・・・
ダイ足

ピンときた方、いらっしゃいますでしょうか?
ダイ
おなじみ、オオサイチョウのダイちゃんです。

今日のダイちゃんは、隣の部屋のサム君の所でおやつをおねだりしていました。
サム
お久しぶりです。サイチョウのサムです。
ダイちゃんとはお部屋が隣ですので、ダイちゃんはサムのところに行き
おやつをおねだりしたり、2羽で床に寝そべったりしています。
サム見下ろす
今日は、ダイちゃんを見つけたサムは、チラッと見ただけで、興味がわかなかったようです。
ノーリアクションというのも、悲しかったようです。

だいにげる
せっかくサムの場所によってきましたが、あっさり方向転換してしまいました。
ぴょんぴょんと飛び跳ねて別の方向へ・・・
向った先は、やっぱりサイちゃんの場所でした。
ダイ吐き出し
早速、ずいぶん前にお客様からもらったブドウをおすそわけ!
一度食べたおやつも、彼女のためなら、喜んでプレゼントするダイちゃん。
ですが、サイちゃんは気に入らなかったようでケンカになってしまいました。
ネット越しのちょっとしたケンカです。


サイちゃんが怒ってしまっていました・・・
もう少し仲良くなってくれると嬉しいのですが、どうにもうまくいかない2羽でした。
「2羽を一緒にしないの?」というお声をいただくのですが、
この10倍危ないケンカをしてしまうので、現在はネット越しの御見合い中の状態です。
もっと仲良くなってくれるように、毎日祈っています。

ダイはづくろい
サイちゃんも、ケンカの後は止まり木に戻ってしまったので、
ダイちゃんも最初の止まり木に移動して、羽をきれいに整えています。
ダイちゃんは羽をきれいにしているときに触ると怒る場合があります。
うっかり触って噛まれないでくださいね。

台寝る
ダイちゃんの色々遊んで、昼寝です。
お客様から「死んでいるの?」
と質問されるのですが、問題ありません。
昼間の日向ぼっこで、おやつを置いている台で寝そべっています。
このほかにも、サイチョウとオオサイチョウのひとコマは色んなシーンがありますので、
ぜひ、一度ご来園になってお楽しみください!
ダイちゃんも頑張っとりますので、ぜひ来てみてください。






テンの表情 

皆様、こんにちは!

昨日で「がんばっトリまス!関西!キャンペーン」の入園半額期間が終了致しました。
この期間は、本当にたくさんのお客様に来て頂き、誠に感謝しております!
ありがとうございました!!

IMG_4905のコピー
6月5日撮影。長屋門駐車場にて。

雨上がりの夕方18時頃。大きな虹が出ていました♪
こんなに大きいのは久々に見ました。
神戸にいた方は、中には見た方もいらっしゃるかもしれませんね。

実はこの虹、よ~く見ると・・・ (写真左上)

IMG_4915のコピー

二重になってました!!
大きいだけでも珍しいのに、さらに二重の虹・・・!
何かいい事が起こるといいなぁ♪

さて、今週の猛禽ブログは、今までと少し趣を変えまして・・・
今回は写真メインでいかせて頂きます♪

今回のテーマは「カメラが捉えた一瞬の表情と姿」です!

フクロウは無表情だと思われがちですが・・・
当園では人に良く馴れた子達が多く、飛んでいる時、くつろいでいる時、
寝ている時など、様々な表情を見せてくれます。

今回はその中でも、写真でしかなかなか見ることの出来ない、ショーの中での
“一瞬の表情や姿”をご紹介していきたいと思います。

今回スポットを当てたフクロウは・・・・

アフリカオオコノハズク

IMG_0366のコピー

愛称:テン (女の子)

英名:white-faced Scops Owl
学名:Ptilopsis granti

南東ガボン、南ザイール、南西ケニア、中央コンゴ、南ナミビアなどに分布しています。
サソリ、クモ、昆虫類、爬虫類、小型鳥類などを捕食します。
驚いた時や怖いときに体を細くして木の枝に擬態するという習性で有名になりました。
姉妹園の掛川花鳥園のポポちゃんがテレビ等で大人気となっています。

テンちゃん関連のブログはこちらから↓

神戸花鳥園産まれのフクロウ達 第2弾
細くなった後は・・・?
ショーデビュー
土管の中からこんにちは。

ではさっそく、テンの様々な表情を見ていきましょう♪

まずは土管からの登場シーン。
ポ~ンと、出てきたら・・・

IMG_4347のコピー

しっかりと飛んでいく先を見据えている表情ですね。


飛び立った瞬間です。

IMG_2278のコピー

眼は真剣そのもの。

IMG_4455のコピー



次は珍しい、飛び立つ直前の姿です。

IMG_2796のコピー
IMG_2797のコピー

態勢を低くして、踏ん張った瞬間が撮れました。
上下の写真の目つきが違いますね。


ショーの合間の一息。

IMG_4952のコピー

ショーをそっちのけでよそ見をしています。空に何か飛んでいたのでしょうか・・・??



そしてお次は、飛んでる最中の顔です。

IMG_4421のコピー

かなり眼光が鋭く、まさに獲物を狙う猛禽類の眼です!

頑張って飛んだ先には・・・

IMG_3587のコピー

ご褒美が待っています。食べる瞬間の顔もすごいですね・・・。

IMG_4459のコピー

こちらは飛び乗ったと同時にご褒美を頬張ろうとした瞬間です。
残念ながらご褒美との距離が遠かったようです・・・。

ちなみに・・・

IMG_4463のコピー

止まり木に飛び乗った瞬間は目を瞑るようです。
これも一瞬なので、写真を撮って見て気づきました。


たまにはこんな珍しいポーズも撮れます。

IMG_3414のコピー

テンちゃんの決めポーズ!!


・・・いえ、別にテンちゃんは決めポーズを決めている訳ではないのですが・・・
なんだか、私には決めポーズに見えてしまいます。


そして。
ショーの最後は始めに出てきた土管に入って退場です!

IMG_0464のコピー
テン「みんな、拍手ありがと~!」

きっちりと最後はお客様に“ごあいさつ”を忘れません!


さて。いかがだったでしょうか?
皆様のお気に入りのテンちゃんの表情は見つかりましたか?

皆様も次回ご来園の際には、是非是非お気に入りの鳥達の瞬間の表情を
カメラで狙ってみてはいかがですか?

ご来園お待ちしておりま~す!!







第33回花園コンサート 

「がんばっトリまス!関西!キャンペーン」最終日の今日、
第33回花園コンサートが北フクシアロビーにて行なわれました。
ZN4G9795のコピー
今日は2台のピアノの演奏です。
演奏してくださったのは、初の登場となる釈迦郡 洋介さんと大前 香菜子さんです。

4AFT9304のコピー
釈迦郡 洋介 (しゃかごおり ゆうすけ)
桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科修了。ハンガリー国立リスト音楽院修了。
これまでに、飯塚新人音楽コンクール第1位、第19回宝塚ベガ音楽コンクール第1位、第11回松方ホール音楽賞奨励賞、第2回神戸芸術センター記念ピアノコンクール金賞(最高位)など国内外において数々の賞を受賞。また、リサイタルはもとより美術館やサロンコンサートでの演奏も好評を博し、度々神戸新聞や月刊誌「ショパン」に掲載される。現在、相愛大学にて後進の指導にも力を入れている。神戸市在住。
オフィシャルサイト http://pianist.yosuke-shakagori.com/

4AFT9284のコピー
大前 香菜子 (おおまえ かなこ)
神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽(ピアノ)専攻卒業。在学中、オータムコンサートに出演。
ハンガリー国立リスト音楽院修了。幼少より、PTNA・兵庫県学生ピアノコンクールなどにおいて数々の賞を受賞し、近年においては第38回クラシック音楽家振興会推薦コンサートにてベストプレイヤー賞、第2回神戸新人音楽賞コンクールにて優秀賞を受賞する。また、ブダペストでのデュオコンサートや帰国記念のリサイタルは好評を博す。2009年9月26に舞子ビラ神戸あじさいホールにて神戸市民文化振興財団主催「舞コンサート」に出演決定。現在、大阪城南女子短期大学非常勤講師。神戸市在住。


《二人の共通プロフィール》2008年9月より「二人でピアノ」と題したコンサートシリーズをスタート。
(VOL1~ハンガリーの作曲家達~、VOL2~スタインウェイとベーゼンドルファーの共演~、VOL3~名曲アルバム~)ソロ、デュオ、連弾などをもりこんだコンサートは毎回好評を博している。


モーツァルト ピアノソナタ ニ長調 K448の演奏

演奏曲目

第一部
ハチャトリアン バレエ組曲「ガイーヌ」より剣の舞
リスト 愛の夢 第3番
バルトーク 3つのハンガリー民謡
ブラームス ハンガリー舞曲 第一番
ハンガリー舞曲 第二番
ハンガリー舞曲 第五番


第二部
ハチャトリアン バレエ組曲「ガイーヌ」より剣の舞
リスト 愛の夢 第3番
バルトーク 3つのハンガリー民謡
モーツァルト ピアノソナタ ニ長調 K448
をお送りしました。

ZN4G9800のコピー
聴いてくださったみなさまありがとうございます。


次回予告
6月14日(日)①11:30②14:30
二胡&中国琵琶

出演:梁 嘉佳(二胡)、キンシン(中国琵琶)、文暁鈴(ピアノ)

花園コンサート詳細ページ
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/hanazonobosyuu.html

がんばっトリまス!関西!キャンペーン明日まで! 

ご好評いただいております「がんばっトリまス!関西!キャンペーン」ですが、
明日で終りを迎えます。ぜひ、今日、明日遊びに来て下さいね!

当園の売店ではキャンペーン期間中特別セールをやっております。
人気の商品などが10%off!
遊んだ後は、たのしいお買い物を楽しんでくださいね!
happyball800.jpg
直径30cmのふくろうハッピーボール(写真左)が、なんと!
6/6(土)、6/7(日)限定で\2,200→\800に!

ZN4G9545のコピー
売店のキャンペーンセールの商品のご案内はこちら


このキャンペーン中に「JAIRA乗馬クラブ」さんからポニーが遊びに来てくれます!
6月6日(土)は①9:30ごろ~10:30ごろ②13:30ごろ~14:30ごろ③16:00ごろ~17:00ごろ
7日(日)は①9:30ごろ~10:30ごろ②16:00ごろ~17:00ごろ
※大変申し訳ございませんが、7日のポニー来園は中止となりました。申し訳ありません。
キャンペーンが終わった6/8日(月),9日(火)も14:00ごろ~15:00ごろまで来てくれます。

ZN4G8959のコピ2
以前にも紹介しましたJAIRA乗馬クラブさんから
かわいいポニーが出張で遊びに来てくれます。

ZN4G8948のコピー
いっしょに写真を撮ったり、本物の馬とふれあうことができます。
調教師さんが馬について教えてくれたり、ふれあいのアドバイスしてくれます。
場所は神戸花鳥園南側の駐車場です。

神戸マリンエア JAIRA 乗馬クラブ HP
http://www.jaira-rc.com/enkaku.html

では、みなさまのお越しをお待ちしております。


※雨天の場合は中止させて頂きます。ご了承下さい
※馬の健康状態により予告なく中止、内容が変更される場合がございます。ご了承ください

これらのイベントは終了いたしました。ありがとうございます。

~新しい仲間~ 

皆さん、こんにちは!!
ここ最近はとても、暖かくなり
夏を感じれますね!!

神戸花鳥園も「かんばっトリまス!関西!」という神戸、関西を
元気にするキャンペーンを7日まで行っております!皆さんもぜひ、お越しください。

さて、今回は外池の新しい仲間を皆さんに紹介したいと思います。
新しい仲間とは・・
DSC_1522のコピー
この子達です!!(愛称左 マシロ 右 イト まだ子供なので性別は分かりません。)

この種類はコールダックという世界最小のアヒルで、
外池では、毎週日曜日に、限定10組のお客様限定で行っている
コールダックをひざに乗せて写真を撮ろうというイベントがございます。
そこで、今回元気よく大きく育った、この二羽がイベントに参加する事になりました!!

↓どのようなイベントか知らない皆さんはこちらを見て下さい!
~記念すべき一回目のイベント~

この子達は人に馴れたコールダックで、今までひざ乗せをしていた
コール君、ルックちゃん、ルルちゃんと一緒に頑張ってくれます。
(体調管理の為、イベントに参加しない個体もいますのでご了承下さい。)

DSC_1730のコピー
ホワイトカラーのコールダックで記念撮影をしました。
(写真左から イト ルック ルル マシロ です。)

どうですか~皆さんイベントに参加してみませんか~!!
DSC_1276のコピー
今の時期、外池では新しい家族が増えています。
皆さんもぜひ、外池ふれあいカモに会いに来てください。
皆さんのご来園をお待ちしております。

最後に二羽の可愛い寝顔です。
イトとマシロ・・「眠ちゃいなぁ~!!」
DSC_1521のコピー

赤い鳥がより赤く 

みなさん、こんにちは。

今回は繁殖期のトキの仲間の様子を見ていただきます。

まずは、去年も紹介しましたシロトキから。
いつものシロトキ
上の写真は繁殖期ではない普段の時期のシロトキです。
そして・・・


シロトキ紅jpg
こちらが繁殖期のシロトキです。
顔が真っ赤になってのど袋が垂れ下がって目だっています。
よく見ると足も赤くなっていますね。


次に、もともと赤い羽毛をしたショウジョウトキ。

いつものショウジョウ
上の写真が繁殖期ではない普段の時期のショウジョウトキです。
そして・・・


ショウジョウ紅
繁殖期のショウジョウトキです。
赤い羽毛がさらに真っ赤になっていますね。
なぜかクチバシは黒くなるようです。


最後に去年生まれたショウジョウトキの様子を見てみましょう。

若ショウジョウ
生まれた時は真っ黒でしたが、今は赤い羽毛がだいぶ混じってきています。
来年には真っ赤になっていることでしょう。


トキふれあい
トキの仲間たちの繁殖期はまだしばらく続きます。
中庭池の東側の通路でトキの仲間のごはんを販売しておりますので、ごはんをあげながらゆっくりトキの仲間を観察してみてはいかがでしょうか?

初開花!! 

PICT0005_20090603135210.jpg
先日植え替えの模様をブログで紹介したのを覚えている方もいらっしゃると思います。本日、その植え替えした耐寒性スイレンが開花しました!

PICT0004_20090603134840.jpg
今日は生憎の曇り空ですが、薄いピンクの色がとてもカワイイですね~。
PICT0008.jpg


PICT0007.jpg
赤丸で囲ってある所に又次の花芽が出てきています。植え替えをしてあげるとスイレンは咲きやすく成ると言うのが分かって頂けたと思います。これから暑くなるのでドンドン咲いてくれるでしょう。もし咲かないスイレンが有りましたら、皆さんも植え替えしてあげて下さいね!

鳥の目の秘密!? 

みなさんこんにちは!

今回は東展示室の鳥たちのに注目していきたいと思います。

ではオオハシの目を見てみましょう!

シロムネオオハシのニコちゃん↓

ニコ発見!


くりくりっとした黒目ですね!

・・・ん?

今なにか変なものが見えたような・・・

ニコ閉じた後


な、なんだこれは?!

白目をむいている!?

ちょっと不気味ですね。


でも実はこれ、どの鳥にもあるんです。

瞬膜といって、3つめのまぶたと言われています。

まぶたと眼球との間にある半透明の膜です。
鳥類や爬虫類、無尾両生類、魚類の一部(サメ類など)はこの瞬膜が発達しています。

鳥はまばたきをするとき、上まぶたと下まぶたをあわせるのではなく、
この瞬膜を横からシャッと出します。

またこれは、目を保護したり、清潔に保ったりする役割を持っています。

普段はすばやく出入りしているのでなかなか見ることができませんが、
うたた寝をしている時や、なでてもらって気持ちいい時はゆっくり出るので
しっかり観察することができます。

シャッターチャンスがとても少ないので
撮影できた時は感動でした!!


同じシロムネオオハシのラテでも撮ることができました♪
スタッフが近寄ると「なでてなでて!」と寄ってきて・・・
ラテ うっとり
うっとり・・・

ラテ 瞬膜
あ!これです!



ちなみに、ツノサイチョウのサムくんでも撮影に成功しましたっ!!

見た目は若干怖いですが、かまってもらうのが大好きなサムくんです。
サム


なでてあげると・・・

サムうとうと


気持ちよさそうにうとうと・・・

あ!

サム瞬膜

はっきりと撮ることができました!
やはり少し怖いですが、こんな瞬間もあるのです(笑)


もちろんぐっすり眠っているときは
綺麗に上まぶたと下まぶたをあわせてしっかり目を閉じますよ♪

コガネメキシコインコで見てみましょう!

コガネ あいてる状態

しっかり起きています。
でもしばらく見ていると・・・

コガネ 普通に閉じてる状態


「眠たい・・・zzz」


眠たい時にお邪魔してごめんね。
おやすみなさい♪


花鳥園にお越しの際は、ぜひこういった細かい所まで観察してみてくださいね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。