月別アーカイブ

 2009年04月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオウの一日! 

こんにちは!毎回ブログでお世話になっております。
今回は、中庭池でよく目立っている鳥さんの一日の行動を追跡いたしましたので紹介させて頂きます。

誰もがご存知の孔雀のラオウ君の一日です。
屋根の上
ラオウ君は屋根や高い所が大好き!!

ある日の朝、スタッフ達が来ると...
いましたラオウ君!
見つめるラオウ
昼間はよく高い場所で過ごしています。


私達スタッフがごはん台の前で立ち番をしているとラオウ君もやって来ました。
一休み
これはごはん台の後の掃除道具入れの上に登っているラオウ君!
なんとも器用にジャンプして登ります。孔雀さんが高い所を見ている時は、ジャンプする合図かもしれませんよ。


何よ~!?
この時の孔雀さんはリラックス気味。うとうと寝る体勢に入っている事が多いです。
頭の粒粒
なので頭やお腹を撫ぜてあげると気持ち良さそうにしています!普段から大人しいラオウ君なので チャンスがあれば撫でてあげて下さいね♪噛み付いたり、人を恐れたりする事はありませんよ。

通路のラオウ
こちらはお昼時です。ごはんを持ってる人はいないかなぁ~と探している様子。

そこへラオウのお父さんのジャックがやって来ました!
ラオウとジャック2
ラオウとジャックは何を思ってか、よくお互い追いかけあって遊んでいます。
これがその光景!!
ラオウとジャック
植木鉢の周りをくるくると回っている様子...

とっても遊ぶことが大好きで、楽しい事がないか常にいろんな所に目を向けているようです。
花鳥園にご来店された方は是非、鳥さん達の行動を観察するのも楽しいですよ!

スポンサーサイト

ユリの特別展示 

yuritenji002.jpg
現在、園内”中庭池”の西側通路にて、ユリの特別展示を行なっています。


ZN4G8451のコピー

yuritenji001_20090427163113.jpg
オリエンタル系、アジアティック系を中心におよそ100種類のユリを展示しております。


これから一部ですがユリをご覧下さい
カナレットのコピ2
カナレット

カプチーノ003のコピ2ー
カプチーノ

セブグロウ8のコピ2ー
セブグロウ

ケルソのコピ2ー
ケルソ

ニンフ002のコピ2ー
ニンフ

メノルカのコピ2ー
メノルカ

セラーダのコピ2ー
セラーダ

ディアボロ002のコピ2ー
ディアボロ

トレビアーノ002のコピ2ー

トレビアーノ

ティニーゴーストのコピ2ー
ティニーゴースト

ナボナ003のコピ2ー
ナボナ


yuritenji010.jpg
ご来園の際はぜひ、中庭池のユリを見に来て下さいね!



(本日予定していましたフクシアのブログのアップはGW中に変更しました)
※ユリの特別展示は修了いたしました。ありがとうございます。

オカメインコはごはんより・・・ 

みなさん、こんにちは。
本日はとっても可愛らしい顔をしたインコゾーンの人気者、
オカメインコをご紹介したいと思います。
オカメ1

名前 ハッピー(右)♀ ラッキー(左)♀ 
和名 オカメインコ
学名 Nymphicus hollandicus
英名 Cockatiel

オーストラリアのほぼ全域に分布し、草の実や穀類、果実などを食べます。
頬に赤い斑があり、オカメの面相に似ていることが名前の由来となっています。

ハッピー、ラッキーちゃんは2006年12月に神戸花鳥園で生まれた子たちです。
ヒナの時から私たちスタッフがごはんをあげていたため、
よく人に馴れていてとても甘えん坊さんです。

こちらは男の子のなみちゃんです。
オカメ2
なみちゃんはハッピー、ラッキーちゃんたちと対照的で警戒心がとっても強い子です。

花鳥園では通常100円でこちらのインコたちにおやつをあげることができますが、
残念ながらこのオカメインコたちはおやつにあまり興味を示してくれません・・・。

オカメ3
指先におやつのりんごを乗せて顔の前にもっていってみても・・・

オカメ4
りんごに全く興味を示さず、何故か顔をかたむけてきたりします。
これはどういうことかというと・・・(インコを飼っているお客様はわかると思いますが)

オカメ5
そう、「頭ナデナデして~」というアピールをしているのです。
ハッピー、ラッキーちゃんは頭をなでられるのが大好きなんです!
ごはんをもらうより嬉しそうにしています♪

花鳥園のインコゾーンにお越し頂いた際に、
オカメインコがもしお客様に向かって↓のように頭を下げてきたら、
オカメ6
こういう意味なので、ぜひナデナデしてあげて下さいね!!

ただし、

先ほど紹介した男の子のなみちゃんに手を出すと・・・
オカメ7

こんな感じになってしまいますのでくれぐれもご注意を・・・。
すごい拒絶をされるのは結構ショックです・・・・(笑)

















GW!!外池で名前募集します!! 

はい!みなさんこんにちは!!

今回は外池からのイベント情報をお伝えしたいと思います!!
GW(ゴールデンウィーク)である4月29日~5月6日まで、外池では
ヒナの名前募集を行いたいと思います!!

今回名前募集するヒナ!
コールヒナ

4月21日生まれのコールダックのヒナです(ブラウンカラー)!!!

実はこの子、外池で人気のコール君
去年名前募集で名前が決まったルックちゃんとの間に出来たヒナなのです!!!
↓このたび親になった二羽の夫婦写真です!
コール&ルック
↑向かって左の色鮮やかな子がコール君
向かって右側のホワイトカラーの子がルックちゃん!!
二羽の可愛いヒナが誕生したので、記念に
コール、ルック二羽揃って、写真を撮りました。
外池スタッフもこの二羽のヒナが誕生したのでとても嬉しいです。
本当に、親の気持ちで、まるで孫が誕生したような気持になりました。(笑)

この2羽は毎週日曜日「コールダックをひざに乗せて写真を撮ろう」
というイベントで活躍してくれているふれあいカモたちなんです!!
↓イベントの詳細はこちらのブログを見てみてください!
記念すべき一回目のイベント

↓こちらの写真はこのヒナの卵の写真です
卵.jpg のコピー
よく見ると、卵に名前が書いてありますね!
これは私たちスタッフがふ卵器に入れる時、
「コールとルックの卵」と、わかりやすいように
名前を記入していたものです!!
無事に孵化してよかったです!!

さらに、今回はケープペンギンのヒナも同時に募集します!!
ペンギンヒナ
↑このヒナは3月25日に誕生したケープペンギンのヒナです。

親は、キビくん(お父さん)とサクラちゃん(お母さん)との赤ちゃんです。
まだまだ体は小さいですが、目がとても大きいヒナで、
このふわふわな羽毛に包まれていてとても可愛いですね!

では、今回のお知らせの説明をさせて頂きます!

2羽のヒナに素敵な名前をつけて下さい!
神戸花鳥園外池にて募集します。

開催期間:4月29日(水)~5月6日(水)
開催場所:外池
・外池設置の記入用紙に住所、氏名、年齢、電話番号を記入して
 頂き、オスかメスかまだ分からないのでどちらでもあうような名前を考えて下さい。
・採用された方には、ご招待、記念品の贈呈を行います。
 なお、採用となった名前に複数の応募があった場合には、
 抽選により採用者を決定いたします。
・当選者の発表は当園からの連絡をもって返させて頂きます。
・インターネット、メール、電話、郵便、FAXでの受付は行っていません。

予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承下さい。
  個人情報は、発送とご連絡以外には一切使用いたしません。


皆様もGW中に神戸花鳥園にご来園していただいて、2羽の名前をつけてみてください。
皆様からの素敵な名前をお待ちしています!!



花園コンサート出演者募集 

花園コンサート出場者募集

神戸花鳥園では「花園コンサート」出場者を募集しています。
過去の花園コンサートの様子を載せたブログはこちらです。

【出場条件】
・花鳥園に相応しいコンサートを行なえる方
・プロ、アマ不問
・個人、グループ不問

【コンサート概要】
・開 催 日:原則 毎週日曜日
・演奏時間:1回2~30分×2ステージ
・演奏会場:神戸花鳥園内、特設ステージ
※プログラムは双方の話し合いの上決定します。

【応募方法】
エントリーシートに記入の上、
FAX,電子メールかファックスで応募

【お問い合わせ】
神戸花鳥園 〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9
TEL:078-302-8899 FAX:078-302-8222
E-mail:ishikawa@kamoltd.co.jp
花園コンサート係 石川まで



エントリー用紙(PDF)は神戸花鳥園公式ホームページ内、
花園コンサート出演者募集ページにてダウンロードください。


予告

5月3日(日)の花園コンサートはお休みさせていただきます。
ご了承ください。

これは何でしょうか? 

突然ですが問題です。
これ↓は何だかわかりますか??
花1

正解は「インドクワズイモの花」です。わかりましたか~?
インドクワズイモの花は、花軸に密集した小さな花(肉穂花序といいます)と、それを囲むように発達した苞(仏炎苞)からなっています。
仏炎苞とは、花の穂を包むような形で、花びらのような役割を担っている苞です。サトイモ科に特徴的な苞なので、同じサトイモ科のミズバショウを思い浮かべると分かりやすいでしょうか?
このような苞で、花によってくる昆虫を内部に閉じ込め、受粉の確率を高めていると考えられています。

クワズイモ

インドクワズイモ(学名:Alocasia macrorrhiza)は、東南アジアや太平洋諸島原産の、サトイモ科クワズイモ属の常緑多年草です。
草丈は大きなもので3m、葉の長さは約60cm、幅は45~60cm、葉柄の長さは約60cmにもなります。
花期は夏ですが、花鳥園は暖かいので次々と開花しています。
花のつき方

地下茎が肥大して出来た芽の上半分が地上に突き出しています。
いも部分
地下茎を切ってみるとサトイモと同じように白いです。こんなに大きいイモならたくさん食べられそうですが、「クワズイモ」の名の通り食べられないので注意して下さいね!

ペンギンヒナ~ご飯を食べる~ 

はい!みなさんこんにちわ!!!

今回の外池ブログは少し前に紹介した、
ペンギンヒナ人工育雛ご飯編をお伝えしたいと思います!!!
↓前回の記事
こんにちは!赤ちゃん

ヒナ取り上げ1
↑こちらが取り上げたヒナ!

さてさて、今回はご飯編ということで、
人工育雛に切り替えて初めて人間の手から
ご飯をもらうところを皆様にご紹介したいと思います!

とは言っても今まで親ペンギンに子育てをしてもらっていたので、
ほぼヒナにとっては初めてみる人間!!

↓半ば強引な感じがしますが…
ごはんを食べるjpg
少し指でクチバシを開けてあげて、
その隙間から魚を入れる感じです!!
初めはなかなか食べてくれませんでしたが、
何回か挑戦するうちにヒナも慣れたのか、
パクパクパク~
っと食べてくれました!!
食べた食べた~
↑ヒナ『う~いっぱい食べたぁ~!!!』
この時で小さい魚のアジ(尾っぽを切ったもの)
4匹ほど食べました!
まだまだ緊張気味だったせいか魚の数は少ないですが
今では200gぐらいをペロリと食べてしまいます!!

ウェ~眠たい
↑ご飯を食べ終わった後は眠たくなったのかな?
スタッフの手にもたれかかって半分寝てました…笑
ヒナ『もぉ眠たいよ~』

元気で優しい人に馴れたペンギンになって欲しいですね!!

さて!ここで突然ですが
【比べてみよう】を開催したいと思います!

今回はペンギンの足!!
ワサビ足
↑こちらは大人のケープペンギンの足のアップです!
とてもしかっりしている感じがしますね!!
ケープペンギンはこのしっかりした足で
岩場なども移動することが出来るのです!!
神戸花鳥園のケープペンギンも
上手に岩を登って丸太に登る姿を見ることが出来ます!!
そして丸太の上でよく気持ちよさそうにお昼寝してます…(笑)

さて、ヒナの足はどのような感じなのでしょうか??
ヒナ足
↑大人に比べてやはりまだまだ小さく頼りない感じがしますが…
爪を見てください!!
立派な爪がもうすでについていますね!!

今はまだ頼りない感じですが
大きくなるにつれてこの足もしっかりしていくんですね!!

さて、みなさんいかがでしたか?
これからの成長がたのしみですね!!

このヒナももう少し大きく(G.Wごろ)なりましたら、
皆様の前にも出れると思いますのでもう少しだけ待ってくださいね!!

神戸花鳥園の大人のケープペンギンたちも近くで見ることが出来るので、
ご来園の際はぜひペンギンたちにも会いに来て下さい!!

↓ふれあいペンギンのメイちゃん!
クチバシに羽根をつけて何か言いたそうですね!!!
メイ
メイ『お待ちしてます!!!』

中庭池の卵たち 

みなさんこんにちは!!

ただ今、中庭池ではカモやキンケイたちの産卵シーズンです。
なので、気がつけば廊下に卵が転がっていたりする時もあります(笑)
運がよかったら卵を産むところを見られるかも知れませんょ☆★


さて今回は中庭池にいる鳥達の卵をクイズで紹介していきたいと思います♪


では早速1つ目、
これは何の卵でしょうか??

SANY0662_convert_20090422135957.jpg
重さ:約48g
高さ:約6cm


正解はマガモです!!
convert_20090422144157.jpg

卵の色は写真では光の加減でオレンジ色をしていますが
実際は青緑色の無斑です。

このような卵を9個~13個産み、約28日間抱卵します。



では2つ目、誰の卵でしょうか??

SANY0653_convert_20090422135922.jpg
重さ:約27g
高さ:約5cm


正解はキンケイでした!!

この写真を見るとマガモと卵同じでしょ!!
と、思われるかもしれませんがキンケイの卵の形はマガモの卵に比べると
やや先端が尖っていて、小さめです。
色はこの写真のような薄橙色をしています。

キンケイは卵を約6個~12個産み、約22日間程抱卵します。
20081213154924s_20090422143140.jpg
こちらはキンケイの女の子です♪


さて3つ目、誰の卵でしょうか??

SANY0670_convert_20090422140049.jpg
重さ:289g
高さ:11cm


正解はコブハクチョウです。
SANY0145_convert_20090422143701a.jpg

卵の色はマガモの卵のような青緑色をしているんですが、
さすがハクチョウ、卵とても大きくて重いです。
一日おきに5~6個の卵を産み、35~36日で孵化します。



さて、卵の大きさを分かりやすいように並べてみました☆★
SANY0668_convert_20090422140026a.jpg
これを見たらコブハクチョウの卵が圧倒的に大きいことがお分かりでしょうか?


卵クイズいかがでしたか?
今回時期ではなかったホロホロチョウやクジャクたちの卵もいつかご紹介したいです♪





ニムファエア コロラータ 

本日は、ニムファエア コロラータのご紹介です!!
PICT0005.jpg
スイレン科 スイレン属
Nymphaea colorata

PICT0045.jpg
この品種は小型で繁殖力も高く初心者でも栽培し易い品種です。
花は約12~13cmやや薄い紫色の花を咲かせます。原種なので改良品種の様に派手さは無く清楚なイメージですね。アフリカに自生し、ディレクター ジョージT ムーア、ミッドナイト、キング オブ サイアム、ウッズ ブルー ゴッデス などの名花の交配親にもなっています。

PICT0046.jpg
葉の形は円形に近く他の熱帯種と少し違った雰囲気があります。
葉のサイズも大きくなって掌より一回り大きくなる程度。他の熱帯種なら直ぐに数十センチの大きさに成ってしまうので、この品種はかなりコンパクトにまとめられます。


PICT0070.jpg
よくお客さんがこの花を見てテッセン(クレマチス)見たいと言われます。花のサイズも同じくらいですし、似ている様な似てないような・・・・どうでしょうか~?
栽培容易な品種ですから、皆さんも是非一度育ててみてはいかがでしょうか?

変わった仲良しインコ 

今日はちょっと変わった仲良しインコをご紹介します。

あーちゃんとりりー 1

一羽は目がとてもつぶらで可愛いオキナインコの性別不明のあーちゃん。
もう一羽は目が鋭くて、ちょっと怖いようにも見えるネズミガシラハネナガインコのリリーちゃん(オス)です。

あーちゃんとりりー 2

ちょっと変わっている理由は、2羽のインコの種類が異なる事です。
鳥は同じ種類で仲良くなるのがほとんどですが、たまにはこんな事もあるようです。

あーちゃんとりりー 3

2羽は同じような緑色をしていますので、目立たない上に色がカラフルな方がオスで、地味な方がメスとお客様は思われるのか、あまり注目されていないようです。

あーちゃんとりりー 4

仲良しのあーちゃんとリリーは東展示室のオウム・インココーナーにいますので見に来てくださいね。
(鳥の体調等により展示していない場合もあります)

あーちゃんとりりー 5

兄弟姉妹フクロウシリーズ ~アフリカワシミミズク編~ 

皆様、こんにちは!

最近は夏がやって来たかの様に暑い日がありますね!
皆さん、日焼け対策はばっちりして下さいね!

今週の猛禽ブログは久々の、兄弟シリーズの第2弾です!

第1弾はコチラからどうぞ↓

兄弟姉妹フクロウシリーズ ~ヒナフクロウ編~

前回の第1弾は2008年7月28日の記事でした。
すみません・・・シリーズものなのに、第1弾と第2弾が大分空いてしまいました・・・。

そして!
第2弾の兄弟姉妹達は、ようやく、 あの子達 が登場します!!

アフリカワシミミズク

3姉妹③


写真左から:こはく、にしき、めのう

英名:Spotted Eagle Owl
学名:Bubo africanus

体長45cm、体重480~850gの中型フクロウ。
赤道より南のアフリカ、アラビア半島の一部に分布しています。
サバンナや岩場、半砂漠などに住んでいます。
無脊椎動物、小型哺乳類、鳥、爬虫類などを捕食します。
(誠文堂新光社出版 「ザ・フクロウ」より引用)


そう!
ブログでまだ未登録だった、アフワシ3姉妹です!


3姉妹

この3姉妹は、2005年の3月に姉妹園の加茂花菖蒲園で産まれました。
産まれてからすぐに、掛川花鳥園へ移り、そこで生後7ヶ月くらいまで暮らしていました。
その後、2005年10月から神戸花鳥園へ転勤となり、今に至ります。

こはく達は、赤ちゃんの頃から他の掛川スタッフと一緒に育ててきました。
本当に、産まれたての頃から育ててきたので、私の娘みたいなものです。

フライト にしき
次女:にしき

神戸花鳥園に転勤し、生後8ヶ月の頃から本格的な飛行訓練に移り、その努力が実り、
“にしき”と“めのう”はフクロウショーの大黒柱へと成長を遂げました!!

フライト めのう
三女:めのう

・・・え?長女の“こはく”は・・・?
と、思った方。

実は、長女の“こはく”は、恥かしがりやな性格の為、ショーになると、全く飛ばず・・・
ショーの方は断念いたしました・・・。しかし、ふれあいの方で大活躍しております!

ふれあい③
ふれあいの様子

そう、鳥でもちゃんと一羽一羽に個性や性格があります。
もちろん、兄弟・姉妹でも全く違うし、顔も違います。

せっかくですから、今回は皆様にこの3姉妹の見分け方をお教えいたします♪
是非、見分けてみて下さいね。

長女:こはく

こはく
こはく②


性格:真面目で頑張り屋
担当:ふれあい

見分け方:“こはく”は3姉妹の中でも、一番眼の色が濃い黄色をしています。
       また、体の色も一番濃く、こげ茶色をしています。
       そして、丸い顔立ちをしています。



次女:にしき

にしき

にしき②


性格:マイペースな天才肌
担当:フライトショー

見分け方:整った顔立ちをしています。
      また、体の色が姉妹の中でも一番薄く、薄茶色をしています。
      鳴き声も姉妹のなかでは一番かわいい声をしています。

三女:めのう

めのう
めのう②


性格:気まぐれでわがまま
担当:フライトショー

見分け方:はっきりとした眼をしていて、ネコの顔にそっくりです。
      上下に少し顔が狭くなっている様な・・・顔立ちをしています。
      姉妹の中では、一番落ち着きがありません。

さあ、皆様わかりましたか!?
頑張って見分けて見てくださいね!!

さて、最近の3姉妹の様子ですが・・・

“こはく”は15時のショーの後のふれあいに登場し、“にしき”は15時のショーで
活躍しております。

ショー風景
15時のショーの様子。

ふれあい体験では、フクロウに触ったり、間近で並んでお写真を撮ることが出来ます。

ふれあい

怖くなければ、こんな風に、ほっぺにくっつける事も出来ますよ♪

※ショーやふれあいに登場するフクロウは、その日のフクロウの体調によって
予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。



めのう③

三女の“めのう”ですが、現在、足の治療の為、長期休暇を頂いております。
ショーの方には出演しておりません。
ショーへの復帰はまだ目途がたっておりませんので、ご了承下さい。

ですが、3姉妹はいつも東展示室・ショー会場の丸太で休憩していることが多いので
間近でご覧頂けます。

また、最近では、この3姉妹の一歳年下の“弟”君も活躍しています。
次回はその弟君を紹介したいと思いますのでお楽しみに!

3姉妹 ②
めのう「皆、会いに来てね!待ってるよ!」

是非皆様、ご来園の際には、ショー会場の方まで、3姉妹に会いに来てくださいね!

お待ちしておりま~す!


神戸花鳥園のまわりかた 

ゴールデンウィークのご予定はおきまりでしょうか?
まだ決まっていないという方はぜひ、神戸花鳥園へ!

今日はGWを迎えるにあたり、
神戸花鳥園園内の歩き方を簡単にですが各施設のご紹介加えて案内したいと思います。
とはいうものの、園内はこれと言った順路というのは、ございません。
今回は駐車場側の南出入口をスタート地点に設定して、ご案内したいと思います。
下の園内図をご覧下さい。

園内案内図無印
↑クリックで大きな画面になります
園内図に打ってある番号順に回っていただく感じになります。
あくまでも参考ですので、どのようにアレンジしてもらって結構です。
さぁ、では行ってみましょう。

①南受付
nagayamon001.jpg
駐車場から南受付を抜けると、中はフクロウ展示室になっています。
壁沿いに多数の小部屋を設け、TVで人気の細くなるフクロウ
”アフリカオオコノハズク”をはじめ数多くのフクロウ達を展示しております。
お土産店もございます。

②外池(水鳥・ペンギン池)
ペンギン1
自動扉を抜けると次は、水鳥・ペンギンのふたつの池が並ぶ外池です。
こちらでは、ペンギンにごはんをあげられたり、ひざに乗せて記念撮影などの
イベントがありますので、ぜひお試しください。水鳥とのふれあい
(ごはんやり1カップ100円)は随時行なっております。

・ペンギンごはんタイム   ①10:00、②15:30
・ペンギンふれあい     14:00
・ペンギンひざのせ     11:00 ※要予約。10組さま限定。500円
                 9:30から予約受付。外池のスタッフまで
・コールダックひざのせ   毎週日曜日のみ13:30~13:45 
                 ※要予約。10組さま限定。
                  9:30から予約受付。外池のスタッフまで

③南(ベゴニア)ロビーsouth001.jpg
外池北隣の温室に入ると、南ベゴニアロビーです。
およそ40種2000鉢のハンギング(吊り鉢)の花が皆様をお出迎えします。
球根ベゴニアを中心にストレプトカーパス、インパチェンス等も展示しております。
このフロアには他にもトイレ、売店、喫茶、バイキングレストランなどもございます。
どうぞご利用ください。

④バイキングレストラン
4AFT4508.jpg
南ロビーの東側にはバイキングレストラン華花がございます。
料金は大人(中学生以上):1380円、小人(小学生):800円、幼児(4・5歳)500円、3歳以下:無料
となっております。軽食などは隣の喫茶華花をご利用ください。

ここから北東方面に進みフクロウショー会場へ向かいます。

⑤フクロウショー会場
fukuroushow001.jpg
フクロウショー会場では、①10:30、②13:30、③15:00にショーを
行なっております。ショーの後はふれあいタイムです。フクロウの背中を撫でたり、
お持ちのカメラで一緒に記念写真を撮ることができます。
※グローブを着用し腕にフクロウを乗せるふれあいのみ500円

ショーの時間以外もフクロウを展示しております。
南出入口のふくろう展自室とは違い、ガラスで隔てられていない分
フクロウをより身近に感じていただけると思います。

⑥オオハシゾーン
オオハシ
ショー会場となりのネットで囲まれているのは、オオハシゾーン。
ここでは、随時オオハシとのふれあいをしております。
フルーツの入ったカップを持つと、腕に止まりに来る人気のスポットです。(1カップ100円)

⑦サイチョウゾーン
サイチョウ1
ここには頭の上に大きなくちばしの乗ったオオサイチョウが3羽います。
オスのダイちゃんにごはんをあげたり(1カップ100円)、メスのサイちゃんを
腕にのせるふれあい(サイチョウ腕のせ500円 ①11:00②16:00)を行なっております。
他にオウギバト、九官鳥、フラミンゴなどもいます。

⑧エボシドリゾーン
エボシドリと男の子
エボシドリだけを集めたゾーンです。オオハシ同様、ふれあいを随時行なっております。

⑨オウム・インココーナー
ZN4G5993のコピー
このゾーンの突き当たりには、去年末リニューアルしたオウム・インココーナーがあります。
このゆかいな仲間たちとふれあったり(1カップ100円)、記念写真を撮ることもできます。
記念写真①11:30②13:00③14:00(先着10組様まで)

⑩北(フクシア)ロビー
fukusia001.jpg
オウム・インココーナーを西に抜けると北フクシアロビーに出ます。
このロビーは名前の通り、フクシアだけを集めた人気のロビーです。
花の色、大きさ、咲きかたなど、多種多様な品種が勢ぞろいしています。

ポートライナーで来られたお客様はこちらの北受付から出入していただく形になります。
他にも売店や一般トイレ、授乳室、⑪ユニバーサルトイレ(オストメイトトイレ、授乳室有)が
ございます。

⑫西スイレン池
スイレン5のコピー
北フクシアロビーを西に横切ると、スイレン池がございます。
こちらは熱帯性スイレンのプールがあり、中には熱帯魚が泳いでいます。
人が乗れる大きな葉のオオオニバスもここで展示しております。
熱帯魚とのふれあい(エサやり)は随時行なっております。1カップ100円です。

ここには鳥がいませんので、鳥が苦手な方はここを通って南北のロビーに
行ってもらうとよろしいかと思います。

⑬中庭池
中庭池2
スイレン池を北に進み、自動扉を抜けると再び南ベゴニアロビーに出ます。
直ぐの東隣のドアに入ると最後の中庭池です。
四方をガラスハウスに囲まれた中庭に、中庭池と呼ばれている広大な池があります。
 池の上空にはネットが張られ、様々な種類の鳥が放し飼いにされています。
池とガラスハウスの壁の間は庇(ひさし)付きの回廊になっており、回廊の上には
庇があるので雨の日でも濡れずに鳥とのふれあい(1カップ100円)が楽しめます。

yuritenji001.jpg
また、西側の通路に現在ユリを特別展示しております。
オリエンタル系、アジアティック系をはじめ、
数多くのユリを展示しております。ぜひこの機会をお見逃しなく。

簡単に紹介しましたですが、このような園内の回り方もあります。
よければ参考にしてくださいね。
また迷った場合や困ったことがありましたら、お近くのスタッフにお声かけ下さい。
では、皆様のお越しをお待ちしております!

入園料金、交通アクセス、駐車場など、その他の
さらに詳しい情報は神戸花鳥園ホームページをご覧下さい。
神戸花鳥園公式ホームページ
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/



記事担当:土屋

フクシア~七変化~ 

みなさんこんにちは~♪すっかり暖かくなり、嬉しい季節到来ですね♪♪
フクシアもこの良い時期を逃すまいと盛大に咲き誇っています♪

今回ご紹介するのは、『フクシア~七変化~』です。フクシアの花の魅力の一つといえば、一つにパステルカラー調の花の色彩があげられると思います。本当に様々な色のバリエーションがありコンビネーションがあります。同系色の濃淡であったり萼の先から花びらにかけてのグラデーションがあったり、花びらのマーブル模様があったりとそれはそれは様々なタイプのフクシアが見受けられます。もはや同じ『フクシア』ではないのかと感じてしまうほどです。今回はそんなフクシアの『花形』や『色の変化』の魅力を少しではありますが御紹介して知っていただきたいと思います。

まず早速下の二枚の写真をご覧下さい。

二色3

二色5
①の写真と②の写真の中に写るふ二つのフクシア・・・
違う種類に見えますが、実は両方とも同じ一つの枝からなるフクシアなのです!!
色もサイズも、形すら違うように見えますね。二枚の写真両方とも左が咲き始めのもので右が咲き終わりのものです。初めのうちは濃い色をしたフクシアが咲き終わりと共に初めと比べて色があせてくるのが分かります。かといって、少しも見栄えは『汚くなった』という印象を与えられないではありませんか。この様にほとんどのフクシアが初めと終わりで色を変えてゆきます。『一度で二度楽しめる』、これもフクシアの魅力の一つではないでしょうか♪

また下の写真のように(左から咲き始め)初めキュッとまとまっていた花びらが花の成長経過とともに両サイドに広がっていく様子が分かりますね。咲き終わりになると萼(がく)が反りあがっていく形の変化も分かりますね。又、色も初め黒のように濃い紫から最後には萼の色と同じようなワインレッドに変わっていく様もうかがえます。
二色2


次はフクシアの様々な魅力の紹介です。

①マーブル模様      同系色の色の濃淡で花びらを彩っています
マーブル1
②花びらの縁取り     花びら一枚一枚を際立たせています
縁取り
③花びらのギザギザ   花びらの先っぽを細かく波打たせています
ギザギザ
④萼のグラデーション   萼の付け根から萼先にかけてグラデーションになっています  
グラデ
⑤花びらのくるまり    花びら一枚一枚を丁寧に包みこんでいます
くるまり
⑥面白い花形~くらげ形~     他の花とは違い丸みが無く個性的です
くらげ
⑦面白い萼Ⅰ~カール~      その名も“シャインカール”
カール
⑧面白い萼Ⅱ~かぶさる萼~   他とは違い萼が反りあがりません 
かぶさり
いかがでしたか??ここで紹介したフクシアはほんの一部にすぎません。どのフクシアもおしとやかに個々のアピールをしています。派手と言うよりも可憐に、大胆と言うよりも繊細に咲くフクシア。この様に、よ~く観察していただければ様々なフクシアの個性を分かっていただけると思います。

それでは最後に、二色咲きしているハンギングの様子を紹介したいと思います。同じ一つの鉢から色の変化したフクシアを確認してみてください。
全体3
どうですかはっきりと色・形の違いがでていますね。
全体1
今回ご紹介できたのは神戸花鳥園にあるフクシアのほんの一部にすぎません。約350種ものフクシアが展示されていますから皆さん、ぜひ足をお運び合わせの上『マイ ベスト オブ フクシア』を探しに来てみてくださいね♪♪

次回のフクシアブログは4月29日の予定です♪それではごきげんよう♪


                                            担当 磯村


展示始めました!! 

こんにちは!
花見には行かれましたか?
最近は、暖かくとても過ごしやすい
季節になりましたね!
皆さん、外に出て春を感じて下さいね!


さて、今回ご紹介するのは、
外池でのニュースです!!

それは
外池展示
こちらの外池カモのご飯台の横にコールダックの雛展示を、
始めました。体調によっては変更になる場合があります。

その中で何と3羽だけ黄色の羽毛の雛が三羽産まれました!!

三羽仲良く

他のコールダックの雛の色はこちらのブログをどうぞ
つ・・・ついに!!

どうですか?
同じ種類の雛とは思えないくらい色が違いますね!
黄色の羽毛をしている子は将来、ホワイトカラーの
コールダックになります!
後の子というと・・・↓
コール君と一緒
外池の人気者コールダックの「コール君」と
同じマガモカラーに育ちます!
全然違いますね~。(笑)

では、では、可愛い雛の撮れたて
ほやほやの写真を紹介したいと思います!
この2枚の写真はあくびをした瞬間です。
さすが水鳥!小さな体なのに、立派なくちばしをしていますよ!
大きく口を開いて
大きなあくび
次は、手のひらで眠たくなったみたいですね!
手のひらでスヤスヤと   
この子達は人に馴らす為に、仲間と一緒にせず、スタッフとの時間を
長くして生活します!
そうする事で、スタッフとの距離が近くなり、とても人に馴れた
ふれあいカモに成長します!

ルックちゃんと一緒
先輩のルックちゃんに挨拶を・・・
こんな黄色い子が、
将来はこんな真っ白になるんですよ!
これから成長を見届けたいと思います!

雛との時間
この雛を見たいお客様は、スタッフが雛と
触れ合っている時間があります!その時にじっくり見てみて下さい。
※時間は決まっていませんが、外池カモのご飯台でスタッフと雛が一緒にいる時があります。
とても可愛い、しかもしっかりとした顔をしていますよ!
見たことありそうでない雛の顔をぜひ、見に来て下さい!!
きちんとお座り
可愛い赤ちゃん達が
皆様のご来園をお待ちしています!!

さて、皆様に外池からの嬉しいお知らせがあります!!

毎週日曜日、外池で行っている
「コールダックをひざに乗せて写真を撮ろう」のイベントが
5組のお客様限定から10組のお客様限定に増えました!!
この機会にぜひ皆様もこのイベントに参加してみて下さい!!
イベント参加には予約が必要で、開園から予約スタートで、
外池カモのごはん台で予約できます!!
DSC_0981のコピー

マガモの卵、あたためてます。 

皆様こんにちは。
すっかり暖かくなってお出かけにはピッタリの季節になりました。

神戸花鳥園でもあたたかくなっているものがあります。

先週紹介したマガモの卵です!

あれからカモ(マガモ)たちは数箇所で卵を産み始めました。
お母さんカモが留守の間に巣の中をのぞいてみると・・・
巣と卵
卵がありました!結構たくさん産んでいます。
※カモの仲間は普通メスが卵をあたためます。
お母さんカモもごはんを食べたりしないといけないので時々はこのように巣を離れています。

別の巣をのぞいてみると・・・
マガモの巣と羽毛
!!こちらにはお母さんカモがいました。
しっかりと卵を抱いているようです。
邪魔にならないようにさっさと退散することにします。

このように中庭池の島の中の数箇所でカモたちが卵をあたためています。
うまくいけばゴールデンウィーク明けくらいには、池の中を親子で泳いでる姿が見れるかもしれません。
またその時は報告させていただきます。


さて、カモたちの中には、きちんと巣を持たないで卵をその辺に産みっぱなしにしてしまうものがいます。
そういった卵の場合は、スタッフが回収し、孵卵器(ふらんき)に入れて人工的に孵化させることになります。
ふ卵器
これが孵卵器です。
温度や湿度などを卵を孵化させるのにちょうどいい状態に保ってくれます。

ふ卵器のなか
中はこんな感じです。
ここに入っている卵も順調にいけばゴールデンウィーク明けくらいに孵化予定です。

かわいいマガモのヒナたちにあえるのを楽しみにお待ちください。
P1040749.jpg
(写真は去年のヒナです)

園内の情景!! 

日差しも暖かくなり、昼間は暑いぐらいの陽気になってきました。

今回は主な当園の特徴などを最近の南ロビーの様子を
写真でご紹介しながら、簡単にお話させてもらいます。

PICT0002_20090412111900.jpg

南ロビーだけの総面積が約2640㎡でその中で吊られている植物だけでも2000鉢以上の植物が
あります。

もちろんハンギング鉢だけではなく、ひな壇などお客さんの目線の高さに置いてある植物も
あります。

普段から目にすることがある植物が一般のご家庭では見ることができない立派な株に
なっているかも?

PICT0014_20090412112046.jpg

当園は全面バリアフリーで身障者の方、高齢の方、足腰の弱い方なども安心して植物などを
観賞できるようになっております。

また入ってすぐの受付の所ではベビーカーや車椅子の貸し出しも行なっています。

さらに年中無休でいつ来ても開園しています。


PICT0012_20090412112006.jpg

こちら当園の御食事処のバイキング風景です。

こちらのバイキングは一つ一つの料理のカロリーや栄養などが記載されており、
健康を意識したバイキングになっております。

PICT0015_20090413164105.jpg


そして百合が咲き始めました。

これから園内の風景もどのように変わっていくのか楽しみです。

お客さんの目を楽しませるため神戸花鳥園の風景は日々変化していくのでよろしければ
是非ご来園ください。

かくれんぼ 

みなさんこんにちは。
今日は隠れるのが上手なエボシドリ、カラフルなオニオオハシ、
おしゃべり上手なキュウカンチョウをみなさんに見つけていただきたいと思います。

さあ!鳥を探そう!!


どこにいるかなぁ?

P1000615.jpg

ハイイロエボシドリは見つかったかなぁ?

では、次はどんな鳥が隠れてる?

P1000602.jpg

ニシムラサキエボシドリ2羽でした!

次はどんな鳥が隠れてるかなぁ?
P1000609.jpg

P1000610.jpg

オニオオハシとキュウカンチョウでした!

最後はちょっと難しい・・・がんばって見つけて下さい。

P1000618.jpg

リビングストーンエボシドリは発見できましたか?












答え。

P1000618_20090413133850.jpg


全て見つけられた方!
鳥になれるのでは!!
一歩及ばずの方はドンマイです。

産卵シーズン 

みなさん、こんにちは。

場所によってはもう夏日!!というニュースが出てくるぐらい暖かくなりましたね。

先日のブログにもありましたが、花鳥園では、水鳥の卵が続々と産まれていて
GWにはヒナラッシュになりそうな今日この頃です。
http://kobekachoen.blog40.fc2.com/blog-entry-352.html


そんな水鳥たちに遅れること約1ヶ月、フクロウにも待望の卵が産まれました!!!
種類は「スピックスオオコノハズク」!!!

フ化したら、ブログにもよく登場するムギの弟(妹)たちになります。Photo030 のコピー
スピックスオオコノハズク 「ムギ」 2007年5月6日産まれ ♂
両親に卵が産まれました!!! お兄ちゃんになる日も近いです!!!


これがその卵です。

Photo042.jpg

この卵は、両親から取り上げたのではありません。
産んだ時に卵を抱かず、床に置きっぱなしになっていたので、
今は、フ卵器という卵を温めてヒナをかえす機械に入れてあります。

Photo041.jpg

お隣のフ卵器に、オシドリの卵が入っていたので、ちょっと比べてみました。
左の小さなものがスピックスの卵で、右の大きな方がオシドリです。

大きさだけでなく、オシドリの卵の方が少し細長いですよね?

フクロウの仲間の多くが木のウロなどで卵を産むため、まん丸でも巣から転がり落ちないので
水鳥やニワトリなどに比べると、まん丸に近い卵が多いと言われています。

うまくいけば、4月終り頃にはヒナがかえるかもしれません!!!

1日目c のコピー
「ムギ」の生後2日目で、初めての食事風景です。
産まれたときは、真っ白で、まだ目が開いていません。


さて、このムギの両親が卵を3個産んだので、
両親の部屋にさっそく巣箱を入れてみたところ…

Photo036.jpg
簡単な巣箱です。

…ちょっと暗くてわからないでしょうか…?

Photo037.jpg

よ~く見ると両親が2羽入っているのがわかるでしょうか??
巣箱を入れるとすぐに、両親一緒に入り始めました。

卵を抱いている様子なのですが、刺激をすると、抱くのをやめてしまうので、
本当に産んでいるかどうかはスタッフも未確認です。

正面からになるので、ちょっと見づらいのですが、
展示室から両親の様子をお客様も見ることができます!!!

また、卵と両親に変化があったらブログで紹介させてもらおうと思います。

ヒナが生まれると、本当に可愛らしい期間は約1ヶ月くらい(笑)ですから、
見逃さないようにして下さいね!!!




第28回花園コンサート 

今日は北フクシアロビーにて、第28回花園コンサートが行なわれました。
その様子をご覧下さい。

4AFT7928のコピー
今回は「クラリネット&ピアノデュオ」の演奏。
クラリネットは花園コンサートでは初めて登場する楽器です。
演奏してくださったお二人も初登場となります。

4AFT7926のコピー
クラリネットの演奏は千田倫子さん

4AFT7920.jpg
ピアノの演奏は藤井裕紀子さん

演奏曲目は

・早春賦
・さくらさくら
・花
・花の街
・七つの子
・ふるさと

を演奏しました

4AFT7934のコピー
今日もたくさんのお客様に聞いていただき、ありがとうございます。
また花園コンサートをよろしくお願い致します。

来週4月19日(日)の花園コンサートは休演させていただきます。


予告

花園コンサート4月スケジュール

4月19日(日)休             演
4月26日(日)休             演

キング・オブ・サイアム 

今日ご紹介する品種はニムファエア キング・オブ・サイアムです。
PICT0005_20090411153240.jpg

スイレン科 スイレン属
Nymphaea  'King of Siam'(syn.‘Chalong Kwan’)
1998年 Chaiyaphon Thamasuwan作 
交配親 N.‘Larpprasert’ x N.colorata

濃い紫色の八重咲きです。名前に有るサイアムとはタイの事で、その名の通りタイで作られた品種です。別名のシャロン クワンと呼ばれることもあります。
PICT0006_20090411153320.jpg
当時はミッドナイト位しか八重の品種が無く、初めてこの品種を見たときはとても驚きました!!!流石タイの王様と名の付くだけの存在感があります。花弁が多いし、またミッドナイトと違い花弁の幅が広い。増殖もそれ程難しくなく育てやすい品種です。

PICT0009_20090411154107.jpg
写真の様に葉は緑色をしています。是非、この美しい熱帯スイレンを実際に見ていただきたいですね。

こんにちは! 赤ちゃん 

はい!みなさんこんにちは!
今回の外池ブログはペンギンのヒナをご紹介したいと思います!
こちらの子2009年3月3日に生まれました!
この写真は生後約15日の写真です
約10日
一人っ子なので結構大きくなるのが早いですね!

ダンナとハナ
この写真は約1ヵ月後のヒナ
もうここまで大きくなるとヒナ?って感じがしますね…(笑)

神戸花鳥園ではふれあいペンギンに(人に馴れたペンギンに)
するため、約1ヶ月以内には親元から離して、人工育雛に切り替えます。
『え!?そんな、親元から離して大丈夫なの?』
と思われる方もいるかもしれませんが、
親ペンギンのお腹の下に入らないぐらい大きくなってくると、
神戸花鳥園の親ペンギンたちはヒナを置いて、ご飯を食べにくるほどなんです!!

ヒナ小屋
上の写真はそのご飯タイムの時1羽残されたヒナの写真です。
親ペンギン『ご飯食べてくるねー!!』
ヒナ『…ちょっと寂しいけど、ガマン。』


今回私たちスタッフはこの時を狙ってはヒナを取ることにしました!
ヒナ取りあげ2
ヒナ『わー!どこ行くの!?』
少し不安げなヒナでしたが、
ヒナ取り上げ後
↑スタッフの手の中にスッポリ。
ヒナ『…ちょっとドキドキ。』

ケープペンギンは見た目ではあまりオスメスを判断できません。
なので、神戸花鳥園では血液検査(DNA鑑定)をして、
オスメスを判断しています。
事前に調べていた結果、この子は女の子でした。
将来有望なふれあいペンギンになってくれそうな気がします。

さて、突然ですが、ここで
【比べてみよう!】を開催したいと思います!

今回はペンギンの手(フリッパー)です!
↓こちらの写真は大人のケープペンギンの手(フリッパー)の写真です。
大人手
ペンギンはこのフリッパーを使って泳いでいます。
なので、とてもしっかりしていて硬いのです。
攻撃する時なんかにもこのフリッパーを使うことがよくあります。
イメージで言うと【ビンタする】感じですかね。(笑)
ちなみに結構痛かったりします…(笑)
では、ヒナのフリッパーはどんな感じなんでしょうか?
ヒナ手
↑なんだかとても柔らかそうですね。
実際触ってみても、やはり柔らかいです。
あと、柔らかい羽毛が体全体にあるので、
そうですね…ベロア生地のような感じの触り心地です。

みなさんどうでしたか!?
今回は神戸花鳥園でのヒナの人工育雛への
切り替え場面を少しだけご紹介しました!

今はまだ、バックで過ごしていますが、
ゴールデンウィークぐらいには皆様の前に(外に)
デビュー出来るよう考えています。
(断言は出来ませんが、ヒナの体調・状態によっては
G.W前でも、天気のいい日は日光浴の為、外に出ているかもしれません。)

さて、来週の外池ブログはヒナ人工育雛ご飯編を予定しています。
(変更される場合もございますので、ご了承ください。)

ワサビ
↑神戸花鳥園で初めて生まれたワサビ君。
ワサビ『元気に大きくなってねー!!』

カモたちにも春がやってきたカモ!? 

みなさんこんにちは!!

世間では桜が咲いて春気分ですが
中庭池のカモたちにも春がやってこようとしています!!

そう、マガモたちが卵を産み始めました!!



以前にもマガモについて紹介しているブログがあるのでよかったらこちらもご覧ください☆★
↓↓↓↓↓
【キレイになってます】(2008/11/20)

ではちょっとここでマガモの求愛、産卵について・・・

---------------------------------------
●野生のマガモは主に冬鳥として渡来し、河川や湖沼に生息し、10月頃から翌年の3月頃に求愛をします。
 中庭池でもオスがメスを追いかけたり、二羽一緒に泳いだりとラブラブしてそうな場面を見ることが出来ます。
 水辺の草むらに皿形の巣を作り、青緑色の卵を産みます。

 卵は約28日で孵化します。
 ちなみに雛は生まれてすぐの濡れた身体が乾いたらもう泳げるそうです。また約2ヶ月で大人と同じ姿になり、飛べるようになります。

---------------------------------------

さて、中庭池の島にもカモ達の巣箱を設置しています。

DSCN4323_convert_20090405103415.jpg

巣箱の中にはカモたちが集めてきた落ち葉や羽根が入っています。
DSCN4333_convert_20090405105722.jpg
あっ卵もちゃっかり入ってました


でも中には用意した巣が気に入らないのか、自分で巣を作っているカモもいます

DSCN4328_convert_20090405110806のコピー


こんな感じでみんな巣をつくり、中庭池では3月辺りから卵を産み始めています。
なのでもしかしたら4月の下旬には孵った雛に会えるかもしれませんねvv

DSCF2315_convert_20090405104645.jpg
ヒナ&ヒナ「待ってまーす♪」

ちなみにこのヒナヒナちゃんたちは去年の子たちです☆

 

フクシア『様々なつぼみ』 

皆さんこんにちは。段々と春の足音が近づいてくる様な今日この頃です♪♪この季節、花鳥園では毎日が満開お花見です♪

さて、本日お送りするのは『フクシアの様々なつぼみ』のご紹介です。
現在神戸花鳥園で展示するフクシアの総数は約350品種ほどになりますが、その咲き姿は慎ましく、千差万別の美しさをしています。決して派手さはないのですが、じっくり見ていただくとその優雅な美しさを感じて頂けることと思います。花を見ていただくのは勿論のことながら、実はつぼみの一つ一つもとっても可愛い 『形・色・大きさ』 をしていることを今回は知っていただこうと思います。

まず、下の写真の5つのつぼみを御覧下さい。様々なつぼみが並べられています。
蕾達
ずんぐりしているものや苺型のもの、まん丸やシュッと細長いバナナ型のものと見て楽しいですね♪
この見えている外側の部分が萼(がく)になります。萼はどんなフクシアも4枚です。この萼の内側にたっぷりとした花びらが一重のもなら4枚、八重のものなら8枚以上包まれています。
つぼみを見て楽しんだ後は勿論!メンイディッシュの花の観賞ですね♪♪
蕾達2
つぼみからは想像のつかなかったこれまた色とりどりの様々な花を楽しむことができます。先ほども言ったようにカラフルな色の花弁の上でひらりと反りあがっているのが萼です。この萼の部分もよく花びらに間違われます。フクシアの花形にとって絶妙なバランスをとる役割を果たす萼、面白いですね♪

次に、下の写真に写っているのは全てのつぼみの色が『しろ』色のものです。しかしその花の色は『白・赤・紫・ピンク』というように様々な色をしています。「一体どんな花の色をしているんだろう??」と花が咲く前からわくわくします。この様につぼみの色が白だからといえどもその花の色は咲いてみるまで分からないびっくり箱の様になっているのです。
白蕾達
花が開くと「こんなに大きな花がアノつぼみから咲いたもの!?」とびっくりすることが未だ多々あります。例えば下の写真に写っているフクシアは上からみた全長約16cmもあります!
マックス2
花びらの総数25枚!こんなに沢山収納できるなんてまさに神業!
花びら25枚
このフクシアは今現在の花鳥園で私が知る中で一番大きな花を咲かすフクシアです。一番小さなフクシアと比べると、その差は約10倍にもなります。
大小
また、花芽は下の写真の様に枝先に付きます。
枝先芽
どのフクシアもこの様な状態で花芽は付きますが上でご紹介した特大のフクシアは軽々と枝にとどまることが容易ではありません。放っておくと折れてしまうこともあります。ですから、大きな花を咲かせるには花芽がついたら早々に花芽部分を支えてやるための支柱を立ててやることも大事な作業になります。

また、下の写真の様につぼみの形状でどんな花が咲くか、大体の予想がつくものもあります。
大きなつぼみからは大きな花が、小さなものからは小さな花、細長いものからは細長い鼻といったように花の大きさはつぼみの大きさと言っても過言でないかもしれません。
蕾で分かる

下の写真は花が咲くまでのつぼみの段階を追ったものです。
青臭い色をした小さな時期から大きな真っ赤のつぼみに膨らむまで約2週間~3週間かかります。真っ赤に色付いて今にも開きそうなつぼみは触るとパンパンに膨らんでいます。
赤つぼみ
ひらく時は下の写真に写っているような感じで先から上手に割れていきます。
開く時
この様に最終段階に到達したつぼみから3日以内には可憐にひらくフクシアの全貌が明らかになることでしょう♪

ここで最後に一つ面白い形になる萼を紹介したいと思います。
下の写真はシャインカールというフクシアでその名の通り萼がクルンとカールします。わたしも数多くのフクシアを見ましたが未だかつてこの様にカールしたフクシアに出会ったことが他にありません。
シャイン全体
このような可愛い萼をしたものがあれば是非紹介してください♪


さて、今回の『つぼみ特集』いかがでしたか??少しマニアックだったかもしれませんが花だけにとどまることのないフクシアの魅力・楽しみ方をまた少し知ってもらえたかなと思います♪
是非暖かな花鳥園にお花見がてらいらして、フクシアの部屋でのんびりとしたひと時を過ごしに来て下さいね♪♪では、またごきげんよう♪


                                            担当 磯村

お便り紹介します! 

お客様からお便りをいただきましたのでご紹介します。

タイトル「神戸花鳥園 オニオオハシ」
b2オオハシ2
かわいいオニオオハシが腕に乗っている様子を書いてくれました。
この絵は
あんどうじん君、あんどうかほちゃん、古川れお奈ちゃんが書いてくれました。
とってもすてきな絵をありがとうございます。

また、みんなからメッセージもいただきました。

b3レター

みんなとっても花鳥園を楽しみして来てくださったことがわかり
とても嬉しい気持ちになりました。
また、「楽しかった!」という声をきけて、スタッフみんな喜びました。
すてきな絵とお便りありがとうございました。
何より4人のお友達が、とっても楽しそうだったことが一番嬉しい気持ちになりました。


続いては尼崎市より、11歳の上倉宏太(うえくらこうた)君からもお便りを頂きました。
b1インコとフクロウ
花鳥園のレターにコガネメキシコとワシミミズクを書いてくれました。
とってもかわいい絵をありがとうございます。
宏太君はオオハシや魚におやつをたくさんあげてくださったようです。
おばあちゃんといとこの友達と一緒に園内を5時間も楽しんでくださったようです。
かわいい絵とお便りありがとうございました。

ゆりの展示 

ここ数日で大分暖かくなってきて、ゆりも花を咲かせ始めました!
現在2品種のゆりを南ロビーに展示しています。

タイニーゴースト
アジアンティック系で、草丈は約35cm。小さめの花で独特な紫色。
タイニーゴースト

ファロリート
オリエンタル系で、草丈は約60cm。花は桃色で斑点がある。ファロリート1


アジアンティック系とは、スカシユリの血の濃い交雑品種群です。やや小型で芳香はありませんが、花色は豊富です。上を向いて咲きます。
タイニーゴースト2

オリエンタル系は、日本原産のヤマユリ、ササユリ、オトメユリ、カノコユリ、タモトユリなどの交雑育種により生れた園芸品種群です。芳香のあるものが多く、大きく豪華な花を咲かせます。
ファロリート横
見比べて見ると咲き方の違いがよくわかります。

現在展示しているゆりはまだ咲き始めですが、これから他の品種もどんどん咲いてきます。順次展示していく予定ですので、楽しみにしていて下さいね!

土管の中からこんにちは。 

みなさん、こんにちは。

春休みも終わり、今日で新しい生活が始まった方も多いのではないでしょうか?
陽気もだんだん暖かくなり、花鳥園中でも鳥の卵やヒナが生まれ始め、
だんだんと春らしく賑やかになってきました!!


さて、今回は、以前少しだけ紹介したアフリカオオコノハズクのテンのショーの様子です。

ZN4G4821.gif
アフリカオオコノハズク “テン” 1歳 ♀

去年の年末のブログのテンの写真で、何かに入っていたのを覚えているでしょうか?

↓こちらです。
今年の一枚

みなさん御存じのように、テンは1歳の誕生日10月25日にショーデビューしました。
その当時は行っていなかったのですが、最近は「土管の中から」登場するようになりました!!!

さっそく、その様子をご覧ください!!!




このように登場してから、お客様の前をピョンピョン飛んでいきます


ZN4G4855.jpg
準備はOKです!!!

映像だけを見るととてもスムーズなのですが、
調子の上がらない日は反応が鈍かったりもします…

ZN4G4847.jpg
軽やかにターン!!!

テンの出番はショーの中でも3分ほどです。
…正直に言うと、それ以上は集中力が続きません

ZN4G4843.gif
お客様の前を!!!


とは言え、もう立派なレギュラーですから、やる時はしっかりとやってくれます!!!

一通りお客様の前を飛んだ後は、帰宅になります。



これでテンの出番は終わりです。

現在は3時からのショーのレギュラーを努めていて、それ以外の時間は
ショー会場の丸太の上で寝ています(笑)


外に出るのが楽しい季節ですから、お花見がまだ!という方は、
いつでもお花満開の花鳥園に遊びに来てくださいね!!


'09春休み花鳥園クイズラリー 答えあわせ 

’09春休み花鳥園クイズラリー 答えあわせ

3月20日~4月5日の春休み期間イベントのひとつとして
「’09春休み 花鳥園クイズラリー」が行なわれました。
植物・鳥の9エリアから各2問ずつの計18つのクイズ問題に
答えていただくというものでした。

今日はその答えあわせをしてみたいと思います。
ご来園、ご参加できなかった方もたのしんで頂けるよう
問題をそのまま載せました。

画像をクリックしていただくと、大きな画像で表示されます。
その画像すぐ下に答えと解説を載せましたので、クイズを楽しみたい方は
画像の下をすぐスクロールせずに見て下さいね。
では、はじめましょう!


Q1■フクロウクイズ
09春1フクロウQ


1.フクロウが首を回せる角度は何度位でしょうか?
A,約30度 B,約180度 C,約270度  
[答え] C ,約270度

フクロウの首は約270~300度くらい回るといわれています。なぜ回るのかというと、フクロウの首の骨は人間の7個に比べ、倍の14個あるからです。首の骨が多ければ、それだけ関節も増えるので余慶に回す事が出来る…というわけです。また、まわす理由は簡単で、フクロウは目をキョロキョロと左右に動かすことが出来ないので、首を回さないと周りが見えないからです。

2. フクロウは食べた動物の消化しきれなかった骨や羽を、塊にして吐き出しますが、
その塊を何というでしょうか?
1ペリット 2オミット 3パペット 4パレット 
[答え] 1ペリット

フクロウは消化しきれない骨や羽、毛を「ペリット」と言う塊にして吐き出します。健康で、しっかり食べているフクロウであれば1日1~2個は吐き出します。またペリット自体の大きさや形、色合いはフクロウの種類や食べている物によって異なります。ペリットにはフクロウが食べたものが入っているため、野生のフクロウの生態を調べるのに役立っています。


Q2■ペンギン・オシドリクイズ
09春2ペンオシQ

1.ペンギンのエサは何でしょう?
A,海草 B,魚 C,昆虫  
[答え] B,魚

ペンギンの主食は魚介類です。魚のほかにはイカ、タコ、カニ、エビなども食べることがあります。基本的には陸地にあるものは自分では食べません。ちなみに神戸花鳥園での主食は魚の「アジ」です。

2. (写真問題)オシドリのこの羽は何と呼ばれている羽でしょう?
1とさか 2冠羽 3イチョウ羽 4綿羽  
[答え] 3イチョウ羽

オシドリのこの羽はイチョウ羽と呼ばれ、見た目の通り植物の「イチョウ」の葉に良く似た形の羽です。このイチョウ羽だけでなく、オシドリのきれいな羽はオスだけが持っていて、メスは地味な色合いをしています。ただし、このオスのきれいな羽も、冬から初夏にかけての繁殖期だけ見られ、それ以外のシーズンはメスに良く似た地味な羽に変わってしまいます。


Q3■南ロビークイズ
09春3南ロビー

1.次の写真のうち、ベゴニアの仲間ではないものがひとつだけあります
どれでしょう?(写真問題)
[答え] B

Bはブルグマンシア(エンジェルストランペット)
英名で「天使のラッパ」を意味するこの植物は、ナス科ブルグマンシア属に属し、
熱帯アメリカ高地を原産とする木本性植物です。
周年開花しますが、一度に咲き、それを年4~5回程度くり返します。
早朝や夕方、曇の日などに、甘い香りを放ちます。
ちなみにAは球根ベゴニア、Cは木立性ベゴニアです。

2.ベゴニアを育てるうえで好ましい気温は次のうちどれ?
1)10℃前後  2)20℃前後  3)30℃前後  4)-10℃前後
[答え] 2

ベゴニアの最適温度は20℃前後です。
(あくまで目安なので、この温度をキープしなければいけないわけではありません)
もともと南米の高山に咲く原種をヨーロッパで交配したので、日本の気候にはあまり適しません。


Q4■西スイレン池クイズ
09春4西スレンQ

1. スイレン池にいる熱帯魚シルバーセルフィンモーリーは
次の写真のうちどれ?(写真問題)
  
[答え] Cシルバーセルフィンモーリー

学名 Poecilia velifera
白い体が特徴のシルバーセルフィンモーリー分布はメキシコ南東部で体長約12cmに成る
メダカの仲間です。卵胎生の魚で、卵ではなく稚魚の状態で子供を生みます。稚魚の数は
30~50匹程度です。藻・コケ類を食べます。
ちなみにA)はサンセットプラティー B)はグッピーです。

2.スイレンは英語ではなんと言うでしょう?
1)ウォーターローズ  2)ウォーターリリー 3)ウォーターチューリップ
4)ウォーターサンフラワー
[答え] 2ウォーターリリー

ヨーロッパでは蓮とスイレンを総称してロータスと呼んでいます。アメリカ
では蓮をロータスとよびスイレンをウォーターリリーと呼んで区別しています。 
ユリに似た良い香りがするから「ウォーター リリー」(水のユリ)と
いう名前が付いたという説もあります

Q5■北フクシアゾーンクイズ
09春5フクシアQのコピー

1.(フクシアの画像)フクシアの種ができる子房はどの部分でしょう.
[答え] A
写真のAは子房(種がなる場所)、短く数が多いBがおしべ、長い一本のCがめしべ。
※フクシアの種(実)についての詳しい記事はここをお読みください

2.野生のフクシアの花粉を運ぶ生き物は何でしょうか?
1)ハチドリ  2)すずめ 3)トンボ 4)カッコウ
[答え]  1)ハチドリ
フクシアはハチドリ(ハミングバード)が蜜を吸いに来て花粉を媒介する鳥媒花です。

Q6■エボシドリ・オウギバトクイズ  
09春6エボシフラミンゴQ

1. 次の写真のうちオウギバトはどれでしょう?
[答え] A,オウギバト

普通、ハトというとCのようなハトを想像されると思いますが、オウギバトは世界で一番大きなハトで、まるでニワトリのような姿をしています。園内でも時々飛んでいますが、飛ぶのはあまり上手ではありません。良く似た鳥で、カンムリバトという一回り小さく、若干、模様が違うハトと間違われてしまうことが時々あります。写真B.はキュウカンチョウ C,はクジャクバトです。


2.エボシドリの主な生息地はどこでしょう?
1,アフリカ 2,ロシア 3,インドネシア 4,南アメリカ高山地帯  
[答え] 1,アフリカ

エボシドリの仲間の生息地は、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南となっています。

Q7■オウム・インコクイズ
09春7オウムインココ

1.次の写真のうちアオメキバタンはどれ?

[答え] C,アオメキバタン
アオメキバタンは名前の通り目の周囲が青いキバタンです。目の周辺が他の羽と同様、白いタイプのものはそのまま「キバタン」と呼ばれます。キバタンの仲間は、遺伝的に近いものなら、少し種類が異なっても子供、つまり雑種が出来てしまうため、専門家でも種類の判断が難しいことがあります。
ちなみにA,はオオバタン B,はコガネメキシコインコ です。
  
2. 神戸花鳥園にはモモイロインコの姉妹がいますが、お姉ちゃんの名前は何でというしょう?
1,イチゴ 2,アボカド 3,パイナップル 4,リンゴ 
[答え] 4,リンゴ  

神戸花鳥園のモモイロインコ姉妹のお姉さんは「リンゴ」ちゃんと言います。現在1歳の女の子で、普段はインコゾーンでふれあいを担当しています。妹は、去年の暮に産まれました。2月に名前の一般募集をして「ももか」ちゃんに決まりました。

Q8■オオハシ・サイチョウクイズ
09春8サイチョウQ

1.野生のオオサイチョウの好物はなんでしょう?
A,魚 B,イチジク C,草  
[答え] B,イチジク

野生のオオサイチョウの食べ物の多くは果実類で、草などは食べません。動物性の食べ物として昆虫やトカゲ、他の鳥の卵なども食べるようですが、魚を食べることは無さそうです。オオサイチョウの生息域には野生のイチジクが多く生えていて、好んで食べるといわれています。

  
2. オニオオハシの長くて大きなクチバシおよそ何センチ?
1)5cm 2)10cm 3)20cm 4)50cm  
[答え] 3,  (およそ)20cm

オニオオハシのクチバシの長さは、見てわかるとおり、17~23cmくらいです。こんなに大きいと、とても重たそうですが中はスポンジ状になっているため、とても軽く出来ています。ちなみに、オオハシの語源は「大きなクチバシ」を略して「オオハシ」で、オオハシの仲間でオオハシよりクチバシの小さなもので「チュウハシ」という鳥もいます。


Q9■中庭池クイズ
09春9中池Q

1.日本にやってくるマナヅルはどこで冬を過ごすでしょう?
A,北海道 B,新潟県 C,鹿児島県  
[答え] C,鹿児島県

マナヅルは、かつては日本全国に渡ってきていましたが、現在は鹿児島県の出水平野周辺のみに越冬のためにやってきます。

2. 中庭池で一番体重の重い鳥はどれでしょう?
1カモ 2キンケイ 3コブハクチョウ 4マナヅル  
[答え]3コブハクチョウ

中庭池で一番体重の重い鳥はコブハクチョウです。選択肢のマナヅルは約5kg程度ですが、コブハクチョウは平均すると約12kgもあります。あくまで平均なので、大きなものならば15kg以上という記録もあります。


クイズは以上です。
はじめての方は楽しんでいただけましたか?
ご来園して参加してくださった方は、答え合わせは、できたでしょうか?

では、次回のクイズラリーでお会いしましょう!
※夏休みを予定しております

予告
’09春休み花鳥園クイズラリー当選者発表は
当園ホームページにて発表しております。

’09春休み花鳥園クイズラリー当選者発表
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/09spQrarytousen.htm

モモイロインコの名前”ももか”に決定!! 


2008年12月6日に神戸花鳥園にて誕生したモモイロインコの名前がももかに決定しました。
200904044

2009年2月6日から22日まで園内にて名前を募集したところ900通の応募があり、選考の結果決定しました。
”ももか”という名前には17通の応募があり、
・モモイロインコの”モモ”と花鳥園の”花(か)”より
・冠羽がももの花のようにきれいだから
・ももいろと花のかわいさを
という理由から名付けられました。
この”ももか”の名前をつけていただいた17通の中からさらに選考した結果、大阪府にお住まいの新堂智花ちゃん8歳の女の子を名付け親に決定しました。

4月1日に採用者の方をお招きし命名式を行いましたので、その様子をご紹介します。

ヒナの名前を採用者の新堂智花ちゃんに発表していただきました。
感謝状と賞品の贈呈です。
2009040402

ご家族の方も一緒に記念撮影を行いました。
”ももか”もとってもご機嫌で嬉しそうにしていました。
ももか命名式1

2009040403
”ももか”という名前は、智花ちゃんの花(か)の文字もいただきましたので、きっと智花ちゃんのようにかわいい女の子に成長してくれることと思います。
これからも”ももかちゃん”の成長を見守って下さい。

つ…ついに!!! 

はい!みなさんこんにちは!!

今回は外池ブログから重大発表があります!!!

そ…それは…
ヒナ2羽2

2009年度初コールダックのヒナが生まれました!!!
この2羽はふ卵器で、人工孵化させた子たちです!!
3月3日にふ卵器に入れ今週孵りました!!
いや~かわいいですね!!

はしうち
↑こちらの写真、卵に、なにかヒビが入っていますね…。
割れてしまったのでしょうか?

…いえいえ、実はこれは【はしうち】という、生まれる前のヒナの行動なのです!
ヒナは卵の内側からクチバシに付いている卵歯(らんし)という突起で、
卵を【コツコツ】突いて、頑張って卵から出ようとしているのです!
この【はしうち】が始まると生まれるまで、約2~3日かかります。


ヒナ1羽
ヒナ『こんにちは!はじめまして!!』
水鳥のヒナは卵から孵って羽毛が乾くと意外としっかりしていて、
生まれてしばらくするとご飯も自分でつついて食べることもでき、
水にも浮けちゃうのです!!
この上の写真の子もしっかりとした足で地面を踏みしめていますね!!
↓小さくても水かきは立派です!!
ヒナ足
立派に爪も持っています!

手乗りひな3
↑スタッフの手の上でちょっこんと座りました!
全体的にフワフワしていてなんともかわいいですね!!!

ヒナのお披露目(外池デビュー)はもう少しだけ待ってくださいね!!
外池で皆様の前にお披露目できるようになりましたら、
またブログなどでご報告したいと思います!!


この子たちのお兄ちゃんかもしれない
コールダックのコール君(出張先のイオンモール神戸北から)
コール
コール『元気に大きくなってねー!!』

手乗りヒナ2
↑ヒナ『みなさんの前に出れるまでもう少しだけ待ってくださいね!!』

ヒナだけではなく、神戸花鳥園には魅力たっぷりなたくさんの
鳥たちや花が皆様のご来園をお待ちしております!!




中庭池の花 

皆様こんにちは。
4月に入りいよいよ桜の季節ですが、ここ兵庫県ではまだまだ咲き始めといったところのようです。
いまからどこへ桜を見に行こうか考えながらとても楽しみです。

花といえば神戸花鳥園の温室では年中満開の花がお客様をお迎えいたしますが、屋外と同じ気候の中庭池でも季節には色々な花が咲いております。

ということで、中庭池に咲く花々を紹介していきたいと思います。
さっそく中庭池の島の中で咲いている花を見てもらいましょう。
花
まずはツバキです。
ツバキは冬の花というイメージがあったんですが、漢字では椿、木に春と書きますし、俳句でも春の季語として使われるようです。中庭池の木にもまだまだつぼみがありますし、やはり春の花のようです。

白
こちらは、白いツバキ・・・ひょっとするとサザンカ?かもです。
すみません、勉強不足です。ツバキもサザンカも色々な品種があるようでイマイチ区別できません。
秋から冬に咲くのがサザンカ、冬から春に咲くのがツバキかな?というあいまいな認識です。

赤
次は赤いツバキ・・・これはサザンカとツバキの雑種といわれるカンツバキかもしれません。
すみません、せっかくいつも見ている植物達なのでこれからもっと勉強していきたいと思います。

ピンク
そしてピンクのツバキ(?)までありました。ピンクは桜もそうですし、春にあう色ですね。


あせび
続きましてはアセビです。
あせびの花
小さい木なのでお客様には分かりづらいのですが、白くてかわいらしい花をいっぱい咲かせていました。


木
これは、ヤマモモの木です。
ヤマモモの果実はよく知っているのですが、さてその花とはどんなものでしょうか?
木の花
これがヤマモモの花です。
あまりきれいな花とはいえないようですね。
けれどこの花本当にたくさん咲いていました。今年は大量のヤマモモが実りそうです。


ざくろ
最後に花ではないですが、ザクロに新芽が出ていました。
上の写真は冬に葉をすべて落としてしまったザクロの木、なんだか寂しい感じがしますね。
でもよく見てみると・・・
ざくろの芽
あちこちからたくさん新芽が出てきてました。やっぱり春ですね。
このザクロも今年もいっぱい花を咲かせて実をつけてくれると思います。


島の花
桜だけでなく、神戸花鳥園にお越しの際は温室の花はもちろん、中庭池の花も覘いてみて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。