スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸花鳥園の大晦日と元旦への準備 

今日は大晦日ですね。みなさま今年一年ありがとうございました。

ZN4G4961のコピー
さて、神戸花鳥園では、昨日30日から南北の出入り口に門松を飾り付けております。
植物男性スタッフ二人で組み上げました。190cmぐらいのなかなか立派な門松です。

PICT0003のコピー
PICT0011のコピー
ZN4G4977のコピー
やはり、南駐車場側の長屋門は門松が映えますね。

ZN4G4960のコピー
いえいえ、北ポートライナー側出入り口の門松もいい雰囲気。
ZN4G4957のコピー
屋根が低い分、門松の大きさが目立ちます。

そして、今回の隠し玉(?)182cm×182cmの巨大顔出し看板!
PICT0023のコピー
写真ではわからりにくいですが、
左中央のフクロウ調教師の顔の部分と
右下のペンギンの顔部分がくりぬかれております。

ちょっと派手ですが、当園にご来園していただいた
記念になるのではないかと。
モチロンどなたでも、楽しんでいただけます。
中庭池の南ロビー出入口付近に設置しております。
ぜひぜひ、ご利用下さいませ。

今年はご多数のお客様にご来園&ブログ訪問していただき
誠にありがとうございます。
皆様がよい新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。
そして来年も神戸花鳥園を、よろしくお願いいたします!

何度もしつこいようですが、神戸花鳥園は…
年末年始も通常どおり開園しております!
みなさんのお越しを心よりお待ち申し上げております



明日、1月1日(元旦)のイベント
●かるた大会(元旦のみ、参加無料
●甘酒ふるまい(元旦のみ、無料
●ふく福袋販売
●華花お正月料理

その他、冬休みイベント
●花鳥園クイズラリー(参加無料
●ふれあいチケット販売
●花鳥園川柳コンテスト発表
なども実施中です。

年末年始イベント詳細はコチラ

スポンサーサイト

すくすく育っています! 

今日は花鳥園で生まれたヒナをご紹介します。
今年も1羽、順調に育っていますのでご紹介します。
大人になったらどんな子になるか想像できますか??
12月27日に記録した写真ですが、ずいぶん大きくなりました。
まだ、目の色が雛ですね~^^
hina1.jpg
実は、こんな素敵な鳥に成長します
innko8.jpg

和名 : モモイロインコ
学名: Eolophus roseicapillus
英名:Galah
科名:オウム科
属名:モモイロインコ属
体長:35?前後

この子はヒナのお姉さんです。
2007年の12月に生まれた、りんご好きのりんごちゃんといいます。
いつか、このヒナもお姉さんのようにピンク色の羽がきれいな鳥に成長します。


ヒナの成長日記
12月13日より、人工育すうをはじめました。
育て始めた時は、45グラムだったんです。
まだ、目も開いてませんし、産毛しかはえていませんね~
momoiro2.jpg
すやすや眠っているので、背中しかみえませんね~
首がすわっていないので、すぐにうなだれてしまいます。
momoiro3.jpg
生まれてしばらくするまで、ヒナは目がひらきません。
目がひらかなくても、ごはんのもらい方はよく知っています。
赤ちゃんといっしょなんですね~
ごはんの時は首を少しもちあげてあげます。そうすると上手にごはんを飲み込みます。

背中や翼が成長してきました。頭の上にも、うっすら羽軸が生えてきました。
毎日少しずつ育ってきています。


momoiro5.jpg
ごくごくごく!!
とっても上手に食べます。
口を上下に振って、飲み込みやすくしています。
目が少し開いてきたのが分かりますか?
うっすら見えるようです。
パッチリおめめになる日はもうしばらくかかりそうです。


momoiro6.jpg

大きくなったと思いませんか?126gに成長しました。
momoiro8.jpg
ちょこんご座る姿がとても愛くるしいです。
また、成長した様子をお伝えしたいと思います。





今年の1枚 

みなさん、こんにちは!
今日で今年もあと3日を残すのみとなりました。

私は家の大掃除が無事年内に終わり、もう思い残すことはありません♪

さて、今回は「今年の1枚」ということで、ショーやふれあいに出てくる
猛禽類たちの写真を見ながら、今年を振り返っていこうと思います。

では早速見ていくことにしましょう!!!

まず最初は…
今年、一番頑張った「アフリカワシミミズクのこはく・にしき・めのう」の3姉妹です!!!

こはく・にしき・めのう
写真左から、こはく、にしき、めのう
コメント:姉妹仲があまり良くないので、並べるのが大変でした…
     来年はもっと仲良くしてほしいです!!


この3姉妹は、神戸花鳥園開園以来ずっとショーや
ふれあいのレギュラーとしてがんばっています。
今年も、ほとんど休みなく働いていました…我々も見習わなくてはいけませんね…

3姉妹ですが、性格はまったく違います。
長女のこはくは真面目でがんばり屋、にしきはマイペースな天才肌、
めのうは気まぐれでわがまま…といった感じです(笑)

ちなみに、こはくはふれあい担当(触ったり、写真の担当)、
にしきとめのうはショー担当です。来年もがんばってくれると思います。

まだ、ブログでは未登場なので、そのうち特集を組もうと思います。



次は、「ベンガルワシミミズクのサクラ・モリ」の兄弟です。

20081228213714s_20100830104747.gif

mモリ
写真上サクラ、下モリ
コメント:どちらもショーの練習時の写真です。


サクラとモリは、先ほどの3姉妹と同期のフクロウで、
同じく花鳥園オープン時からショー専門の
兄弟です。ちなみに、サクラがお兄さんで、モリが弟です。

サクラは、去年から少し体調を崩し、
ずっとお休みをしていてほとんど出番がなかったのですが、
12月に入り、やっと体調が戻ってきたため、リハビリを兼ねてフライト練習をしています。

モリは、先週のブログにも書いたとおり、9月頃からルアー(疑似餌)の練習をしてきました。
ブログの後、何回かショーで披露したのですがイマイチ反応がよくありません
来年こそは、みなさんにびっくりしてもらえるように一緒に頑張って行きます!!!



次は「ケープワシミミズクのアラシ・トルキスタンワシミミズクのマロン・ワシミミズクのナハト」です。

アラシ

マロン

ナハト
上からアラシ、マロン、ナハト
コメント:アラシは夕方屋外での撮影でした。風が強くて大変そうでした…
     マロンとナハトはショー会場での撮影です。


この3羽は、ワシミミズクと言うわれる大型のフクロウの中でも
かなり大きな方のフクロウです。
体重はそれぞれ、アラシ1700g、マロン2000g、ナハト2300gと、
花鳥園のふれあい担当フクロウの中でベスト3の大きさです。

アラシとマロンはふれあいのレギュラーとして今年も1年頑張ってきました。

ナハトは大きいですが、まだ1歳で経験も浅く、性格もちょっとオドオドしたところがあるため、
ふれあい練習に励んだ1年でした。
…夕方頃、ショー会場に出てきて、よくアラシと間違えられていました(笑)
実際には、身長なら頭1つ分くらい大きいです。



次は「アフリカヒナフクロウのあさひ・ゆうひ」と「ナンベイヒナフクロウの凪」です。

あさひ・ゆうひ

凪
写真上左がゆうひ、右があさひ
写真下が凪
コメント:あさひとゆうひは、園内の池にある島の中で撮りました。
     カモとほぼ同じ大きさなので、どちらも気にした様子はありませんでした。
     凪は屋外です。雲ひとつない快晴の日だったのでちょっと眩しそうでした。


この3羽は「ヒナフクロウ」と呼ばれる、
「大人になってもヒナのように見えるフクロウ」の仲間です。
3羽とも5月産まれの2歳で、花鳥園にいる他のフクロウと違い、
実はイギリス産まれです!!!
……ただ英語はわからないみたいです(笑)

この3羽は、ふれあい・イベント担当で、この後に紹介する営業部長と共に、
3羽交替でイベントに行っています。
ふれあいは園内で行っていますが、レギュラーとしては行っていません。

夏の終わりから秋にかけてイベント出張が多かったので、3羽とも少し疲れた様子でした。
冬場はイベントシーズンではないため、休んでいることが多いですが、
春先になるとイベントの機会も増えるので、その頃になったら、また忙しくなると思います!!!



次は「アフリカワシミミズクのひすい」です。

ひすい
コメント:ショー会場にて、通りがかりに、なにげなく1枚だけ撮ったものです。
     立ち姿がとてもきれいだと思います。


…アフリカワシミミズクと言えば、先ほどの3姉妹が神戸花鳥園で有名ですが、
こちらのひすいは3姉妹の1歳年下の弟にあたります。

他のフクロウたちに比べると若干地味な気がします…
…他のが個性的すぎるという意見もあるのですが…(笑)

ただ彼には、一見わからない、他のフクロウをはるかにしのぐ個性が一つあります!!!
それは…低めの、渋~い、ダンディズム溢れるいいをしているんです!!!

ショー担当ではないので、その声を披露する機会にはなかなか恵まれませんが、
渋好みの方は、男女問わずメロメロになること請け合いです!!!



次は「アフリカオオコノハズクのズゴックンとテン」です。

ズゴックン

テン
写真上ズゴックン、下テン
コメント:ズゴックンは、毎年冬になると搬入されるポインセチアという植物の前で。
     カメラも見ないで、何を見ているのでしょうか???
     テンは…どこに入っているのでしょうか??…秘密です(笑)


こちらの2羽はブログにもよく登場するので、みなさんご存じですね?!!
おなじみの「細くなるフクロウ」というヤツです。

ズゴックンは今年の後半から、急にTVや写真の撮影が多くなりました。
…日中は相変わらず、個室に引きこもっていますが(笑)

テンは1歳の誕生日10月25日にショーデビューしてから、ショーのレギュラーとして定着し、
練習に励む日々を送っています。
新しいネタもいくつか考えているので、
来年はもっとショーのバリエーションを増やしたいですね!!

どちらも、12月に性別がわかり、ズゴックンがオス、テンがメスでした♪



次は「ハリスホークのたかこ」です。

たかこ
コメント:屋外にて撮りました。たかこは私のカメラの練習のため、
     ショーの写真はたくさん撮っているのですが、
     こういった立ち姿は意外と少ないんです。
     この日もいい天気の日でした!!!


たかこは今年2月に姉妹園「松江フォーゲルパーク」からやってきました。
私たちの腕のせいもあり、3月にデビューしてすぐは、もたついたり、
機嫌が悪かったりしたのですが、最近は、とても落ち着いて飛んでくれるようになりました。

ただし、もともとおばさまのタカなので、暑い夏場は嫌いなようです。

神戸花鳥園で唯一、フクロウ以外の猛禽類ということでショーではかなりの注目度です!!!
まだ、ショーでただ飛ばしている状態ですが、来年はいろいろと仕込んでいこうと思います!!!



次は「ベンガルワシミミズクのシオン・たけ」です。

シオン

たけ
写真上シオン、下たけ
コメント:シオンは、屋外でフライト練習中です。
     イベントなどでは、いつも違う環境で飛ぶことになるので、
     日々の練習もできる限りいろいろな環境で練習しています。
     タケはショー中のワンシーンです…お仕事中にすいません…


シオンはブログで何回か登場したように、園の営業部長です!!!
フクロウが参加するイベント出張では、欠かさず参加します。
先のヒナフクロウ何羽かとシオン、という組み合わせが一番多いです。
今年も例年通りのイベントの数をこなし、がんばってくれました。

タケはショーに出るようになり、10ヶ月あまりがたちましたが、
足のケガに悩まされ、やる気があるのに思うようなショーができないような日もありました…
…まるでプロスポーツ選手のようですね……
来年は、ちょっとお休みをあげてリフレッシュしてもらおうと思っています。

言い忘れましたが、実はこの2羽は兄弟で、シオンが3歳、タケは1歳なんです。
だんだんタケが昔のシオンに似てきましたよ♪



さあ、とうとう最後の1羽です!!!
トリを飾ってくれるのは…
神戸花鳥園で初めて産まれたフクロウ「スピックスオオコノハズクのムギ」です♪

ムギ
コメント:ショー会場の周りにある植物の中に止まってもらって撮影しました。
     実は、ムギは子供の頃の写真はたくさんあるのですが、1歳をこえたころから
     あまり撮らなくなり、この写真も半年ぶりくらいに撮ったような気がします…


ムギはふれあい担当でレギュラーではあるのですが、
そのサイズ(身長約20cm、体重100g)から1羽だけ…というのはいかにもさびしいので、
普段は、先ほどのマロンやアラシ、こはくと一緒に組んでふれあいをしています。

実は、11月から12月半ばにかけて2歳6か月にして初めての発情期に入り、
とても興奮していたため、その時期はふれあいの方はお休みしていました。

来年は、お嫁さんを見つけてあげたいのですが…
神戸花鳥園のスピックスオオコノハズクは、みんな高齢のため、
…園内でのお見合いは少し考えているところです。
…まぁ、両人同士がよければかまいませんが(笑)

ちなみに今年は2回?くらいイベントにも行きました。


さあ、今年の猛禽のブログはこれで終了になります。
次回は、年明けの1月4日です。

今年からブログが始まってからいろいろと大変でしたが、
これからも楽しいブログを作っていけるように努力していきます。
来年も鳥たち共々宜しくお願い致します。

それではみなさん、よいお年を♪








 ~番外編~

今年の1枚の番外編ということで、追加で2枚選んでみました!!!

ズゴックン2
撮影中にウインク?をしてくれました!!!
…ただのまばたきだと思いますが…
撮影していると、まばたきの瞬間が撮れることがよくありますが、
たいていが半目でコワい顔になってしまいます…
これはキレイに撮れました。

20081228093702s_20100830104747.jpg
アラシの腕乗せの様子です。
実は、ブログ用の撮影ではなく、1月1日に行われる「神戸花鳥園かるた大会」の
かるた作成用に、お客様にお願いして撮らせて頂いた写真です。
アラシのカメラ目線もバッチリ決まっていますね♪
ご協力ありがとうございました!!!

年末年始のイベント情報はコチラ↓へどうぞ。
神戸花鳥園 年末年始イベント情報

今年最後の花園コンサート 

4AFT4130のコピー
今日は今年最後の「花園コンサート」が行なわれました。
今年の9月からはじまったこの演奏会も、はやいもので14回の開催となりました。

4AFT4132のコピー
4AFT4166のコピー
今年最後の締めくくりに演奏してくれたのは
渡辺可奈さん(フルート)と長谷川千彰(ピアノ)のご両人。

演奏曲目は
・「イパネマの娘」ジョビン
・「もののけ姫」久石譲
・「旅立ち」~魔女の宅急便より~
・春の歌~無言歌集より~ メンデルスゾーン
・「春よ来い」
・マドリガル シモネッティ
・LA DANZA ロッシーニ
・「EARTH」 松村嵩継

4AFT4184のコピー

花園コンサートを応援していただき、ありがとうございます。
コンサートは来年も開催してゆくので、皆さまよろしくお願い致します。


2009年花園コンサートスケジュール

1月4日(日) 休            演
1月11日(日) フルート&ピアノデュオ
1月17日(日) フルート&ピアノデュオ
1月25日(日) 二胡&ピアノデュオ

2月1日(日) フルート&ピアノデュオ
2月8日(日) ソプラノ(声楽)&ピアノ
2月15日(日) フルート&ピアノデュオ
2月22日(日) マリンバ&ピアノデュオ

※予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承ください

制作:オノセプロデュース

ボリビ交配種 

今日は、南ロビーでは今年最後の花の紹介です。
私が今最もお勧めなのは、このボリビエンシス交配種です。
これは、十月の初旬に姉妹園の松江フォーゲルパークより到着しました。
PICT0002.jpg
PICT0011.jpg
このボリビエンシスは加茂グループの松江フォーゲルパークで
交配したオリジナルの品種です。

PICT0006.jpg
この花を見てください。スゴイかわいいですよね。
写真では拡大されているので大きいと思えますが、
実際は小さくこの様な花がいっぱい咲いています。

PICT0012.jpg
これが葉の写真です。良く見ると何かに似ていると思いませんか?
私はキャベツに似ていると思いました。お腹がすいたので食べてみようと思います。
同じ球根性ベゴニアのピアルケイと良く葉が似ています。
こちらは花売店の方で販売していますので良かったら御覧下さい。

PICT0010.jpg
こちらは、バイキングレストラン華花で展示されていますが、
まだ十分な大きさではありませんので、目立ってはいません。
もう少し大きくなったら鉢の位置を下げて、皆さんが近くで御覧できるように
展示して行きたいと思います。この品種は神戸で10鉢程しかなく珍しいので、
是非見に来てくださいね~。ついでに、お食事にバイキングでもいかがでしょうか?

南ロビー担当:高畠

外池2008総集編!! 

皆さん、こんにちは!!
クリスマスはどう過ごされましたか?
皆さんの所にはサンタさんは来たかな~!?


さて、今年最後の外池ブログです!
では、いつもの「外池小さな写真展」です。

DSC_0891 のコピー
タイトル・・「僕じゃないよ・・・。」
この写真は水面で自分の姿を見ていそうなコールダックの写真です。
水面に映る姿はクチバシから目が凄く離れていて、この姿は自分じゃない。
誰なんだ??と思ったでしょう。(笑)


ククと市成さん
タイトル・・『久しぶりの再開~満面の笑み~』

神戸花鳥園の大工さんと、クビワコガモのククちゃんは、とても仲が良いです。
大工さんも我が子のようにククちゃんを抱きしめ、とてもほほ笑ましい写真になりました。
大工さんの笑顔にククちゃんも幸せそうで、
クチバシでつんつんと気持ちに応えていました。


ルックどーん
タイトル・・『新しい年へ…Let'Go!』

ルックとルルがカメラに向かって猛ダッシュ!!
2009年に向かって元気よくこの子達も突っ走りまーす!!(笑)



皆さんどうでしたか?

今回は写真は少ないですが、外池オシドリ池を観察していると
色んな場面に遭遇いたします。
鳥の行動は、勉強になったり、面白かったりで見ていると
楽しいですよ。また皆さんも神戸花鳥園に来られた際は
外池の水鳥をじっくりと観察してみて下さい!

今年最後の外池ブログですが、今年もありがとうございました。
来年も神戸鳥園・外池ブログをどうぞよろしくお願いします。

それではみなさん!良いお年を!!!


中庭島上陸! 

皆さん、はじめまして!バードスタッフの植木と申します。
僕は先月入社したばかりなので、この記事を書くのも若干緊張気味ではありますが、
どうぞ、最後までご覧くださいませ~

さて、皆さん、僕の記念すべき(?)第1回目の記事は中庭池の中にある島について書こうと思います!

この島は池の中にあり、水に囲まれているので、普段、スタッフ以外は入る事が出来ません。
なので、「入ってみたい!」とお思いの方も少なくなくないと思います。
僕も、入社してからずっと行きたくてウズウズしてましたし、初めて上陸した時は妙に感動しました(笑)
という訳で、普段行けない中庭島の魅力をこの記事でお伝えしたいと思います!

まず、島の中の写真を見ていただきましょう。中池(真ん中)この写真は島の真ん中あたりはこんな感じです。

この写真は北側で、ポートライナーの駅寄りのところです。中池(北)
島の中は大体こんな感じです。木がたくさん植えられています。
ちなみに、島からだと南出入口がこんな風に見えます。中池風景2

そして、島内には様々な木々が植えてあります。例えば…ザクロこれはザクロです。1個だけですが、実が残ってます。

せっかくなんで、鳥さんにやっちゃいましょう。ザクロ2
食いしん坊なシロホロホロチョウ軍団がやって来ました。シロホロホロチョウ軍団
ウロウロホロホロ
マナヅルもやってきました。ちょーだい写真には写ってませんがハッカンやキンケイもやって来ました。そういえば数年前にザクロブームっていうのがありましたね。どこいったんでしょうか。

島内には他にもヤマモモや、ドングリが実るウバメガシやマテバシイに、赤い実をつけるグミの木なども植えてあります。

そして、この島の中には中庭池の鳥全種が住んでいますが、その中でも、シロホロホロチョウ、ハッカン、ホオジロカンムリヅル、アネハヅル、マナヅルは普段、この島の中にしかいません。

では、鳥達は島の中で一体何をしているんでしょう?島内での鳥達の生活っぷりを見てみましょう!



マナヅルが木の皮を剥がしまくってます。皮、はがしてみました。

ひなたぼっこ中のセイケイ。ドラチャン

同じくひなたぼっこ中のクロエリセイタカシギ。シギ軍団

日向ぼっこ中のコクチョウ。この後、ビビッて池に行ってしまいましたコクチョウ


たそがれキンケイ。たそがれキンケイ

日も暮れだしたら、トキたちが木の上に集まっていました。トキ

シロホロホロチョウ軍団がヤマモモの木に集まってます。木登りホロホロ

いかがでしたか?島の魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?
ちなみに、この島はスタッフでさえ、ごはんを与える時くらいでしか入りません。
ゆくゆくは、島に色々手を加えて、鳥やお客様にとってもっと豊かで魅力のある島になれば、と思います。

この記事を読んで、ますます「入ってみたい!」と思った方も、そうでない方も、くれぐれも島は立入禁止ですので、立ち入らないようお願いいたします。

では。御来園お待ちしております。

フクシア いろいろな葉 

フクシアを御覧になるとき、皆さん花に注目されがちですが、
今回は花以外の視点からフクシアを見てみましょう。

皆さんは、フクシアの葉にも色々な種類があるのをご存知ですか?
今日はその中のうち、いくつかご紹介いたいましょう。

PICT0001のコピー
これは『ゴールデンマリンカ』です。
葉の色がとても鮮やかな黄色に近い緑です。


PICT0008のコピー
これは『オーナメンタルパール』です。
やかわらな優しい葉の色だと思いませんか?
新芽は少し赤みがかっています。



PICT0018のコピー
これは『マゼラニカ・トリコロール』です。
何となくクリスマスのイメージにピッタリではありませんか?



PICT0013のコピー
最後に個人的に私が大好きな『ハニーサックル』です。
写真ではなかなか伝わりにくいのですが、
この葉、ビロードのような手触りです。
PICT0015のコピー
そのうえ、この葉の裏は御覧のように銅色をしています。


今日は、ほんの少ししかご紹介できませんでしたが、
またご来園の際には、葉にも注目して見てくださいね。

ぬくぬくあったか 

皆さん、こんにちわ。

最近は急に冷え込んできましたね。

風邪には気をつけてくださいね。

毎日、外に出たくないくらいの寒さですが



♪花鳥園の鳥達は、今日も元気いっぱいです♪



なぜなら、ここ花鳥園は夏も冬も

とっても★快適★なんですよ。


ガラス張りの天井から入ってくる光は、まるで春の木漏れ陽のようです



では、鳥達の様子をごらんください♪

コガネメキシコww.jpg

あったかくて眠いの★
いつもひっついてます、とっても仲良しなんですよ。

オウカンエボシ
gg.jpg

うっとり日向ぼっこ★
オウカンエボシは一羽しかいないので、ぜひ探してあげてくださいね♪
名前はスバルです。

ネズミガシラハネナガインコ
ee.jpg

ねむ~い★

オニオオハシ
yy.jpg

快適かいてき★
看板の上でおやつをおねだりしている所です。

オオサイチョウ
kk.jpg

お気に入りの場所でお昼寝★
安心しきって寝ています。

bb.jpg

気持ち良いよ~★のび~★



どうですか?見てるこっちまで眠く、、いや、

気持ちよくなっちゃいますよね。

世間はもうすぐ、クリスマス☆

花鳥園であったかく、のんびり過ごしてみませんか?


皆様のお越しを、お待ちしております♪








特訓の成果! 

みなさん、こんにちは。
今年も残すところ、あと10日あまりとなりました。
花鳥園は年末年始、休まず営業していますので、
ぜひお越しください。


さて今回は、以前のブログ↓で紹介したベンガルワシミミズクのモリ君です。
ショーの主役


ZN4G8836.jpg
                 名前:モリ (♂ 3歳)
                和名:ベンガルワシミミズク
                英名:Bengal Eagle Owl (Rock Eagle Owl)
                学名:Bubo bengalensis

インド周辺、ベンガル地方の山間部に生息する大型のミミズク。ただし、大型のフクロウの中では、小さな部類に入る。小型、中型の哺乳類を主食とする。ワシミミズクの中では、頭がよく、好奇心、適応力、繁殖力も高いため、世界中でショーバードとして人気があり、活躍している種類。もちろん、花鳥園グループでも、ショーの主力として活躍している。



9月頃から練習していたルアーキャッチが、みなさんに披露できるぐらいに上達したので、
まずは連続写真で練習の様子をごらんください。

1.jpgさあ!スタンバイOKです!!!


2のコピー合図と共に飛び出します!!!


3.jpg
…向かう視線の先には…


4.jpgルアー発見!!!


5.jpg捕獲完了!!!


6.jpgルアーにはお約束の鶏肉です♪

ここまでできるようになるのに、3ヶ月ほど掛かかってしまいました。
モリは、ショーのレギュラーとルアーの練習を一緒にやっていたのと、
私の都合(…言い訳…モリ君は悪くありません…)で、
なかなか練習に集中できず、反応が遅かったのですが、
ようやく目処が立ってきました。

年内にはショーで実演したいところです。
…ただショーで実演するには、私が作らなければならない小道具が一つあるのですが…
…最近もなんだか忙しくて……早く作りますね(笑)


ルアー、ルアーと言っていますが、
ルアーとは獲物に見立てた偽物の獲物、つまり疑似餌(ぎじえ)のことです。
釣りをする方は、よくわかると思います。

ただ釣りとは違い、猛禽類のルアーは猛禽類そのものを捕まえるためではなく、
訓練を受けている鳥が狩りの練習をするために使うものです。

4AFT3912のコピー
↑コチラがそのルアー。
その名も「ウサギルアー」ブルーナちゃん。
かわいいシッポがチャーミングです。


フクロウの仲間は、本来地面をにいる小動物などを捕食するため、
このルアーも地面にいるウサギに見立てて捕まえさせています。
空中にいる獲物を捕まえるのは苦手…というよりはっきり言ってへたくそです(笑)

ちなみにルアーは、猛禽類の調教の道具としてルアーが先に作られ、
釣りのルアーが後から作られ、名づけられたんです。
ひとつ勉強になりましたね!!!


練習風景を映像でも撮ったので、そちらもご覧下さい!!!





練習を始めたばかりは、集中力を高める為に、
お客様の少ない時間帯に練習していましたが、
最近はショー本番を想定して、お客様が多い時間帯を狙って練習しています。

ショーで実演するのもすぐですから、もしモリが上手にルアーを
捕まえていたら、大きな拍手をあげてくださいね!!!

それでは、年末年始も神戸花鳥園をよろしくお願い致します。


冬休みイベントはじまりました! 

12月20日(土)から冬休みイベントを開始いたしました。
※これらのイベントは終了いたしました。ありがとうございます。


●冬休み花鳥園クイズラリー
●ふれあいセット券販売
●花鳥園オリジナル寄植え販売
●花鳥園川柳コンテスト入選作発表


■冬休み花鳥園クイズラリー
ZN4G4162のコピー
花鳥園クイズラリーは、ご来園していただいたお客様なら
無料でどなたでも参加できます。
①ふくろうクイズ②ペンギン・オシドリ池クイズ③南ロビークイズ④西スイレン池クイズ
⑤北フクシアゾーンクイズ⑥エボシドリ・フラミンゴクイズ⑦オウム・インコクイズ
⑧オオハシ・サイチョウクイズ⑨中庭池クイズ の9ヵ所で、各ヵ所2問ずつの
計18問のクイズに答えてもらいます。
ZN4G4279のコピー
全部書き終わったら用紙に名前、住所、電話番号を記入して、南北受付そばの
応募箱にいれてください。全問正解の方には、抽選で景品があたります。
ヒントは必ず、出題されている鳥・花のエリアの中にあります。
がんばって探してみて下さいね~。スタッフがヒントをくれるかも?

■ふれあいセット券販売ZN4G4165のコピー
ふれあいセット券とは、鳥と魚のごはん(1カップ100円)購入券が
6枚セットで500円で、100円おトクになっております。
ZN4G4184のコピー
ZN4G4258のコピー
チケットのご購入は、お近くのふれあいスタッフにお声をかけてください。
チケットでごはんを購入するには、ごはん売り場の硬貨入れに入れてください。
ごはんをあげて鳥と魚とお友達になろう!
※”ふくろう・サイチョウうでのせ”にはご利用いただけません

■花鳥園オリジナル寄せ植え販売
ZN4G4271のコピー
南ロビー花売店では、いつものお花に加え、
花鳥園オリジナルの寄せ植えを販売しております。
神戸花鳥園の花を中心にアレンジいたしました。
どれひとつ同じものはございませんので、気に入った花をお選び下さいね。
花鳥園オリジナルの寄せ植えで、新しい年を迎えてはいかがでしょう?

■花鳥園川柳コンテスト入選作発表
ZN4G4191のコピー
今年の10、11月に開催された、花鳥園川柳コンテストの入選作の発表です。
応募してくださったお客様どうもありがとうございました。
応募総数950通から選ばれた、100作を北フクシアロビーで紹介しています。
ひょっとしたら皆さんの句がのってるかもしれませんよ♪

ZN4G4154のコピー
ポインセチアも特別展示中です。
クリスマスシーズンにぴったりの記念写真が撮れますよ!
ちょっとそこらではお目にかかれない、大きなポインセチアを集めて展示しています。
来年1月も展示する予定なので、ぜひ見に来て下さいね。

お正月も花鳥園かるた大会、ふるまい甘酒、福袋販売などを予定しております。


年中無休で通常どおり営業していますので、
年の瀬も新年も神戸花鳥園へ!
あたたかい園内でお待ちしてま~す。
 


※これらのイベントは終了いたしました。ありがとうございます。


花い~っぱいロビーの風景 

今までは一つ一つの花の紹介が多かったと思いますが、今日は南ロビーの全体風景を色々な角度からご紹介したいと思います。
b5.jpg
b3.jpg
こちらは入り口入って直ぐの正面フロアーの風景です。
写真では少し分かりにくいと思いますが、以前紹介したポインセチアタワーも大きく存在感があり、上から垂れ下がるハンギングも大きく綺麗ですよ~僕のお勧めはサザランディーと言う花です。
探してみてくださいね。写真にも載ってますよ(ヒント黄色い小さな花)。


b2.jpg
b4.jpg
b1.jpg
続きましては、バイキングレストランの全体風景です。
こんな所でのお食事など特に女性の方は憧れるんじゃないでしょうかね?
この園では植物と人との距離が凄い近いので色々な花と写真を撮ったり楽しむことが出来ます。クリスマスも近いので、恋人同士、家族、友人などで是非お越し下さい。
今までに無い特別なクリスマスを迎えることができると思います。街のイルミネーションも綺麗ですが、花が織りなすイルミネーションも是非御覧下さい。

南ロビー担当高畠

ついに・・!外池イベントが・・!! 

皆さん、こんにちは!
もう今年も残りわずかですね!
やり残した事はないですか?
来年はどんな年にしたいですか?

僕は来年も1日1日、大切に生きるです!!

さて、残り少ない今年ですけど、
外池ではこんなイベント行ないます!!

IMG_3766のコピー

題しまして「コールダックをひざに乗せて一緒に写真を撮ろう」です!!
この子達を触るふれあいではなく、ひざに乗せての記念撮影をするイベントです。

コールダックは見た目は普通のアヒルの子に見えますが、最も小さなアヒルの品種です。
大きさは大人になっても体高約20cm体長約30cmぐらいの大きさです。
なので実際見られたお客様は驚かれます。
「これで大人の大きさ!?小さいアヒルは可愛いなぁ!!」と・・(笑)
実際、お客様の目で確かめてみて下さい。
今、花鳥園で人気の子達ですから!!

※変更しました。

「コールダックをひざに乗せて一緒に写真を撮ろう」
日時:2008年12月28日(日) 
時間:13時30分~13時45分
場所:外池


コールダックひざのせ記念写真ご希望のお客様は
開園時から13時までに外池スタッフにお声かけください。
一日限定5組のお客様にふれあいカードをお配りいたします。

・イベント希望のお客様(5組)に到達した時点で受付終了とさせて頂きます。

・撮影は無料でお客様のカメラで撮影致しますのでカメラはお忘れないようにお願いします。
・13時30分から13時45分までに撮影を行いますのでどこかに行かずに、外池でお待ち下さい。
なお、撮影時間の45分までに来られないお客様はカード無効とさせて頂きますのでご了承下さい。

・鳥の健康を考慮するため、個体は選べません。





写真撮影をしてくれる個体は
コールダックのコール君、ルックちゃん、ルルちゃんです!
申し訳ありませんが、出てくる個体は体調によって代わりますので選べません。
また鳥の体調によって中止させていただく事もありますのでご了承下さい。

IMG_3774のコピー
↑堂々として写真に写るコール君はカッコイイよ!
 でも、少しコール君内股だね(笑)

IMG_3770のコピー
↑ルックちゃんとルルちゃんです!

↓はい、ポーズ!
IMG_3752のコピー

このコールダックとの記念撮影のイベントは神戸花鳥園としては
初めてのイベントです。
コールダックをひざに乗せて記念撮影なんて他にはないです!!
外池にはたくさんのカモ達がいますが、その中でこのふれあいが
できる子達は産まれてすぐからスタッフが育て、
時間を共に過ごしたとても馴れた子達です。
ですから、私たちはお客様とカモ達とがもっと仲良くできるように、
思い出の写真になればと考えております。


またイベントを開始する際はブログの方で皆様にご報告致しますので
楽しみにお待ち下さい!!
ぜひ、この機会にお客様も外池コールダック達とお友達になってみて下さい。

これからも楽しめる外池にしていきますので、よろしくお願いします!!

※予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承下さい。

キンケイの成長 

皆さん、今年一年どんな年になりましたか?
今年もあとわずか!!クリスマスにお正月楽しい行事が私たちを待っています!

すっかり寒くなったこの頃は、中庭池を通るお客様の足が少し早歩きになったような気がします...

いえ!きっと気のせいでしょう!!

中庭池スタッフも、寒さに負けず毎日鳥達に囲まれ、お客様とお話が出来、とても楽しく仕事をさせて頂いています!!
.
キンケイどアップ

軽い足取りのケイちゃん

最近の中庭池ですが、
何度もブログに登場している『こどもキンケイ』が『大人キンケイ』へと立派にすくすくと成長し、今ではスタッフと共に通路を軽い足取りで歩いています。
また、木の上に登ったり、遊んだ後には休憩している姿も目に付きます!!


はたまた砂利の上でお昼ね
砂利の上でお昼ね


のどが渇いたなぁー
あら可愛い!

見ているだけでも凄く癒されます!!笑

この子達の中にも毛並みが段々と大人へと変わってきている子がいます。オスのキンケイは以前にもブログで紹介したように、赤、黄色、茶色など、とても色鮮やかになります。

では、どうゆう風に羽の色が変化しているのか見てみましょう♪

色が変わりつつあるキンケイ
背中のあたりがうっすらと赤くなってきているのが、お解りいただけますでしょうか?
この写真でもわかるように、急に綺麗な色へとは変わりません。何ヶ月もかけて段々と色が変わっていきます。

立派に大人へと変わったキンケイの羽を紹介します。

キンケイの色んな羽

右から順に、薄っすらオレンジ色をした羽は首横に付いている羽で、求愛の時に広げます。 
真ん中の羽は尻尾にかけて伸びている羽です。最後の茶色い羽は、尻尾の部分です。

こちらの写真で比べてみて下さい。何となくでもどこの羽かおわかりになりますか?
今年生まれたキンケイたちが、この親キンケイのように色がはっきりするにはまだもう少しかかりそうです。
眠たいキンケイ




池を見つめるケイちゃん

早く大人になりたいなぁー...

クリスマスと言えば・・・・・ 

そう、ポインセチアです。
今回はポインセチアの事についてお話させて頂きます。
Euphorbia pulcherrima 和名ショウジョウボク
p2.jpg

来園されたお客様は良くポインセチアについて、色がついている所を花と勘違いされている方が多いようです。実は、あそこは花ではなくて包葉が色づいているのです。
p5.jpg

実際の花はめっちゃちいさくて花という感じは全然しません。完全に葉っぱに負けていますね。

p6.jpg

ポインセチアはクリスマスの花なので冬に強いと思われがちですが、寒さには弱く暖かい室内に置かないと枯れてしまいます。葉に色をつけるには13時間以上の短日処理をしないと色がつきません。
p3.jpg
現在神戸で展示しているポインセチアは約20種類あります。
ご来援の際はいろんなポインセチアが有るので一つ一つ楽しんで見てください。きっとご満足頂けると思います。では又次回をお楽しみに。 

南ロビー担当高畠

美しい鳥 クジャクバト 

本日はブログ初登場のとっても美しい鳥、“クジャクバト”をご紹介したいと思います。
クジャクバトは、オオサイチョウやオウギバト、九官鳥など色々な種類の鳥と
一緒に暮らしています。
現在2羽いて、名前はココちゃん・ハナちゃんといいます。

クジャクバト1

和名:クジャクバト
英名:Fantail Pigeon
学名:Columba livia var.domestica
 
カワラバトから品種改良されて作り出された観賞用のハトです。
16世紀以前にインドで作出されたと推定され、主にイギリスで改良されました。
カワラバトの尾羽は普通12枚ほどですが、クジャクバトの尾羽は20~36枚あります。
この尾羽が、羽を広げているときのクジャクと似ているため、クジャクバトという名前がついています。
 
                ↓クジャクバトの後姿です。
クジャクバト2

普段木の上にいることが多いため、花鳥園に来たことがあるお客様も
「あれっ?こんな鳥いたかしら??」なぁんてこともきっと多いはず・・・。
そんなお客様のために私なりの“クジャクバトの可愛いポイント”を
お伝えしたいと思います。


【クジャクバトの可愛いポイント】

①くりくりした目がとってもチャーミング

クジャクバト3
上を見上げる姿は特に可愛いらしいです!!
クリクリした目とピンク色のクチバシがとても女の子っぽいです
(実際性別は不明ですが・・・)



②真っ白なフワフワな羽
クジャクバト4
なんだか雪だるまみたいですね(笑)
白くて本当にきれいな羽をしています。首のまわりは特にフワフワして気持ち良さそうです。 


こんなキレイな羽をもつクジャクバトさん、
やっぱりいつもキレイでいられるよう意識しているのでしょうかね??
今日も気持ち良さそうに水浴びをしていたのでそちらの様子をご覧下さい。

クジャクバト5
まずは水の容器に入ってチャプチャプ・・・。
お風呂につかっているようで可愛いですね♪

クジャクバト6
だんだん調子がのってきたようです(笑)動きがだんだん激しくなってきました。

クジャクバト7
このようにしてカラダ全体をまんべんなくキレイにしていきます。
お気づきかもしれませんが脂粉で水が真っ白になっています・・・。

思う存分水浴びを楽しんだクジャクバトさん、
最後には疲れてしまったようです・・・。(水の容器に入ったままウトウト・・・)
クジャクバト8

花鳥園では、オウギバトやクジャクバトがおなかがすいて下に降りてきているときに、
ごはんをあげることができます。
やってみたい方はお気軽にスタッフまで声をかけて下さいね!!


性別当てクイズ2008冬 解答編 

みなさん、こんにちは。
12月に入ったというのに、最近はなんだか暖かいですね。

ショーをやっていると少し汗ばんでしまいます…
寒すぎるのも大変ですが、こう暖かいと季節感がなくなってしまいますね。
これも地球温暖化の影響なのでしょうか??


さて、今週は先週からの続き、「性別当てクイズ2008冬 解答編」となります。
問題のほうをまだご覧になっていない方は、こちら↓です。

性別当てクイズ2008冬 問題編


さて、忘れている方のために、少し簡単なおさらいを…

神戸花鳥園では、フクロウの性別を調べるのに、採血をして
そこからDNA鑑定を行って性別の判定をしています。

先週にその採血と鑑定を行い、つい先日結果が出たため、
それをみなさんに当ててもらおう…というわけです。

今回、性別がわかったフクロウたちは合計5羽。
簡単な紹介もしておきます。

エントリー№1
ベンガルワシミミズク:シオン 3歳
4AFT2915のコピー


エントリー№2 
ワシミミズク:ナハト 1歳
DSC00482 のコピー

 
エントリー№3
アフリカオオコノハズク:ズゴックン 推定5歳
PICT0109 のコピー


エントリー№4
アフリカオオコノハズク:テン 1歳
DSC01508 のコピー

エントリー№5
ベンガルワシミミズク:タケ 1歳
4AFT7516 のコピー

以上の5羽によるエントリーです!


では前置きが長くなりましたが、いよいよ正解の発表です!!!


みなさん、解答用紙の準備はよろしいでしょうか?!!



エントリー№1、シオンの性別は……オスでした!!!
実は、スタッフ予想ではメスで、いきなり1羽目から外してしまいました…
割と、気が強く度胸もあるフクロウなのでメスとばかり思っていたのですが…
…やっぱり性格は当てになりませんね(笑)



エントリー№2、ナハトの性別は…オスでした!!!
これは、見事にスタッフ予想が当たりました!

…問題編では書きませんでしたが、
実はフクロウの仲間はオスのほうがメスよりも少しだけ体が小さいのです。
といっても、見た目でわかる程度ではありませんし、個体差もあるので、
性別の判定というところでは、ほぼ当てにならないのですが…
ただ、世界最大のワシミミズクで体重が2300g(2008年12月15日現在)だと、
ちょっと小さいかな?ということでオスとの予想でした。



エントリー№3、ズゴックンの性別は…またオスでした!!!
ことらもスタッフ予想が当たりました!!
またオスということで、今回の結果はみんなオスなのでは…と思ったりもします。 
こちらのズゴックンは、推定5歳と今回のフクロウのなかでは最年長ですが、
実は花鳥園グループ以外から貰われてきたフクロウなので、正確な年齢がわからず
性判定をする時期も遅れてしまったのです。



エントリー№4、テンの性別は…メスでした!!!
こちらもスタッフ予想大当たりです!!!
テンは、掛川花鳥園のポポちゃんで有名になった、いわゆる「細くなるフクロウ」ですが、
非常に気が強く、滅多なことでは細くならないのです…
この気の強さからメスではないかと予想しました。
最近では、少しおっちゃんくさい顔つきになってきてしまいましたが…女の子です(笑)



エントリー№5、タケの性別は…またまたオスでした!!!
最後にきて、予想が外れました…でも予想は3勝2敗ですから一応勝ち越しです(笑)
こちらのタケは、体重は普通で、性格も気が強すぎもせず、弱過ぎもせず、非常に予想が
難しかったです。
…でも、オスといわれれば、オスっぽい気がします(笑)


さあ、今回の性判定結果が全て出揃いましたが、
みなさんの予想はいかがでしたでしょうか?


フクロウは毎回、このようにして性別の判定をしています。

花鳥園では、フクロウのほかにペンギンやオオハシ、インコなども
DNA鑑定による性判定をしています。
他にも、オスやメスの特徴が出きらないヒナのうちに性別を知りたいときにも
行うことがあります。

日本の動物園で、お見合いのためにクマがお婿に行って
実はメスだったということを聞いたことがありますが、
花鳥園のフクロウもオスなのに「サクラ」、メスなのに「アラシ」と
なんだかあべこべの名前が付いているものがいます。

4AFT3863 のコピーベンガルワシミミズク“オスなのに「サクラ」”


お客様にもらった名前を先につけてしまった後で、性判定をしたのですが
名前を覚えてしまっているので、もう変えられません(笑)

ただ、性別がわからなくても、名前があべこべでもフクロウの魅力は変わりません!!!
こんな魅力いっぱいのフクロウ達に、ぜひ会いに来てくださいね!!!

輪島高洲太鼓&花園コンサート 

本日は輪島高洲(こうしゅう)太鼓の演奏イベントと
花園コンサートの演奏が北フクシアゾーンで開催されました。
その両イベントの様子をご覧ください。

ZN4G3583のコピー
輪島高洲太鼓とは、輪島市の特徴高洲山の麓、輪島の伝統である
”お祭り太鼓”を基とし、地域の子供で結成された組太鼓チームです。
13日(土)と今日の2回公演をしていただきました。
ZN4G3557のコピー
演奏曲の「高洲(こうしゅう)の響き」という曲は、能登人の魂であるキリコ祭りを
背景に、金箔や漆などで彩られたキリコの華麗さと、溢れる熱意と太鼓・笛・鉦の
音に導かれて勇壮に祭りが展開していく様を、体全体で表現したもの。

ZN4G3427のコピー
太鼓は非常に迫力のある音で、近くにいるだけでお腹にズンズンと響くほど。
真反対の南ロビーまでその音が聞こえるほどでした。
息の合った演奏と振り付けもバッチリ決まっていました。
太鼓の音を聞いていると血が騒ぎますね(笑)。

元気をもらえた太鼓の演奏でした。
-------------------------------------------------------------------------
ZN4G3641のコピー
花園コンサートは
「中国琵琶(びわ)&ピアノデュオ」の演奏でした。

ZN4G3630のコピー
中国琵琶を演奏していただいたのは
キンシンさん。

ZN4G3646のコピー
ピアノは文 暁鈴さん。

ZN4G3648のコピー
中国琵琶は日本の琵琶と違い、バチではなく5本の指全てに、
ピックのようなツメ(べっこうで出来ています)をつけて弾きます。
音域が非常に広いのが特徴です。

演奏曲目は
・茉莉花(まつりか)
・いつも何度でも
・クリスマスメドレー
・青花瓷(せいかじ)
・梅花三弄(ばいかさんのう)
・チャルダッシュ


曲:「茉莉花(まつりか)」

いかがでしたでしょうか?個人的な意見ですが割と
花鳥園と中国の楽器の音色はマッチしているような感じがしました。
また次の花園コンサートをおたのしみに・・・



次回予告
12月21日(日)は休演です

12月28日(日)フルート&ピアノデュオ

2009年1月と2月のスケジュール

1月4日(日)は休演です
1月11日(日) フルート&ピアノデュオ
1月17日(日) フルート&ピアノデュオ
1月25日(日) 二胡&ピアノデュオ

2月1日(日) フルート&ピアノデュオ
2月8日(日) ソプラノ(声楽)&ピアノ
2月15日(日) フルート&ピアノデュオ
2月22日(日) マリンバ&ピアノデュオ

※内容が予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい

制作:オノセプロデュース

ラ・フランス La France 

今日は私の好きなフクシアの紹介です。
f0.jpg

アカバナ科 フクシア属
Fuchsia "La France" (Lemoine,France,1885)
名前の通り1885年にフランスで作出されました。

ラ・フランスと言う名前がついつい洋ナシのラフランスを思い出してしまいます。美味しそう~
だから直ぐに名前を覚えることが出来ました。

この品種は、咲き始めと咲き終わりでは花弁の色がなんと違うのです。
始めは紫色なのですが、徐々に赤みを増してきます。一粒で二度美味しい。
f1a.jpg
咲き始め

f2.jpg
咲き終わり

花も大きく、八重咲きでわりと育てやすい品種です。私の家でも良く開花しました。
皆さんも是非育ててみてください!!

外池写真 ~人気者~ 

皆さんこんにちは!
12月に入り、冬の到来ですね!!
皆さんはクリスマスの予定は入りましたか?
神戸の街並みはイルミネーションで光輝いています!
美しい神戸がとても大好きです。


さて、今回のブログは今年を振り返って
「外池写真展!!!」
という企画でいこうと思います。
っと言っても外池ブログ小さな企画です(笑)

このブログを通して写真を撮る機会が増え、1回のブログで
たくさんの写真を撮ります。
その中でも自分が好きな写真、気に入った写真を載せました。
上手く撮ろうとなんか考えていません。
撮った写真の被写体から感じる何かがあるんです。
私はカメラでそんな写真が撮れたらいいなと思っています。
っと言っても動物の写真はどれも可愛いものですね!

見上げれば
タイトル・・「空ミレバ」
この小さな体に小さな目、でもよく見ると
とてもピュアな目をしていて真っすぐと空を見ていました。

唄う
タイトル・・「唄う」
この写真は一見、アヒルさんの証明写真のようでとても可愛いです。
大きく口を開け、大きな鳴き声で鳴いている所です。
なので人が合唱コンクールで唄っている時のようで、タイトルは唄うにしました。(笑)

朝日に向かって 
タイトル・・「朝日に向かって」
この写真は朝の水浴びが終わった時に撮れた写真です。
この二羽はとても仲良し姉妹でいつも一緒にいます。
朝日をじっと見ていて可愛いアヒルさんなのに
何か力強いものを感じる写真です。

天使の羽
タイトル・・「天使の翼」
私の勝手なイメージですが、白い羽を見ると
『天使』のようだと思ってしまいます。
この写真のルルちゃんは、
なんだか美術館に飾ってあるような…
とてもキレイな翼ですね。

ひなたぼっこ
タイトル・・「~とある1日の昼下がり~」
この写真はルックちゃんが天気の良い昼下がり、
ごはん台の上でほのぼのしているところを激写!!
太陽の光が見るからにポカポカしていて、
ルックちゃんも、とても気持ちよさそうな1枚です。


飛ぶ
タイトル・・「オオゾラへ…」
この写真はルルちゃんがまさに、
大空に飛び立つかのごとく、
翼を広げています。
あまり飛ぶのは得意ではないルルちゃんですが、
写真を見る限りでは、飛べそうです。(笑)

看板娘
タイトル・・「~看板娘~」
『いらっしゃいませー!!』と、声が聞こえてきそうです。
タイトルの通り水鳥のごはんが売っている
ごはん台の上でおすまししてお客様を
お迎えしているルックちゃん。
しかし、ルックちゃん…代金を入れる場所の、
ちょうど真上に立っちゃってます。
ルックちゃん!これじゃ代金が入れれませんよ!!
まだまだ、看板娘として修行中ですね。(笑)



さて、みなさんいかがでしたか?
『外池写真展!』
みなさんも写真を見て少しでも何か感じてくれたなら、
私にとっては大成功です!!!
今回はコールダックの
ルックちゃんとルルちゃんメインでしたが、
また、他の鳥たちの『外池写真展』も
やっていきたいと思いますので、
楽しみに待っていただけたら幸いです。

写真だけでなく本物の鳥たちにも会いに来てくださいね!!
やはり鳥たちの温もり・暖かさというものは
実際に触ってみて、初めてわかるものだと思います。
ルックやルルみんな神戸花鳥園で待ってます!!

↓あれ?最後にルルちゃんも何か言いたいようです!

大声
↑ルル『神戸花鳥園で
待ってまーす!!!』




オウゴン様 

みなさんこんにちは!
12月に入って寒さも本格的になってきましたね。
家にじっと、こもってませんか?
あったかくして出かけてみると、ちょっと素敵なことがあるかもしれませんよー?

今回は中庭池の、ちょっとおもしろい鳥をご紹介します。
おうごんさま
『どうも、はじめまして~♪』

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
           ○オウゴンキンケイ○
              (黄金金鶏)
名前: オウゴン様
年齢: 2006年生まれの2才
体長: 100~115cm (ちなみにメスは61~70cm)
特徴: 右足の黄色いリング
性格: 強気で、自分より大きな鳥にもひるまない。
     なんだかカッコイイ男のコ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ちなみに『オウゴン様』と言う名前は、お客様がそう呼んでいたのを聞いて、
しっくりきたのでそのまま頂きました(笑)

オウゴンキンケイはキンケイの色変わり種で、全体的に黄色っぽいです。
まさにオウゴン色なんですねー。。



ちなみにメスはクリーム色をしています。
わらび2
『なに??地味って言わないでね?』


キンケイは自分でテリトリー(なわばり)を決めて、毎日その範囲をウロウロしています。
もし他のキンケイがいても、威嚇して追い返せるよう、欠かせない日課なんです。
警戒しているときには 『クルックークークー・・・』 と鳴いて、にらんでいます。

今日もオウゴン様パトロール中。。
ウロウロ
『異常はないかな?』



このコ、スタッフとお客様を見分けているらしく、スタッフが自分のテリトリーに近づいてくると
ピタッとマークしてきます!
あっち行けー!
このテリトリーは結構広いようで、スタッフが離れるまでずーーっと目を離しません。
背後で視線を感じることもしばしば。。
『クルックークーク』(←怒)と言われることもしばしば。。



テリトリーから離れていくと、そこから先は深追いしないようです(笑)
ココまでなの
『ふぅ。もういいかな。』



気配をかくして、そろ~っと行っても気付かれると再び追ってきます。
あっ!

また来た!

そんなに怒らなくても・・・


あんまり何回も通っていると、オウゴン様も怒って攻撃に転じることも!!
スタッフの長靴をつっついて、さらにキックしてきます(泣)
(お客様にはこんなことしないので、安心してくださいね。。)


なぜこんな風になったのか分かりませんが、お客様から見ると
スタッフに懐いているように見えるので、
『まぁ!かわいい!!』と言われます。

実は追い出そうとしているなんて。。なんだかさみしいです。



そんなことはお構い無しに今日もオウゴン様はパトロール。
前よし
オウゴン様ー
頭上から撮ってるよー

上はすきだらけのようです。


花鳥園にお越しの際はオウゴン様を見つけてみてください♪
スタッフの後ろをくっついて歩いてるかもしれませんよ。

熱帯性スイレンの交配 

今日は熱帯性スイレンの簡単な交配の方法について説明します。
スイレンの花は3日間咲きます。
PICT0013.jpg
1日目
PICT0014.jpg
2日目
PICT0015.jpg
3日目

花が微妙に違うのが分かるでしょうか?1日目は雄しべに花粉は出ず、2日目、3日目の花に花粉が出ます。
1日目の花の中心に液体が溜まっているのが分かると思います。これは柱頭液といって花粉を受粉させる作用が有ります。ここに花粉をつけた昆虫が落ちることにより受粉が行なわれるのです。
つまり、1日目は柱頭液が有り花粉は出ないので、他の花からしか受粉できない上手い仕組みに成っています。

では実際に交配してみましょう。ドゥベン(薄い青 小型でムカゴを付ける品種)にコロラータ(小型で青い品種)を交配してみます。
目標としては、小型で青の濃い品種でムカゴ種が出来ればいいな~
PICT0022.jpg
コロラータの雄しべを切り取り、ドゥベンの1日目の花の中に投入します。
PICT0023.jpg
こんな感じでラベルを書き左上と右下に半分くらい切れ目を入れます。

PICT0024.jpg
さっきの切り口を合わせワッカを作り花茎に付けておきます

PICT0026.jpg
スイレンの種子はハスと違って水中に出来ます。そのため種子が水中に散らばってしまうと収集できないのでジップロックの袋を被せます。簡単ですが以上で終了です。上手く行けば30日後には種子が取れるでしょう。
ただ、不稔性の品種も有りまして、交配してもなかなか種子が出来ない事が多々有ります。交配と言うと難しい様に思われますが、作業自体は簡単な事です。どんな花が咲くか?どの花を交配親に使おうか?色々と考えるだけでも楽しいです。考えている時が一番楽しいかも?
皆さんも是非一度チャレンジしてみてください。

リニューアルしたエボシドリゾーン 

本日はインココーナーと共にリニューアルしました、
エボシドリゾーンの紹介をしたいと思います。



エボシドリゾーンはオオサイチョウのサイちゃんと、インココーナーの間にあります。
エボシドリゾーン


以前はオオハシゾーンにいたエボシドリですが、
どうしても体の大きいオオハシたちに主役を奪われ
コソコソと影の薄い生活をしていました・・・。

が、この引っ越しでエボシドリの楽園ができました(笑)

食欲旺盛なオオハシたちと別々の部屋になったエボシドリは
悠々自適に過ごしています。
のび~

すっかりリラックスモードのオウカンエボシドリ スバル

オオハシゾーンではあまり隠れる場所がなかったので、
こうゆうことがしてみたかったのでしょうか?(笑)
エンジェルストランペットの葉に隠れて休憩です。
スバルかくれんぼ2


こちらではギニアエボシドリのミトが他の子と追いかけっこで忙しそうです。
ミト追いかけっこ


そんなエボシドリたちは接客も上手なんですよ!
リビングストーンエボシドリのミレイがお客様をお出迎え
いらっしゃいませ

写真を見ていただいて、おわかりだとは思いますが
神戸花鳥園のエボシドリは腕に乗ります!
私達スタッフにとっては日常のことですが、お客様には初めての経験で
皆様とても喜んでいただけます。
わたしにもちょーだい

ご覧の通り、カップを持ったお客様にエボシドリたちの視線は集中
腕を伸ばすとすぐに乗ってきますよ♪

お子様でも腕に乗せられるぐらい軽いので是非挑戦してみてくださいね。
遊びにきてね

ここでひとつ、皆様にお知らせですが、
オオハシゾーンエボシドリゾーンの出入り口には
鳥の脱出防止のために透明のビニールをつってあります。
ご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解くださいますようお願いいたします。
ビニール
走らずに、ゆっくりビニールを開けながらお入りください。


性別当てクイズ 2008冬 

みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

年末が近づいてきて、なんとなく園内も寂しげな今日この頃です。



突然ですが、先日、性別のわからないフクロウの性別判定のため、採血を行いました。
神戸花鳥園ではフクロウの性別を調べるのにDNA鑑定をしています。

獣医さんに血液を採ってもらい、それを調べているんですね。
非常にハイテクです!!!

鳥と言うと、オスがきれいで、メスが地味と思っている方が多いようですが、
フクロウの仲間は普通、オスとメスが同じ姿をしている為、見た目ではわかりません。
違うところは…
人間と同じでメスの方が気が強いという所です!!!
……フクロウには1羽1羽、性格があり、個体差もあるので意外とあてにはなりませんが(笑)

ちょっと話がそれましたが、今回のブログはクイズの「問題編」です。

採血をして今週中に性別がわかる
フクロウ5羽の性別を当ててみてください!!!

…ちなみに、全問正解しても……商品はありません(笑)

それではさっそくフクロウの紹介から始めていきましょう。

エントリー№1 
ベンガルワシミミズク : シオン 3歳


4AFT2915のコピー
4AFT2921のコピー
いわずと知れた当園の「営業部長」。実は性別不明でした。
過去、検査を受けたのですが、うまく結果が出なかったためです。
シオンの紹介



エントリー№2
ワシミミズク : ナハト 1歳


DSC00507のコピー
DSC00528のコピー
当園で暮らす中で、一番大きなフクロウです。
世界最大のフクロウですが、この種類の中ではちょっと小柄な子です。
性格は、わがままで食いしん坊(笑)!! 夕方5時前にショー会場に出てくることが多いです。



エントリー№3
アフリカオオコノハズク : ズゴックン
                    推定5歳


PICT0107のコピー
DSC01465のコピー
当園、最高の隠れキャラです。その見事な隠れっぷりは↓をご覧下さい!!!
隠れキャラ
隠れキャラ ズゴックンの魅力



エントリー№4
アフリカオオコノハズク : テン 1歳


DSC01452のコピー
ZN4G6593のコピー
先日、10月25日で満1歳を迎えたばかりの、花鳥園で一番若いフクロウです。
誕生日の日にショーにデビューし、最近ではレギュラーとして定着してきました。
テン ショーの練習
テン ショーデビュー



エントリー№5
ベンガルワシミミズク : タケ 1歳


4AFT7518のコピー
ZN4G6563のコピー
若干1歳8ヶ月ながら、ショーのレギュラーで芸暦10ヶ月のベテラン?です。
人生の半分をショーに費やしている仕事人(笑)!!!
現在は10:30からのショーで毎日頑張っています。



さあ、みなさん、以上の情報から性別の予想はつくでしょうか??


結果が出なければスタッフにもわかりませんが、スタッフ予想は……

シオン→メス
ナハト→オス
ズゴックン→オス
テン→メス
タケ→メス

と、なっています。

それではみなさん、来週の「解答編」、お楽しみに!!!


 ※ 先週のブログ「フクロウの首」で、映像に不具合があり、申し訳ありませんでした。
   修正しておきましたので、ご覧になりたい方は こちら からお願いいたします。

第12回花園コンサート 

IMG_0002のコピー
今朝、外に置いてある水のはいった鉢の中を見ると、氷が張ってました。
神戸ではルミナリエもはじまりましたし、街の飾りつけもクリスマス一色。

4AFT3100のコピー
そんな季節にぴったりのクリスマスソングを北フクシアロビーで演奏してくれました。
花園ではおなじみのピアノ・フルートの渡辺可奈&山口ひろ子デュオ。
4AFT3083のコピー
4AFT3096のコピー

1.ホワイト・クリスマス
2.ウィンター・ワンダーランド
3.もみの木
4.あなたに楽しいクリスマスを
5.ブルー・クリスマス(2部はサイレント・ナイト)
6.ひいらぎで飾ろう
8.オー・ホーリー・ナイト
9.神の御子
10.クリスマスソング


「ひいらぎで飾ろう」と「オー・ホーリー・ナイト」を続けてお聴き下さい。

4AFT3104のコピー
クリスマスソングだけを10曲演奏しました。
聴きなじみな曲が多く、みなさんも安心して聴けたかもしれませんね。
では、まだ先ですが皆さん良いクリスマスを!

次回予告

12月14日(日)
「中国琵琶(びわ)・ピアノデュオ」
出演:キン・シン 文暁鈴

12月21日(日)
休演

※予告なく内容が変更になる場合がございます。ご了承下さい

制作:オノセプロデュース

南ロビーにポインセチア参上!! 

800.jpg

昨日グループ園の中の加茂花菖蒲園から、去年も好評だったポインセチアが到着しました。
※今回のポインセチアの特別展示は終了いたしました。ありがとうございました。

poin1.jpg
正面から見たポインセチアタワーです。人と比較してもこれだけ大きい事が分かります。

poin2.jpg
左側からの写真
Poin3.jpg
右側からの写真
こんなに、大きなポインセチアは滅多にお目にかかれないと思います。

去年に比べてまだ数は少ないですが、これからもっとポインセチアがやってきますので、去年以上に皆様の目を楽しませる様なレイアウトを考えて行きたいと思います。楽しみにしていてくださいね。
今回は簡単な紹介でしたが、次回のブログではポインセチアの事について掘り下げて行きたいと思います。 

※今回のポインセチアの特別展示は終了いたしました。ありがとうございました。


南フロアー担当 高畠

当園のスタイル 

育種観光園芸
当園ではさまざまな植物を改良しながら、品種改良の現場をそのままご覧いただくという独自のスタイルをとっております。

suiren1.jpg


熱帯性スイレンでも品種改良を行っています。とても広い池なので殆どお気づきにならないと思いますが、所々に小さな苗など種を蒔いたばかりの物が育成されています。その中で大きく育った物が今日紹介する品種です。
suiren2.jpg

淡い水色ですが、どこか透明感と言いますか深みを感じさせる色です。そして、雄しべが花弁化した八重咲きです。ピンクレパーデスの種子から生まれました。

熱帯性スイレンの育種は、主にアメリカで行われて来ました。最近はタイからも素晴らしい品種が生まれてきますが、日本では育種している人は殆ど居ないと言って良いでしょう。過去の文献には、さがみ、さぎぬま、たまプラザなどの品種が書かれていますが、残念ながら現存していないのでは無いでしょうか?
suiren3.jpg

「熱帯植物天国と地獄」と言う本の中で熱帯性スイレンは
世界一贅沢な花と記されています。理由は、高い温度(水温28度前後)、沢山の光(直射日光の当たる広いスペース)、豊富な水が必要なためです。沢山の種類を育てていくのが難しいので日本では育種されないのでは無いでしょうか?
ただ、それに見合うだけの花には豪華さが有り繊細さも兼ね備えた物だと私は思います。当園ではこれからも様々な植物の品種改良に取り組んで行きたいと思います。

ククのお気に入り! 

みなさんこんにちは!!!
もう12月ですね!!
本当にあっと言う間ですね1年経つのが!!


さて、今回は先週紹介した、
外池の『看板娘のルルちゃん』と同じく
カモのご飯台にいる看板鳥のククを紹介したいと思います!

IMG_3334のコピー
↑クビワコガモのククちゃん(オス)
クク 『ククです!こんにちわっ!』

今日はブログにも何回も登場しているククちゃんですが
ククのお気に入りなものについて紹介したいと思います!

IMG_3418のコピー
↑クク 『ボクの好きなもの教えちゃいます!!』


↓まずはこちらです!!
IMG_3381のコピー
…えぇーと。
何がどうなってるんでしょうか?(笑)
これは…『頭隠して尻隠さず』状態ですね…。

↓クク 『服の袖とか隙間に頭入れるのすきなのー!!』
IMG_3138のコピー
ククちゃん、足をすごい踏ん張らせて
奥に奥に行こうとしてますね!

この行動は、産まれて間もない時に
親鳥のお腹の羽毛の中に
入ろうとする行動をします!
これはその行動によく似ていると思います。
きっと安心するんですね!
ククちゃん身体は大人と同じサイズだけど、
まだまだ甘えたなんですね!!

IMG_3346のコピー
↑クク 『次はちょっとしたお友達を紹介します。』

IMG_3365のコピー
↑クク 『いつも羽づくろいしてあげるのー!』

ククちゃんストラップや鈴なんかも大好きなんです!
このストラップ君もいつもハミハミされてます。(笑)

↓野菜なども大好きです。
IMG_3501のコピー
↑クク 『ボクねー白菜の中でも柔らかい部分が好きだなー!』
…ククちゃん以外とグルメなんですね。
(ククちゃんはすぐおなかいっぱいになるので
野菜のお持込はご遠慮くださいね!)

↓さて、ここはどこでしょう?
IMG_3448のコピー
↑クク 『フフフ…ボクの秘密基地です!!!』
なんと!!
ククちゃんの秘密基地は実は…

IMG_3462のコピー
↑クク 『カモさんのご飯台の中なのー!!!
この上にご飯が販売されてますよー!!』

たまにご飯台の中に入っているククちゃん。
発見されたお客様もよく、
『あら!こんなところにもいるのね!カワイイ!(笑)』
と、ビックリされたりします。
まさか、こんなところに居るとは思わないですよね!(笑)


IMG_3426のコピー
↑クク 『ここもお気に入りです!』
腕にすっぽり。
ククちゃんの抱っこ(手乗り)はお客様にもしていただけます!
やってみたい方はスタッフにお尋ね下さい!!!
ちょっとバランスが悪いのか洋服などに
しがみついてきたり、隙間に頭を突っ込んできたりしますが
それもまたカワイイですよ!!

※ククちゃんの体調により休憩している時があります。
その時は優しく見守って、少し待ってあげてくださいね!!!!


さて、みなさん!いかがでしたか?
今回は外池の看板鳥!
クビワコガモのククちゃんのお気に入りを少ーしだけ
紹介しました!!

まだまだ文章では伝えきれない、鳥達の
かわいい部分がたくさんあります!!
みなさんも神戸花鳥園に来られた際は
ぜひ、外池の看板鳥達(ククやルル)に会いに来て下さい!!

IMG_2867のコピー
クク 『待ってまーす!!!』
※ククちゃんは毎日外池に居るわけではありません。
他の馴れている鳥達とローテーションなので、
その日誰が来ているかは、外池スタッフにお気軽にお尋ねください!!








神出鬼没の青い鳥 

みなさんこんにちは!!
あれよあれよと言うまに2009年まであとわずか!!
年賀状の準備はしていますかー?
元旦に届くようみなさん頑張りましょうー☆


さてさて、以前中庭池にいるひそかな住人たちをご紹介したことを
覚えていますか?

  ↓こちらがそのブログです
中庭池のひそかなる住人たち(11月13日)

今回はその続きで新たなる住人を特集したいと思います♪

気になる住人はこちらの子です!!
SANY0392_convert_20081203131348.jpg
・セイケイ・
ツル目クイナ科
和名:青鶏
学名:Porphyrio porphyrio
英名:Purple Swamphen
名前:ドラちゃん・・・・・?(笑)


●生息地はヨーロッパ、フィリピン、オーストラリアなどで、
 湿地や湖沼で生活します。
 雑食性で植物の葉や種子、昆虫、クモやトカゲなどを食べます。
 
 漢字では「青鶏」と書くので、キンケイ「金鶏」(キジ目キジ科)たちの仲間!?と
 思われるかもしれませんがれっきとしたクイナの仲間です。

 ・・・前回のハッカン同様、鳥の世界って本当に不思議ですね・・・(笑)


そんな不思議な鳥、ドラちゃんはこのタイトルのように色々な場所に現れます。
基本は島ですが、キジのゾーンやトキのゾーンにも現れます。
カモゾーンにも現れたりしますが、廊下にというより池にいることが多いです。

SANY0291_convert_20081203135503.jpg SANY0295_convert_20081203140135.jpg SANY0301_convert_20081203135735.jpg 
   ある時は島に・・・        ある時はキジゾーンに・・・   また、ある時は池の中に・・・

さて、この3枚目の池の中にいるドラちゃんなんですが、
セイケイはカモ達とは違い足に水かきがついていません。
SANY0403a_convert_20081204152236.jpg
では、どうやってドラちゃんは池の中にある岩まで行っていると思いますか?

1、飛んでいく
2、歩いていく 
3、じつは写真は合成だ


ちなみにカモの足です↓↓
SANY0405a_convert_20081204152358.jpg
立派な水かきがついていますねー

 

さてさてみなさん正解分かりましたかー?
答えはーーーーーーーーー!!1番!!

・・・・・・ではありません(笑)
ドラちゃんあまり飛ぶ姿見せてくれないのです・・・
3番なんて問題外です。私の力量ではこんな綺麗に合成できません(泣)

はい、本当の正解は2番です!!
歩いて(泳いで?)池を渡って岩のところまで来るのです!!!



その証拠の写真がこちら!!
SANY0315_convert_20081203171832.jpg
ドラちゃん「えっほ、えっほ・・・!!」
うーん、水かきのない足で必死に泳ぐ(歩く?)姿のドラちゃんは感動で涙を誘います・・・ホロリ


さてこの奇跡的なシーンを不断の努力でついにカメラに収めることが出来ました!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓   



ドラちゃん、いかがでしたか??
神戸花鳥園に起こしになられる時は是非ドラちゃんがいる中庭池へどうぞ!!

アルバートグリーンバーグ 

今日は熱帯性スイレンの紹介!!
hana0.jpg

スイレン科 スイレン属
Nymphaea 'Albert Greenberg' 
アルバートグリーンバーグという品種です。1969年に作出された品種
hana.jpg

花色はオレンジ色で中心から外へ行くに従いピンク色が増します。
いわゆるサンセットカラー(夕日の色)と言うのですが、写真ではなかなか再現が難しいです。
実際に見てみると本当に夕日の色だなと感じます。実に美しい品種です。

ha1.jpg
ha2.jpg

見ずらいですが葉表には少しだけ茶色の斑が入り熱帯種らしさを出しています。
裏側は赤い斑に成ります。
株もかなり大きいほうで、大きな鉢に植えれば2メーター以上に葉を伸ばして広がることもあります。
もし、大きな池をお持ちでしたら是非栽培してみてくださいね。
池がないって人も心配しないで下さいね。
熱帯スイレンは小さい鉢で栽培すると小さく育つので、50センチ位のスイレン鉢でも大丈夫です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。