スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸花鳥園 ギャラリーNo.4 

テン

アフリカオオコノハズクの”テン”
(性別不明ですが、体が大きいのでメスではないかとのこと)

英名:Southern White-faced Scops Owl
学名:Ptilopsis granti
アフリカ南部に生息する小型のミミズクの仲間です。
肉食で、野生ではネズミや小鳥、トカゲ、昆虫などを捕らえて食べます。

”テン”プロフィール

誕生日:2007年10月25日
出身:神戸生まれ
性格:勝気で、おこりんぼ
特技:”にゃー”と鳴く
    小さい頃たくさんご飯を食べたので、ほかの
    アフリカオオコノハズクよりもガタイが良い
    
    グループ園”掛川花鳥園”の細くなるフクロウ
    「ポポちゃん」と同じ種類なのですが、肝が据わっているので
    細くなってくれません…

スポンサーサイト

神戸花鳥園 ギャラリー№3 

青ぼんぼり

熱帯性スイレン
”青ぼんぼり”
グループ園「加茂川菖蒲園」で作出された
熱帯性スイレン

ブルーギガンティアとギガンティアハハドソニアを掛け合わせました。
花は淡い青、直径は20cm強。低温にも強く温室内では、冬でも開花します。

神戸花鳥園 ギャラリー№2 

凪

ナンベイヒナフクロウ
”凪(なぎ)” メス 2歳

英名:Mottled Owl
学名:Strix virgata
南アメリカ大陸に生息するフクロウです。
名前の通り大人になっても雛のように見えることから、
ヒナフクロウと付いています。


凪プロフィール

誕生日:2006年5月生まれ
出身:イギリス
性格:こわがりやさん
特徴:まぶたが白く、目を閉じるとはっきりと
    まぶたの形が良くわかる。
    足の毛が薄い。


神戸花鳥園 ギャラリー№1 

サワコカモ

フクシア
”サワコ・カモ”

夏にも強い品種 赤と白のコントラストが美しい。
濃いグリーンの葉とマッチした、人気品種です。

ちなみにこの”サワコ・カモ”という名前は
花鳥園グループ社長の”加茂”より名付けられた
”カモ”シリーズのフクシアのひとつです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。