スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏もあと少し!フクシアの育て方ポイント! 

こんにちは。フクシアブログの時間です。
今回ご紹介するトピックは『夏場のフクシアの育て方』です。
本日の花鳥園フクシアゾーンはこんな感じです。
P1050393.jpg
毎年のことながら夏場は朝から夕方まで暑さ対策の為遮光カーテンをひくので
花鳥園のフクシアは、春や秋に比べこの時期どうしても花付きがよくなくなってしまいます。
でも、頑張って苦手なこの時期も花を咲かせてくれています。

自宅では夏になるとどうしても枯れてしまう、とお客様からよく言われます。
一般家庭では作れない、フクシア作りは難しい、とあなたも思っていませんか?
夏を乗り切るいくつか重要なポイントをおさえていれば
ご家庭でのフクシア作りもきっと成功するはず!

ということで、早速ポイントをみていきたいと思います。

◎フクシアの置き場所◎
屋外・・・風通しの良い日陰
     ハンギングにすることで風の通りが良くなります。
屋内・・・一日を通して温度差の少ない玄関など
注意ポイント
クーラーのついている部屋に置く場合は要注意です。
一日中クーラーがついていれば問題ないのですが
つけたり消したりする場合は、その温度差が激しいと
フクシアにストレスをかける大きな原因になります。


◎肥料◎
夏に弱いフクシアにはこの時期水だけを与えるのが良いでしょう。

◎潅水◎
潅水の仕方でフクシアを生き延びさせる大きなポイントになります。
最大のポイントは下の写真のように日中乾きがひどくしおれていても
慌ててみずやりをせず涼しい場所に移動させて日没まで待ちましょう。。
CIMG0790.jpg
日中潅水しないのは鉢の中で潅水した水がお湯になったり
急に水を含んだ根が傷むなど根腐れの原因になるからです。
◎その他◎
この時期はなるべくフクシアに負担がかからないように
管理することがうまく夏越しさせるコツなので、あまり元気がないようでしたら
今あるつぼみ等は摘み取ってしまうのがいいでしょう。
そして秋に向けてパワーをたくわえてやりましょう。
何の問題もなく株が元気に育っているのならその必要はありません。
また夜間光合成が出来なくて(つまりは、日光の代わりになる照明がなく暗くて)
暑い(25℃を越す熱帯夜)という条件が
フクシアを弱らせる最大の原因の一つともいえるので
上記の環境を避けた場所で夜間の管理をしてやるのが良いでしょう。

おまけコーナー
このおまけコーナーでは自宅ならではの悩みを
公開&解決していきたいと思います!!

今回ご紹介するのはこの時期自宅の庭にやってくる害虫の話です。
その名は『スズメガ』で、この写真はその幼虫です。
IMGP1376.jpg
7cmほどある巨体でフクシアの葉をみるみる食い尽くします。
IMGP1373.jpg
食われた後は本当に丸坊主にされてしまいます↓
IMGP1348.jpg
花鳥園で見かけたことは一度もありませんが
自宅でフクシアを育てている方共通の敵ではないでしょうか。
このスズメガ、厄介なことに幼虫が大きく育って葉を食い荒らすまで
なかなか見つけることができません。
そして一夜にしてフクシアの葉は食い尽くされ丸坊主になってしまいます。
それにこのスズメガの幼虫はフクシアの株を好んで食べるため
食されたフクシアの株は弱る一方なのです。

今回は夏に弱いフクシアの話をしましたが、この夏不幸にも枯らしてしまった方も
フクシアの栽培に適する秋からもう一度再チャレンジしてみませんか!
bアニーアール002

bガラドリエル002

チャイナ・ランタン

b不明013
↑このようなフクシアが秋になったら見れる事を期待して♪

これからも栽培に関してお困りのことがあればブログ等で解決していきましょう!
もちろん花鳥園に来ていただければいつでもフクシアの相談を受け付けています。
                                                                                              山口



スポンサーサイト

意外と強いんです。 

こんにちはフクシア担当の岸本です。

前回は色々な萼を紹介しましたが今日は、
フクシアが意外と強く逞しく生きている所を紹介したいと思います。




早速地植えに入ってみましょう!

早くも見つけましたよ。
P8111032.jpg
上から水が落ちてくる様な場所です。
湿度は確かにあります。かなり日陰です。


P8111031.jpg
ですが、水が常にビチャビチャです。
根腐りしないんですかね?



次行ってみましょう!


P8111028.jpg
おっとこの子はかなり大きいです!
スルタンの木鉢の小さな穴から生えてますよ。
頑張ってますね-。


次行ってみましょー!!



この木鉢に違和感が…。
P8111034.jpg

もうちょい近づいてみましょう。
P8111035.jpg

生えて、ますね…。
しかもいっぱい。


せっかくなんでネームタグを捲ってみましょう。
P8111037.jpg
頑張って木鉢に張り付いてますね。
この子達も強いですねー。



フクシアの意外な強さが分かっていただけたでしょうか?
フクシアは育てるのが難しいイメージがありますが、
意外と「何で!?」と思える場所で逞しく育っている事もあります。
以上フクシアの意外と逞しい姿でしたー!!







撮影後、苗を採取してポットに植え替えてみました。
P8111039.jpg
もし無事に花が開花した時はまた紹介したいと思います。




宝探しに参加中のご家族の写真を撮らせてもらいました。
P8141090.jpg

ご協力ありがとうございました。

フクシア写真館vol.1 

みなさんこんにちは♪おひさしぶりです♪
フクシアブログ担当の磯村です♪♪

今回このブログをご覧の皆さまにはフクシアの
『ベストショット写真集』をご紹介したいと思います☆

フクシアという花はご存知の方も多いと思いますが
下向きに花が咲きます。ちなみに、全体的にみても垂れ性です。
仕立て方によっては立ち上げることも出来ますが
ハンギング仕立てにして鑑賞するのが
フクシアの魅力を最大に生かせる一番のオススメ鑑賞法です☆
花は下向きに咲く、というよりも下向きに付くといった方が伝わるかと思いますが
なにせ見る側の心得としては下から見上げるのがポイントだということです★

では早速写真集を紹介していきましょう♪

ブロウィック
b不明015
ズ―ルキング
bズールーキング
スノーファイア
bスノーファイア
パステルファンタジー
bパステルファンタジー
デイジーベル
bバリコンコーニゲン
フィーンラスト
bフィーンラスト
ハニーサックル
bアナベル002
アニーアール
bアニーアール002
ウェンディーズビューティー
bウェンディーズビューティー002
ガラドリエル
bガラドリエル002
プレジデントスタンレイウィルソン
ZN4G4050のコピー
不明
ZN4G5257のコピー
不明
ZN4G5265のコピー
フィデリウス
ZN4G5325のコピー

いかがでしたか!?といってもフクシアは自ら動かないので
静止画でその良さを伝えるのはとても難しいですね!!

しかしながら、動かぬからこその美しさがフクシアには溢れています☆
じっくり見れば見るほどフクシアの可愛らしさが次々に見つかります☆

個体を大きくアップで撮るも良し!
たわわに連なった花の流れを撮るのも良し!
わたしの一番のオススメはやっぱり少し斜め下のアングルからの撮影です☆

今回は写真集をご紹介しましたが、なにをさておき
生のフクシアをご覧になっていただくに勝ることはないので
是非一度フクシアを訪ねて花鳥園に遊びに来て下さいね☆

ではまた会う日まで☆さようなら☆                    isomura

形色々② 

こんにちは。フクシア担当の岸本です。
前回はフクシアの色々な形の『萼筒(がくとう)』を紹介して行きましたが、
今回は色々な『萼』を紹介して行きたいと思います。



まずは、萼が上向きに上がっている品種からです。

アヤックス
アヤックス
赤紫の花弁に赤色が入っているのが特徴の八重です。

マイ・フェア・レディー
マイ・フェア・レディー
濃いめのピンクに薄めの赤紫が特徴の八重です。

トシコカモ
トシコカモ
濃いピンクの萼、赤紫の花弁に控えめに赤が入っているのが特徴の八重です。

ティンカーベル
ティンカーベル
薄いピンクの萼に同色の花弁の一重です。


次、
もっと上に向かってます☆

ティキ
ティキ
赤い萼に真っ白な花弁の八重です。
見ての通り萼で種子が隠れる程上に上がってます。


次はあまり上に上がらない品種です。

ルーファス
ルーファス
ピンクの萼に赤みの強い紫の一重です。

スタッド・エルバーグ
スタッド・エルバーグ
ピンク寄りの赤の萼に濃い紫の八重です。

ボルネマンズ・ベスト
ボルネマンズ・ベスト
ピンクの萼に花弁がオレンジ色の一重です。

SPARKY(スパーキー)
SPARKY.jpg
濃いピンクの萼に同色の花弁の一重です。

因みに本当は下の写真の様に花が開花します。
SPARKY_20100714123328.jpg


次は萼がくるくるしている品種です。

ル・アールサイド
ル・アールサイド
ピンクの萼に薄ピンクの花弁の一重です。


アニヴァースサークル
アニバースサークル
ピンクの萼に濃いピンクの花弁にピンクが入っている大花の八重です。




  ★リーガルの木鉢の周りをぐるぐると愉しそうに歩く少女
お客さん1
お客さん3

ご協力ありがとうございました。

色々な形の萼の紹介を終わります。今回紹介した品種だけでは無いので
咲き具合によっても変わってくるフクシアの花を是見に来て下さい。

新品種一挙大公開! 

みなさんこんにちは♪お元気ですか??
今日はしっかりとした梅雨の一日ですね!
雨がたくさん降って植物達はうれしそうです♪

さて、今回のフクシアブログのトピックは
以前も少しご紹介した『神戸花鳥園オリジナルフクシア』の続編です☆
以前紹介した品種以来続々と新品種が登場していますので
それら新しい仲間を写真とともに早速紹介していきたいと思います☆

今回もフクシアの交配手は神戸花鳥園スタッフの山口さんです☆

メンネッケスパール × プリンツラインハート
①ー1
①1
①ー2
①3

①11

①21

①31

①41
メンネッケスベルト × プリンツラインハート

②1

②11
メンネッケスベルト × ハッピーウェディングデイ

③2

③11

いかがでしたか??
同じ親からでも生まれる子供は様々ですね★

また、今回は交配手やフクシアの親の写真はのせていませんが
近々花鳥園フクシアゾーンにてそれら交配に関わる作業手順や
交配に関する様子を紹介したブースを設置する予定です☆
またHPやブログでお知らせしますのでその時は是非現物をみにきてください♪

長い梅雨の終わりもそろそろやってくることと思いますが
皆さんこの梅雨を、そしてやってくる夏を楽しみましょう♪
また花鳥園であえるのを楽しみにしています♪♪
                              isomura
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。