スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のスイレン 

皆さんこんにちは。今年は晴れが多く暑いですね~
熱帯スイレンには良い年ですが、人間にはちょっと・・・

今日は近くで見たひと味違ったスイレンの写真です!

_IGP3526.jpg
こんなに近くで見ることは無いと思いますが、雄しべの色がとても綺麗です。品種はイブリランディング

_IGP3530.jpg
黄色と青のコントラストが良いですね。品種名はキングオブブルース

_IGP3532.jpg
クリーム色の部分は花粉です。

_IGP3534.jpg
花弁も近くで見るとまた楽しいです。

スイレンは池の中なので、望遠レンズが無いと拡大して見るのは難しいですが、もっとじっくり見たい方のために!!!
現在、スイレン鉢に入れたスイレンが展示されています。

PICT1291.jpg
こちらは、地面に置いてあるので360度どこからでも観察できます。
ついでに、花の香りもかいでみて下さい。
スイレンは英語でウオーター・リリー。つまり「水のユリ」って事ですね。
ユリの様にいい香りですよ~

スポンサーサイト

地湧金蓮が開花しました 

本日ご紹介するのは、チユウキンレンです。
PICT1081.jpg

バショウ科ムセラ属
学名 Musella lasiocarpa 
英名 Chinese Yellow Banana, Golden Lotus Banana

PICT1086.jpg

中国の雲南省原産の植物で自生地は2000メートル程の山です。生長しても1メートル位で耐寒性が強く屋外でも生育可能です。一昔前は幻の植物と言われていましたが、育てやすいので、ご家庭で栽培されてる方もいらっしゃるのではと思います。

PICT1082.jpg
蓮のような形の花咲かせるので、地面から湧いて出てくる金色の蓮で地湧金蓮と言う名前が付いています。英名の「Golden Lotus Banana」も金色の蓮のバナナと言う意味ですね。でも、バナナと言っていますが、ムセラ属なのでちょっと違います。

PICT1083.jpg
じつは、花に見える所は苞と呼ばれるを物で、本当の花はこの様にとても小さいものです。

開花したら約1年咲き続けると言われていますが、実際には数ヶ月で汚く成り展示出来なくなるので、この変わった花を見たい方はお早めに起こし下さいスイレンゾーンの中央に展示してあります。

ハスの開花!! ペリーズジャイアントサンバースト 

以前ご紹介したハスがついに開花しました。
4AFT7136.jpg
ハス科ハス属
Nelumbo 'Perry's Giant Sunburst'
1987年 Slocum作
交配親 'Alba Plena× lutea

この品種はハスの中では珍しい黄色の品種です。実際には薄いクリーム色ですが、とても綺麗です。
スイレンの育種家として有名なPerry D.Slocum氏の交配種です。

4AFT7140.jpg
ハスとスイレンは花を見ても違いが良く分かると思います。花の中心を拡大してみます。

4AFT7138.jpg
丸い台の様な所が果托と呼ばれ種子の出来る場所です。やがて、花が散りそこだけが残ります。
スイレンの場合は花は閉じた後水中に沈みます。

4AFT7143.jpg
ハスは水面よりも高く上がり花を咲かせます。しかし、上の写真の様にスイレンも水面から高く上がる品種もあります。
色々と、違いを観察すると面白いと思います。

ハスに蕾 

皆さん最近やっと暑くなりましたね。蓮と睡蓮の季節がやって参りました。

ハスとスイレンの違いは分かりますか?蓮はハス科ハス属なんです。
お客様に良く聞かれるので意外と見分けが付かない人が多いようです。

ZN4G6760.jpg
そこで、今年はスイレン池にハスを植えてみました。実際に見てみるとこんなに見た目が違うんですよ!!

ZN4G6758.jpg
一番簡単に見分ける方法は葉に切れ込みが有るのがスイレンで無いのがハスです。

ZN4G6766.jpg
因みにオオオニバスもスイレン科の植物でスイレンと同じく葉に切れ込みが有ります。
丁度写真上部で葉の縁が立ち上がっている所です。

ZN4G6767.jpg
幼苗の葉だと切れ目が有るのがよく分かると思います。

ZN4G6764.jpg
4月に植えたのですが温室の中だと生長も早くもう蕾が出てきました。

ZN4G6770.jpg

同じ時期に植え替えて屋外で栽培している物は、まだまだ小さい立ち葉が出て来た所なので、かなり生長に差が出ています。

開花は一ヶ月後ぐらいでしょうかね?花も蓮と睡蓮では違いが有るので無事に開花しましたら、ご紹介出来ると思います。
皆さんお楽しみに!

食虫植物 ピンギキュラ プリムリフロラ ’ローズ’ 

本日ご紹介するのは、食虫植物の仲間です。
食虫植物と言われると、ハエトリソウやウツボカズラなど、皆さんグロテスクな恐いイメージをお持ちになると思いますが、世界に600種類以上あり、中にはこんなに綺麗な花を咲かせる植物もあるんですよ!

4AFT6461.jpg

タヌキモ科 ムシトリスミレ属
Pinguicula primuriflora 'rose'

ピンギキュラ・プリムリフロラが八重咲きに変異した品種です。北米原産なので日本でも育てやすく、神戸なら一年中屋外に置いていても大丈夫です。

4AFT6463.jpg
薄紫色の花で大きさは2センチ程です。小さくてとても可愛いです。

4AFT6462.jpg
葉に粘着物質を出して虫を捕らえ養分とします。この様に(白丸)コバエを捕まえていました。植物が育ちにくい、貧栄養の湿地で生きる為に虫を捕らえて養分にしています。

4AFT6465.jpg
場所はスイレンプールの隅にある大きな切り株の上です。

花の咲く期間が短いのでご覧になりたい方はお早めに来下さいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。